2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 不思議な色の葉っぱに魅了されました-1 | トップページ | 閑院宮邸跡に庭園復元 早速拝見 »

2014年8月16日 (土)

天神さん 大福梅の土用干し

 

 今年も北野天満宮では、夏の風物詩とも言える、お正月に授与される大福梅の土用干しが、本殿の前で行われています。
 訪れた8月14日は蒸し暑く時々小雨がパラついていましたが、流石は天神さんです。
多くの参拝の方、特に受験生と思われる姿が有りました。

015

境内に入ると、何処からとも無く甘酸っぱく爽やかな香りが漂ってきます。
 道真が大宰府に左遷されたとき、一晩のうちに京都から大宰府まで飛んで行ったという「飛び梅」。
この伝説は、道真が梅をとても好んでいたこと、左遷の際に、有名な歌
 「東風吹かば 匂ひをこせよ 梅の花  主なしとて 春な忘れそ」
を詠んだことから、きているのでしょうか。

012

今はお正月に授与される大福梅の土用干しの真っ最中です。
 北野天満宮にはたくさん梅の木があり、梅の季節には大勢の参拝客でにぎわいます。

011

梅は3カ所に分けて干されていますが、土用干しはこちらだけでは無くて
御旅所でも行われているそうです。
如何にたくさんの梅が実るかが解ります。

014

そうやって出来上がった梅干しは、お正月の大福茶用に12月13日から授与されます。

016

北野天満宮の境内には、たくさん牛の像があり、
牛の頭をなでると知恵がつく、という信仰もあります。
皆さん、牛の頭を撫でていましたが、中年の女性はその手で自分の頭も撫でて「ボケないように」と呟いていました。

苦労しないで知恵がつくのなら、何百回でも撫でたいですが
残念ながら私の歳では無理かも知れませんね。
せめてボケ防止になるのならそれを願いたいものです。












« 不思議な色の葉っぱに魅了されました-1 | トップページ | 閑院宮邸跡に庭園復元 早速拝見 »

伝統行事」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 お早うございます
毎年天神さんの大福梅はお正月の朝に大福茶を戴いています
年の初めにこの一服を戴くことで、今年1年間健康で過ごさせてもらえる
そんな気持ちになります。
沢山の梅の土用干しは大変ですね
特に天候が落ち着かない今は干していても気がきではないでしょう
一度だけ神職さんと巫女さんが梅を並べた蓆を、屋根の下に取り込んで居られるのを見ました
こうして干された立派な梅が大福梅になるのですね
有り難く戴かねば・・・

私も必ず牛の頭を撫でて私の頭を撫でていますが
その効果の程は如何なものでしょうか(笑い)
呆けないのならその方が切実です

 お早うございます
天神さんの大福梅の土用干しが始まったのですね
何時も雨が降ったり日が射したりで
梅を出したり入れたりされていると聞いています
この立派な梅がお正月に戴く小さな大福茶になるのですね
干されてどれくらい経つのかこのままを戴きたいです
梅園や境内には多くの梅の木が植えられていますが梅の実も沢山実るのですね
御旅所でも土用干しがなされているとは初めて知りました。
 境内の牛の頭を順番に撫でている学生さんがいるとか聞きますが
私も撫でても無理な齢です
最近物忘れが酷くなってきました
呆け封じになるのなら是非並んでも撫でたいですね 

古都人さん
おはようございます
蒸し暑い日が続きますが、天神さんにお出かけとか流石に古都人さんはお元気ですね
 天神さんの土用干しもすっかり夏の風物詩として定着しましたね
今の季節の天神さんは境内に漂う甘酸っぱい香りが嬉しいです
 今年はまだ出かけていませんが
昨年でしたかお参りしていて
言葉はハッキリしなかったのですが放送が流れてきました
珍しいなあと思っていたら神主さんや巫女さんたちが小走りで出て来られて
干された梅を屋根の下に移動していました
大変やなあと見ていましたが
そのお蔭で新年に大福茶が戴けるのですね
今年も年末に授与されるのが愉しみです

