2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« ジャパンス ピリッツ in 京都 華の饗宴 | トップページ | 京都・二条城のお正月(その1) »

2015年1月 8日 (木)

未の巨大立体絵馬 温か

 ご紹介します立体絵馬の未は、京都市山科区四宮の「諸羽神社」の境内に飾られています。
 近くで飲食店を経営される男性が制作されました。
趣味の絵画や彫刻を生かして4年前から干支の絵馬を作っておられるとの事です。


008

近くには山科疏水や毘沙門さんが有りますが、諸羽神社は何時も静寂に包まれています。

002

絵馬の大きさは、縦0.9m 横1.8mで真っ白な毛糸で作られたヒツジが立体的に浮かんでいます。

003

骨格部分を針金で作って羊毛をからませ、約2か月かけて完成。


004

「新年が羊毛のように温もりのある年になってほしい」作られた方のコメントですが、正しくそうで有って欲しいです。

005a

我が家にある「未」の置物です。金属製です。

002_2

こちらは真ん丸ふっくらしたヒツジさんです。
今年は町中に可愛い干支の未さんが登場することでしょう。


« ジャパンス ピリッツ in 京都 華の饗宴 | トップページ | 京都・二条城のお正月(その1) »

2015 京都のお正月」カテゴリの記事

2015 干支」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
お早うございます
諸羽神社は初めて聞く名前ですが
流石は京都の隅々までご存じの古都人さん
こんなに温かくユニークな未の絵馬
両方の横顔が違って見えますが・・
意図して作られたのでしょうか?
それとも古都人さんもお気づきで撮られたのでしょうか
いずれにしても作られた方のメッセージには同感です

お宅に有る2種類の未、全く違った置物ですが戴けるなら(笑い)どちらも欲しいですね

 お早うございます
今朝の未の絵馬のユニークな事
古都人さんのブログへはお訪ねする度に新たな発見が有りますが
この羊毛で作られた未の絵馬は好いです
静かな境内に温もりの有る未の絵馬
大きさもこの神社に相応しく微笑ましいです
2か月も掛けて作られた絵馬、
多くの方に知って戴いてお詣りして欲しいですね

ご自宅に飾っておられる未の置物
金属製のは我が家に有るのと似ています
ふっくら真ん丸も可愛いですね
心和みます 

古都人さん
 お早うございます
動物園の羊に続いて今度は羊毛で作られた絵馬の羊
流石は古都人さん、情報が早いですね
何ともこもこした暖かそうな羊さん
立体的な絵馬は初めて見ました
4年前から干支の絵馬を作っておられるとの事ですが
以前のも拝見したいものです
諸羽神社の名前は聞いた覚えは有りますが小さな神社の様ですね
作られた方のコメント全くその通りですね
どんな時代らになろうとも温もりの有る
年で有って欲しいです

ご自宅の真ん丸ふっくらのヒツジさん
我家に有るのと似ています

古都人さん、おはようございます♪
今年もフットワークが軽く、新年からいろいろな
場所に行かれていますね。
私も見習わなくてはと思っています。
雪の南禅寺境内、心を洗われるような新雪と
南天の赤い実が鮮やかでした。
京都市動物園の山羊や羊さんも可愛かったですね。
羊は夫の干支なのですよ。
千本釈迦堂の阿亀さんは私の孫娘にそっくり。
もっとも最近は赤ちゃんの時と変わって、
ほっぺがこんなにふくよかではなくなりましたが。
一度拝んで見たいものだと思っています。
和菓子の展示即売会や美しい華の饗宴では
目を楽しませて頂きました。
そして諸羽神社の羊、温もりがあって素敵ですね。
紙粘土と綿を使って冬休みの自由研究の課題にしたら
どうかと孫息子に見せたのですが、難しそうだし
持っていくのが重そうなのでと却下されました。
古都人さんの家の親子の「未」の置物も素敵ですね。
我が家は紅白の張り子で作った2体の未です。

手作りの羊の絵馬。
とってもかわいいですね。
絵馬というよりも絵羊ですね(笑)
雨に濡れないようにしてあげたいですね。

和菓子の博覧会、とても綺麗ですね。
ウチのそばの和菓子店のご主人さんも
この道では有名な方で、いろんなところに
出店されているそうです。
横浜の富貴さんというお店です。
もしかしたら出店されていたかな~?

京都駅のいけばなもいいですね~。
外国からのお客様はとても喜ばれるでしょうね。

風邪、早くよくなりますように♪

古都人さん
こんにちは。
いかがされてるのかと思っていましたの。
まぁ~こういうのもあるのですね、いいですね。
立体もいい感じがしますね、温もりがありますわぁ。
こういう神社は知らなかったです。
落ち着いた雰囲気でお参りも静かですね。
人が多すぎるのも落ち着きませんね。
お家に飾られてる羊さんの置物は素敵ですね。
あまり見かけないものでいいものですねぇ。
真ん丸ひつじさんも可愛い~
京都駅の生け花見なかったので
見せて貰えて良かったですわぁ~
今日はしとしとと雨です、時に霙が降っています。
古都人さん暖かくしてすごしましょう~
今、あついお茶でまた甘いものを、とほほ

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね 古い神社ですが余り知られていないかも知れませんね
左右の羊の顔の違い やはり手作りによるものですね
そう思ったので敢えて撮って見ました
ユニークな絵馬 着想が面白いですね
寒いこの時期にぴったりの羊の絵馬でした

