2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都府立植物園「観覧温室」のお花達 | トップページ | 久し振りに大阪へ お上りさん気分で 造幣局見学 »

2014年7月29日 (火)

祇園祭2014・花傘巡行

 祇園祭の後祭(7月24日)の巡行の後に、行われた「花傘巡行」を拝見しました。
午前10時に八坂神社を出発した行列を、11時頃寺町通で待機中の状態で。何故待機中かと言いますと、後祭の巡行が通り過ぎた直後で、市役所前での受け入れ準備が未だ出来ていなかったのでは無いかと思いました。或いは花傘巡行が予定より早く着き過ぎたことも考えられますが・・・。

 花傘巡行には、多くの女性(主に花街の方達)と、子供達が参加していますので、その人達を中心に取材しました。なお、この巡行の参加者は約千人との事です。

025a

行列の先頭は元気一杯の「子供神輿」です。5基位はあったでしょうか。
大分長く待たされている様です。早く動かないかなあと前方を見ている子や我関せずの子など、そろそろ厭きて来た雰囲気です。

028a

こちらの皆さんは、お行儀良く物静かに立ち並んでいました。
「神饌行列」です。「神饌」(しんせん)とは、神様にお供えする食べ物類です。

031a

やや手持ち無沙汰気味の「児武者」の2人です。
右の見物人の男の子の心境や如何に?。僕もこんな恰好がしたいなあ!?

034a

馬に跨る「馬長稚児」(うまおさちご)達は、10人位いたでしょうか。皆堂々としていました。少しも怖がっている様な感じはありませんでした。

038a

「花笠巡行」ですから、花傘にも登場戴きました。10基余りが加わっていました。

040a

「織商鉾」の美人達は、「ミスきもの京都」の方々です。

043a

京都の5花街の綺麗どころが、毎年交代で2組が、巡行に華を添えています。
今年は「宮川町」(↑)と、↓は「祇園甲部」の皆さんです。

045a

それぞれに踊りのテーマが決められています。
「宮川町」は「コンチキ踊」、「祇園甲部」は「雀踊」の看板が、屋台に掛けられていました。

052a

こちらも、毎年巡行に加わっている「鷺舞」の女の子達です。
しっかりと舞の衣装に身を固めていて、見ていても気持ちが良い印象を受けます。鷺の頭の飾りは面白いですね。

053a

最後は、「萬燈踊」の女の子達です。やや待ちくたびれの感じがしました。
可哀想に何時まで待たされるのでしょうね。

 なお、この他巡行には、「祇園太鼓」や「六斎念仏」や「祇園囃子」など、大人の方達の屋台もあります。

 解説書に依りますと、昭和47年の山鉾巡行一本化の際に、山鉾が出現する以前の「祇園会」(ぎおんえ)の初原的形態を現代に再現する目的で、この「花傘巡行」が始められたとのことです。

 巡行が八坂神社に帰社後は、境内で芸能や舞踊を奉納されることになっています。

 なお、これまでの祇園祭はカテゴリー京都”祇園祭”をご覧ください。

« 京都府立植物園「観覧温室」のお花達 | トップページ | 久し振りに大阪へ お上りさん気分で 造幣局見学 »

京都 "祇園祭"」カテゴリの記事

伝統行事」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
毎年花傘巡行が行われることは知っていましたが
今年は特に祇園祭の後祭や「大船鉾」に注目していて花傘巡行の事はすっかり忘れていました
 こんなに雅で華やかな巡行が多くの方達の参加で執り行われていたとは
そして八坂神社の境内で芸能や舞踊の奉納が有るとは改めて京都の、祇園祭の奥深さを感じます
祇園祭が神事で有る事も

参加している子供達、男の子も女の子も
鷺舞や萬燈踊の子供達にも好い思い出に、好い経験になったことでしょう
花街の芸妓さんが何と言っても花を添えていますね
これも京都ならこそでしょうか?

古都人さんの優しい目線を感じながら拝見しました
一度でよいから巡行の様子をこの目で見たいものです
取材ありがとうございました


 お早うございます
流石は古都人さんですね
1か月に及ぶ祇園祭の1つ、花傘巡行も取材して頂いたのですね
祇園祭の巡行のような凛々しさ豪華さは有りませんが
京都らしい優雅な美しさと華やかさが有りますね
特に多くの子供達が衣装を身に纏って巡行するのは一生の思い出になったことでしょう
待機時間の発生は子供たちにとっては辛い事でしたでしょうが
祇園祭の後祭との関係では仕方ありませんね

今年は特に後祭の復活と「大船鉾」の復興で京都市民の多く、又、観光客も注目したと思いますが、
私自身この花傘巡行はすっかり忘れていました
拝見して祇園祭の奥深さ素晴らしさに改めて感動しました
多くの地域の方達の熱い思いと花街の方達、鷺舞の方達、「萬燈踊」の女の子
祇園太鼓や六斎念仏などの伝統芸能、他にも裏方で協力された多くの方達がこの巡行を支えているのですね
感動しながら拝見しました

