2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都府立植物園の菊花展 | トップページ | MYコース・紅葉めぐり (その2) »

2014年11月24日 (月)

紅葉の下、上賀茂神社で「鎧着初式」を見る

 久し振りに、紅葉が美しい上賀茂神社で行われた「鎧着初式」(よろいきぞめしき)を拝見しました。
 これは、京都・西陣にある「鎧廼舎・うさぎ塾」が、平安鎌倉時代の伝統儀式
「鎧着初め」を再現されたものです。新調の手作りの鎧兜を身につけた総勢50人の武者行列です。本殿での儀式に向かう行列を撮らせて戴きました。
 毎年、11月22日に行われています。

001a

上賀茂神社の「一の鳥居」の傍に置かれていたポスターです。
子供武者に兜を被せられる瞬間の様子です。

境内の「庁屋」で武者装束を整え、勢揃いして武者行列の出発です。

012a

美しく紅葉した木々の「ならの小川」沿いの道を通って、スタート地点の「一の鳥居」に向かう一行です。行列の先頭を行く、神職の方と巫女さん達です。

 

028a

 

そして、武者行列が続きます。
幟を持った武者、太鼓を敲く武者、大将の冑を持つ武者などが続きます。

030a

女武者に手を引かれて歩む、二人の子供武者と、親子の武者達が続きます。
右奥に見えるのが「一の鳥居」です。

033a

親子の武者達です。子供達の武者姿も可愛いものですね。

038a

女武者の姿も、美しくかつ凛々しいものですね。

042a

行列を後ろからも撮って見ました。どの鎧も美しく見事なものです。
デザインも斬新な感じで作られていて、感動しつつ拝見しました。
一式揃えるのはさぞ大変なことでしょうね。
左奥に見えるのは、「二の鳥居」です。


001


これらの鎧や兜を作られている、西陣にある「うさぎ塾」です。

鎧や兜を作られる他府県の方達もこちらで学んでおられるとの事です。





« 京都府立植物園の菊花展 | トップページ | MYコース・紅葉めぐり (その2) »

2014京都の紅葉」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

よろいを着けて凛々しい男子に・・・という
儀式でしょうか。
古式ゆかしい儀式がこのように復活するのは
うれしいことですね。
歴女も参加して凛々しい女子も生まれましたね(笑)

古都人さん
 お早うございます
ご紹介の鎧着初式は詳しくは知らなかったのですが一昨年でしたか上賀茂神社に行った時に偶然見ました
立派な武者行列に見入っていました
平安鎌倉時代の伝統儀式だったのですね
印象は鎧の豪華さに驚いていましたが
あれば手作りだったのですね
改めて感動しています
名前は知りませんでしたが、うさぎ塾の前を通った事が有ります
風情の有る京町家の印象でしたが
由緒の有る塾なのですね
京都には伝統工芸を始め手作りの作品が多く誕生していますがこちらもそうだったのですね
それにしても武者行列の凛々しさ素晴らしいです

古都人さん
おはようございます
京都には有名なものからそれほどでも無い?等行事が多く有りますが
ご紹介の鎧着初式が有るのですか?
流石に”京 歩き”の古都人さんです。
よくご存じですね
凛々しく豪華に着飾った人たちの行列
何と美しい
紅葉の季節、そして上賀茂神社ならこそ
より厳かでより映えますね
子供たちも一人前ですね
幾つまでこの歴史のある平安鎌倉時代の伝統儀式の鎧着初めに参列するのでしょうか
いずれにしても一生の思い出になりますね

嵯峨菊がこんなに綺麗に咲いているのは
初めて見ました
勿論、植物園で見ただけで、大覚寺では拝見したことは有りません
日本三大名菊だったのですね

一昨日「智積院」と京都府立植物園へ行ってきました
余りの美しさに感動しました
ありがとうございます

 お早うございます
恥かしいですが鎧着初式の事も
西陣地域に住んでいますが
お写真のうさぎ塾は見ていると思いますが・・・・
それにしても立派な鎧兜ですが手作りとは驚いています
平安鎌倉時代の伝統儀式だったのですね
京都には歴史的な行事が数多くありますが、勿体ないですが知らない事が多いです
京都の奥深さに改めて感心しています
総勢50人の武者行列
しかも世界文化遺産の上賀茂神社で紅葉の季節に感動ですね
子供たちも可愛くて真面目な顔をして歩いている姿は良いですね
それにしても観光客の姿が少ないようですが勿体ない気もします

嵯峨菊は由緒の有る菊なのてすね
そう思って見ると可憐な中にも上品さがります
「智積院」へ行ってきました
古都人さんのお写真の通り素晴らしいでした
事前に拝見していたのでとても親しみを感じました
 

