2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 中国山地の町・備中高梁市へ(その5)吹屋地区-3 | トップページ | 児童の力作400展並ぶ »

2015年1月31日 (土)

久し振りに倉敷の町を歩く

 
 前回の続きです。
「備中高梁市」への旅には、岡山から伯備線に乗ると、倉敷(在来線)を経由します。そこで折角ここまで来たのだからと、「倉敷」で途中下車して、久し振りに倉敷の町・特に「美観地区」と言われるところを散策しました。
勿論この一帯は、「重伝建群保存地区」でもあります。

060a

「大原家住宅」です。備中地方きっての豪商の一人・大原家の住宅です。
倉敷窓や倉敷格子、それに白壁などは独特の意匠を備え、倉敷の典型的な町家として往時の姿を良くとどめています。

032a

「有隣荘」です。大原孫三郎が家族で住むために建てた大原家の別荘です。
独特の製法で焼かれた瓦は、見る角度によっては緑色に光ることから、地元では「緑御殿」とも呼ばれているそうです。

019a

倉敷と言えば「大原美術館」ですね。今回は中には入りませんでしたが、以前来た時には拝見しています。
昭和5年(1930)設立の、日本で最初の私立西洋美術館です。

この一帯は、豪商・大原家の繁栄の姿をとどめる一角と言えますね。

030a

美観地区は、倉敷川(高梁川の支流)を真ん中にして、両岸に拡がっています。左手には「有隣荘」が、右手には「大原美術館」があります。
北から南の方角を見ています(流れが見えないので、どちらが上流なのか判りません)。

033a

川沿いに町並みを散策します。

034a

さらに南へ進んでいます。右手の建物は、「倉敷考古館」です。
江戸時代の土蔵造りの米蔵だったものです。

035a

「中橋」です。倉敷川は、ここで大きく右に折れます。

051a

中橋の近くにある「倉敷館」(観光案内所)です。
大正6年(1917)に倉敷町役場として建てられた洋風木造建築です。

今度は、対岸の建物などを見て回りました。

053a

「倉敷民芸館」です。江戸時代後期の米倉を活用したものです。

040a

ちょっと中を拝見しました。米倉と言いますが、中々立派な倉庫です。

037a

「中橋」の近くの橋です。私はこの景観が気に入りました。

067a

倉敷川を行く結婚式に臨むカップルに出会いました。
この一帯では、「倉敷川舟流し」が運行されています。

 倉敷市は、瀬戸内海に面する岡山県の第2の都市です。
江戸時代には商人の町、明治時代には繊維工業の町、近年には瀬戸内海沿いの重工業地帯として、発展して来ました。
 豊かな自然にも恵まれ、農業や漁業も盛んです。(観光パンフレットより)

« 中国山地の町・備中高梁市へ(その5)吹屋地区-3 | トップページ | 児童の力作400展並ぶ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

古都人さん  おはようございます

昨日は私のブログ開設5年目に来てくださって
ありがとうございました。

ここは素敵ですよね。
もう長いこと行っていませんが・・・
暖かくなったら行きたいなあと思っています。
懐かしく嬉しく拝見しました。

美観地区というだけにさすがですね~

古都人さん
 お早うございます
遥か昔、そうもう40年近く前になりますか一度訪れました
倉敷川沿いを散策したのを久しぶりに思いだしています
大原家住宅の立派さに驚き
今は亡き女優の大原麗子さんと関係が有るのかなあと友人と話していたことも
大原美術館の中にも入りましたが絵の事は覚えていません
当時は多分今ほど観光客も多くは無く
川沿いを立派な邸宅を眺めながらゆっくり散策したのが懐かしいです
京都府立植物園でも新婚カップルの姿を見かけますが”舟流し”は風情が有りますね


 お早うございます
今回も好い旅をされましたね
魅力的な高梁市と今回の倉敷
羨ましく拝見しました
残念ながら何故か倉敷は行っていません
多くの観光客が訪れすっかり観光地になったと知人から聞いていましたが
お写真を拝見して倉敷の風情の有る佇まいに感動しながら見入ってしまいました
当然と言えば当然ですね
「重伝建群保存地区」に指定されているのですから
今も昔を留めているそんな点は高梁市に似ていると言えるでしょうか
観光客の多さ、町の色合い?は全く違いますが
まるで映画のセツトのような風景が続く倉敷川沿い
機会が有れば、ツアーが有る可も知れませんね
こちらも高梁市と共に訪れたい場所になりました
素敵な旅のご紹介ありがとうございます

古都人さん
お早うございます
 倉敷の町は当時(40から50年程前)の若者?の憧れの地では無かったでしょうか
確か山口県を旅した帰りに立ち寄りました。
その時の印象は薄れかけていましたが倉敷川と大原美術館は覚えていました。
美術館に入りその後新幹線の時間を気にしながら倉敷川に沿って歩きました。
唯、行っただけの倉敷でしたが川沿いの風景は懐かしいです
お写真を拝見して「何処をとっても絵になる風景」そのものですね。
特に古都人さんが気に入られた「中橋」の近くの橋はまるで映画のワンシーンの様
着物姿が似合いそうな風景ですね
「倉敷川舟流し」永遠に機会は有りませんが憧れます。

