2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 朝顔展と変化朝顔 | トップページ | 不思議な色の葉っぱに魅了されました-2 »

2014年8月12日 (火)

久し振りの通り庭ギャラリーへ

 久し振りに「通り庭ギャラリー」を拝見しました。
題して、オーナーズコレクション企業物  「新聞社の記念品」 が展示のテーマです

029a

京都の町家独特の「通り庭」を利用したギャラリーですので、全景はこんな様子です。写真の右手先が玄関、手前が裏庭側となります。部屋は、展示部分の反対側(右側)に並んでいます。

 先ず始めにご紹介したいのは、これです。上の写真にも見えていますが。

004a

「東京朝日新聞」の半てんです。記念品と言うよりもイベント(当時はそんな言い方は無かったかも?)などに関係者が着ていたか、新聞配達の人が着ていたのかも知れませんね。

006a

上の半てんの下に見えていた「朝日新聞連載漫画・クリちゃん」茶碗です。
一緒に行った友人が、凄く懐かしがつていました「クリちゃん」です。

 もう一人、漫画の人気者は「フクちゃん」ですね。作者は「横山隆一」さんでした。

020a

今の「さざえさん」位の人気者でしたね。

022a

こちらは、「毎日新聞」でしたね。

031a

湯呑が続きますが、こちらも毎日新聞ですが、「大毎」とありますので、「大阪毎日新聞」ですね。「大毎」と言えば、昔そんな名前のプロ野球球団があった様な気憶があります。

013a

こちらは風呂敷です。それも、ちりめんの風呂敷です。
よみうり西部本社の発刊記念のもので、「出発」と言う題が付いた海老原喜之助氏の作とか。

簡単な記念品としては、手拭いがありますね。その幾つかを。

018a

縦に展示してあったものを、横にして見ました。何れも「サンケイ新聞」のものです。

14a

こちらは「読売新聞」ですね。これも連載漫画の人気者たちでしょうか。

こちらは、ギャラリーに置かれた「ベンチ」です。新聞社とは関係無いのですか゛・・・。

027a

こんなお薬もあったのですね。 「毒掃丸」の山崎帝国堂のお薬です。
「毒掃丸」の名前は、良く耳にした記憶がありますが、皆様如何ですが?。

 何時ものことながら、ここのオーナーの収集力の凄さに驚きながら懐かしく拝見しました。

« 朝顔展と変化朝顔 | トップページ | 不思議な色の葉っぱに魅了されました-2 »

京町家・お店」カテゴリの記事

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

 お早うございます
懐かしい物ばかりで先ほどから見入ってしまいました
単純ですが人間の優しさ・温かみが感じられます
今の物はカラフルですが温かみが無い様に思います
 手拭いは亡母が姉さんかぶりをして
箒で部屋や外を履いていたのを思い出します
 私もくりちゃんの連載漫画のフアンでした
とりとめの無いような日常の一コマなのですが愉しみでした
今の子供から見れば面白くも無いでしょうが
 最後の看板、この薬そのものは知りませんが
山崎帝国堂の毒掃丸の名前は聞いたことが有ります
多分我が家にも有ったようにも思います
 オーナーさんの収集力の凄さと
古都人さんの情報力の凄さに感謝です

古都人さん
おはようございます
私はこちらのフアンです
とは申しましても古都人さんのブログで拝見しているだけですが
オーナーさんの拘りが嬉しいです
殆ど見知っているものですが
特に朝日新聞の掲載漫画「くりちゃん」は新聞を開けて一番に見ていました。
フクちゃんは貸本屋の漫画で見ました
懐かしいですね
当時の貧しくとも平和で有った時代が蘇えってきます
今では貴重となっている品々のご紹介
ありがとうございます

