2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 巨大ロボ 平安神宮前に立ちはだかる | トップページ | その後の嵯峨野の秋は? »

2014年9月25日 (木)

京都府立植物園 「植物生態園」 を散策しました

 京都府立植物園は総面積24ヘクタール(およそ甲子園球場6個分)の広さが有り、保有植物は約12000種類です。植えられている種類などによって幾つかのエリアに分かれていますが、今日はその一つ「植物生態園」を散策し秋の気配の植物をその極一部ですが、集めてみました。

047

未だ、赤ちゃんのような「ススキ」です。

050

 秋の七草のひとつ 「オミナエシ(女郎花)」

048

         白い花は「オトコエシ」です。

045

           「ミズヒキソウ(水引草)」

063

         「ノシラン(熨斗蘭)」   (ユリ科)

035

名前は不明ですが、優しい花色と可憐な花姿は目を惹きました。


053

名札は無かったのですが、ブログのお仲間sasayuriさんから「イワシャジン」だと教えて戴きました。
sasayuriさんありがとうございます。


植物生態園は奥深く小さな山の様で自然の状態を保たれています。
特にカメラマンの被害から植物を守るようにロープが張られていています。
写真はロープの外からしか撮れませんが、自然のままの状態が保たれている事に希少価値が有ると思います。

おまけの写真です。


041

先日紹介しました「キレンゲショウマ」ですが、ネットが外されて咲きかけている花を撮ることが出来ました。

« 巨大ロボ 平安神宮前に立ちはだかる | トップページ | その後の嵯峨野の秋は? »

京都府立植物園」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

 お早うございます
「日本に京都が有って好かった」のキャッチコピーを真似て私は「京都に京都府立植物園が有って好かった」
としみじみ思います。
私も植物園には月に2~3回は行きますがその度に新鮮な気持ちになります
新たな発見新たな感動が有ります
ご紹介の植物生態園にはあまり足を向けませんがこんなに可憐な花が咲いているのですね
それにしても古都人さんはお花を上手に撮られますね
色々工夫されているが私にもよく解ります
ご紹介の花たちを見ていて直ぐにでも「秋」を訪ねて行きたくなりました

今朝も降っていますが植物園のお花たちが気掛りです

古都人さん
おはようございます       
秋ですね~
お写真を拝見して嬉しくなりました
秋と春を比べると春は明るく少女の顔
秋はしっとり昭和初期の女性を思わせます
秋は寂しいですが好きな季節です
 ススキやオミナエシの様に決して派手では無い花が似合いますね
白い花はオトコエシと言うのですね
名前は知りませんでした
ミズヒキソウもノシランも可憐に素敵に撮られましたね
二つの花、名前は解らなくても思わず撮ってしまう花ですね

おまけのキレンゲショウマ
蕾も可愛いでしたが咲きかけの花姿も風情が有りますね
 

古都人さん
 お早うございます
京都府立植物園の広い事は知っていましたが甲子園6個分の広さが有るのですね
改めて感心しています
植物の種類の多さにも
 他府県から来られていた方が
「京都府立植物園へは泊りがけで来て
2日間ゆっくり園内を散策すると
それでもまだまだ見過ごしている場所が多くて
直ぐに行きたくなる」と言われていましたが確かにそうですね。
古都人さんの植物園便り?を拝見するようになってから特にそう思います
それにしても可憐な花を集められ(探され)ましたね。
どのお写真も素晴らしく流石にお花好きの方です
魅入ってしまいました。


古都人さん
おはようございます。
甲子園の6倍もある広さなんですねぇ。
京都の植物園は京都の誇りですねぇ、多くの
植物が植えられてて見事な四季を教えてくれますね。
植物生態園は知らなかったです。
素晴らしいのですねぇ~
こういう風に植えられてると興味を持たせて
くれますね。
古都人さんから、こうして教えていただくと
また、興味がもてて嬉しいです。
いつもありがとうございます。

古都人さん おはようございます。

京都府立植物園は広い場所に植物の種類が12,000もあります。
季節に咲く花花が見られて良い所です。秋の花オミナエシの花の特徴が
良くでていて素敵に写されましたね。私もこの構図が好きです。
花の写真の名前は、薄紫色の方はイワシャジンだと思います。

良く似た花でツリガネニンジンがありますが茎が立っていますから
この写真では茎が垂れて見えますどうでしょうね。
黄色の花は分かりませんが。紫色に良く似ている花でラショーモンカズラ
でも良く見ると花先が違います。頼りなくすみません。

長女たちが岩倉に住んでいた頃は子守をしながらよく行きました。
今も玄関入ったところに大きな絵が描いてありますか、
懐かしい植物園のことを、ご紹介して下さりありがとうございます。

