2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都府立植物園「早春の草花展」 | トップページ | 京都の魅惑的な地名(4)天使突抜町 »

2015年3月11日 (水)

ウクライナの子供たちの絵画展

 ウクライナの子供たち ~平和へのメッセージ~ チャリティー絵画展を拝見しました。

ウクライナ・ドネツク地方の子供たちが描いた平和を取り戻し明るい未来のために描いた心の絵の展覧会です。
絵画200点の中の極一部ですが、ご覧下さい。

(ウクライナ・キエフと姉妹都市である京都 「京都市国際交流会館(ここか)」で開催)

022


018



007


008


009


012


013


017


019

展示200点の殆ど、↓3点を除いては明るく優しい平和な様子です。
それに心打たれ、子供たちが望む平和な時が訪れる事を心から願わずにはいられませんでした。


020


021


014


 会場内の展示より抜粋
ウクライナ首都キエフで反政府デモ隊と治安部隊の衝突が起きて早1年が過ぎようととています
目を覆いたくなるような独立広場の光景は新しい大統領が就任され元の美しい森の都キエフとその姿を取り戻しています
しかし、当時独立宣言をしていたドネック地方は空爆を受け国際空港をはじめ街は破壊され多くの一般市民が犠牲となりました
その中には親兄弟を失った子供たちも少なくありません。
 
そのような状況下で子供たちが描いた「心の絵」です。

« 京都府立植物園「早春の草花展」 | トップページ | 京都の魅惑的な地名(4)天使突抜町 »

作品」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます。
最初の絵のカラフルな表現に見入りました。
どの絵も子供からの発信ですねぇ~
これを大人たちはどうとらえるのでしょう。
素直な子供たちの心は傷ついていますね。
花が咲き蝶や小鳥が飛ぶ様子に子供らしさを
感じますね。
こういう幸せな状態が続かずに心が痛みますね。
心の絵を見せていただいてあらためて
平和な世の中になることを
祈らずにはおれませんね。
いつもありがとうございます。

 お早うございます
何と明るい仄々した絵でしょう
「平和を取り戻したい」の子供たちの一途な心が、願いが込められて
気持ちいっぱいに描いた絵なのですね
自分たちの置かれている辛い境遇にも負けないで
絵を拝見していて胸がいっぱいになりました
日本の戦争中の子供たちの一途な姿は映画やドラマで見ましたが
子供の純粋な気持ちは何処の国も同じなのですね
200作品の内のたった3点に描いた子供の本心を思います
戦争は絶対にして欲しくないです
 

古都人さん
お早うございます
 何時の時代に有っても大人たちの間で振り回されるのは子供達です
そんなウクライナ・ドネツク地方の子供達の描いた絵
平和を取戻し明るい未来の為に精いっぱいの思いで願いで描いた絵
見ているだけで涙が滲みます
健気な子供たちの絵程心を打つものは有りませんね
大人の100の言葉よりも

古都人さん
お早うございます
 優しい気持ちが、願いが画面いっぱいに広がって切なくも思います
このような素直な絵が描けるのは
何処の国の子供達にも共通してるのですね
以前、「みやこめっせ」でやはり小学生の絵の展示会を拝見しましたが
同じ優しさ・純粋さが感じられます
特にウクライナの子供たちは過酷な条件下に有って・・・
天真爛漫の見本のような絵も有りますね
この子供たちに一日も早く平和な日が訪れる事を願わずにはいられません

古都人さん貴重なご紹介ありがとうございます

ムームーさんへ
 お早うございます
そうですね
描かれた絵もそうですが色使いも明るくてカラフルでした
子供たちの一途な純粋な気持ちに応えるのが大人の責任ですね
早く平和な日が訪れる事を
心から願わずにはいられません
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

植村さんへ
 お早うございます
そうですね
平和を取り戻したいの一途な想いが絵に現れていますね
そうですね
子供たちの純粋な願いは万国共通です
戦争は絶対にしてはいけないは
日本人の願いですが・・・

taekoさんへ
 お早うございます
そうですね
優しい気持ちがどの絵からも感じらました
そうでした
みゆこめっせで見た子供たちの絵も
天真爛漫で明るい絵でした
そうですね
一日も早く平和な時代が訪れて欲しいは
多くの方達の共通の願いです