古都人さん
おはようございます。
鎧着初式って近くに住まいしながら知らなかったです。
凛々しい行列がならの小川の道を歩かれて
古式ゆかしいですねぇ、素晴らしい。
古都人さんいつも素敵に写されていますわ。
うさぎ塾で習って居られるかたも
いて、こういう技法が学ばれる、受け継がれる
って嬉しいことですね。
いつもありがとうございます。

やっこさんへ
こんにちわ
この儀式のルーツは武家の男の子が13~14才に
なった時に初めて鎧兜や具足を着ける元服の武家版
だそうです
将来武士として立派に成長することを祈願したのでしょう
そうですね 今では女性の方も参加されていましたね
もっとも昔でも「巴御前」見たいな方もいましたが・・・

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね この行事のことは京都市観光協会が
発行されている11月の「京ごよみ」の行事欄に載っていました
もっとも私は何年か前にも知って一度拝見しています
京都市内の行事の1つとして認知されたのでしょうね
場所も上賀茂神社ですから良かったのでしょうか
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね 大覚寺の前庭にはその時期になると置かれています
不思議な菊です
智積院と植物園 行って戴いたのですね 有難うございました

植村さんへ
こんにちわ
そうですね 京都の文化は奥が深いですね
決して恥ずかしがって戴くことはございません
知って戴いて嬉しいです(別に関係者でもありませんが)
立派に良く出来ていることに感心しました
遡ってご覧戴き有難うございます
嵯峨菊 不思議な菊でしょう
初めて見た時は何てしょぼくれた菊だろうと思いましたが
由緒など知るとこの菊の素敵さが判りました
智積院にお出掛け戴いたのですね お疲れ様でした
現実を目にされて如何だったでしょうか
ブログでは伝えられない素晴らしさ美しさを感じられたことでしょう

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 未だこの行事のことは広くは知られていませんね
「うさぎ塾」は全国的に広く活動されている様ですので
これから少しずつ知られて行くことでしょう
手作りでこんな素敵なものが出来ることに感心しています

古都人さん、こんにちは~♪
平安鎌倉時代に「鎧着初め」があったということ、
初めて知りました。このような伝統的な儀式が
日常的に見られるのは、京都ならではでしょうね。
美しい紅葉の下、新調の鎧兜を身につけた
総勢50人の武者行列はさぞ見事だったでしょう。
鎧兜と言えば戦場に赴く為の装束だと思いますが、
色彩が美しく、美術工芸品のようです。
お子さんたちも、こんなに素晴らしい装束を
身につけることが出来、お父様と一緒に手を引かれて
歩いたことは、一生の思い出になるでしょうね。

古都人さん   こんにちわ~

お写真の日はいいお天気でしたね。
このような古式ゆかしい行事が伝わって行って
いいことですね。
紅葉も美しくてそこに鎧をまといとても素晴らしいことですね。

hiroさんへ
こんにちわ
そうですね 武家の男子が13~14才になったら
元服の烏帽子を被る様な感じの鎧を初めて着せる
儀式の様ですね
武家が鎧を着け兜を被って戦った時代の儀式で
江戸時代にはきっと形式的なものになって仕舞っていた
のではないでしょうか
当時は見事な兜や鎧を身に着けるのは一種のファッションの様な
流行見たい部分もあったのかも知れませんね
今では美術工芸品の1つですね
この行列の鎧などは紙製の様です

hirugaoさんへ
こんにちわ
そうでしたね この日は快晴と言っても良い位の一日でした
青空の下 紅葉も美しく その下を通る武者行列も
陽光に映えて綺麗でした
鎧や兜が大好きな方達にもっと多くの人の目に触れて
欲しいものだと思いました

こんばんは happy01
鎧着初式と言う行事もあるのですね。
神社やお寺の行事ではなく、鎧や兜を製作するお店(?)がはじめられたのですか?
だとしたら、とても素敵な行事ですね。
子供武者に若武者、女武者・・・、どれも凛々しく恰好いいです。
デザインも本当に美しく、『いざ、出陣』の晴れ姿!ですね。
私もこんな恰好、してみたいです (^_^)!

↓記事も拝見しました。
どれも丹精込めて育てられた菊の花なのでしょうね。
嵯峨菊、特徴的な花姿で、とても綺麗ですね。
菊の花で飾られたトナカイの乗り物、子供たちはさしずめ「サンタクロース気分」でしょうか?!

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 武家の13~14才の男の子の
通過儀礼の1つですね
元服式の様なものですね
いえいえ 鎧や兜を手作りしている塾(うさぎ塾と言います)の
作品発表会みたいなものです
それを「鎧着初め式」と言う昔の儀式を再現されているのです
それも上賀茂神社で行われるのは凄いです
遡ってご覧戴き有難うございます
流石 府立植物園さんです 菊をモチーフに色んな事を遣られます
そうですね 嵯峨菊は変わっているでしょう

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/58065266

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の下、上賀茂神社で「鎧着初式」を見る:

« 京都府立植物園の菊花展 | トップページ | MYコース・紅葉めぐり (その2) »