植村さんへ
 お早うございます
そうですね
私も植村さんと全く同じことを思っています
京都市内に植物園が有る事はしかも交通の便が良い事は有り難いです
今は雨も止んで陽射しが出てきました
是非、植物園へ植物生態園で秋を見つけてください

taekoさんへ
 お早うございます
私もどちらかと言うと秋の風情が好きです
写真のことありがとうございます
小さな花は撮り難くいつも結果オーライです
名前は殆ど立札が有るのですが最近は無くなっている?草の影で見えないものも多いです

ムームーさんへ
 お早うございます
私も京都府立植物園の広さには驚いています
そうですね
私も京都府立植物園は京都の誇りだと思っています
他府県からも多くの方が来られていますね
植物園生態園は地味なエリアですが
ムームーさんのお好きな小さな花が自然体で咲いていますよ
こちらこそありがとうございます

sasayuriさんへ
 お早うございます
花の名前の事ありがとうございます
追記させて戴きます
sasayuriさんにとっても植物園は懐かしい場所なのでしたね

玄関を入った所とは?どの場所なのでしょうか?
よく判りませんが大きな絵は・・・?
何とも頼りない事でごめんなさいね

古都人さん

「そうだ京都へ行こう~」はかなり古いですが
そう思うときがあります。
今年も行きたかったあそこですが冬でも大丈夫でしょう。

植物園のお花も守られていてキレンゲショウマも
きれいに咲きましたね。
秋のお花を撮りに里山に行きたくなりました。

古都人さん、こんにちは~♪
京都府立植物園、いつも古都人さんのブログで
拝見していますが、保有植物の多さや、
規模から言っても日本の代表的な植物園の一つですね。
見どころも多く、こんな素敵な植物園にちょくちょく
行ける古都人さんが羨ましいと思います。

まるで山の中を散歩しているよう・・・
秋の気配を感じられる植物たちに癒されました。
ススキや水引草は我が家の近くでも見ることが
できますが、オミナエシやオトコエシは
最近見かけなくなりました。
住宅開発で里山がなくなったからでしょうか。
素朴な美しさがある花ですね。
ノシランは初めて拝見しました。
白い花が清楚で素敵ですね。
我が家で時々咲く、ヤブミョウガにもちょっと
似ている感じがしました。
名前のわからない二つの花も優しい風情があって
素敵ですね。紫色の花は山野草が好きだった
実家の母が育てていた花によく似ていますが、
先日行った時は庭が草ぼうぼうになっていて悲しくなりました。
キレンゲショウマも素敵ですね。

どの植物も素敵にお撮りになられましたね。
楽しませていただきました。

hirugaoさんへ
 こんにちわ
そうですね
「そうだ 京都 行こう」のキャッチフレーズも随分古くなりましたね
冬は冬の良さが有ると思います
是非京都へお出で下さいね

hirugaoさんの秋の花
ご紹介愉しみに拝見します

hiroさんへ
 こんにちわ
丁寧にご覧戴いて優しいコメント申し訳なく嬉しく拝見しています
 そうですね
京都府立植物園は日本で3本の指に数えられると聞いています。
植物園は地下鉄や市バスの便利が好いので気軽に出掛けられます

そうですね
植物生態園は山の中の状態をそのまま再現したものです
大きな木も有れば道端に這いつくばっているような草木も有ります
水は雨だけ、人工的な手は加えられていません
そして人間の通る道を狭くしてあります

京都市内でも最近は里山が少なくなりました
府下へ行けば自然はいっぱい有りますが
 子供の頃に見かけた草花が段々少なくなり洋花が増えてくるは寂しいです
齢を重ねて小さな素朴な花が好きになりました
 小さな花の写真は苦手です。
hiroさんのお写真を拝見して学ばせて戴いています
こちらこそありがとうございます

こんばんは happy01
京都府立植物園、甲子園球場6個分の広さでは、一度に見て回るのは無理ですね。
幾度となく足を運ばれていらっしゃる理由がよく分かります。
名古屋の東山植物園が我が家からもっと近ければ、私も何度となく訪れたいところなのですが・・・。
もうススキや女郎花の季節ですね。
オミナエシだけでなく、オトコエシも?!そういえば、聞いたことはあります。
ミズヒキソウにノシラン、お祝い事に良さげな植物ですね。
キレンゲショウマ、今回はネット越しではなく、直接見ることができ、良かったですね。
今回も珍しい植物を拝見させていただき、ありがとうございました。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 一度に全部を見て回ることは無いですね
今日は何をと言う風に予めお目当てを決めて行きます
そして序でにこれもと言った感じで見ています
園内をぶらぶらと回るのも良いですね
何時も結構歩数が上っています
知らず知らずにその日の歩数稼ぎにもなっています
今回の「植物生態園」と「観覧温室」とは比較的良く行く
場所です
入園時に週1回発行の「植物園だより」を戴くのですが
手書き風で中味は充実しています 園長さんが作られている
便利な情報紙です
また今が見頃の案内板が写真付きで掲示もされています
兎に角充実した植物園さんです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/57417971

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府立植物園 「植物生態園」 を散策しました:

« 巨大ロボ 平安神宮前に立ちはだかる | トップページ | その後の嵯峨野の秋は? »