2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

グルメ&ランチ

2015年3月15日 (日)

御所雲月さんで京料理を戴きました

 友人からお誘いを受けて、久しぶりに3人で京料理を戴きました。
閑静な京都御苑の東にある「御所雲月」さんです。
正確に言いますと、寺町通今出川下ル西側です。
 予約をしてくれていて好かったです。
当日は30人程の団体客が有り、通されたのは木の香りのするカウンター(堀炬燵式)でした。
 ざわめきは少しも聞こえず、一品一品頃合いを図って出される料理は最初は量的に少し物足りなく思いましたが、品数が多く目で味わい口で味わっているうちに満腹感で幸な気分になりました。


003

寺町通に面したお店の玄関です。京町家を利用しておられます。
角を曲がった南面にも入口があり、今回はそちらの方から入りました。


ではこの日戴いたお料理です。

004


          ごま豆腐酢味噌和え

006

          シマアジとヒラメのお造り

008

              鯖  寿  司
ご飯が何処に有るのか?


010

        百合根と椎茸 蕗の白和え
蕗の香りが一足早い春を運んでくれました。


011

             エビのくわやき

013

              ゆ ば 鍋
大豆たんぱく質の宝庫でしょうか?少し煮立って来たら、焦げない内に
戴きます。


015

              炊 き 合 わ せ

017

             胡麻麩のかき揚げ

どのお料理も凝った器に盛られていてこれも京料理の特徴と言えますね。


020

            鯛の身のごはんに味噌汁

018

お釜で焚かれた熱々のご飯です。食べ残したときはおにぎりにして持ち帰りますが、いつものように少しも残さず完食です。

021

     デザートの わらび餅
です。
帰り支度をしていたのですが、引き止められてデザートは別腹で美味しく戴きました。

お味はどれも薄味ですがこれも京料理の特徴ですね
 お値段は3000円(税抜き)です。信じられない安さでしたが、玄関で、すき焼きに最適の「お出し」まで戴いて、申し訳ない気持ちで心からお礼を言わせて戴きました。
 京料理を堪能した後は、京都御苑(こちら)で可憐な梅の花を愛でることが出来ました。

2015年1月16日 (金)

京都センチュリーホテルでランチしました

 久しぶりに京都センチュリーホテルの「メインダイニング カサネ」で忘年会と新年会を兼ねて少し贅沢なランチを戴きました。

006

センチュリーホテル2階のロビーですが、高さ4m以上のフロアスタンドが目を惹きます
主に食事を済ませた方や時間待ちの方達が利用します。


002

スタンドの笠の内部も

003

外側は五山の送り火の図案になっていて京都らしいモダンでシックです。

007

京都センチュリーホテルのレストランの中でも一番奥にある隠れ家的な存在の
「メインダイニング カサネ」です。


011

ガラス越しにガーデンの見える落ち着いた空間で、ゆっくりお食事を戴くことが出来ます。

013

 
014

 
015

パンは木の箱に入っていて、冷めないように、乾燥も防いでいます。
勿論、お替りは自由です。


016


017


018


019


020

 この日戴いたランチですが、7品コース 4700円(税・サービス込)
●お食事のはじめにお楽しみ
●菊芋
●ビーツ・鮪
●鱈・根セロリ・トリュフ
●牛蒡・シャラン産鴨

●ミルクチョコレート、キャラメルブリュレのテリーヌ仕立て
●小菓子とチョコレート
●パン
●コーヒー または 紅茶 または エスプレッソ

少し贅沢かなとも思いましたが、十二分に満足したランチでした。
偶の贅沢は心の栄養にもなりますね。

2014年12月30日 (火)

東華菜館で食事をしました

 以前から是非一度食事をしたいと思っていた、鴨川・四条大橋畔の「東華菜館」で、お昼を戴くことが出来ました。

005a

 四条大橋の上から、建物の東面を見ています。右側が玄関です。
大正15年(1926)に建てられたもので、
ヴォーリズ氏によるスパニッシュ・バロックの洋館です。
元は、フランス料理のレストラン・矢尾政だったそうで、戦後間もなく現在の中華料理の店になったそうです。