古都人さん
 お早うございます
夜店の屋台で袢纏を着て
頭に手拭いを巻いて威勢の良い掛け声のおっちゃんを見かけますが
以前は新聞配達の人が着ていたのかも知れないのですね
 私もくりちゃんの漫画は大好きで
新聞はこの漫画とラジオ版しか見なかったように思います
横山隆一さんのフクちゃんも懐かしいです
どちらも仄々優しい漫画で大人も子供も純粋に楽しめました
今では手拭いは殆ど見かけなくなりましたが
運動会の参加賞など記念品に貰いました
どれも素朴で愉しい絵模様に懐かしさを思います

オーナーさんの収集力の凄さですが
何処から探してこられるのか興味は勿論ですが不思議です

面白いコレクションですね。
こちらの町屋ではこのような催しをよくされているのですね。
配布品など、雑に扱って捨ててしまうことが多いのに
よくとってありましたね~。
新聞の4コマ漫画はアニメなどなかった時代、
老若男女が楽しんだものなのでしょうね。
クリちゃん、フクちゃんがあるのに
サザエさんは見当たりませんね^^

半纏は、実家が商売をしていたのですが、
私が年少のころ(昭和30年後半)までは
ユニフォーム代わりにみんな羽織っていました。
お正月は新しい半纏を着て、皆さんが
お年始に来てくれたものです。

古都人さん、こんにちは~♪
「新聞社の記念品」 、興味深く拝見しました。
半てんはイベント用でしょうか。
娘が大学生の時、大きなイベントのアルバイトを
した時、お揃いの袢纏を着ていました。
「クリちゃん」や「フクちゃん」は子供の頃から
よく見ていたので、とても懐かしいです。
湯のみや手ぬぐいなどの配布品は時代を反映していますね。
実家の母もよく使っていました。
それにしてもオーナーさん、よく保存されていましたね。
収集力の凄さに感心しました。

古都人さん
こんにちは。
新聞社の記念品おもしろいですね、今ではお宝
でしょうねぇ。
配布品はこうして趣向をこらしてあったのですね。
昔のものは丁寧で良く考えられていますね。
今はゴミ袋などです、新聞は今はとっていませんの。
ニュースや情報や知識を得るために新聞はなくては
ならいものでしたね。
半纏も上等ですわ、デザインもいいなぁ~
こうして見せていただけて楽しめました。
ブログの右側が落ちていましたね、直しました。
ブログ村のところが抜けていましたの。
少しのことであんな風になりますね。
ありがとうございました。

植村さんへ
こんにちわ
懐かしさを思って戴いて有難うございます
そうですね 今の時代とはやはり隔世の感がありますね
全く同感です
そんなに大昔のことでは無いのですが懐かしさが
込み上げて来ますね
クリちゃんやふくちゃんは当時ではアイドル見たいな存在
でしたね
そうなんです ここのオーナーさんの収集力は凄いです
何時も感心して拝見しております

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね ちょっと前の昔を思い出せて戴く
貴重な場所です
そうですね 新聞の連載漫画は先ず目にするページでしたね
当時はラジオ欄 今はテレビ欄 こちらは今も変わりませんね
新聞は先ず後ろのページから見る そんな感じですね
クリちゃんもふくちゃんも日常の生活の中でのちょっとした出来事が
上手く取り上げ描かれていました
そうなんです ここのオーナーの方の収集力は凄いです
何か特別なルートをお持ちかなと思って仕舞います

やっこさんへ
こんにちわ
そうですね クリちゃんやふくちゃんとサザエさんとは世代が
違うと思いますね サザエさんは新しいです
そうですね 半纏は色んなお商売にシンボル的に使われていましたね
お店の名前を大きく表示した半纏はその人の社会的地位までも
示していた様に思います 暖簾と半纏は大事な存在だった様に思います
そうですね 多分個人的に残しておられた品々が古書の様に
特定の市場などで纏めての売買がされているのかなと想像しています
今の時代 物を残して置くことは少なくなっているのでこちらの展示などは
貴重な存在と思いますね

hiroさんへ
こんにちわ
そうですね ちょっと昔の懐かしさ一杯の展示品ばかりでした
多分今の若い人達には判らないものもあることでしょう
クリちゃんやふくちゃんはきっと知らない人が多いかと思いますね
このギャラリーのオーナーさんは常にこの様な品々を探しておられる
のではないかと想像しています この様な物を扱う専門の市場などが
存在するのかなと思っています
そしてある程度集まったらテーマを決めて私達に見せて下さるのでは
ないでしょうか
その普段の収集力たるや凄いです
お蔭で私達を懐かしい世界に誘って戴けます

