2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都の魅惑的な地名(3)塩竈町(本塩竈町) | トップページ | 久し振りに通り庭ギャラリーへ »

2015年3月 5日 (木)

京都北野天神さんの梅

 京都御苑を後にして梅情報の「チラホラ咲き」の天神さんに向かいました。
この日は25日に行われる梅花祭の上七軒の芸妓さんによる野点の準備の最中でテントが張られ、肝心の梅の花は見ることが出来ませんでした。

035

仕方なく?神社の建物の一部を取り入れて写しました。
大門を入った所、宝物館の前の梅です。

019

金色の釣灯篭と紅梅。

022

石の灯篭と紅梅。

021

同じく灯篭と紅梅です。

028

影が出来ていますね。

029


027

朱色の拝殿と白梅です。
こちらは一番人気!でカメラマンが場所の取り合いです。

040

最後は枝垂れ梅に向かって盛んにシャツターを切っている人達です。
手前は白梅なのですが、灯篭の白色に負けています。

晴天は嬉しかったのですが、日差しが強くて、花に生気が感じられなかったことです。
花を撮るタイミングの難しさを実感した京都御苑と天神さんでした。反省!!
 

« 京都の魅惑的な地名(3)塩竈町(本塩竈町) | トップページ | 久し振りに通り庭ギャラリーへ »

散歩 花」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

 お早うございます
ここ数日は天候に恵まれず太陽は照っても風が強かったりとで今年は天神さんにも出かけていません
確かに京都御苑の梅の方が生き生きしていたかも知れませんが
野点の準備で肝心の梅の花は・・・との事ですが
どのお写真にも動きが有って私は好きです
工夫されていますね
最後の多くの方達が撮っておられる様子も好いですね

京都の地名は京都の歴史の長さから生まれたのですね
ご紹介の「塩竈町」と「本塩竈町」は確かに魅惑的な地名と言えますね
ブログを拝見して
「地名から京都の長い歴史を知る事も出来る」は当たりまえの事かも知れませんが
私には改めて京都の歴史を学ぶ良い機会になりました。
古都人さんのブログを参考に足跡を訪ねたいです

古都人さん
お早うございます
古都人さんが資料を基にカメラを携えて
ご紹介の「塩竈町」と「本塩竈町」を歩かれたのですね
私も地図では詳しくは解りませんがブログを拝見しながら見ています
何気なく歩いていたら気付かないような
地名表示ですが「市比売神社」は何回か参りしています
源 融は歴史小説を読んで我儘な貴族たと思っていましたが光 源氏のモデルなら納得できますね
それにしても京都は多くの貴族の足跡か有りますが流石に1200年の都ですね
地名から歴史を学ぶことが出来るのも
やはり古都京都ならこそでしょうね

コメントが後先になりましたが
「仕方なく(笑い)神社の一部を取り入れて・・」との事ですが、
どのお写真にも工夫された事が良く解りました
「日差しが強くて花に生気が感じられ無い」
私にはそのようには思えませんです
確かに花を撮るタイミングは難しいですね

古都人さん
 お早うございます
古都人さんのブログには沢山の内容が有り何時も流石やなあと感心してい拝見していますが
今回の2か所「塩竈町」と「本塩竈町」は全く知らない地名です
地名の由来にも今まであまり興味が有りませんでしたが
ブログを拝見して今まで見過ごしていた石碑や地名表示から学ぶことが多くあることを知りました
それと共に京都の歴史の長さも
何事にも興味を持ち行動するは若さを保つ秘訣かも知れませんね
それとボケ防止の・・・
 
天神さんの梅ですが今週末に行こうかなあと思っていましたが
流石は菅原道真公が愛された梅の花ですね
満開には程遠いようですが神社の一部を入れて撮られた梅、どれも可憐です

古都人さん  おはようございます

突然いろんなアクシデントがありますよね。
でも素敵に建物が入った写真で素敵です。

小さなお花を撮るときって難しいですよね。
お天気が良すぎてもかえってだめですものね。

古都人さん、おはようございます♪
北野天神さんの梅は野点の準備中で
写真が撮りにくかったようですが、どれも工夫を
凝らして、素敵に撮れていると思います。
さすが古都人さんだと思いました。
満開の梅も綺麗ですが、ちらほらと咲く梅も
一輪一輪の美しさを楽しめますね。
梅はやはり白梅が一番かしらね。
また人物が入ったお写真も、臨場感があって良いですね。
私も人の中に入って、梅を眺めたり、写真を撮っている
ような気分になります。

京都の地名に「塩竈町」があったのは少し驚きました。
塩竃と言えば宮城県の塩竃市のイメージが強く、
海の近くの地名のように思っていましたが
「源融」についての詳しい説明でよくわかりました。
歴史は地名などいろいろな側面から学ぶことも出来るのですね。
ありがとうございました。

植村さんへ
 こんにちわ
そうですね
天候が不順で寒いですね
写真はイマイチでしたがお言葉嬉しく拝見しました

遡ってご覧戴いてありがとうございます
 そうですね
私も京都の町を歩いてそこ此処に歴史が息づいていると思います
地名の成立ちにも其々の意味が有るのも興味深いです
そんな気持ちで歩いていると発見が有るものですね

taekoさんへ
 こんにちわ
遡ってご覧戴いてありがとうございます
地図を見ながらブログをご覧戴いたのですね
そうですね
確かに地図では詳しい事は解り難いですが町のあちら此方に歴史が有り
その中には学校で習った歴史上の人物の足跡も多く有り昔が今に蘇える事も有ります