003a_2

 建物の最上部には、この様な塔があります。建物全体が装飾性に富んでいます。

007a

 玄関の上部も、この通り見事な装飾に満ちています。
色んなもので飾られています。どんなものがあるか探して見てください。

009a

 食事は2階でした。クラシックなエレベーターで上がります。
扉は今では見られ無い伸縮式の網状のものです。
100年近く経った日本最古のエレベーターです。
正面から入って、左側に出ます。この方式は最近良く見掛けますね。

010a

 2階の内部の様子です。内部はすっかり中華風になっています。
エレベーターは中央奥にあります。
窓際の席で、本格的な北京料理を、3人で一品ずつ好みのものを注文して仲良く分け合って戴きました。


0031

前菜ですが一皿の量が多くて三人とも満足する量でした。


0051

 「八宝菜」は、薄味で触感もよく幾らでも食べられます。

0061

「海老のトマトソース炒め」はトマトの風味が食欲をそそりました。

   

007

 「五目焼きめし」ごはんがぱらっと炒めてあり、とても美味しいでした。
他に杏仁豆腐を戴いてお腹が満腹のランチでした。
ご馳走は心の栄養にもなりますね。

 今年も拙いブ
ログをご覧いただきましてありがとうございました。
皆さまにとりまして、来る2015年がより幸せな年で有ることを願って
ブログ納めとさせて戴きます。
良いお年をお迎えください。


尚、新年のブログ初めは元旦とさせて戴きます。


    

 

 

 

<

2014年12月11日 (木)

秋の奈良を旅して歩く (かんぽの宿 奈良)おまけ付き

 

 旅の楽しみの1つはやはり少し贅沢をして美味しい料理を戴くことですね。
1泊した「かんぽの宿 奈良」は温泉は勿論ですが、お料理もいつも美味しいです。
 この日の夕食「万葉の華」です。

012

                月見豆富

013

             松茸土瓶蒸し

014

               お 造 り  

015_2

                秋の吹き寄せ(3人分)

016

                 季節の煮物

018

             牛しゃぶ 野菜色々(紙鍋)

019

                酢 の 物

020

         栗釜飯 赤出汁 香の物

021

               果実盛り

3人とも全部は食べられないなあと言いながら完食です。
朝食はバイキングでした。
これも3人とも好きなものを選んで予定より?たくさん戴いてお互いに吃驚です。 
柳生街道・滝坂の道を歩いて疲れた体も心も満足満足でした。 

 
さて、お話はがらりと変わりますが、京都御苑内にある春には「糸桜」で有名な「近衛邸跡」 の庭園の池の畔に、美しく紅葉した木を見付けましたので、ご紹介したいと思います。
  少し時間があったので、御苑の中で、何時もは余り歩かないところを歩いていました。今出川通に沿った内側の小道でした。そして、この紅葉に出合ったのです。木々が茂っていて、やや薄暗いに中に、ぱっと明るい紅葉に、思わず「目が点」になりました。

004a

池に架かる石橋の近くにありました。
近衛家の養女となって、徳川家に嫁ぐ前の「篤姫」は、東上の途中ここを訪れ、この庭園を散策されて、この石橋を渡っただろうと思います。その時にも、この木はあったた゛ろうか?もう100年以上も前のことですから、多分この木は未だ無かったでしょうがね。

012a

池の水面に映った紅葉です。「逆さ紅葉」と申しますか。100%水面です。
水面は、時々微かに揺れていました。風も無いのに何故でしょう。
鯉などの姿も見えませんが・・・

(12月6日の午後撮影)
御苑内の紅葉は、峠は越えましたが、未だ所々で美しい紅葉が見られました。





  

2014年10月13日 (月)

兵庫県篠山市探訪 (4) 「栄亀堂」

 前回の続きです。
篠山河原町を散策していて、お店の佇まいに思わず暖簾を潜って入った町屋カフェ 栄亀堂(えいきどう)です。
 ランチには早かったのですか、声を掛けさせて戴いたら「どうぞ どうぞ」。

0412

江戸時代の建物で、以前は和菓子屋さんだったとの事ですが、
開店して間もない若いご夫婦の初々しい素朴な対応が印象的です。


035

店内からガラス越しに外を見ています。


027

町家特有のウナギの寝床です。
突き当りの中庭を挟んで奥にも部屋が有ります。


031 


037

この日戴いた色々な豆を使った身体に優しい、1日限定10食のランチです。

ほっこりとしたスローな時間を楽しみ江戸時代にタイムスリップ
身体も心もニッコリのランチタイムでした。

 

