2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 秋の奈良を旅して歩く(その1) 柳生街道・滝坂の道(2) | トップページ | 秋の奈良を旅して歩く(その2) 山の辺の道 »

2014年12月11日 (木)

秋の奈良を旅して歩く (かんぽの宿 奈良)おまけ付き

 

 旅の楽しみの1つはやはり少し贅沢をして美味しい料理を戴くことですね。
1泊した「かんぽの宿 奈良」は温泉は勿論ですが、お料理もいつも美味しいです。
 この日の夕食「万葉の華」です。

012

                月見豆富

013

             松茸土瓶蒸し

014

               お 造 り  

015_2

                秋の吹き寄せ(3人分)

016

                 季節の煮物

018

             牛しゃぶ 野菜色々(紙鍋)

019

                酢 の 物

020

         栗釜飯 赤出汁 香の物

021

               果実盛り

3人とも全部は食べられないなあと言いながら完食です。
朝食はバイキングでした。
これも3人とも好きなものを選んで予定より?たくさん戴いてお互いに吃驚です。 
柳生街道・滝坂の道を歩いて疲れた体も心も満足満足でした。 

 
さて、お話はがらりと変わりますが、京都御苑内にある春には「糸桜」で有名な「近衛邸跡」 の庭園の池の畔に、美しく紅葉した木を見付けましたので、ご紹介したいと思います。
  少し時間があったので、御苑の中で、何時もは余り歩かないところを歩いていました。今出川通に沿った内側の小道でした。そして、この紅葉に出合ったのです。木々が茂っていて、やや薄暗いに中に、ぱっと明るい紅葉に、思わず「目が点」になりました。

004a

池に架かる石橋の近くにありました。
近衛家の養女となって、徳川家に嫁ぐ前の「篤姫」は、東上の途中ここを訪れ、この庭園を散策されて、この石橋を渡っただろうと思います。その時にも、この木はあったた゛ろうか?もう100年以上も前のことですから、多分この木は未だ無かったでしょうがね。

012a

池の水面に映った紅葉です。「逆さ紅葉」と申しますか。100%水面です。
水面は、時々微かに揺れていました。風も無いのに何故でしょう。
鯉などの姿も見えませんが・・・

(12月6日の午後撮影)
御苑内の紅葉は、峠は越えましたが、未だ所々で美しい紅葉が見られました。





  

« 秋の奈良を旅して歩く(その1) 柳生街道・滝坂の道(2) | トップページ | 秋の奈良を旅して歩く(その2) 山の辺の道 »

グルメ&ランチ」カテゴリの記事

京都御所・京都御苑」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/58210639

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の奈良を旅して歩く (かんぽの宿 奈良)おまけ付き:

« 秋の奈良を旅して歩く(その1) 柳生街道・滝坂の道(2) | トップページ | 秋の奈良を旅して歩く(その2) 山の辺の道 »