取材お疲れ様でした
そしてありがとうございます

古都人さん
 お早うございます
花傘巡行は数年前に見ました
やはり印象に残っているのは花街の舞妓さんたちですが
子供達も参加しているのですね
もうすっかり忘れていました
 スタミナの有り余っている男の子と我慢強い女の子の対比も興味深く拝見しています
馬上の男の子を「馬長稚児」と言うのですね
凛々しくて可愛く雅ですね
鷺舞や萬燈踊の女の子
多くの方達の参加が有って賑やかなお祭りだったのですね
流石は花傘巡行、10基もの花傘はさぞ華やかだったことでしょう
「ミスきもの京都」の方達は流石にゆとりが感じられます
でも何と言っても花傘巡行の主役は花街の綺麗処ですね
上品で雅、粋な姿はやはり花傘巡行の花でしょうか
他にも京都の多くの伝統芸能など
多くの方達の参加による花傘巡行
来年は是非拝見したく思いながら愉しませて戴きました

古都人さん
おはようございます。
祇園祭りの花傘巡行は美しく華麗ですね。
綺麗どころから子供たちや地域の方々
暑い時期にこういう衣装での行列は
大変でしょうね。
お稚児さんや鷺舞の様子にほのぼのしますね。
見る側も暑さとお祭りの熱気を感じながら
感動が合わさって素敵な時間を
持たれましたねぇ。
いつも居ながらにして色々な
所をご紹介していただいて嬉しいです。
いつもお越し下さってありがとうございます。

古都人さん
  おはようございます

花傘巡行はやはり子供さんたちの参加で
身近に感じられますね。

暑い中お疲れ様でした。
昨日の京都植物園のお花は見たこともないものばかり
・・・
ここでも植物園が同じでしたね。

古都人さん おはようございます

祇園祭のあとに「花傘巡行」もあったのですか
一日、暑い中の長い行列で見ている人も大変ですね。

参加の人の衣装も豪華で美しいです。子供さんの参加1000人
皆さん京都市民ですか、たくさんの人の参加で盛り上げています。
「織商鉾」はさすが美人さんですね。

花街の人たちが華やかで美しいです。甲部といえばですね。
この行列、この場所にいれば何方でも拝見できます。
私も一度でよいから観てみたいです。暑い中取材ありがとうございました。
古都人さんのご紹介で素晴らしい行儀を見せて頂き嬉しく思っています。

taekoさんへ
こんにちわ
そうなんですね 元々この巡行は山鉾巡行が一本化された代わりに
創られたものでしたので今年の様に前祭と後祭が復活すれば
もう止めても良いと思われる巡行でしたがそこは京都のこと
後祭の後で続けられましたね
何時かは無くなるのか それともこれはこれで続けられるのか
興味があります

植村さんへ
こんにちわ
そうですね 今年は花傘巡行があると思っていた方は少ないのかも知れませんね
本来ならばそれで良い筈ですが直ぐには止めないのが京都でしょう
しかし何時かは無くなるかも知れませんね
この巡行が始まった訳から考えますとそうなりますね
その様な意味から言えば参加することは貴重な体験と言えそうです

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね この猛暑の中 お化粧をして衣裳に身を固め
きっと暑いことだと思いましたが 参加している皆さん
辛抱強いのか暑さにもめげずしゃきっとされていました
見ている方が暑さに耐えられない感じでした
事前に暑さに耐える訓練でもされているのか
心配しながら行列を拝見していました
こちらこそ何時も有難うございます

hirugaoさんへ
こんにちわ
そうですね 暑い中を大人も子供達もそして花街の皆さんも
元気に或いは静かに巡行に参加されていました
遡ってご覧戴きまして有難うございます
そうですね 流石京都府立植物園さんです
特に観覧温室には珍しい花が多いです

sasayuriさんへ
こんにちわ
そうですね この巡行は山鉾巡行が一本化された時に
生まれたものですので今年の様に後祭復活と共に
消滅しても可笑しくない巡行と言えますが
そこは京都のこと 直ぐには止められませんね
今後はどうなるかは判りません
花街の皆さんの参加は5花街の中の2つずつが毎年交代での
参加です 必ず2花街の方は参加されています

古都人さん  こんにちは
花傘巡行の様子は、テレビ報道でも見た事が有りません。
先頭の5基の子供神輿は、威勢の良い
行列だったでしょうね。 様子が目に浮かびます。
児武者は凛々しいですね~ ご本人も大満足のお姿では・・・
華やかで綺麗な花傘が10基も連なっての行列は
皆さん感動でご覧でしょうね。
「織商鉾」のミスきもの京都の美しさは、
羨望の眼差しで見そうですが、
花街の綺麗どころの艶やかな美しさは一際秀でていて
印象深く心に残りそうです。
「鷺舞」や「萬燈踊」の女の子達は清楚で可愛いですね。
祭りに対する姿勢は、頑張っているなと感じます。
花傘巡行が始められた経緯は兎も角として、
参加者約千人、女性とお子さん達の参加が
多い花笠巡行は、可愛く素晴らしく遠くからでなく
身近に感じる巡行でした。