2014年8月28日 (木)

キッチンパパでランチしました

 京都西陣にある、ご飯とハンバーグがお勧めの「キッチンパパ」でランチしました。

102

こちらは創業安政3年(1856年)から続く米屋、「大米米穀店」の奥にある洋食屋さんです。


098

お米は量り売りをされていて、学生さんや独身OLに人気です。
少しずつ買って自分の好みのお米を見つけられるとか。


100

キッチンパパおすすめのハンバーグは、毎日お店で挽いた新鮮ミンチを使い、素材の持ち味を生かすことに拘っておられると事です。
私も何度か戴きましたが、ご飯に合う納得のいくお味と量でした。


095

この日の数量限定のランチは「ビフカツ定食」です。


096

亰野菜を中心としたポテトサラダは量もたっぷりで一品としても充分値打ちは有りました。
 他にお味噌汁、ごはん(L・M・S)の3種類あり、お替りも可能です。

お米はその日に玄米から精米しておられ、特に美味しいです。

飲み物はウーロン茶、コーヒーか紅茶、ジュースが選べます(800円)
 11時30分開店です。12時前に行きましたが、既に数名の方がテーブルに着いていて私は10番目位でした。
一日15食限定のように思いました。

2014年7月17日 (木)

京都・岡崎「あかりのオブジ」とランチ

 無鄰菴岡崎~南禅寺の新緑を愉しんだ帰りは、久しぶりに京都市国際交流会館の二階のレストランでランチしました。

047

レストランの窓際に案内されガラス越しに眺めた東山です。
左手にほんの少し見えているのが「比叡山」で、右手に東山の山々が連なっています。その山裾には、多くの社寺が並んでいますが、生い茂る木々に隠れて屋根が少し見えるだけです。

      さてこの日戴いたランチです。


048_2

      シェフ特製ひとくちオードブルの取り合わせ


050

            5種亰野菜のポタージュ


051

             高知県産 ヒョウ鯛のポワレ


054
     
               
                   4種類の小さなデザート 
コーヒーか紅茶、そして焼き立てのパンはお替りが出来ます。
歩き疲れて空腹でしたので勿論、お替りしました。


055   

二階の吹き抜けの廊下を明るく彩っていた「あかりのオブジェ」です。
「おかざき」の文字がデザインされています。
 説明によりますと、「京都市立岡崎中学校の生徒が、総合学習の一環として岡崎を彩るあかり・あんどんを制作した」
との事です。

058

そして一階のロビーに飾られていた「あんどん」です。
勿論、平安神宮の鳥居や五山の送り火の”大”などが描かれています。
 「京提灯(地張り提灯)の制作を小嶋商店
絵付けを岡崎中学校美術部が手がけました」との事です。
主催は「京都岡崎魅力づくり推進協議会」でした。

 最近は大学生を筆頭に中・高生が地域活性化の一端を担っている姿をよく見かけますが、頼もしい限りです。



 

2014年7月 9日 (水)

京都市立芸術大学音楽部のコンサートで感動のひと時を

 京都市立芸術大学音楽学部による、社会奉仕団体京都ライオンズクラブの創立60周年を記念したチャリティーコンサートが、京都コンサートホール「大ホール」でフルオーケストラの演奏で行われました
指揮は京響の常任指揮者・広上淳一氏です(6月29日)。

006

演奏が始まる前に撮りました。舞台の照明もついていません。
前方正面はパイプオルガンです。


004

ホールの玄関を入って少し進むと、ホールの入口への通路は、螺旋状のスロープになっています。その途中で、エントランスホールを見ますと、こんな光景が目に入ります。モザイク模様が、目の錯覚で床面が立体的な多数の階段の様に見えます。実際には、平面なんですが・・・。

曲目は、「新世界より」の副題で知られるドヴォルザークの交響曲第9番。
ロシアの民話を題材に作曲されたストラヴィンスキーのバレエ組曲「火の鳥」(1919年版)
そして、京都ライオンズクラブ創立50周年時に作曲された雅楽師・東儀秀樹の「京都の韻」からの抜粋など、多様な楽曲の演奏に感激のひと時を戴きました。
2時間たっぷりの演奏を全て暗譜されていたことに感心しました。
 アンコール3曲はアンダーソン/セレナータ
 アンダーソン/舞踏会の美女
   そしてお馴染みの
ヨハン・シュトラウス1世/ラデッキー行進曲
舞台と会場が一体になり盛り上がって終了しました。