植村さんへ
こんにちわ
そうですね 絵に描いた羊よりこの時期にはぴったりの
暖かい絵馬でした
工夫をして手間を掛けて作られたのが良く判りました
アイディアが凄いです
そうですか 羊の置物は良く似たのをお持ちとか
これも羊毛で作られたらもっと良いのが出来たのかも
知れませんね

hiroさんへ
こんにちわ
そうなんですわ 風邪の咳をしながらも
寒さに少々脅えながらも回っておりました
京都は新年から大雪に見舞われちょっぴり
大変でしたが北の国のことを思えば優しいものです
今年も出来るだけ行動的な日々が送れれば良いかなと
思ったりしております
どうぞ宜しくお願い致します

やっこさんへ
こんにちわ
そうですね 折角の力作の絵馬 雨が大敵ですね
そうですね 京都は伝統的な和菓子のお店が多いですね
「富貴」さん 何かでお名前を耳にした記憶がありますが・・・
そうですね 生け花も京都が発祥の地ですね
多くの家元がありますね
ご心配を戴きましてありがとうございます

ムームーさんへ
こんにちわ
暫く閉じさせて戴いておりました
そうですね こんな絵馬もユニークで良いですね
寒い今の季節にぴったりの絵馬でした
そうですね あまり知られていないお宮さんですね
地元だけの鎮守社ですね
そうですね 干支の置物も沢山の種類が出回っていますね
リアルなものから可愛いものまで 幅が広いです
そうですね 毎年の生け花展です 新春らしい花々でした
そうですね 寒い日々が続きますね
どうぞご自愛くださいませ

こんにちわ~

少し心配していましたが元気になられて良かったですね。

羊さんの置物可愛いですね。
自分に合わせてふっくらさんがいいです・・・

12月の風もかなり長引いていました。
どうぞ無理をされませんように。

古都人さん  こんにちは
少々ご無沙汰させて戴きました。
本年もよろしくお願いいたします。

諸羽神社は初めて知りました。
静寂に包まれた神社との事、新年のお詣りは
参拝客で混雑している神社より
こちらで手を合わせて見たく思います。
立体絵馬は初めです。
立体的な未は、製作法にも「温か」温もりの心など
作者の意図が届いてきます。
趣味の粋を超えた素晴らしい作品ですね。
本当に温もりのある年で有って欲しいですね。
ご自宅のヒツジさん、
親子のヒツジさんの眼差しが良いですね。
可愛い真ん丸ふっくらなヒツジさん、
どちらも心幸せに成れそうなヒツジさんです。

「華の饗宴」新春を寿ぎ、素晴らしい作品ですね。
金屏風を前に、京都で観る各派の力作は
特別な思いで皆さんを愉しませてくれた事と思います。
動物園、今年はヒツジさんは人気者でしょうね。
高い橋の上のヒツジさん、私も見て見たいものです。
京都の大雪は、テレビニュースで知り驚きました。
雪景色の南禅寺、美しいですね~
雪と南天、絵に成りますね。
お寒い中、素敵な画像をありがとうございます。
今年も素晴らしい京都に出会える事を
楽しみにしています。

hirugaoさんへ
こんにちわ
ご心配をお掛けして申し訳ございません
お蔭様で快方には向かっております
有難うございます
そうですね 羊の顔を羊毛で作るなんて
グッドアイディアです
寒い季節向きの羊の絵馬ですね

すみれさんへ
こんにちわ
年末年始はお忙しかったのでしょうね
やっとゆっくりされているのでしょうか
暫くご無沙汰致しておりました
今年もどうぞ宜しくお願い致します
そうですね 諸羽神社は古い鎮守様と言った感じです
多分地元の方しかご存じないと思いますね
今年も恒例の干支の大絵馬から始まって今日8日まで
おめでたい・明るいものをとご紹介して来ました
最近は京都の伝統的なもののご紹介が出来ていないなあと
反省しています 
明日は「えびす神社」の「宵えびす」です 出掛けたいと思っています

こんばんは happy01
立体絵馬・・・?ビックリしました。
このような絵馬、初めてです。
真っ白な毛糸が羊をよりリアルに見せていますね。
真正面からの表情、そして左右から・・・どれも味わい深い表情をしておられます。
とても珍しい絵馬を拝見させていただき、ありがとうございました。

↓記事も拝見しました。
新年の雪景色、どこも絵になる風景ですね。
千本釈迦堂や平野神社の名も思い出しました。
何度か紹介されていましたからね。
和菓子の展覧会も驚きです。
和菓子というより、和菓子の材料で作った芸術作品ですね。
食べるのが惜しいでしょうね。
ジャパンスピリッツの生け花展も恒例になりましたね。
どの作品も本当に素晴らしく、行き交う人々が思わず足を止めて見入る光景が浮かんできます。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね グッドアイディアの羊の絵馬でした
作るのも大変だったと思います
似せて作るのも難しかったでしょうね
毛糸を使っては良い着想でしたね
沢山ご覧戴きまして有難うございました
そして色々とご記憶も戴いていて嬉しいです
芸術作品の和菓子 とてもお菓子とは思えない
素晴らしい出来栄えでした
生花は京都に来られた方達に心地の良い空間を作るためのものだ゛と聞いています
今ではすっかり恒例行事となりました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/58402701

この記事へのトラックバック一覧です: 未の巨大立体絵馬 温か:

« ジャパンス ピリッツ in 京都 華の饗宴 | トップページ | 京都・二条城のお正月(その1) »