2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・北嵯峨の案山子たち | トップページ | 京都・天然記念物「深泥池」を訪ねる »

2014年9月19日 (金)

ジンジャ― と トーチジンジャー

 京都府立植物園で見つけた「ジンジャ―」と「トーチジンジャー」をご紹介します。
名前は似ていますが生まれも育った場所もそして花姿は全く違います

まず、「ジンジャ―」からご覧ください。


037

大芝生地西側入り口に約100鉢が並んでいます。
8月から10月にかけて開花するそうですが、連日の雨の為か花は殆ど萎れて
いました。
その中から選んで撮ったジンジャ―です。

029

                       ショウガ科ヘディキヨウム属

030


036

花色はほかにもオレンジ色が有りましたが、残念ながら綺麗な花は有りませんてした。

 以下は植物園の説明から抜粋しました。
切り花や花壇材料に栽培される半耐寒性の多年草。
属名はギリシャ語の「甘い」「雪」に因む。
日照時間が短くなると開花する短日性を持つので、8月から10月にかけて開花する。
 植物園のジンジャ―は香川県の小山実一氏の作出で当時所有していた香川大学農学部花卉(かき)研究室より譲り受けた。


052

そして「トーチジンジャー」て、私は初めて見ました。観覧温室の中に咲いています。

054

他の大きな植物の中に有って気づかなかったのですが、「知っておられますか?」と聞かれ隙間から撮った花です(9月7日撮影)。

 これも説明から抜粋しました。
マレーシアからインドネシアが原産です。高さは3~4メートルほどになり、葉は細長くて「しょうが」に似ています。杖のような花茎を伸ばして球状花序をつけ、赤色からピンク色の苞が目立つ花を咲かせます。観賞用のほか、若い花序は香味野菜、果実は生食に、種子は香辛料に利用されます。
別名で「カンタン」とも呼ばれます。

植物園を散策していると初めて見る・知る植物の多いことに驚いたり
思わぬ発見に嬉しくなったりしています。
 京都府立植物園の植物の種類と数の多さに感心しながら、管理されている方達に感謝しています。















« 京都・北嵯峨の案山子たち | トップページ | 京都・天然記念物「深泥池」を訪ねる »

京都府立植物園」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
植物園に約100鉢ものジンジャ―の鉢植えが有ったのですね
やっぱり植物園は広いですね
殆どの場所を知っているつもりでしたが
・・・・
ジンジャ―をこのように詳しく見たのは初めてですがシベの長いユニークな花ですね
どの花色も緑の葉っぱに映えて綺麗です
やはり雨は花を傷めますね
 そしてトーチジンジャーの不思議な花
これも花なのですね
部位によって香味野菜や果実、そして香辛料に利用されているとか
観覧温室の中に咲いているですね
是非探してみます
今朝も素晴らしいご紹介ありがとうございます

古都人さん
 お早うございます
ジンジャ―は地元の新聞で紹介されていて見に行きました
その日も雨上がりで葉っぱの緑は瑞々しく感動したのですが
やはり花は駄目でした
今、お写真を拝見して花姿・花色に魅了されました
 そしてトーチジンジャーは全く知らない花です
一度見たら忘れられない様な花姿
このように他の植物に囲まれているですね
これは普通に歩いていては解りませんね
私はきっと探せないと思いますが探してみたいです
 香味野菜、果実は主食に・・・
多くの利用法も有るのですね

 お早うございます
ジンジャ―に何種類かの花色が有る事は初めて知りました
 そして何とトーチジンジャーなるものは初めて見ました
古都人さんも初めてご覧になられたとの事ですが目がくぎ付けです
文字通り隙間から覗かなければ気付かない
私にもわかります
数多くの植物を育てられている植物園ならこその
不思議な形の花ですね
とても魅力的です
私も是非探してみたいです

古都人さん
おはようございます。
ジンジャーは毎日食べていますのに
こんなきれいなお花が咲くのは知らなかったです。
たくさんの鉢がありますねぇ、今、お店でも
生姜を探すのになかなかないのです、あっても
小さいのが高いですの。
花色も種類がたくさんありますね、そしてとっても
美しいです~
トーチジンジャーも初めて見ました。
香味野菜なんですねぇ、お花もがっちりと
した強そうです~
植物園は知らないお花たちが植えられていて
愉しめますね、こうしてご紹介
いただくと知らないことがたくさんです。
いつもありがとうございます。

古都人さん おはようございます

珍しい花の紹介ですね。京都府立植物園ながらの花で魅入ってしまいました。
ジンジャーは100鉢もあって爽快で見応えありますね。
花色もいろいろあって優しい花色で美しい、切り花もあるんですか、
めしべかおしべか解りませんが長い特徴ある花ですね、覚えておきます。

