2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 2014・時代祭 (その3) | トップページ | 元気溌剌のコスモスの花 »

2014年10月24日 (金)

2014・時代祭 (その2)

 昨日の女人列に続いて、今回は各列のヒーロー達を中心に、ご紹介します。

 何時もの通り先頭は、この大きな幟です。

003a

観客に「時代祭」の文字が良く見える様に、両手で幟を支えておられました。
最後まで、この姿勢を続けるのはきついでしょうね。交代の方はおられるとしても・・・。しかし、この方の心意気を感じました。

この幟の先には、馬車に乗った門川・京都市長さんを始め、議会の長などが2台の馬車に分乗して行かれました。

そして、第1番目の列は「維新勤皇隊」です。維新の時の軍楽隊ですね。

009a

「ピーヒャラ、ラッタッタ」の笛や大きな太鼓と小さな太鼓が、ゆっくりとした独特の歩き方で進みます。こんな歩き方で、平安神宮まで行くのでしょうか?
馬に乗った隊長らしき人は、赤や黒のシャグマを被っています。
私が大好きな隊列の1つです。

020a

「幕末志士列」からは、「吉田松陰」さんを選びました。
来年のNHK大河ドラマの主人公は、この方の妹さんです。
その人が結婚する最初の相手の久坂玄瑞さんもいました。

「徳川城使上洛列」、「江戸時代婦人列」と続いて、「豊公参朝列」です。

024a

資料によりますと、慶長元年5月の豊臣秀頼の初参内の場面とのことです。
秀頼は、牛車(ぎっしゃ)に乗っていると言う想定です。
(この列の大名役の方が、私達の目の前で、急に馬が暴れ出し、落馬されました。暫くして救急車で運ばれました。背中を打たれたとのことですが、軽傷だったそうで良かったです。地元新聞の夕刊による。)

030a

「織田公上洛列」の中の「羽柴秀吉」です。ひげはいけませんね。

031a

この列の主人公は、勿論「織田信長」さんですね。

 「室町幕府執政列」です。

040a

勿論中心は、「足利将軍」です。「足利尊氏」としないのが、時代祭故のことです。長らく設けられなかった列でした。

それに続くのは「室町洛中風俗列」です。こちらも、未だ新しい列です。
16世紀の室町時代の後半は、京の町衆が力を付けた時期でした。

043a

子供達の姿も、可愛いですね。「風流踊り」の一員です。先頭を進みます。

047a

「風流傘」を中心に、囃子方や踊り手で構成されています。
華やかで賑やかな一団でした。

049a

単純な楽器(ささら?)を鳴らしながらの行進です。

このままをご覧ください。

« 2014・時代祭 (その3) | トップページ | 元気溌剌のコスモスの花 »

伝統行事」カテゴリの記事

地域 歴史」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/57754960

この記事へのトラックバック一覧です: 2014・時代祭 (その2):

« 2014・時代祭 (その3) | トップページ | 元気溌剌のコスモスの花 »