2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 久し振りの通り庭ギャラリーへ | トップページ | 不思議な色の葉っぱに魅了されました-1 »

2014年8月14日 (木)

不思議な色の葉っぱに魅了されました-2

 ↑の続きです。 
園内で見つけた不思議な色の葉っぱに魅了された後は、「観覧温室」に入って葉っぱに注目しました。。
 「観覧温室」には、熱帯地や亜熱帯地の植物が多くありますから、きっと期待出来ると思っていました。

 やはり期待通りの葉っぱが、沢山ありました。名前を控えるのを忘れていましたが、順路に従いご紹介して行きます。

018a

日本での「半夏生」風の葉っぱです。夏向きの涼しげな感じがします。

023a

こちらの葉っぱも、夏向きの涼しげな感じです。
緑色の縁取りが、可愛く思いました。

025a

絵に描いた様な色鮮やかな緑の葉っぱです。光沢感もありました。

030a

さらに一層の光沢感と、やや濃い色彩です。
やはり南方系の植物でしょうか。

035a

「アナナス」類の展示室には、多くの仲間達がいました。
色の変化が面白いです。

036a

少し気持ちが悪い感じの彩りですが、何を連想されたでしょうか。

042a

里いもの葉っぱに形が似ています。
色彩は赤系・白系・緑系と色々ありました。

「観覧温室」内を回っていて、葉色や葉模様そして葉っぱの形も色々とあることにも気が付きました。今度は、葉っぱの形や大きさに目を向けて観察?したいと思います。





« 久し振りの通り庭ギャラリーへ | トップページ | 不思議な色の葉っぱに魅了されました-1 »

京都府立植物園」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
植物園へは時々出かけますが
そう言えば花ばかりに注目していました
古都人さんが魅了された葉っぱ
正門を入った花壇に植えられている葉っぱには見覚えが有ります
確かに魅力的ですね
葉色も葉模様も素晴らしく見入ってしまいました
普段は何気なく見ている葉っぱもこうして拝見すると一枚一枚が異なる表情
これも自然がなせる業でしょうか

そして観覧温室の葉っぱたち
流石日本一の観覧温室
緑が多く爽やかな葉っぱを選ばれましたね
涼しさを戴きました
初めて観覧温室に入った時アナナス類の中に入って
葉っぱのユニークさに吃驚したことを懐かしく思いだしています
次回植物園に行った時は葉っぱに注目してみましょう

 お早うございます
何んと、葉っぱに注目されたのですね
今まで気付かずにいた葉っぱの魅力
私も植物園=花として見ていましたが目から鱗です
こうして見てみると葉っぱの魅力は尽きませんね
特にその1の同じ木の葉っぱなのにこれだけ葉色や葉模様に違いが有る
これは正しく芸術ですね
葉っぱにも個性、心が有るようにお思えました
 観覧温室は流石ですね
花数もそうですが、葉っぱの種類の多い事
こうして園内や観覧温室を散策してみると
植物の不思議さに出会えるかも知れませんね
ご紹介ありがとうございます

古都人さん
 お早うございます
私も目から鱗です
植物園へは猛暑や花の少ない冬を除いてよく出掛けますが
葉っぱに注目したことは無いですね
流石は古都人さん
葉っぱに注目されたとは・・

綺麗ですね
確かに仰る通り魅力ありますね
一本の木の葉っぱにこんなに色とりどり
しかも一枚の葉にも様々な色模様
見れば見る程美しくカルチャーショックを受けています
素晴らしいです
観覧温室の色々な爽やかな葉っぱの何と涼しそう
夏向きの葉っぱから一幅の涼を戴いた気分です
私も古都人さんの真似?をして葉っぱに注目してみたいです

古都人さん
おはようございます。
植物園の正門あたりはいつも行かずに
北山門だけですの。
こういう葉を見たことはありますが、言われるように
変わった様子の葉ですね。
それぞれの個性があって見ごたえがありますね。
不思議な色合いに大きさ力強さなど
特徴がありますわぁ。
このようにしっかりと見ずにお花~お花~って
探していますもの。
観覧温室の葉っぱも見れば見るほど魅力的です。
古都人さんは植物園も何度も行かれてて
良くご存じですねえ
いつもお越し下さってありがとうございます。

