2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 御所雲月さんで京料理を戴きました | トップページ | 京都市営地下鉄・烏丸御池駅 »

2015年3月17日 (火)

京都府立植物園 可憐な紅梅と白梅

 今年は天神さんや京都御苑(ここです)では、可憐な梅の花を愛でることが出来ましたが、何故か植物園では初めてです。
 天気予報では朝夕は曇り昼間は晴れとの事でしたが、結局晴間は無し。
これ以上は愚痴になりますから、早速梅の花をご覧ください。


003


北山門から入った所です。日曜日ともあって多くのカメラマンが来られています。
一眼レフと三脚の方が圧倒的に多く「うわ~ッ カメラマンばっかりやなあ」の声も聞かれます。
三脚を使っておられる方は中々場所を代わらない・・・


012

ラッパ水仙の上に一枝の白梅です。

005

早朝まで雨が降ったので、蕾に雨粒が落ちそうに頑張っています。

009

蕾に押され気味?の白梅の枝や花にも雨粒です。

この日は不運にもカメラ同好会のような方達が多く来られていて、皆さん一様に三脚を並べ指導者の説明を受けていて場所を動かない。


051

諦めて梅林に向かいました。天候の影響も有ると思いますが、静かな梅林です。

030

太い木に寄り添うように、飾るように白梅の枝が伸びています。

024

梅の花には申し訳ありませんが、綺麗な花は有りませんでした。
この後、園内を散策しますが太陽の顔を見ないと、何となく何も撮る意欲がわきませんでした。











« 御所雲月さんで京料理を戴きました | トップページ | 京都市営地下鉄・烏丸御池駅 »

京都府立植物園」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます。
植物園の梅が満開ですねぇ~
カメラマンの人たちはバラ園でもそうですけど
譲ることはありませんねぇ。
マナーを守ることも美しい写真をおさめるのに
大切な心なのに。
丸々とした可愛い蕾に魅せられますねぇ~
とっても愛らしい、どのお花も可愛くて素敵です。
雫をたたえた様子もいいですわぁ~
やっぱり、日差しを受けたお花たちが
元気が貰えていいでしょうね。
いつもありがとうございます。

古都人さん
お早うございます
 クスクス笑いながら古都人さんの愚痴?に共感しながら拝見しています
確かに最近は天気予報が当たりませんね
そして植物園だけでは無いと思いますが三脚の方が増えました
しかも皆が撮りたいと思う場所は譲らない
私もこの場を借りて愚痴らせて戴きます(笑い)
そんな状況の中で撮られた紅白の梅の花
どれも素敵です
一枚目のアングル素敵です
紅梅と白梅を上手く取り込んでおられますね
流石古都人さんです
二枚目も絵になりますね
風景として撮られてるのが多いと思いましたがどれも私の好みです
アップで撮られた紅白の梅の花
可憐で可愛く古都人さんの花に寄せる思いが伝わって来るようです
 

 お早うございます
流石、京都府立植物園ですね
梅の花は桜に比べて存在感?は薄いかも知れませんが
周りの風景を取り入れて一枚の絵を見ているようです
一枝の白梅と黄色い水仙も好きな構図づで
古都人さんは絵心のお有の方ですね
お写真を拝見していて何時もそう思います
雨粒を落とさないように頑張っている梅の花
健気ですね
最後のピンクの梅も優しい風情が素敵です


古都人さん
お早うございます
やはり植物園は良いですね
古都人さんとご一緒させて戴いて
朝の早春を仄かな梅の香りを楽しませて戴きました
どのお写真も植物園の姿を捉えておられますが
下から二枚目の写真が好きです
白梅の背景が森でしょうか?
目だたない梅の花ですがクッキリして見えます
こんな撮り方も有るのですね
勉強させて戴きました
 

雨粒と梅。とってもきれいですね~!
カメラマンの皆さん、いい写真を狙ってますね。
以前お花の写真を撮っていたら、「邪魔!!」って
三脚を構えた言われたことがありました。
「え?どっちが!?」って喉もとまで言葉が出ました(笑)
お互いに快くきれいな写真を撮りたいですね^^
太陽が出てないときの写真、せっかく撮りに行ったのに
「あーあ。」と思うことがよくあります(ノД`)・゜・。
お日様のありがたさが身に沁みます。

古都人さん   こんにちわ~

そちらの梅も終わりに近いのかしら?
私の淡路よりはましですよ、雨が降っていないのですもの。
傘をさしての写真撮り…ちょっとどうかなでした。

一眼のカメラはさすがだな~
ミラーレスすら使えてないのにね。

古都人さん、こんにちは~♪
満開の紅梅と白梅、何て綺麗なのでしょう。
今まで自分のブログのコメントバックをしており
冬枯れの写真ばかり見ていたので、
目が覚めるようでした。
やはり春はこうでありたいものです。

