2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 秋の七草「フジバカマ」 と「萩の花」 | トップページ | 嵯峨野にコスモスを訪ねて »

2014年10月 5日 (日)

兵庫県篠山市探訪 (2 )「多谷畳」

 前回の続きです。
河原町を散策していて、ふと懐かしいお店が目に入りました。

イ草・上敷・センターマット・花ござの「多谷畳」です。
天然イグサのかぐわしい香りが店内に漂っています。

014

息子さんが経営されているとのことですが、「日本で中国製のイグサを使っていないのはうちだけで全て日本の物を使っています」
「今日もイグサを求めて出ています。」
誇りとされている姿に感動しました。


013 

看板を見ても相当古いお店だと解ります。

009_2 


010 


007_2


001_2   

草履は勿論ですがモード掃きも子どもの様の履物もありました。
 写真を撮らせて戴いている間にも、観光客が次から次へ入って来られ、思い思いに買っておられました。
純然たる日本のイグサです。お値段は決して安くは無かったのですが
本物を選ぶ方達の姿に嬉しくなりました。
 

« 秋の七草「フジバカマ」 と「萩の花」 | トップページ | 嵯峨野にコスモスを訪ねて »

京都府外」カテゴリの記事

コメント

こんばんは happy01
畳と言えばい草、しかしそのほとんどが中国製だったとは・・・(゚o゚)ナニッ?!
ショック (>_<)!です。
知らなかった・・・(。_。)ショボーン...
しかし、そんな中で絶対に日本のい草しか使わない『職人魂』に敬意を表します confident
畳は日本人にとって、切っても切れないものですから・・・。
なのにその原料が中国製だったなんて・・・本当にショックです。
しかし、このように日本のい草にこだわる職人さんがたとえ一人だけでもいること、素晴らしいです。
願わくば、もっとこのような職人さんが増えると良いですね。
アッ!そうなると、この店のご主人の自慢が無くなりますね。

古都人さん
おはようございます
白髪の女性の姿に亡き母を重ねています
息子さんの経営方針と言うのでしょうか
あらゆる製品や商品は中国からは安いものが入ってきて
商売がやり難いと聞いています。
そんな中で日本のイグサを使って商売をされている姿
そしてそんな息子を誇りとして堂々と商売をされている姿は日本の母の姿ですね
お近くなら何か一品買い求めたいです
多くの観光客が買っておられるとの事
嬉しいですね


 お早うございます
本物を扱うお店は減りましたが
歴史の有る川原町の一角で今でも拘ったお商売をされている姿に感動しますね
そのような息子さんを応援されているお母さんにも。
お値段は高いでしょうが
本物を身に付ける本物を手元に置く
それが本当の贅沢なのでしょうね
仄々とした暖かみを古都人さんを通して
感じられました
ご紹介ありがとうございます


古都人さん
 お早うございます
私もご婦人の姿に亡き母を重ねました
風貌は勿論、息子を信じて留守をしっかり守ってお店に立たれている姿は正しく大正生まれの女性を思わせます。
 色の剥げた看板もこの町に似合っていますね
商っている日本のイグサの製品・町並み・看板
そしてご婦人の姿が見事に調和していることに感動しました。
もし何時か訪れる日が有れば是非ご婦人とお喋りして
この中の何か一品を買い求めたいです

古都人さん
おはようございます。
日本の物を使われて素晴らしい技術を受け継がれてる
息子さんも素敵ですね、それを支えて応援される
姿って感動しますね。
このような本物だけを使うって今では
珍しいですね、選ばれた本物に技術で
このような素敵な履物、柄も素敵ですね。
飾っておきたいです~
街並みも店構えも凛とした誇りが
感じられて感激します。
古都人さんからのご紹介で
ますます訪ねて行きたくなりました。
いつもありがとうございます♪

慕辺未行さんへ
こんにちわ
そうですね 随分ショックを受けておられますが
これが今の日本の実態を示している部分もありますね
食材をはじめ所謂生産性が低い素材など私達が知らないところで
中国製品が拡がっていることでしょう
何か問題が発生すると実は中国製だと明かされます
畳の様な純日本式の生活の場にもこんな遣り切れないことが
起っているのですね
慕辺未行さんの嘆き 良く判ります

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね この方とは暫くお話をさせて戴いていました
言葉の端々に自信みたいなものを感じていました
しっかりときちんとお話をされる方でした
この町筋で喫茶店などを除き この様にお店を開いて
おられたところはここだけだった様に思います
中国製の素材に頼らなければならない中で
良くしっかりと純日本製を守っておられます

植村さんへ
こんにちわ
そうですね 純日本製を守る難しさを感じますね
息子さんの気概はこのお母様の姿勢などからも
窺い知ることが出来ました
暫くお話をさせて戴いておりましたが気さくに
しかししっかりと自家製品について説明して
戴きました

ムームーさんへ
こんにちわ
今の時代 純日本製を守ることは大変難しいことですね
きっとイグサの素材の価格はかなり差があるのだろうと思います
今では国内でイグサを栽培されているところはうんと少なくなっている
のだろうと想像します
そんな厳しい環境の中で息子さんを支えるお母様の姿に感動していました