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 今は新聞なしでも十分情報は手に入りますものね
テレビやラジオなどとは違った新聞の存在にその価値がある様に
思います
そうですね 今の新聞で貰える物は偶に美術館などの招待券や
アンケートに答えて貰える物品類(地方の名産品など)ですね
新聞店間では購読の競争は厳しい様ですが物で釣るのは
不当競争になるとか 

古都人さん
こんばんは~

そういうものがどんな風に配られていたのでしょうね。
いろんなものをコレクションされる方がいるのですね。

その時代が垣間見られて楽しいですね。

手ぬぐいのれんとかは今でもデパートなどであるような気がしますが・・・
やはり珍しいのははんてんではないでしょうか。

hirugaoさんへ
こんばんわ
そうですね 物によって配り方が違うだろうと思いますね
例えば手拭いなど比較的安価なものは購読者に隈なく
配ったり やや高価なものは何かの記念日などに
参加者に配るとかと想像ですが思います
半纏は従業員とか代理店の方などに貸与していた?
とも考えられますね
要は経済的効果との兼ね合いで判断しているのでしょうね

こんばんは happy01
このようなコレクションもあるのですね。
朝日や毎日、サンケイ新聞は取っていなかったので、これらの漫画、全く知りませんでした。
昔は新聞屋さんの粗品と言えば、日本手ぬぐいが定番だったような記憶です。
最近は市指定のごみ袋か雑巾ばかりです。

古都人さん  こんばんは
拝見する度に、オーナーさんの収集力の凄さに驚きです。
新聞社の記念品だから、
多くの方に配布されていたのでしょうね。
展示品を拝見しながら、その時代、世相を垣間見ています。
半てんは祝い事のイベントに・・・
湯のみは頂いたら嬉しいです。
「フクちゃん」は知っていますが、
漫画の方は良く知りません。
横山隆一さんのフクちゃん、心仄々良いですね~
手拭いは懐かしいです。
新聞社のではありませんが、記念品の手拭いが有りました。
綺麗に保管されていますね。
「毒掃丸」は記憶にあります。服用した事は有りませんが
お腹のお薬でしょうか?

お返事コメントはお互い様ですね。お気遣いございませんように

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね ここのオーナーの方の収集力の凄さと情熱による
ものと何時も感心しつつ拝見しております
そうですか どちらの漫画もご覧になっていないとは残念でした
そうですね 新聞社によっても違うでしょうが手拭いは手頃な景品
と言えますね 今はこちらでは必ず戴けるのは古新聞入れの
ビニール袋です 偶にこちらから尋ねて美術展などの無料招待券ですね
但しその新聞社が主催または共催している場合に限りますがね
戴いた時は楽しんでいますが・・・

すみれさんへ
お早うございます
何時も有難うございます
そうですね 何時も楽しみにしているギャラリーの1つです
お言葉に甘えさせて戴きます

「通り庭」ギャラリーというのですか。
おもしろいですね!
さざえさんは今も朝日新聞の土曜版でコラムとしてありますが
クリちゃんはとても懐かしいです。
そうそう、ふくちゃんは毎日新聞でしたっけ、、

葉っぱのお写真も楽しませていただきました~

momosukeさんへ
 コメントありがとうございます
「通り庭」ギャラリーは文字通り町屋の通り庭を使って展示されています
そうですか
私は朝日新聞では無いので知らなかったのですが
さざえさんは今でもコラムとてあるのですか
ふくちゃんは毎日新聞でしたね
葉っぱもご覧戴いてありがとうございます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/56869795

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りの通り庭ギャラリーへ:

« 朝顔展と変化朝顔 | トップページ | 不思議な色の葉っぱに魅了されました-2 »