古都人さん、おはようございます♪
たくさんの梅干しに驚いています。
カラカラに干された梅を見ると、亡き母の姿を
思い出します。梅雨が明けるとゴザいっぱいに
広げて梅を干していました。
毎年たくさんプレゼントされていたので、
自分では梅干しを漬けることなく、
現在に至ってしまいましたが、娘に祖母の味を
伝えてあげられなかったことは申し訳ない
ことだと思っています。

お正月に授与される大福梅。
名前の通り、福の多い梅干しなのでしょうね。
近くだったらぜひ参拝して、頂きたいものです。
牛の頭を撫でると呆け封じになるのですね。
天神様は東京の湯島天神しか行ったことはありませんが、
もし牛の像があったら、撫で撫でしてみます。

taekoさんへ
 お早うございます
特に京都にお住まいの方は新年に大福茶を戴くのを愉しみにされていますね
そうですね
恒例行事ですが梅の土用干しは大変だと思います
今年も不順な気候でご苦労されているようです
そうですね
私も出来れば牛の頭を撫でてこれ以上呆けない様に願う気持ちでいっぱいです

植村さんへ
 お早うございます
天神さんの梅の土用干は夏の風物詩の一つになりましたね
そうですね
爽やかで甘酸っぱい香に誘われて、口に放り込みたくなりました
御旅所でも土用干しがなされているのは今年初めて知りました
それだけ多くの実が収穫されたのですね
 大福梅を授与される数日間は長蛇の列です
このような風習も受け繋いで欲しいものの一つです

牛の頭を撫でてボケ防止になるのなら
何度でも撫でたいものです

hiroさんへ
 お早うございます
そうですね
どれ位の梅が干されているか
御旅所でも干されているとの事ですから
相当の数になるのでしょうね
大福梅を授与される数日間は長蛇の列です

昔の女性は季節に敏感で大切にされていましたね
母の味は娘から孫へと引き継がれてゆくのが大切なのでしょうが
今は便利になりすぎました
でも母親の手作りの味はどんなに高価な物でも勝るものは有りません

hiroさんは牛の頭をなでる必要は有りませんね
沢山の花を工夫と愛情で育てて居られ呆ける暇がないですね

こんにちわ^

まあ、立派な梅干ですね~
そちらは意外とお天気の日が多かったのでしょうか。

そういう行事がひとつずつあるのが京都らしいですね。
そしてそれがお正月にまた役に立つというのが
うれしいですね。

とにかく台風が行っても雨が多いのです。
どういうことなんでしょうね。
今年の気候は・・・・

こんばんは happy01
これらの天日干しされている梅の実、すべて北野天満宮の梅の木から採れたのですか?
だとしましたら、いったいどれほどたくさんの梅の木があるのか・・・?
ビックリです。
『飛梅』は私は実ははじめは、さだまさしさんの歌で知ったのです。
学生時代、太宰府天満宮へ行った際には、その飛梅も見てきました。
苦労しないで知恵がつくのなら、だれもが皆『天才』になれますよネェ!
プラスアルファの効果が期待できる・・・ということで撫でておきましょう (^_^)ニコッ!
連日のように出歩いてはブログに書き記している古都人様、ボケる要素は今のところありませんヨ!

古都人さん今晩は
台風大丈夫でしたか・・高松は夜に凄い雨風で
軒の下に入れたバラも吹き込まれた雨と風に元気な花姿は可哀想な姿に・・・
北野天神さんの梅の土用干し京都に居たのに見損ないました
そしてお正月の大福梅も頂いた事もなく高松に来てしまいました・・・
甘酸っぱい香りが一杯漂い暑い時には
気分が少しは、いいかな・・と思いますが如何でしたか・・・あの黒い牛の
頭を撫でて私も物忘れをしない様にと願ったことを
思い出しました・・・懐かしい北野さん有難うございました

hirugaoさんへ
 こんばんわ
そうですね
毎年大福梅の土用干しを見ますが
梅は大きくて立派です
あれだけの花を咲かせてその後に大きな梅の実を付けることに感動すらします。
京都は昔から暦やしきたりを守る習慣が有ります
清々しく大福茶を戴くのも新年の愉しみです
本当ですね
台風一過と言えばカラッと青空が広がる筈ですが
今年は毎日が雨で一体どうなったのか心配です