ラッパ水仙も春の訪れを楽しんでいるようですね。
早朝まで雨が降っていたのですか。
こちらは昨日(月)が雨でした。
梅の花とレインドロップ、清々しくて素敵です。
梅林の梅も綺麗だと思いますよ~・・・

梅は一輪でも美しいですが、
下から2枚目の太い木に寄り添うように咲いている
白梅のお写真、大好きです。

古都人さん  こんにちは
植物園の花だよりは、一番良くご存知で
従って梅の花も何度もご覧に成っていると思っていました。
初めての事もお有りなのですね。
初めのお写真、紅白の梅が
素晴らしく綺麗なのに無粋なカメラマンの
姿が気に成りますね。
私の好みでは和服の美しい女性、
イケメンの男性なら絵に成り良いのですが・・・
ラッパ水仙に枝垂れる一枝の梅、
素敵なお写真ですね。
春だなぁ~と心和みます。
雨粒と梅の花、とっても綺麗で一段と風情を感じます。
4枚目の雨粒と清らかな白梅と
大木に寄り添う白梅のお写真が特に素敵で
魅せられました。

ムームーさんへ
 こんにちわ
>カメラマンの人たちはバラ園でもそうですけど譲ることはありませんねぇ<
ムームーさんもそう思われますか?
最近は圧倒的に三脚の方が多いですね
更に一眼レフが当たり前のようになっていてコデジは肩身が狭いです
こちらこそ優しくご覧戴いてありがとうございます

taekoさんへ
 こんにちわ
そうですね
植物園に限らず三脚の方が増えました
どうぞどうぞ愚痴を言ってくださいね(笑い)
写真のことありがとうございます
褒めすぎですよ

植村さんへ
 こんにちわ
そうですね
私も梅の花は桜に比べて華やかさは無いと思いますが
可憐な風情に惹かれています

いいえ、いいえ、絵心は皆無ですよ

やっこさんへ
 こんにちわ
私もやっこさんと同じで
「邪魔や」と言われた事が有ります
綺麗な写真を撮りたいのは皆同じですよね
そうですね
花の写真を撮る時はお日さまの有りがたさを痛切に思いますね

hirugaoさんへ
 こんにちわ
そうですね
梅の花も木によりますがソロソロ終わりに近づいていると言えますね
二条城の老木や京都御苑の黒木の梅など
銘花と言われる花は未だのようです

そうですね
傘をさしての撮影は切ないですね

hiroさんへ
 こんにちわ
冬枯れの風景は心にしっとり寄り添ってくれますが
花は明るく微笑んでくれますね
 そうです
早朝まで雨が降っていました
最近は天気予報が当たりませんね
天気予報に騙されて?出かけたのですが
雨は雨の良さが有ると思いながら少し残念でした

ありがとうございます
私も太い木に寄り添うように・・・の白梅がお気に入りです
共感して頂いてとても嬉しいです
丁寧に優しくご覧戴いてありがとうございます


すみれさんへ
 こんにちわ
何時ものことですが丁寧に優しくご覧戴いてありがとうございます
 そうなのです
昨年の夏に今の処に越して来てから
市中に出るのに時間が掛かり
植物園も以前より随分出かける回数が減りました
その代り狭い庭ですが草花を育てる事が出来るようになりましたが・・・
 そうですね
最近は植物園だけでは無いと思いますが
三脚のカメラマンが増えて何だか特権意識?を持っておられるようにも思えます
皆さん一眼レフの良いカメラをお持ちです
 写真は結果オーライが多く
想像以上だったり以下だったりですが
自分が気に入った写真を褒めて?戴いたらとても嬉しいです

こんばんは happy01
梅の花、とても可愛くきれいですよ。
それにしても困ったカメラマンたちですね。
良い写真を撮りたい気持ちは分かりますが、他にも見に来ている人がいるのですし、場所を代わったり一時的に譲ったりの気配りがほしいですね。
撮り鉄と呼ばれる人たちのマナーが問題視されていますが、どうやら”にわかカメラマン”(間違ってもプロではないですよね?)全体がそうなのかもしれませんね。

幕辺未行さんへ
 お早うございます
そうですね
最近は植物園や天神さんでも三脚のカメラマンが圧倒的に増えました
そして特権意識?をお持ちの様で、私の様にコデジを使っている者はカメラマンでは無い
ひがみかも知れませんがそのように思える時が有ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/59190510

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府立植物園 可憐な紅梅と白梅:

« 御所雲月さんで京料理を戴きました | トップページ | 京都市営地下鉄・烏丸御池駅 »