トーチジンジャーと言うのですか、よく似た名前の花全く違いますね。
3~4m先の咲く花、見上げないと気が付きませんね。
花姿が赤くて情熱的です花は香味料として使われる。いろいろと初めて知りました。
ありがとうございます。

taekoさんへ
 お早うございます
そうですね
京都府立植物園の広さには行く度に驚いたり感心したりしています
私も京都新聞に紹介されていて知りました
 トーチジンジャーも勿論初めて見た花ですが何とも言えない花姿に魅入ってしまいました
観覧温室の中で育てて居られます
見難いと思いますが是非探してみてください
こちらこそ毎回ご覧戴いてありがとうございます

植村さんへ
 お早うございます
そうですか
私もジンジャ―の鉢植えがこんなに有る事もの花色が4種類も有る事に吃驚しました
植物園へは比較的よく行っていますが
まだまだ知らない事ばかりです

やはりトーチジンジャーはご存じなかったのですね
是非探してみてください
判り難いですが実際にご覧になられたら
驚いたり感動したりと思います

ムームーさんへ
 お早うございます
そうですね
ジンジャ―はこんなに綺麗な花が咲くのですね
私も初めてだったのですが嬉しくなりました
生姜は何にでも合いますね
貴重な存在だと思います

ムームーさんもトーチジンジャーは初めてだったのですね
そうですね
植物園へは行く度に知らない花を知ることが出来る貴重で有り難い場所です
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

sasayuriさんへ
 お早うございます
色々なお花をご存じの方でいつもブログで学ばせて戴いています
そんなsasayuriさんから戴いたコメントは特に嬉しいです
そうですね
100鉢も植えられているジンジャ―もトーチジンジャーも
京都府立植物園ならこそでしょうか
引っ越しして不便になり最近は行くことも少なくなりましたがその度に感動しています

こちらこそありがとうございます

しょうがは日常、お料理によく使いますが
その花はあまり見たことありませんでした。
とてもきれいなお花ですね。
トーチジンジャーは、ハワイアンキルトの模様で
見たことがありますが、本物はこんなお花なのですね。
そして食用なんですね。
あまり日本では見かけることがありませんが
さすが植物園、そしてさすが古都人さん。
目に付かないところもよく見てらっしゃいますね~!!

古都人さん   おはようございます

白のジンジャーは近くでも植えられていますが
少しオレンジがかったのは見かけなくなりました。
いい香りがするのですよね。

それにしても初めて見るお花です。
綺麗な色ですね~
観賞にもたえみも食べられて種も香辛料になるなら
このあたりでは育てるのが難しいのでしょうか。

やっこさんへ
 こんにちわ
そうですね
やっこさんのブログを拝見しているとこ香辛料も良くお使いです
生姜もお使いの事だと思います
私も花は初めてでしたが印象が違いました
 そうですか
トーチジンジャーはハワイのキルトの模様になっているのですね
私も今回が初めてでしたが
京都府立植物園では珍しい植物を見る事が出来ます
京都に来られる時は是非植物園も覗いてみてください

hirugaoさんへ
 こんにちわ
そうですか
花の香は前日の雨で流されたのか解りませんでした
私の目では4色咲いているように見えました
 トーチジンジャーはhirugaoさんも初めてでしたか?
綺麗な色ですが形もユニークです
栽培は難しいと聞いています
植物園でも何度も何度も挑戦されたらしいです

こんばんは happy01
どちらも初めて見るお花です。
ジンジャーですから、やはり「しょうがの花」なのでしょうか?
とても上品な姿の花ですね。
香りがとても気になります。
属名がギリシャ語の『甘い』に因むとありますから、やはり甘い香りがするのでしょうか?
トーチジンジャー、こちらは変わった花姿ですね。
たしかにトーチを連想するかも・・・。
松明の炎というより懐中電灯の灯のような感じですね。
見るだけでなく食べたり香辛料にも使われるとは、『人にやさしい』花ですね。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 前日の大雨の後だったせいか
香りはしませんでしたね
大分 花が傷んでいましたから
そうですね 嵯峨野で見た「しょうが」の花と似ていました
(先日ここでご紹介しましたが)
トーチの方は聖火リレーの聖火の形を思い出しました
それにしても不思議な形の花です
初めて見た花でした

古都人さん、おはようございます♪
昨日は長野県の善光寺に坂東33観音巡礼の
お礼参りに行ってきました。
帰りも遅くなり、疲れてしまってパソコンを
あける気力もありませんでした。
コメント、遅くなりごめんなさいね。