こちらこそご覧戴いてありがとうございます

古都人さん、こんにちは~♪
音楽は世界の共通語と言われていますが、
絵も同じですね。
子供達の絵からはいかに平和が素晴らしい
ことかが伝わってきます。
見ているだけでほのぼのとした気持ちになります。
そして兵器はもうごめんだ、こんなもの
いらないよと言う声も聞こえてきます。
何日か前ドイツのメルケル首相が来日し、
安倍総理大臣と首脳会談をしましたね。
この時ウクライナ情勢の外交的・平和的解決に向けて
緊密に連携していくことが約束されたそうですが、
この国に一日は早く平和な日が訪れることを
願わずにはいられません。

こんにちわ~

子供達の絵は本当に色ずかいが良いですね。
そして自由に描いていますものね。
描いておられたように明るい未来を彷彿される絵の中に
3点だけに戦争をNOとする絵があり子供たちへの
影響を考えますね。

hiroさんへ
 こんにちわ
そうですね
音楽と同じように絵にも国境は有りませんね
当たりまえだと思っている平和は決して当たり前では無いのですね
絵を見ていて子供たちの平和を願う気持ちが伝わってきて胸がいっぱいになりました
 そうですね
子供たちの切なる願い
何も出来ない私たちは、この国に平和が一日も早く戻ってくることを願うだけです

hirugaoさんへ
 こんにちわ
そうですね
子供たちの色使いの綺麗さ、優しさ
自由に描いている絵には心を打つものが有ります
そうですね
たった3点だけなのですが
戦争をNOとする絵は他の子供たちも
同じ気持ちだと思います

こんばんは happy01
この地球上のどこかで、常に紛争が起こっているのですね。
中東だけでなく、旧ソ連の国々など民族や宗教の違いによって罪のない市民を巻き添えにする。
とりわけ、子供たちは最大の犠牲者。
そんな子供たちが描いた平和を望む心の絵。
どれも実現すると良いですね。
下の3枚の絵も、子供ながら強烈に戦争反対を訴えていて、彼らが受けた痛ましさが伝わります。

慕辺未行さんへ
お早うございます
全く同感です 何故そんなに争うのでしょうね
人間の業ですかね
大きな領土を持ちながら更にもっと欲しがる
宗派の対立も勢力争いですかね
何故より平和を望み求めないのでしょう
何時も犠牲のなるのは子供やお年寄りの弱者です
子供達の細やかな戦争反対には心が痛みます

古都人さんはこういった展覧会によく足を運ばれてますね。
なかなかこういう外国の子供たちの絵を見る機会もないので
興味深く拝見させていただきました。
使っている色鉛筆や絵の具の色合いが
日本とは違ってまたきれいですね。
そして、選ばれた子供たちの絵ですから
上手いのは当然ですが、太陽や虹を描き込んで
いる作品が多いですね~。
やはり心のどこかに明るい毎日を望んでいるのでしょう。
戦争のない世の中にしていってほしいものです。

古都人さん
素晴らしい心の絵のアップをありがとうございます。
ただ涙が溢れてきます。

やっこさんへ
そうですね やはり国際的な交流の場が
京都にはあるからかも知れませんね
特に今回の展覧会は目下紛争の地の子供達ですから
関係者の力も一層強くなっていると思いますね
当日会場におられた関係者は女性達でした
そうですね 絵を描いた子供達の心の中は
どんなだったでしょうか
計り切れないものがあったことでしょう

りんごさんへ
こんにちわ
そうですね 絵を描いた子供達の心は
複雑かも知れませんね
或いは素直な気持ちの表現かも知れませんね
私達には計り知れないことですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/58608980

この記事へのトラックバック一覧です: ウクライナの子供たちの絵画展:

« 京都府立植物園「早春の草花展」 | トップページ | 京都の魅惑的な地名(4)天使突抜町 »