古都人さん、こんにちは~♪
さすが京都府立植物園ですね。
見たこともない不思議な色の葉っぱや
爽やかなグリーンの観葉植物でいっぱい。
それぞれの植物から沢山の癒しやパワーを
いただけたのではないでしょうか。
葉の色や質感、光沢感がそれぞれ個性的で
見ているだけで楽しくなりますね。
私もお写真を拝見しているだけで、
目が休まり、涼しげな姿に癒されました。
iいつも素敵な御紹介、ありがとうございます。

原色のカラフルな葉っぱたち。
真夏の太陽によく似合いますね。
ジャングルの中でこのような葉っぱを見つけたら
ドキッとしちゃいそうです。
ヘビやトカゲの爬虫類を連想してるからかしら~?

京都の下鴨地区は実家の母が戦時中に
住んでいたところです。
植物園や下鴨神社の境内で遊んだ
話をよく聞かされました。
一度連れて行ってあげたいです。

taekoさんへ
こんにちわ
蒸し暑いですね 堪りません 蒸し暑さに弱い私です
そうですね つい花に目が行きがちですがふと見た葉っぱに
何故か惹かれて仕舞いました
そして良く良く見るとあら不思議! こんな様子に驚きました
どんな経過を辿ってこんな葉っぱが出来たのか
知りたいものです
赤系統も緑系統も何か葉っぱの歴史があるのでしょうね

植村さんへ
こんにちわ
そうなんです 日頃は何気無く見ている葉っぱですが
よくよく見るとこんな様子に気付かされました
見ている積りが結局見ていないのですね
人間の見る目の不確かさを教えられました
物事に依っては怖いことです
改めて植物の不思議さを感じました
植物学者ならきちんと説明されるのでしょうね?

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 観葉植物と言う言葉がありますから
葉っぱも立派に鑑賞に値するものを持っているのですが
つい綺麗な花に目を奪われていますね
これからはもっと葉っぱに熱い視線を送らねばと思っております
良く見ると葉っぱの形にも面白いものが沢山ありますね

hiroさんへ
こんにちわ
そうですね 葉っぱもよくよく見れば素敵な葉っぱがあることを
教えられました
今まで何気無く見ていたのが申し訳ない気持ちです
こんなにも色々な葉っぱになったのにはそれなりの歴史か生い立ち
見たいなものがきっとある筈でしょうね
葉っぱの色素の違いが何かあることでしょう
植物学者の説明を聞きたいものです

やっこさんへ
こんにちわ
京都は只今蒸し暑さの中にあります
湿度が80%近くもあります
考えて見れば暑くともさっぱりとした暑さが最近は無い
様に思います 残暑厳しい京都です
そうですね やはり暑いところの葉っぱでしょうか
赤系統も緑系統も色は鮮やかですね
是非一度京都府立植物園をご覧戴きたいと思います
最近は益々充実してきた植物園です

古都人さん  こんにちは
素敵なご紹介に、さすが植物園だと魅入っています。
葉模様、葉色、葉姿にお花とは
全く違った魅力を感じます。
不思議な色の葉っぱは、自然を愛する
神様からの贈り物でしょうね。
初めの艶やかでお洒落な葉模様は美しく
皆さんを感動させる事でしょうね。
同じ木からなのに、夫々に違う葉模様は
不思議で何故だろうと思います。
観覧温室の植物、涼やかで綺麗
熱帯、亜熱帯の植物だけに夏の元気も貰えそうです。
上段3枚に安らぎと涼やかな風を感じ、
4枚目は濃い色彩が強烈で、何度も魅入ってしまいました。
下段の方は熱帯魚をお思い浮かべました。
植物園の愉しみが増しました。
素敵なご紹介ありがとうございました。