慕辺未行さかへ
 こんばんわ
そうですね
天日されている梅の実は全て天神さんの梅林や境内の梅の木から採れたものです
土用干しはこちら以外にも御旅所でも行われています
大宰府で飛梅をご覧になったのですか
私も一度この目で見たいと思いながら
未だにその機会に恵まれていません
寂しい事ですが物忘れが酷くなったと
思わない日は無いです
メモ用紙を傍らにの日常です

都合で暫くコメント欄を閉じさせて戴きます

咲子さんへ
 こんばんわ
おかげ様で台風の影響は有りませんでしたが
その後も毎日のように雨が降り
しかもここ数日は豪雨です
そうですね
一番の被害は植物や野菜ですね
何時まで降り続くのか心配です
 天神さんの梅の土用干しはご覧になられなかったのですね
それは残念でした
比較的長期間干してあります
新年に清々しく大福茶を戴くことは京都人の愉しみでも有ります
土用干しの梅の香りが境内に漂っているのは一幅の清涼剤です
思わず近づいて顔を寄せてしまいます
そうですか
咲子さんも牛の頭を撫でられたのですね
こちらこそご覧戴いてありがとうございます


こんばんは
京都が記録的豪雨にみまわれていると聞きました。
大変な送り火になっているのでしょうか。
嵐山は大丈夫なのか
細かいニュースが届かないので
気が気ではありません。
大きな災害にならないことを心から祈ります。

天神さんの梅干、一度は頂きたいです。
これこそ梅干中の梅干という感じです。
菅公の梅のエピソードは胸を打たれます。
どんなに京都に戻りたかったことでしょうね。
古都人さんの記事を読みながら
色々なことを考えます。

古都人さん  こんばんは
天神様の土用干しの事は、お聞きしたことが
有る様に思っていますが、
「大福梅」として授与される事は記憶に有りませんでした。
きっとお聞きしても忘れているのかもしれません。
天神様の牛の頭を確り撫でて、願って来なければと思います。
沢山の梅ですね~
本殿前にも干されているのですね。
家庭用の少しの梅干しも手間がかかりますのに
沢山の梅が大福梅となるまでは大変な作業で
天候が相手のことも有り、ご苦労が窺えます。
天神様の土用干しの光景、この季節しか
見れないだけに良いですね~ 見て見たいです。
甘酸っぱく爽やかな香りがこちらまで漂って来そうです。
お正月に大福梅を戴き、
素晴らしい一年を願われる事でしょうね。
祈り、平和、願い、真心が授かった大福梅、
私も京都人だったら、是非とも戴いて新年を迎えたいです。

お返事コメント、お気遣いございませんように
ご不要にお願いいたします。お忙しいでしょうね。

まさみさんへ
お早うございます
ご心配を戴きまして有難うございます
そうですね 京都では珍しく豪雨に見舞われました
今避難指示などが出ているのは右京区北部の京北地区です
桂川の水位が上昇し危険だとのことです
最近桂川の増水がよく言われます
山の斜面が急でいっ時に水が溢れます
そうですね 大福梅 是非一度お試しくださいませ
年末から翌年初めまで授与(有料ですが)されています
京都では元旦のお屠蘇の時に戴きます

すみれさんへ
お早うございます
そうですね 梅干しは御旅所でも行われていて
その数は凄いものと思います
機会がありましたら一度是非お試し戴きたいものです
お言葉に甘えさせて戴きます
有難うございました

古都人さん
こんにちは。
天神さんの土用干しすごい数の梅ですね。
一度だけ見に行きましたが、毎年この時期には
多くの梅が干されますね。
お正月に大福梅として渡されるのですねぇ~
こちらで頂けば1年が安穏に暮らせますね。
昔から続いていり行事なんでしょうね。
未だに天神さんと呼ばれて京都だけではなく
全国から道真さんを慕いこられますね。
いつもありがとうございます。

天神様の梅、こんなにたくさん干されているのですね。
梅干の香りですごいでしょうね~。
お天気が急変したら大変!
手間ひまかけて出来上がった大福梅だけに
ありがたいものになるのでしょうね。
大福茶、一度飲んでみたいです。

牛やおびんずるさんがあると、ついつい、頭をなでますが
あまり変わりないですね~(~_~;) 普段の行いのせいでしょうか?

