2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 中国山地の町・備中高梁市へ(その4)吹屋地区-2 | トップページ | 初天神の北野天満宮 咲きはじめの梅の花 »

2015年1月25日 (日)

京都・嵯峨野・広沢池の冬景色

 年末に引いた風邪も、漸くその長いトンネルから脱して、積極的に体を動かそうと言う意欲が沸いて来たので、今年最初のMYコース=嵯峨野・嵐山の道・約10Kmを歩きました(1月20日)。

 
 何時ものことながら、先ず「広沢池」とのご対面です。考えて見れば、昨年末
12月6日の「鯉揚げ」以来です。

001a

池の東南近くから見たほぼ全景です。池の水は徐々に入っている様ですが、この辺りまでには至っていません。愛宕山はほとんど見えません。池は凍ってはいない様です。

005a

「鯉揚げ」に使われた田舟は、未だそのまま置かれていました。

007a

池の面を良く見ると、少しですが流れている様に見えました。風は吹いていないので、水の流れだろうと思います。

012a

青サギやカワウ?らが、残っている小魚などを狙っているのでしょう。

016a

池の中に出来た大河?です。この程度の水の入り方ですから、満水になるまでにはかなりの時間が掛ることでしょう。稚魚の放流は、4月頃と思います。

019a

池の西側の畔には、葦などが生い茂っていますが、今の時期はこんな状態です。
昨年秋には、「遍照寺山」(向こうに見える山)の見事な紅葉は、見る事無く終わって仕舞いました。

この後、大覚寺から嵐山に向かいましたが、嵯峨野・竹林の道では、すれ違う人達は、殆どが外国の人達、特に中国・韓国の人達(話す言葉から)の様でした。やはり竹林は人気がある様です。皆さん写真を撮っていました。



« 中国山地の町・備中高梁市へ(その4)吹屋地区-2 | トップページ | 初天神の北野天満宮 咲きはじめの梅の花 »

嵯峨 嵐山」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 お早うございます
如何にも寒そうで静寂の漂う広沢池に一人で佇んでいます
いいえ、そんな錯覚を覚えています
春も秋も素晴らしい景色の広沢池ですが
冬の佇まいを見ていると歌心が有る方なら一句詠まれるでしょうね
そんな思いで先ほどから魅入っています
アオサギやカワウももしかしたら同じ思いかも知れませんね
もしそうなら楽しいです
枯れた草木にも情緒が感じられ広沢池の魅力は尽きません
寒い朝の撮影ありがとうございます
風邪が良くなられて好かったですね

 お早うございます
お風邪良くなられたとか何よりです

冬の広沢池は人影もなく
キーンと張りつめたような風景ですね
春や秋の綺麗な景色も好きですが
モノクロのような景色も好いですね
だらっとしている私の心身にカツを入れられたようです
 用無しと捨て置かれたような田舟が何となく寂しそうに見えるのは私だけでしょうか
冬の嵯峨野、広沢池は訪れた事が有りませんが旅心?に誘われています
やはり嵯峨野の竹林は中国や韓国の方達が多いのですね
今の京都は至る所に言葉の違う人たちの姿が有りますが嬉しい事です


古都人さん
お早うございます
 見るからに寒々した冬景色
これも広沢池の1つの顔なのですね
春や秋の華やかな風景も素敵ですが
冬の広沢池も身の引き締まる思いがします
水鳥が仲良く?朝食でしょうか
長閑な様子に平和な日々の有りがたさを思います
↓から二枚目のお写真ですが大河?が
水が作り出す模様の様にも見えますね
 今年は是非「遍照寺山」の見事な紅葉をお願いします

風邪は辛いですね
齢と共に回復が遅れます
良くなられて好かったです

古都人さん
おはようございます。
大好きな嵯峨野風景、このあたりはいつ眺めても
風情がありますねぇ~
もうお風邪は大丈夫ですかぁ~
たくさん歩かれましたねぇ、羨ましいですわ。
鯉揚げのあとの池は何か可愛そうですね、それでも
たくさんの鳥さんたちがいて和みますね。
これから木々が芽吹き足元の雑草たちが
花開きますねぇ~
古都人さんが歩かれた道をこうして
見ながら冬枯れを楽しませて貰いました。
いつもありがとうございます。

古都人さん   おはようございます

TVで拝見したことがあるのですがそこなのかしら?
広沢の池はこんなに広いのですね。

また4月に稚魚が放流されるのですね。

最後の写真今朝の私のブログの丸山みたいで
嬉しくなりました。

おはようございます。
職場のスタッフが、私の京都熱に影響され
初めて冬の京都を訪れました。
渡月橋から竹林、大覚寺のあたりを歩き
京都が大好きになったということです。
こうやって京都好きが増え
一層ホテル予約ができなくなってくるなと思いつつ(笑)
なんとも嬉しい気持ちになりました。

こうやって冬の北嵯峨野の風景を見ていると
ここに観光客がおしよせるのは
もう少し待って欲しいと願ってしまいます。
風の音と時折啼く鳥の声しか聞こえないような風景です。
私の京都の原風景でもあります。
古都人さんの目を通して
リアル感を味わっています。

古都人さん、おはようございます。
とっても寒そうな広沢の池。
鳥がいるということはまだまだ小魚が
生息しているのですね。
10キロのウォーキングすごいですね~。
寒いと家でぬくぬくしていたいのに、
古都人さんはお元気ですね。
桜の季節に嵯峨野の友達の家に泊めてもらって
お花見をする予定です。
いつごろ咲くのか見極めるのが難しいですが・・・

