2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 長谷寺の寒牡丹が咲きました | トップページ | 京都府立植物園 雪椿を愛でる »

2015年2月16日 (月)

京都マラソン2015 府立植物園内を走る

 
 第4回となる「京都マラソン2015」は、本日15日に行われ、新コースとして「京都府立植物園」内にコースが設けられました。園内では、約1.5Kmのコース設定です。
 北山通に面した「北山門」から入り、噴水の横を通って、「クスノキの並木道」を抜けて右折します。左手に「観覧温室」を見て、園内の中央道路を東に進みます。やがて噴水への道の手前を左折し、ツバキ園を左右に眺めつつ、湾曲の道から右折して、「賀茂川門」から北山通に出ます。直角に近い屈折は4カ所もあります。

004a

午前10時20分頃、関係車が3台、北山門に入って来ました。
先導のパトカーや白バイは入って来ませんでした。

008a

10時30分頃、トップの選手が、北山門をくぐりました。歴史的瞬間と言えます。北山門を入って直ぐの場所が、27Km地点です。

015a_2

噴水の西側を通ります。

090a

反対側から見た、噴水付近です。

緩く右にカーブして、クスノキの並木道に向かいます。

018a

「葉から発する防虫成分である樟脳の香りが漂う一帯は特別な空間だ」と、地元紙では紹介されています。選手の皆さんも、気持ち良く走っていることでしょう。突き当りを右折します。その辺りは、ペア駅伝の中継所になっています。

085a

ランナーの集団が走る、クスノキの並木道です。

027a

直ぐ左手に「観覧温室」が見えて来ます。選手の皆さんは、どの程度景色が目に入っているのでしょうか。

046a

コースの左右は、サクラの木々が立ち並んでいます。

054a

緩くカーブしながら北東方向に向かいます。この辺りも桜林です。

やがて左折し湾曲の道を経て、再び右折し、「賀茂川門」に至ります。

079a

「賀茂川門」を出るところです。出たところが、再び北山通です。
左折して、賀茂川に架かる「北山大橋」に向かいます。
画面の奥の北山通を東に向かうランナーの姿が見えます。

094a

12時過ぎの北山門の様子です。未だぞくぞくと選手が入って来ます。

073a

北山通に出て来ましたが、未だこんな状態でした。
参加者は、約16,000人とか。凄いことです。
この人達は、これから更に東に向かい、「高野川」の手前から折り返し、さらに2カ所の折り返しがあって、漸く植物園の北山門に入ることが出来るのです。
植物園内には、27Kmと28Km地点がありますが、さらにゴールまで約20Km近く走らねばなりません。
ゴールは 42.195Kmですからね。皆さんお疲れ様です、頑張ってください。


尚、沿道の応援の方達は50万人とのことでした。















« 長谷寺の寒牡丹が咲きました | トップページ | 京都府立植物園 雪椿を愛でる »

京都府立植物園」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/58943948

この記事へのトラックバック一覧です: 京都マラソン2015 府立植物園内を走る:

« 長谷寺の寒牡丹が咲きました | トップページ | 京都府立植物園 雪椿を愛でる »