古都人さん
おはようございます。
懐かしいです~もう随分前になりますが
行きました、この街並みはいいですねぇ~
どちらを向いてもいい雰囲気ですわぁ~
古都人さんのお蔭であのときのことを
思い出していますのよ。
小物を買ったおぼえがあります。
お屋敷も豪華ですね、素晴らしい景観ですね。
美術館も見ましたがまた行きたいですわ。
見せていただけて嬉しいです~♪
いつもありがとうございます。

こんばんは
ずっと前から、そしてこれからもずっと
この風景は変わらないのでしょう。
そんな感傷にとらわれるような街並みです。
電線がないので空が広く見えます。
看板やガードレールなどもないんですね。
人気のある観光地なのが納得できます。
京都に似ているところもあって
旅心がかきたてられます。


hirugaoさんへ
「祝 5周年!」 これからも宜しくお願い申し上げます
そうですか 実は私も本当に久し振りでした
少しだけ変わった様なしかし大勢では余り変わっていませんね
そんな印象でした

植村さんへ
こんばんわ
そうですか 未だご覧になっていないのですね
機会がありましたら是非ご覧戴きたいと思います
備中高梁市とは全く違った雰囲気の町ですから
そうですね 造られ過ぎた感じもしますがね
ここはツアーでなくても十分行けると思いますよ
ツアーはゆっくりと時間を掛けて見ようとするのには
不向きかと思います

taekoさんへ
こんばんわ
そうですね 昔はアンノン族のメッカだった様に思いますが
今も結構若い方の姿はありましたね
そうですね 倉敷川と大原美術館はこの町の象徴でしょうね
「倉敷」の名に恥じない「倉」(或いは蔵)の多さは抜群ですね
そうですね 着物姿はこの町にぴったりですね

ムームーさんへ
こんばんわ
そうですか 思い出の地ですね
あちこちと見て歩かれたのでしょうね
懐かしんで戴けて嬉しいです
機会がありましたら是非再びどうぞ

お名前の記載が無かった方へ
こんばんわ
そうですね 「重伝建群」保存地区でも
最も先輩格のこの町です
お見事と言う他ないですね
兎に角「倉」が徹底して揃っていますね

こんばんは happy01
倉敷の街も素敵ですネェ!
倉敷は高校の修学旅行と学生時代に少し歩いたことがありますが、なにぶん30年以上昔のことでほとんど記憶から遠ざかってしまいました。
お写真拝見して、「こんな雰囲気だったかな?!」と思うぐらいです (^_^;;ヘヘッ!
大原美術館と美観地区は訪れているはずですが、大原家住宅や有隣荘は覚えていなくて、このような建物も残っているのですね。
遠い昔に訪れたことがある街を、こうして改めて見てみますと、本当に雰囲気があり『絵』になる街並みだと感じます。
訪れた当時の私は若かった分、この素晴らしさが分からなかったのでしょうね。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですか やはり若かりし頃にここを訪れられているのですね
そうでね 若い頃に注目する対象と今改めて見る景色とでは
違いがあっても不思議ではないのでは無いでしょうか
記憶の問題もあるでしょうし・・・
この美観地区では倉敷川(名前は別として)と大原美術館などは
特に印象深い対象かも知れませんね
そうですね 確かにこの美観地区は「絵」になる景観ですね

古都人さん  こんにちは
倉敷、こちらへは出かけた事が有ります。
拝見しながら懐かしく思い出しています。
素敵で魅せられた倉敷でしたが
上辺だけを見ながらの散策でした。
大原家の倉敷窓、倉敷格子の事、大原美術館が
日本最初の私立西洋美術館、倉敷館の事も
建物、景観は記憶に確り残っているのに
中身が伴わない思い出です。
倉敷川を行く、花嫁、花婿さんは絵に成りますね~
多くの方に祝福受けたのではと思います。
拝見して、又出かけたくなりました。

「吹屋地区 べんがらの町並み」は素晴らしいですね。
弁柄を使った住宅の町並みの
独特な雰囲気に魅せられ訪れた方々の
印象深い思い出と成るのではと思います。
東尾家住宅、弁柄塗の郵便局は〒のマークが無ければ
華やかで他の建物かと見間違いそうです。
2kmに続く塀も、何故そこに作られたのかと・・・
毎回素敵なご紹介をありがとうございます。
学び、旅心を誘ってくれました。

倉敷も行ってみたいところです。
ご紹介ありがとうございます!
お天気にも恵まれて
お舟に乗った新郎新婦に出会うことが
出来たのですね~。
なかなかこんなシーンは撮れないでしょう?
いいタイミングでしたね。

すみれさんへ
こんにちわ
そうですか やはりここには訪れられているのですね
観光地としては有名な方ですしどちらかと言えば女性に
人気の場所ですものね
いえいえしっかりと記憶されていて感心しています
そうですね 花嫁さん花婿さん共に多くの観光客にも
祝福されていました 
そうですね 「べんがら」の町も個性的で見応えのある
町並みでした もっと世の中の注目を浴びても良いのでは
ないかと思ったりしています
何時も丁寧なコメントを戴きまして有難うございます

やっこさんへ
こんにちわ
そうですね 是非お訪ねくださいませ
倉敷駅前に観光案内所がありますので
そこでは丁寧に教えて戴けますよ
駅前から歩いても約10位で「美観地区」に
行くことが出来ます
「美観地区」にも観光案内所があります
そうですね こんな場面は旅行者に取っては
ラッキーでした

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/58400035

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りに倉敷の町を歩く:

« 中国山地の町・備中高梁市へ(その5)吹屋地区-3 | トップページ | 児童の力作400展並ぶ »