ムームーさんへ
お早うございます
そうですか 一度この風景をご覧になっているのですね
辺り一杯に梅干し独特の香りが漂っていたでしょうね
大福梅は未だの様ですね 
要は気持ちの問題ですよね 
新しい年の始まりに大福梅に今年の安寧を願う気持ち
古来からの京都人の細やかな気概でしょうか
そうですね 天神さんは全国区の神様ですね
京都だけでも沢山あります
地元ですから生誕の地としても幾つかありますね
多くの人に慕われている証拠でしょうね

やっこさんへ
お早うございます
そうですね ここご本社だけでなく少し離れたところのお旅所でも
干されていました
相当な数の大福梅になりますね
12月に入ると授与(有料ですが)が始まります
そうでしょうね にわか雨は大敵でしょうね
最近の天候の急変には気が安らげないことでしょう
そうですね 牛の頭を撫でたりお寺の線香の煙を頭に掛けたりと
本気では無くとも遣って仕舞いますね
びんずるさんや大阪通天閣のピリケンさんもそうですね

記事とは関係ないんですが、古都人さんは藤沢周平フアンですよね
NHKの秘太刀馬の骨を見て原作を読みましたが、原作をテレビはちょっと違いますね
脚本がはいりますから、原作のほうがおもしろかったです

古都人さん、こんにちは。
トップの記事から拝見し、特に「みんな仲間」という展示会のを拝見し.障害持ちの方も
そうでない方も、同じ人間.考えはそれぞれ違いますけど.想像力.発想はは同じです。
絵を拝見して、こじんまりとまとめて描いて姉妹か友達か色の近い方に努力して
迫力のあるのや、百合の花は素敵ですねo(*^▽^*)o
その他も、それぞれ個性があり良かったです。

天神様の、梅凄いですね見るからに口の中がスッパクなりました(*^ω^*)ノ彡
干してあるのに,それにしても凄く多いのに驚きですcoldsweats02
大福梅の土用干しといわれているのですか.京都は色々と行事があり歴史
深いと改めて感じます。
人間、苦労しないと,人のありがたみや感謝の気持ちも持てないと思います。
ことわざに「苦あけば楽あり」というのがありますけど、苦労もなく今まで
歳を重ねてきた人を知っていますが、そういう人は.優しい言葉も聞い事も
ないですからねぇ.(○`ε´○)

古都人さん、京都は.紅葉見るのに坂や階段が多い場所が一般的に多いですかsign02

あおぞら39さんへ
こんばんわ
コメントのお返事が遅くなり申し訳ありません
そうですよ 大のファンです
わざわざ京都から彼の故郷まで訪ねた位ですから
そうですね 私も何時も映像化された場合には原作も
必ず読んでいます やはり映像化には限界がありますから
原作に勝ることはまずないでしょうね

mikkkoさんへ
こんばんわ
コメントのお返事が遅くなって申し訳ありません
そうですね 障害者の方の方が感性がより鋭く思いますね
ですから表現が素晴らしいです
そうですね 大福梅 今が勝負時でしょうね
ここ以外にももう1か所で干しておられます
相当な量の大福梅が出来上がります
12月に入ると授与(有料)が始まります
そうですね 京都の紅葉の名所は社寺が中心ですから
やや高所が多いですがすべてがそうだとは思いませんので
どうぞお選び戴いてお越しくださいませ
未だその時まで時間はありますが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/57079700

この記事へのトラックバック一覧です: 天神さん 大福梅の土用干し:

« 不思議な色の葉っぱに魅了されました-1 | トップページ | 閑院宮邸跡に庭園復元 早速拝見 »