天神さんの梅の写真ありがとうございます
そうですね
花を撮るタイミングの難しさを実感した日でした

hirugaoさんへ
 こんにちわ
何時も素晴らしい写真を撮られているhiroさんに褒めて?戴いて嬉しです
そうですね
花や葉っぱは太陽に映えるのですが
良すぎても・・・中々難しいものです

hiroさんへ
 こんにちわ
野点の準備は想定外でガッカリしました
ありがとうございます
いつも素敵なお花を紹介されているhiroさんのお言葉嬉しく拝見しました
以前は出来るだけ人の姿を写さないようにしていましたたが
最近はhiroさんが仰るように臨場感が有ると思うようになりました。

遡ってご覧戴いてありがとうございます
 そうですね
確かに「塩竈町」は海の近くの地名イメージが有りますね
そのご縁で宮城県塩釜市と平成21年から「塩竈町」の有る下京区と交流されいます
地名や石碑から歴史が解り興味が持てるようになりますね
これも歩きの1つの楽しみです

こんばんは happy01
天神さまと梅の花、切っても切れない関係ですよね。
さすが北野天満宮の梅の花、どれも可憐できれいに咲いてますね。
紅梅も白梅も本当に可愛らしいです。
朱色の拝殿を背にした白梅、白さが際立ちますね。
素敵なアングルで、感嘆しました。

古都人さん   こんばんは
北野天神さんと梅の花、
神社の建物を背景では撮り難かったのではと
思いますが、素敵にお写しに成りましたね。
同じ梅の花でも、大門、釣り灯篭、
石の灯篭、朱色の拝殿と共にで
梅の花が夫々に秀でて見え美しく感じます。
5枚目の白梅は、とっても可愛くて
初々しい舞妓さんみたいです。
一番人気の白梅、美しいですね~
うっとりと見惚れてしまいそうです。素敵にお撮りに成りましたね。
観梅にお越しの方を取り込んでの写真も良いものですね。
皆さんの目線で、梅の花の美しさも共有でき
大きさの比較対象に成りますね。
晴天だからと良い写真が撮れるわけでは
無いのですね。その兼ね合いが私には判断できません。

地名から始まる古い歴史と京都の魅力
記事を拝見しながら、さすがだと感心しています。
知識の豊富さと学びの姿勢は素晴らしいです。
「塩竈町」「河原院」は初めて知りました。
「源 融」についても知らなくて、勉強に成りました。
庭園に海を造るなんて、途方もない考えですね。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね ご祭神の菅原道真公がこよなく梅を愛して
おられたと言うことから天神さんと梅とは切っても切れない
関係になっているそうです
天満宮と名の付く神社には必ずと言って良い程梅の木が
植えられていますね
お言葉 有難うございます 嬉しく思いました

すみれさんへ
お早うございます
そうですね この日は大勢の方が参拝を兼ねた観梅に
来られていました 丁度受験シーズンでもあったことも
影響していると思いました
境内のあちこちに梅の木があって撮影に余念がない方も
見受けられました
そうですね 北野天神さんは社殿も華やかですので
被写体の背景にも最適ですね
 遡ってご覧戴いてありがとうございます
そうですね 源姓を貰って臣下になった方ですから
お金持ちだったのでしょうね
お邸も飛び切りの大きさだった様です
製塩の方法が知られていたのも驚きですね

古都人さん、地の利に恵まれて幸いですね。
北野天満宮の梅を愛でたのは12年ほど前です。
種類も多く華やかでした。狭い通路で立ち止まって写真を撮るのには配慮が必要ですね。奥さんと思しき人を撮ってる間、道を塞がれ待ってたのに挨拶もしない横柄さにむっとしたものです。待たせてご迷惑をお掛けしたというサインが欲しいものですね。
せっかくの梅の香気も吹き飛んでしまう思いでした。

雪に埋もれた当地から上洛、週末は長女と南紀白浜で双子のパンダちゃんの愛らしさに胸キュン。懐かしく蘇ります。
当地は4月に梅も桜も一緒に咲くんですよ。

りんごさんへ
お早うございます
そうですね 昨日の地元紙の梅だよりによりますと
北野天満宮の梅は満開と出ていました
境内には多くの梅がありますのでどの木を指して判断されるのか
興味があります 多くは梅苑ですが・・・
そうですね ちょっとした気配りが大切ですね
そうですか 昨夜はNHK総合で双子のパンダを取り上げていました
中々育てるのが大変な様ですね
そうですか そちらでは梅と桜とが同時に咲くのですね
見事でしょうね

こんばんは
今年の梅の花は特に美しいように思えるのですが、
去年も同じようなコメントをしていたことを思い出しました。
梅の花は、もしかしたら一番好きな花かもしれません。
古都人さんの写真を見て
その思いが確信にかわりました。
今年も花粉症がひどく、嗅覚が鈍っているのですが、
北野天満宮一帯は、さぞ高貴な香りが漂っているのでしょうね。
菅公も楽しんでいることでしょう。

まさみさんへ
お早うございます
そうですか 梅の花に魅せられましたね
何時も比較対象される桜とはまた違った雰囲気を持っていますからね
私はどちらか選べと言われると大変に悩みますね
地元紙では北野天満宮は満開とのことでしたが
現在まだまだ満開にまでは至っていない方が多い様に思います
京都御苑の「黒木の梅」は未だ蕾状態でした(3/6)
そうですか ひどい花粉症ですか 私もそうですが先日治療して貰い
落ち着いています
梅の香りを満喫しています 香りは梅の勝ちですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/59053579

この記事へのトラックバック一覧です: 京都北野天神さんの梅:

« 京都の魅惑的な地名(3)塩竈町(本塩竈町) | トップページ | 久し振りに通り庭ギャラリーへ »