2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京の七夕・堀川会場を歩く-2 | トップページ | 朝顔展と変化朝顔 »

2014年8月 8日 (金)

京の七夕・堀川会場を歩く-1

 今年も、京の夏の風物詩「京の七夕」が、8月2日~11日の間に、鴨川会場と堀川会場の2か所で行われています。

 私は、夜の外出は足許が心配なので、昼間に堀川会場を訪れました。
堀川会場は、付近の二条城や堀川商店街、西陣織会館、京都国際ホテルと広範囲に展開されていますが、私はメインの堀川遊歩道を散策しました。

 南の入口の押小路通から、堀川遊歩道に下りて北に向かって歩きました。

048a

堀川会場の遊歩道に下りて、先ず目に入った光景です。
「メッセージ行灯」のコーナーです。京都にゆかりのある著名な方々寄せられた言葉や文字が書かれています。


そんな中から私の独断で1つを選びました。「家政婦はミタ」ですっかり有名に名子役ですね。

055a

幾つかを選んで、言葉のみを書きますと、次の様です。

今話題の人・福本清三さん~「どこかで誰かが見ていてくれる」
中村玉緒さん~「自分の出せる力をよく知り 無理のない生き方をしたい」
千 玄室・元家元~「冨貴平安」
宗教学者・山折哲雄~「大文字は あの世の森から浮び出る光の花束です」

063a

「光の友禅流し」です。絵柄は、伊勢海老の様です。

065a

一番先は、この様に浮き上がっています。

「竹と光と友禅のアート作品」が、近畿の各大学の学生さん達の手で作られています。

058a

作品名「夢舟」。大阪成蹊大学の9人の皆さんの作品です。

 「丸太町橋」の下をくぐって、なお北に向かって歩きます。
このまま↓をご覧ください

« 京の七夕・堀川会場を歩く-2 | トップページ | 朝顔展と変化朝顔 »

伝統行事」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/56984086

この記事へのトラックバック一覧です: 京の七夕・堀川会場を歩く-1:

« 京の七夕・堀川会場を歩く-2 | トップページ | 朝顔展と変化朝顔 »