2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 関東横断の旅-3 群馬県・伊香保温泉他 | トップページ | 東映太秦映画村を歩く-1 江戸の町 »

2014年9月 5日 (金)

京都府立植物園「昼夜逆転室」(ナイトフラワーガーデン)

 久しぶりに京都府立植物園の「昼夜逆転室」(ナイトフラワーガーデン)を覗いてみました。
前回訪れた時とは違った花が咲いていないか?でしたが、咲いていました。
一夜限りで花を落とす種類も多く、展示する花は日々異なるとの事です。

勿論フラッシュ撮影は禁止されています。
脇を締めて息を止めて?の撮影です。


069

破れそうな薄い花びらは、 ”ヒメゲッカビジン(姫月下美人)”
                    サボテン科 グァテマラ原産

072

スポットライトを浴びた ” メマツヨイグサ ” アカバナ科 北アメリカ原産

075

手振れしていますが、”チョウセンアサガオ” ナス科 南アジア原産

079

これは花びらでしょうか?  ”チャポイランイラン” 
                バンレイシ科  南アジア、オーストラリア

082

名前が如何に日本らしい ” ユウスゲ ”  ワスレグサ科  日本原産

066

残念ながら名札が見つかりませんでした。

 夜に咲く花を昼間に観賞できる「昼夜逆転室」(ナイトフラワーガーデン)は昼間に光を極力浴びせず、逆に夜間に強い照明を当てることで植物に「時差ボケ」を引き起こして開花させます。
薄暗い室内で花を楽しめる施設は全国初と言われています。







« 関東横断の旅-3 群馬県・伊香保温泉他 | トップページ | 東映太秦映画村を歩く-1 江戸の町 »

京都府立植物園」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 お早うございます
いきなり目がくぎ付けです
何と触れれば散ってしまいそうな花びら
そうでしょうね
息を止める思いで撮影されたのが解ります
「昼夜逆転室」は何故か強くは無いですが風が吹いていますね
メマツヨイグサもチョウセンアサガオもとても綺麗に撮られましたね
手振れでしょうか?
花びらに厚みを感じましたが
名前が解らない花は如何にも風に揺れているようで楽しそうですね
糸のような繊細な花びらですが花色も素敵です
久しぶりに観覧温室の中の「昼夜逆転室」に行きたくなりました

古都人さん
おはようございます
綺麗ですね~
そうでした
以前に「昼夜逆転室」をご紹介されていましたね
すっかり忘れていました
観覧温室へはイベントが無いと入りません
このように素敵な魅力的な花を咲かされているのですね
それにしてもお写真素晴らしく撮られましたね
三脚は使用禁止ですね?
私にはこんなにシャープにしかも優しく撮れません
全国初と言われている「昼夜逆転室」
京都に住まいしている私たちは幸せですね
身近に見る事が出来るの私は
結構人結構知らずを反省しています

 お早うございます
「昼夜逆転室」は入ったことが有りますが室内は異様?な雰囲気ですね
写真も撮りましたが手振れしてこのように素敵には撮れませんでした
やはり息を止めてなのですね
私は脇の締め方が緩いのでしょうか
特に一番目のヒメゲッカビジンの儚げな風情と
最後の名前不詳?の糸の様に細い花びらに魅入ってしまいました
薄暗い室内で夜の花を見る事が出来る
京都府立植物園は植物の種類や花数だけでは無くていつも工夫されている姿に
感心しています

写真ですが、私ももう一度挑戦してみます
素敵なご紹介ありがとうございます

古都人さん
おはようございます。
あら~「昼夜逆転室」って楽しい名前がついて
いますね、こういう展示があるのですねぇ。
闇に浮かぶお花たち、神秘的ですね。
そのお花のもつ特徴が良く表れていますね。
手振れしないように、わかります。
綺麗に写されていますわぁ。
チョウセンアサガオを初めて見た
ときは驚きました、大きくてびっくり、その時は名前も
知らなかったのです。
お花さんたちはいつも私たちを
愉しませてくれますねぇ。
いつもありがとうございます。

おはようございます

京都府立植物園 「昼夜逆転室」 のメゲッカビシン(月下美人科)は
花の咲いている時間も限られている中写せましたね。
室内は暗くフラッシュ禁止で花だけ浮かんでいる映像も良い写真を
見せて頂きました。 ありがとうございます。

緑色のお花チャポイランと言いますか珍しい色です。
ユウスゲの花色も素敵な色合いで、京都府立植物園ながらの賜物です。
「昼夜逆転室」の説明を拝見をして感心をしました。ありがとうございました。

古都人さん  こんにちわ~

先ほどからの雷と豪雨で休憩していました。
京都はどうでしたか?
この夏はこんな風な降り方が多くていやに
なりますね。

フラッシュなしでは大変でしたね。
私も「風の盆」の町歩きでの写真はほとんどだめでした。

珍しいお花があって楽しめましたね。

姫月下美人の三姉妹、きれいですね~。
こんな催しが植物園であるなんて、楽しそうですね。
しかし暗いところだから、カメラの腕が試されますね。
どのお花もとてもきれいです。
最後のお花は、合歓の木の花に似てますね。

taekoさんへ
 こんにちわ
確かに昼夜逆転室を覗かれる方は少ないようですが通常では見られない花が見られます
是非お勧めします
三脚は勿論禁止です
息を止めて脇を締めて撮りました
やはり手振れしていますが
写真を撮らなくても充分愉しむことが出来ますよ