植村さんへ
こんにちわ
有難うございます
歳を取ると中々治り難いです
相も変わらない場所で申し訳ありませんね
この日も全く人影はありませんでした
そんな酔狂な人はいませんものね
一人静かに池との対面を楽しんでおりました
そうですね 嵯峨野の竹林は最近は
国際的な舞台となっています

taekoさんへ
こんにちわ
有難うございます
仰る通りでございます
そうですね 大きな池に水が無いのは事情を知らない
方には不思議な光景に見えることでしょうね
大河?は水の流れが造った自然の形ですね
そうですね 去年の秋は何故か美しい紅葉が見られませんでした
或いは見落としたのかも知れません
今年は是非美しい山が見られることを願っています

ムームーさんへ
こんにちわ
有難うございます
時間が掛って仕舞いました
年ですね
そうですね 鳥達は収穫洩れの小魚を狙って
集まっているものと思います
鳥達も小魚が居る場所を良く知っているのでしょう
そんなに多くない小魚を気長に狙っているのでしょう
そうですね 未だ春には遠い時期ですが自然は
じっくりとその時を待っていることでしょう

hirugaoさんへ
こんにちわ
そうですか 嵯峨野の「広沢池」と言えばここだけです
良く似た名前で近くに「大沢池」と言うのがあります
そこは「大覚寺」の境内です 有名さから言えば
「大沢池」の方ですね
そうですか 遍照寺山の形は多分何処にでもある
なだらかな山容をしていますから
お近くの「丸山」もそんな山容から付けられた名前かと
想像します

まさみさんへ
こんにちわ
まさみさんに取っては複雑な心境ですね
京都人の私は嬉しいですが・・・
そうですね ここ広沢池まで来られる観光客は
余程通の方(まさみさんの様に)でしょうね
せいぜい大覚寺までですね
もう少し足を延ばしても直指庵まででしょうね
そうですね この時は鳥の声も聞こえない
静寂そのものでした

やっこさんへ
こんにちわ
そうですね 鳥達は残り福の小魚を気長に
待っているのでしょう
彼らも生きるためには必死でしょうからね
そうですか 春の桜の季節がお楽しみですね
桜情報はまたお伝えさせて戴きたいと思います

こんばんは happy01
古都人様のお気に入りの”MYコース”、久々に歩かれたのですね。
私にとってもすっかりおなじみの景色になりました (^_^)ニコッ!
春の桜、夏の緑、秋の紅葉に比べますと、やはり冬枯れの景色という印象は否めませんね。
しかしこのような季節があるからこそ、春から秋の彩りが美しいのでしょう!
徐々に水が入ってきている広沢池、小さな生き物求めてのお客さんたちの姿、これもこの季節ならではの光景でしょうね。
10kmのウォーキング、お疲れ様でした。

慕辺未行さんへ
お早うございます
有難うございます
このMYコースも時としてやや重荷に感じる時が出て来ました
しんどさと言うよりも足へのダメージです
何時まで完歩出来るかなと言う不安です
そうですね すっかりお馴染みの場所になって戴きました
嬉しいです と一人悦に入っています 済みませんね
そうですね この景色があってこそ春から夏 そして秋へと
繋がって行くのですね

古都人さん、おはようございます♪
風邪、完治されて良かったですね。
我が家では、お隣の市に住む息子が土曜日から高熱を出し、
昨日予定されていたフルマラソンをキャンセルしたそうです。

MYコース約10㎞のウオーキングは素晴らしいと思います。
私は歩いても3~4㎞です。10㎞は相当気合いを入れないと
歩けそうもありません。

すっかり冬景色に変わった広沢池。
見るからに寒々として、今はアオサギなどの野鳥の天国ですね。
数カ月後は桜のシーズンですが、、桜は厳しい寒さに耐えて、
はじめて美しい花を咲かせるのですね。
そう思うとこの冬枯れの景色も有難いものに思われます。
嵯峨野の竹林は中国や韓国の方達が多いのですね。
寒い中の取材、ありがとうございました。

hiroさんへ
こんにちわ
有難うございます 私の場合は熱は殆ど出なかったのですが
咳が酷くて大変困りました 元々風邪を引くと最後は咳に至る
変な風邪なんです 親譲りの喘息見たいなものを受け継いでおります
持病的な感じです
約10KmのMYコースはお気に入りのコースなんですが
最近少し重荷に感じ始めております
少しの頑張りを入れれば何とかこなせています
そうですね この辺りにはアオサギが多いですね
警戒心が強い鳥です 近寄れば直ぐに気付いて飛び立って行きます
そうですね こんな殺風景な冬景色も春になれば花を開き始めますが
春には未だ遠い感じです

古都人さん、こんばんは。
寒さの気温差が今年は上がり下がりが激しく、京都も寒さが厳しいく
その中取材をご苦労様でした。

「鯉揚げ」京都の広沢池すっかり冬景色になりましたね。
昨年の(鯉揚げ)の記事も拝見させていただきました.今ではその時の賑やかもなく
寒さや池の水も少なく、今はアオサギ達の水鳥の住みやすい場所に・・・
今は、寒い日が続きますが,蝋梅や白梅.紅梅も見せていただいてお花を見ると
心が和みますねbud

mikkoさんへ
お早うございます
有難うございます
そうですね 日々の気温差や朝と昼との気温差など
体の対応が大変です そんな時にきっと風邪を引くのでしょうね
そうですね 「鯉揚げ」の賑わいも嘘の様なこの日の広沢池でした
鳥達も餌探しに大変なんでしょうがどれ位小魚が残っているのか
鵜の目ならぬサギの目で探していることでしょうね
そうですね 天神さんの梅も咲き始めていました ほっとしますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/58656882

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・嵯峨野・広沢池の冬景色:

« 中国山地の町・備中高梁市へ(その4)吹屋地区-2 | トップページ | 初天神の北野天満宮 咲きはじめの梅の花 »