2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・東寺の終い弘法へ行く | トップページ | 宮川町で見かけた舞妓さん »

2014年12月23日 (火)

Xマスの彩り 90年を祝う

 赤と緑の独特の彩りから、クリスマスの時期に人気の「ポインセチア」が、
京都府立植物園で見ごろを迎えています。


025

観覧温室の数カ所で展示されていました。
温室内のコースでは、最初に見られる「ポインセチア」の雛段です。


026

方向を変えて撮ってみました。

022

こちらも同じ観覧温室内ですが、苞(ほう)と呼ばれる葉っぱの形や色が↑と異なります。

021

反対の方向から撮っていますが、可憐ですね。

014

ポインセチアはメキシコ原産のトウタイグサ科の低木。
苞と呼ばれる変形した葉の一種が、日が短くなるのに従い色が付きます。


016

幾つかアップで撮ったのですが、実際の色が出ていなくてご紹介は諦めました。

011

観覧温室の中央にある特別展示室の様子です。
写真は上手く撮れなかったのですが、開園「90」の文字が浮かび上がるように白いポインセチアが配置されています。
 
   担当者は「これだけの種類は中々見られない。鮮やかな色を楽しんでほしい」とコメントされていました。

« 京都・東寺の終い弘法へ行く | トップページ | 宮川町で見かけた舞妓さん »

京都府立植物園」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
終い弘法さんに行かれたのですね
新聞にも大勢の参拝者の姿が掲載されていました
そう言えば最近の古都人さんの記事は旅が多いようですが
私には嬉しいです
時には懐かしく時には旅心に誘われています

やはり京都府立植物園のポインセチアは素晴らしいですね
こんなに華麗で可憐なポインセチアは
植物園ならこそですね
幾つくらいの鉢が有るのか多分数えられないでしょうね
園の方達の努力の賜物でしょうか
心して拝見しなければいけませんね
幾つかアップで・・・実際の色が出ていない
私もそう思うことが多いです
植物の色はどんなに性能の良いカメラでも無理でしょうね
古都人さんのご紹介は諦めましたにお人柄を感じます

古都人さん
 お早うございます
見事なポインセチアですね
流石は京都府立植物園ですね
種類もその数にも吃驚しました
アップで撮られたポインセチアの
ユニークな姿と優しい葉色に
深みのある葉色
どちらも素晴らしいです
特別展示の90の白い文字は解りました
工夫されていますね

終い弘法さんはお参り出来ませんでしたが
やはり大勢の方達が来られたのですね
近所の方は6時台にお参りしたが大勢の方が来られていた。
お花など色々買ってきたと言われて今ました。
東寺の五重塔は遠くから見るのが好きです
特に新幹線から見る塔は「京都に戻って来た」の感慨を強くします。

 お早うございます
毎年終い弘法さんと終い天神さんにはお参りするようにしていますが
今年は弘法さんにお参り出来ませんでした
晴天に恵まれて良かったですね
大勢の人達でお買い物は出来なかったのではないでしょうか
私も昨年に行きましたが前の人について歩くのが精いっぱいでした
終い天神さんは行こうと思っていますが晴れて欲しいです
東寺の五重塔は何処から見ても絵になりますね
 
ポインセチアの豪華で可憐なこと
これは花では無いのですね
京都府立植物園は開園90年を記念して
様々な行事をされているようですが
ポインセチアの展示も工夫されているのですね
園の担当者の言葉「これだけの種類は・・・」は納得できますね
ポインセチアに限らず多くの植物を丁寧に育てておられる姿に何時も感心しています

古都人さん
おはようございます。
終い弘法さんへ行かれましたかぁ~
以前に行ってえらいめにあいましたの、うふふ
小さい背だから、見えないし~
それからは行くのをやめています、懐かしい風景を見せて
頂きましたわぁ。
やっぱり京都の行事の
締めくくりはどちらかは見たいですね。
ポインセチアのお花、華麗に咲いていますねぇ。
お花と思っていたものは違うのですねぇ~
これだけ揃えられて並べるのも
大変な作業でしょうねぇ。
美しいです~
華やかだなぁ~
植物園も北から入って帰るので
見せていただけて良かったです~
いつもありがとうございます。

taekoさんへ
 お早うございます
そうですね
終い弘法さんも天神さんも大勢の方で賑わいますが今年は好条件が重なって特に賑わったように思いました。
旅日記をそのように言って貰ってありがとうございます
 そうですね
京都府立植物園のポインセチアは最高だと思います
園の方達の植物に掛けられる愛情の賜物でしょうね
写真の事優しくご覧戴いてに嬉しいです

植村さんへ
 お早うございます
そうですね
今年の終い弘法さんは晴天に恵まれて
本当に良かったです
そうですね
東寺の五重の塔は何処から見ても
佇まいが美しいですね
 