植村さんへ
 こんにちわ
そうですね
室内は暗闇でフクロウですか鳴き声が異様に思えます
写真は難しいですが
全て息を止めて撮りました
皆さんそのようにされているようです
京都府立植物園は毎年入園者が増加していますが
何時も工夫をされていますね

ムームーさんへ
 こんにちわ
そうですね
昼夜逆転室の命名は面白いですね
そのとおりで解りやすくて
ありがとうございます
花の写真は特に限られた方向から撮る写真は難しいですが
一番苦労?したのは手振れ防止です
チヨウセンアサガオはユニークですね
植物園に行くといつも癒されます
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

sasayuriさんへ
 こんにちわ
そうですね
月下美人を撮ることが出来たのは嬉しいでした
昼夜逆転室ならこそでした
緑色の花はチャボイランと言うのですかね
ありがとうございます
sasayuriさんの山野草には到底かないませんが少しでも喜んで戴けて嬉しいです
こちらこそ丁寧にご覧戴いてありがとうございます

hirugaoさんへ
 こんにちわ
京都市内もそんなに激しくは有りませんが時々雨が降っていました
今は止んで時折日が射しています
そうですね
フラッシュ無での写真は難しいですね
hirugaoさんの「風の盆」の記事
愉しみにしています

やっこさんへ
 こんにちわ
京都府立植物園の昼夜逆転室では1年中何かの花を見る事が出来ます
そうですね
暗い所での写真は難しいです
フラッシュ撮影ならもう少しマシに撮れたかも知れませんが・・・・
そう言えば最後の花は合歓の木の花に似ていますね
ありがとうございます
気付きませんでした

古都人さん、こんばんは~♪
夜に咲く花は自宅で育てていない限り、
なかなか見る機会がないと思いますが、
植物園で昼間見ることが出来るなんて良いですね。
さすが京都府立植物園だと思います。

ヒメゲッカビジン、は月下美人のお花を少し
小さくした花でしょうか。
三輪も揃って咲いて、素晴らしいですね。
うっとりと拝見しました。
メマツヨイグサもチョウセンアサガオも
素敵に撮られましたね。
暗闇に花だけ浮かんでとても神秘的です。
チャポイランイランは初めて拝見しました。
葉のように見えますが、きっと花なのでしょうね。
珍しいお花を見せていただき、ありがとうございました。


hiroさん
 こんばんわ
そうですね
夜に咲く花を昼間に見られるのは
京都府立植物園ならこそで
いつも感謝しています
ヒメゲッカビジンは月下美人より少し小さな花でした
私もこの花を見た時は嬉しくてどうしても撮ろうと思いました
そうですね
暗闇で見る花は弱弱しい感も有りますが
風情が有りますね
こちらこそ丁寧にご覧戴いてありがとうございます

こんばんは
はかなくて神秘的で妖精のような花ばかり。
大変珍しく貴重なショットばかりです。
夕暮れの夕顔にはっとさせられるように
こういった明るさで眺めると、また違った花の魅力に出会えます。
不思議な暗さです。
実際に見てみたいです。
花は手をかけた分、懸命に咲いてくれるんですね。
写真からいろいろなことが伝わってきます。

こんばんは happy01
以前にもご紹介されていました『昼夜逆転室』、本当に素晴らしいアイデアですよね。
夜に咲く花は、なかなか見られませんから、このような展示室があると楽しいでしょうね。
月下美人の花はよく聞きますが、姫月下美人もあるのですね。
初めて見ました。
私は月下美人の花は写真でしか見たことがありませんが、なるほど、確かに似ています。
夜に咲く花は、一夜限りの花が多いのかな?何か、そんな気がします。
他の花もですが、夜に咲く花は、どこか儚げな美しさがありますね。

まさみさんへ
お早うございます
そうですね 不思議な体験が出来ますね
この部屋に入った時は目が慣れていないので
不安な気持ちになりますが直ぐに慣れて来ます
そうですね 京都にお出での時に一度お訪ねくださいませ
京都府立植物園の観覧温室内にありますから

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね グッドアイディアですね
実際に実現されたのは流石京都府立植物園さんの
素晴らしさです
多分私達には判らない技術的に問題もあったことでしょうね
何とも言えない不思議な空間です
耳にも夜の雰囲気が造られています
虫やフクロウの声などで・・・
そうでしょうね 一夜限りの花たちでしょう

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/57016076

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府立植物園「昼夜逆転室」(ナイトフラワーガーデン):

« 関東横断の旅-3 群馬県・伊香保温泉他 | トップページ | 東映太秦映画村を歩く-1 江戸の町 »