ジンジャ―の花、綺麗ですね。
花色は白だけかと思っていましたが、
オレンジやクリーム色もあったのですね。
トーチジンジャーは初めて拝見しました。
ユニークな花姿がとても素敵ですね。
高さは3~4メートルほどになるそうですが、
遠くからでもよく目立ち、まさにトーチのような
輝きで魅了させてくれそうですね。
京都府立植物園にはいろいろな珍しい花があり、
外国に行かなくても楽しめますね。
素敵な御紹介、ありがとうございました。

hiroさんへ
 お早うございます
有名な善光寺に巡行のお礼参りに行かれたのですね
ブログでのご紹介愉しみに拝見します

そうですね
ジンジャ―の花色が白以外にも有る事も
トーチジンジャーも初めて見る花だったのですがこれもユニークな花姿に吃驚しました
トーチジンジャーの背は高いのですが周りにも背の高い木や葉っぱが茂り
教えられて初めて知りました
京都府立植物園には珍しい植物が数多く有り
何度散策しても新たな発見に感動することが多いです

こちらこそお疲れのところをコメント戴きましてありがとうございます

古都人さん今日は
植物園のジンジャーとトーチジンジャー初めて見ました
やっぱりお天気の異常は厳しいですね
それでもジンジャーのお花美しく咲いていますね
一番目のは美しい花色ですね・・花姿も素敵
そして白は清楚な感じで美しく、その下のお花は
可愛らしいですね
トーチジンジャーのお花は華やかでドレスを着飾った
女性みたいで思わず見詰めていました
でも美しいだけでは無くて香味野菜に又実は果実に
種は香辛料にすべて食品に凄いですね・・・
珍らしいお花達を見せて頂き有難うございます
さすが京都の植物園ですね・・感心しています

古都人さん、こんにちは(o^-^o)
京都府立植物園には、珍しいお花があるんですね。
私が住む.マンション周りはちょうどエントランスを出ても国道で車の販売会社や
少し,そこにペチュニアのようなお花や小花が植えてあるだけで東京だと.公園もありますがこの辺は全くなく、散歩しても.散策するものがなくつまらないですね,はっきり言うと(´ρ`)ぽか~ん

ジンジャーとても綺麗に撮れてますし,色も素敵な色ですねbud
白もあるんですね、色々なお花を散策しながらだと散歩も楽しいんですけどねshoe
トーチジンジャーは赤で.毛糸のお花に似た感じですねmaple
住む場所により、公園やお花が少ない場所に住むと思わなかったのでみんなの
ブログで楽しませていただいてます。

*蔵さんの.超高速参勤交代DVD11/12発売しますね.私は来春まで待とうかなもしかしてBSで
あれだけヒットしたのだから放送してもおかしくないと思うんですよ\(^o^)/?

咲子さんへ
こんばんわ
そうですね 京都府立植物園さん 流石です
益々充実した展示をして戴いておりますので
見に行き甲斐があります
何時も何かしらの出会いがあって楽しみです
今回の2つの花も思い掛けない出会いでした
そしてご紹介を皆様に楽しんで戴けて嬉しい限りです

mikkoさんへ
こんばんわ
そうですか それはお寂しいことですね
ここ京都府立植物園には市営地下鉄で行けますので
とても便利です
そしてとても広いです じっくりと落ち着いて見て歩きますと
ほぼ1日楽しめます
高齢者は無料でもあります
最近は益々内容が充実されていて新しい出会いもあります
私のブログの大切なネタ元でもあります
どうぞ宜しければお楽しみくださいませ 
有難うございます

こんばんは
ジンジャーの花がこんなにきれいなんて
全く知りませんでした。
たまたま葉っぱ付きの生姜を買ってきていたので
しみじみ眺めていました。

素晴らしい府立植物園です。
通えば通っただけのことはありますね。
トーチジンジャー!
花好きの古都人さんにとって
新しい出会いはさぞ嬉しいことでしょう。

まさみさんへ
お早うございます
そうですね 京都府立植物園さん 益々好きになっています
行く度に何らかの新しい出会いがあります
最近は地元の京都新聞でも今が見頃の花などを写真入りで
紹介して戴けます
また地元の佛教大学での生涯学習講座の1つに
「植物園へ行こう」と言うタイトルで専門の研究者の講座も
ある位です 
益々充実の植物園です
トーチジンジャー 不思議な植物でしょう

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/57393232

この記事へのトラックバック一覧です: ジンジャ― と トーチジンジャー:

« 京都・北嵯峨の案山子たち | トップページ | 京都・天然記念物「深泥池」を訪ねる »