そうですね
京都府立植物園は開園90年を迎えたそうです
園の方達の弛まぬ努力が日本で3本の指に数えられる植物園になったのでしょう

ムームーさんへ
 お早うございます
そうですか
終い弘法さんでどんな目に遭われたのか
何となく想像が出来ますね(笑い)
大勢の人で後ろを付いて歩くだけが精いっぱいですね
そうですね
弘法さんと天神さんどちらかをお参りするのが京都人の風習ですね

ポインセチアはやはり京都府立植物園が
一番では無いでしょうか
種類数ともに
園の方達の弛まぬ努力のお蔭ですね
偶には北山門から入って南門に出て下さい
又違った植物達を見られますよ
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

古都人さん、こんにちは~♪
豪華なポインセチア、素晴らしいですね。
全部で何鉢飾られているのでしょう。
雛壇中央にはベンチが置かれていますが、
ここに座られて写真を取る方も多いのでしょうね。
花色(苞色)や形も多彩で美しく、うっとりと
拝見しました。
下から3枚目のポインセチアは初めて拝見しました。
苞の先が縮れてとてもかわいいですね。
特別展示室のポインセチアは開園「90」の文字が
浮かび上がり、ひときわ美しいですね。
さすが、京都府立植物園。
思う存分楽しませていただきました。

hiroさんへ
 こんにちわ
そうですね
何鉢有るのでしょうか?
園の方にお聞きすれば良かったですね
ここでは多くの方がベンチに腰かけて写真を撮られてましたよ
そうですね
下から三枚目のポインセチアは数多くの種類の中でも一際目を引きました
拙い写真ですが喜んで戴いて嬉しいです

古都人さん   こんにちわ~

東寺の終い弘法さんに行かれたのですね。
さすがに沢山の人ですね。

ポインセチアの鉢で上手くかたちどっていますね。
土がなくても上手く見せるものだと以前に
感心したことでした。

やはり赤の普通のがいいのですがいろんなのが
あるのですね。

いよいよ明日はイヴですね。

hirugaoさんへ
 こんにちわ
東寺の終い弘法さんに行ってきましたが
余りにも大勢の人でお参りだけ済ませて、結局何も買わないで帰ってきました
 
ポインセチアは土が少なく植えられていました
何かコツが有るのかも知れませんね
そうですね
最近は品種改良されて色々な種類が増えました
 
hirugaoさんはお孫さんが居られますから
イヴは楽しく過ごされるのでしょうね 
 

こんばんは happy01
京都府立植物園のポインセチア展、毎年開かれているのですね。
ポインセチアも毎年のように新たな品種が出回っているようですね。
最近は色まで赤ではないものがあり、「それではクリスマスカラーにならないでしょ?」と、突っ込みたくなることも!(笑)
ずいぶん前のことですが、クリスマスの翌日、外出中あるマンションのごみ集積場にポインセチアの鉢植えが捨てられていました。
決して萎れているとか枯れているわけではなく、まだとても綺麗なものでした。
クリスマスすぎた途端「用済み」とばかり捨てられたのか、あまりにもったいなくて持ち帰ったことがあります。

↓記事も拝見しました。
東寺の終い弘法、すごい賑わいですね。
初詣の時と変わらないほどの人出なのではないでしょうか?
こんな人混みの中でも、観察眼鋭く楽しそうな様子を紹介され、雰囲気がとてもよく伝わってきます。
中の様子とは打って変わって、外から見た東寺がとても静かな雰囲気に感じました。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね ポインセチアはクリスマスの花(花ではないのですよね)
とは言い難いと思いますね
本当に色んな色のポインセチアがあります
年々少しずつ種類が増えています
愛好家の競争になっている感じがします
そうですね 東寺さんはやはり弘法市 特に終いと初の時は凄いですが
初詣ではこんな状態では無く少ないですね
兎に角市の時は集中しますからね

こんばんは
一観光客としては
地元の人間のような顔をして
終い弘法で年末の買い物をするのが夢なんですよ。
この混雑と雰囲気、嬉しくなってしまいます。
美味しい食べ物の屋台!
たまりません。
府立植物園はまた違った雰囲気で
師走の慌ただしさを感じさせないゆったりとした美しさです。
ポインセチアにも色々種類があるんですね。
家にひと鉢あったら随分明るくなるのでしょうけど
育てるのが苦手なので写真で楽しむだけにします(笑)

まさみさんへ
お早うございます
そうですね そんなことも楽しいかも知れませんが
結構観光客の方の姿もありましたよ
何故判るかと言えば胸などにバッチを付けておられますし
話されている言葉などからも判りますね
さらに外国の人の多いこと
骨董屋さんなどに腰を下ろして見ていますね
そうですね 何にしても部屋に一鉢置くと雰囲気ががらりと
変わりますものね
もうお仕事は終了されたのでしょうか
そして次の京都行きのご予定は?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/58293153

この記事へのトラックバック一覧です: Xマスの彩り 90年を祝う:

« 京都・東寺の終い弘法へ行く | トップページ | 宮川町で見かけた舞妓さん »