  コンサートが始まる前によく利用している、北山通の駸々堂北山店でランチメニューの中から久しぶりに「ハンバーグ セット」を戴きました


033

バンは常時20種類以上の中から食べたいものを食べたいだけ選びます。
↑以外に違った種類で同じくらいの量を戴きました。


032

別に冷たいトマトスープも注文しました。

035

久しぶりのハンバーグは味・量共に満足のいくもので
添えられた温野菜もやわらかくとても美味しいでした。


036

オプションの苺ゼリーと
アイスクリームです。
 他に
ソフトドリンクが付き、ホット珈琲と紅茶はお替り自由です。
暑い日でしたのでアイスコーヒーを注文しました。

この日は 身体(お腹)と心が大満足した日でした。




 

2014年6月30日 (月)

京都・鷹ケ峰界隈を歩く しょうざん・ランチ

 昨日の続きです。
「しょうざんリゾート京都」の庭園を拝見・散策した後は、同じ敷地に有るレストランの一つ「中国料理 桜蘭 LOURAN」でランチを戴きました。


016

白亜のモダンな建物です。

015

外観とは異なった落ち着いた雰囲気の玄関です。

013

一歩室内に入ると、大きなガラス窓から木々の緑や芝生の庭が見えます。

011

室内はライトダウンして落ち着いた色調でまとめられています。

012

ではこの日戴いたサービスランチ(1500円プラス税・サービス料)です。

001

      鯵の昆布〆と焼き茄子の生姜ソース
      鶏肉と馬鈴薯のスープ


005

           鱧と冬瓜の豆鼓ソース掛け

006

       ポークフィレのクミン炒め 中華風おやき添え
ご飯ものは↓の二点から選べます。


007

           しば漬けと茎ワカメのお粥

008

       又は、 ちりめん山椒と筍のチャーハン

009

プラス500円で スイーツセット〜デザート5種盛に コーヒー又は紅茶です。

 どの料理も上品な味付けで美味しく戴きました。
レストラン内にはウエイターとウエイトレスが居られて行き届いた心遣いに感心したのですが、会計の時にサービス料がプラスされ納得?しました。
 ホームページにはサービス料別と明記されていたのですが、見落としていました。


 

2014年6月13日 (金)

創業八十余年”京都一の傳”で優雅なランチを戴きました(2)

 昨日は”京都一の傳”の建物等をご紹介しましたが、今回は待望の優雅なランチ「弥生」の御膳 3000円(税抜き)をご覧ください。

Jp045

お食事を戴いた部屋です。
太い柱や梁は当時のまま利用してあり、日常の喧騒から離れた京空間と言えます。


033 

               季節の前菜盛合わせ
鴨ロースのぬた和え、粟麩のフキノトウ田楽、鯛の昆布〆 手毬寿司など


037

          蛤真蒸のお吸い物
蛤から出る濃厚な出し汁にふんわり柔らかい蛤の真蒸しがとても美味しいでした。


039

       鰆と揚げだし豆腐の蒸し物

        

040

      有名な、銀だらの「蔵みそ焼」
一切れずつ丹念に漬け込んだ銀だらのふっくらこんがりが美味しくて
皮も全て戴きました。
    ※「蔵みそ漬」は”京都一の傳”の登録商標です

0418

 戴いた冷酒は洛中で唯一の蔵元、佐々木酒造の有名な「西陣」です。
佐々木酒造は俳優佐々木蔵之介さんのご実家です。


042_2

         土釜炊きのふっくらご飯
                      合わせ味噌汁、京漬物
1卓ずつ土釜で炊き込んだふっくらご飯が美味しくて残さず戴きました。


044_2

蒸したての道明寺であんこを包み、桜の香りを添えた桜餅です。
 こちらを予約したのは5月に誕生日を迎える友人がいて
私が担当でしたのでもう一人の友人を誘って下見をしたのですが、お勧めのランチになりました。

より以前の記事一覧