古都人さん おはようございます、

篠山市河原町の「多谷畳」さん看板も古いですがお洒落です。
製品の置き方も何処となく、温かみを感じて眺めていたいお店ですね。
お店の人も気作で話が出来何よりです。

日本のイグサを使っていると言うことに誇りを持っていられます。
私もイグサは、日本の物と思っていました。畳はとくにです。
何年にか前に、新しい畳に替えようと思い30年も使った畳をみたら
まだまだ使えるから表だけ新しくして使用しています。

これは、日本のイグサですと確認ですね、
ご紹介ありがとうございます。

古都人さん こんにちは
大型台風が接近しているせいか空はどんよりと曇っています。cloud
 河原町の昔懐かしいお店・・・いまだにお店を開いてるなんて、一度
入りたくなるそんなお店なんでしょうね。
確かに 近頃は中国産が多くなっていますね。
イグサの履物 それと布の模様も素敵ですね。
家業を受け継いでいる息子さんは、小さい時から親の後ろ姿を見て
育っているんでしょうね。
日本製のイグサにこだわり、本当の儲けはないと思いますが、いつまでも
伝統を守っていってもらいたいです。
近くでしたらすぐ行って見たいです。

sasayuriさんへ
こんにちわ
そうですね
お店全体に暖かさが感じられるのも店主である息子さんとお母さんの人間性のあらわれなのでしょうね
 昔は畳が好きでした
勿論、日本のイグサでした
香と手触りの心地よさが今でも忘れられません
今は和室が減り、様式になったのが残念です
sasayuriさんのお宅の畳も日本のイグサをお使いなのですね
今では貴重品と言えるかも知れませんね
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

kikiさんへ
こんにちわ
京都も時々小雨が降っていますが台風は怖ろしいです
被害が少ない事を願うのみです。
 そうですね
伝統的な街並み、河原町で今も昔ながらの商売を続けておられることに感動しました
確かにあらゆる物の原材料は中国製のように思います
広大な土地が有りますから
品質は兎も角として量産による低価格が提供出来るのでょうね
そうですね
息子さんは小さい時からご両親の後ろ姿を見て成人されたのでしょう
頼もしいです

ここ行かれたのですね~
国産しか使わないという凛とした姿が
いいですね。
いい匂いがしませんでしたか?

篠山は里山もいいですよ。
でも車でないと不便ですが・・・・
この街並みを桜のころにゆっくりするのも
いいでしょうね。
まあ、観光の方が多いですが。
自分もその一人なのに変な言い方ですね。

国産100パーセントの畳は日本で
もうこのお店しかないというのには
びっくりしました。
畳の部屋のない家も多くなっているようで
日本人としてちょっとさびしいですね。

ぞうりやサンダルははだしで履くと気持ちよさそうですね。
菅笠は時々外国人観光客がかぶっているのを
見かけます。
日本らしくて、人気なのかもしれませんね。

hirugaoさんへ
こんにちわ
そうですよ
hirugaoさんのブログを拝見して
篠山の河原町を隈なく?歩きました
お店にはイグサの好い香りが漂っていました
 篠山の里山も憧れていますがやはり車の便が悪いですね
hirugaoさんのブログの数々の写真で満足しておきましょう(笑い)

やっこさんへ
こんにちわ
そうですね
国産のイグサを栽培している所は少なく
こちらの息子さんは全国を廻って集められているそうです
 和室が無くなり床の間も無くなり畳と北山杉の需要も減っています。
日本人としては寂しいですね。
そうですね
こちらでも外国の観光客が菅笠を手に持っているのを見かけました。

こんばんは
イグサ!
いい香りですよね。
イグサの香りには精神を安定させる効果があるそうですね。
様々な効果を知れば知るほど
先人の知恵に頭が下がります。

こういった方の仕事に対するこだわりが受け継がれていくことを
誇りに感じます。
旅をしながら色々見聞きすると
自分の人生観も豊かになりますね。

まさみさんへ
お早うございます
そうですね 畳を新しくした時の気持ちの良さの1つは
青畳の香りでしょうね
余り長くは続きませんが新鮮な感じが続きます
しかし段々と畳の部屋が減って来ますね
畳の部屋が無い住まいもありますからね
日々の生活のし易さからそうなって行くのでしょう
ですからイグサの栽培にも大きく影響して来る訳ですね

古都人さん、こんにちは~♪
お安い輸入ものが多い中、純然たる日本のイグサ
を使った製品は嬉しいですね。
近頃の住宅は和室が少なく、畳などの需要は
減っていると思いますが、このような本物志向のお店、
日本全国に、もう少し増えてくれたら良いと思っています。

私は室内履きにイグサスリッパを履いているので
多少お高くても、日本産のイグサでできたスリッパ
があったら買いたいです。布も日本の伝統柄で素敵ですね。

hiroさんへ
こんにちわ
そうですね
今のイグサは殆どが中国製とのことです。
広大な土地で栽培されているから
安くなるのでしょうね
品質は兎も角として
今は和室が減りました
畳や床柱に使われている北山杉の需要もめっきり減ったと聞いています
障子や襖も・・・
 
室内履きにイグサのスリッパをお使いなのですね
そうですね
日本で栽培されたイグサを使った履物は贅沢
高価かもしれませんか本当の贅沢と言えるかも知れません
もっと需要が伸びて欲しいものです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/55419990

この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫県篠山市探訪 (2 )「多谷畳」:

« 秋の七草「フジバカマ」 と「萩の花」 | トップページ | 嵯峨野にコスモスを訪ねて »