古都人さん
 こんばんは。
京都府立植物園の、不思議な又珍しい葉っぱを紹介していただいて
最初の、葉っぱ.半夏生に似た葉ですけど.違うのは半夏生はもっと白いですものね。
夏向きの涼しげな葉っぱとすぐ解りますね。
緑の縁取りの葉もスマートな葉で,それと緑の筋が沢山あり鮮やかですψ(`∇´)ψ
濃い赤く染まっている紅色の葉も珍しく不思議な葉っぱですねbud
下から三枚4枚目の葉っぱは.不気味と言うか名前を知りたいぐらいです!
一番下の葉っぱは、ジャガイモの葉に似てるのですか?
私は、赤い色の葉を見て.カラジュームに似た感じがしましたclover
色々と.珍しく綺麗な色合いや不思議な葉っぱがあるものですね。
京都は珍しいのが多く.歴史も古いのくイベントも多く.少し京都の事が解った気がまだまだですけど.・・・うふふbleah
蔵さんが公式、ページで「京都の夏を楽しみ方」を書いてありましたよ\(^o^)/
まだ、残暑厳しいですけどお互い身体だけは気を付けて乗り切りましょうねhappy01

こんばんは
まるで刺繍か貼り絵のようなデザインです。
自然の遊び心を感じます。
府立植物園はたまにしか行かれないので
行くと嬉しくていつもキョロキョロしています。
特に大きな木を見上げていることが多いので
じっくり足を止めてなにかを眺めることがありません。
こういった珍しい葉は見逃してしまっているのでしょう。
もったいないことです。

すみれさんへ
こんばんわ
そうですね 植物達の底知れない神秘性に
触れた思いがしました
この植物が描いた葉っぱの芸術性みたいなものですね
植物が意識しての表現かはたまた自然のままの表現か
いずれにしても不思議な表現ですね
科学的な説明が可能なんでしょうかね
若しあるのなら知りたいものですね

mikkoさんへ
こんばんわ
そうですね 「半夏生」も同じ現象なんでしょうかね
それともまた別の要因による現象でしょうか
全く判りませんがいずれにしても不思議な現象ですね
人の手が全く及んでいない 葉っぱの表情です
そうですね 京都は歴史でも自然でも奥が深いですね
そうですね まだまだ残暑は続きますね
お互いに気を付けましょう

まさみさんへ
こんばんわ
そうですね 植物園では つい綺麗なものに目が行って仕舞いますね
長く植物園に行っているのに初めて見付けたこの葉っぱ達でした
申し訳ないことです
そうですね 私もこれからは葉っぱに良く気を付けて見て行きたいと
思っております

こんばんは happy01
↑ 記事の木の葉っぱ、本当に自由気ままに一枚一枚違っていますね。
それぞれが個性を主張し合っているような気がします。
自然界の神様のちょっとしたいたずらでしょうね。

我が家から車で10分ほどの緑地公園内に熱帯温室があるのですが、さすが京都府立植物園です。
そこでは見たことがないようなものばかり!
涼しげな色模様の植物もありますが、毒々しげな模様のものも。
動物や昆虫などに食べられないよう、あえてそのような模様になったのかもしれないですね。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですか やはり京都府立植物園の凄さを
認めて戴けますか 有難うございます 嬉しいです
特に最近は充実して来ました
何しろ天皇・皇后両陛下がお出でになったのですから
そうですね 我が身を守りための色付けも考えられますね
と言うことは植物にも意志があると言うことになりますね
自然の不思議ですね 素晴らしいことですね
これからも植物の葉っぱに注目して行きたいと思っております

おはようございます

今日拝見したのはどうもいもの葉に似ていますね。
コリウスかもしれないし・・・
お隣さんにいただいて挿し木しましたらすぐ付きました。
名前を後で見てきますね。

この季節お花もですがこうした葉がいいですね。
目の付け所が素敵です=♡

hirugaoさんへ
お早うございます
そうですね 中にはサトイモの葉っぱに似たものもありました
やはり南方系の植物にはそんな形の葉っぱが多いのかも
知れませんね
そうなんです 歩いていてふと目に留まって仕舞ったのです
運命的出会い?(ちと大袈裟ですね)でした

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/57033660

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な色の葉っぱに魅了されました-2:

« 久し振りの通り庭ギャラリーへ | トップページ | 不思議な色の葉っぱに魅了されました-1 »