前祭での船鉾は出陣船鉾、後祭の大船鉾は凱旋船鉾と
学び成程と見比べています。
150年振りに復活した大船鉾は、絢爛豪華素晴らしいですね。
素敵なご紹介を何度も魅入って拝見しました。
携われた関係者の方は勿論の事
京都市民皆さんが待ち望んだ大船鉾を誇らしく感動で
ご覧に成った事でしょうね。
NHKスペシャル京都 祇園祭千年への謎
タペストリーの歴史とロマン
祇園祭との結びつき、興味深く拝見しました。

素晴らしい取材をありがとうございます。、
丁寧なご説明で、知らなかった祇園祭を沢山学びました。

すみれさんへ
こんばんわ
そうですね 折角の「花傘巡行」が止まったままでしか見られなかったのが
残念でした
その訳は後祭の巡行との関連です
後祭の後を追って「花傘巡行」が進むと言うシナリオと聞いていましたが
そうはなっていなかったからです
来年以降もこの時間差をどう対応されるのか興味津々です
スケジュール的には無理ではないかと私は思っていますが・・・
後祭を見ていたら花傘が見られ無いと言うのが今年の形でしたから
花傘に参加の皆さんの遣り甲斐が無ければ気の毒です
何時もながら丁寧なコメントを有難うございます
遡ってご覧戴きまして有難うございます
今年の私の祇園祭は「大船鉾」に集中しましたが
150年振りと思うと遣り甲斐がありました
心に残る祇園祭でした

こんばんは happy01
祇園祭には花傘巡行もあるのですね。
せっかくの巡行、待機中とは?!残念でしたね。
子供たちはやはりジッとしていられませんね。
それに比べると大人たち、さすがです。
だらしない格好をしたり、おしゃべりはしないですね。
児武者を見ている男の子、古都人様もおっしゃっていますように、「僕もこんな恰好したいなぁ」と思いながら、見ているのでしょうね。
そして華やかな花傘、そして綺麗どころの登場!
ミスきものに舞妓さんたち!目の保養になります (^_^;;ヘヘッ!
炎天下の下ではなく、アーケードがあるところでの待機でよかったですね。
でなければ、皆さん大変だったでしょう。

↓記事ももちろん拝見しています。
初めて見るお花ばかりです。
日本は温帯性気候ですから、観覧温室にあるような亜熱帯や熱帯地域の植物は、本当に珍しいですよね。
沖縄あたりなら見られる花もあるかもしれませんが、他では植物園や温室がある施設へ行かねば見られません。
春に桜を見に行く緑地公園に温室がありますから、久しぶりに見に行ってみようかな?!

古都人さん、こんばんは~♪
華やかな花笠巡行ですね。
先頭を行く元気なお子さんたち、
花傘をかぶったお淑やかな女性の行列
鎧、兜姿が勇ましい「児武者」、
楽しそうに馬に乗っている「馬長稚児」
花傘は10基余りが加わっているのですね。
美しい「織商鉾」や「宮川町」」、
「祇園甲部」の芸妓さん・舞妓さんたち、
さすがに京都の女性は格が違いますね。
鷺の化身のような「鷺踊」の女の子たち、
待ちくたびれた「萬燈踊」の女の子たち、
実に大規模で、壮大な行列ですね。
一体総勢何人の方たちが行列に加わっているのでしょう。
古都人さんのおかげで居ながらにして花笠巡行
楽しませていただきましたが、
いつかはこの目で祇園祭を見てみたい
ものだと思いました。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうなんです 山鉾巡行が一本化された時に
後祭に代わるものとして始められたものです
ですから今年は後祭が復活しましたから
この花傘は止めても良い巡行の筈ですが
何時かは無くなるのかも知れませんね
その辺りの話題は今のところ聞いていません
花傘の順路が今年は変わりました
多分後祭の後に巡行することになっていたのが
時間差が生じることを見越しアーケードがある
ここ寺町通を設定されたのだろうと思います
何しろ大きな巡行が重なるのですから大変です
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね 流石京都府立植物園さんです
観覧温室では珍しい植物・花などを見せて戴けます
有難いことです
珍しい花が咲いたら地元の新聞に写真入りで紹介して
戴けるのも嬉しいです

hiroさんへ
お早うございます
そうですね この巡行の参加者は約1000人と聞いています
写真にご紹介した以外に男性の大人の参加も結構多いです
それと花傘や人が乗った屋台を動かす若い人達も多いです
子供神輿も5基程参加していましたから1基辺り20~30人
(付き添いの大人を含め)として総勢100~150人になりますね
兎に角華やかで賑やかな大行列です
如何に京都人が祇園祭に集中しているかお判り戴けるかと思います
その祇園祭も明日31日で終わります 1か月間の長期のお祭りも
漸く終わります

おはよう御座います
久しぶりに立ち寄りましたが
いろいろ京都の情報を得るのに助かります・

一ヶ月前の京都祇園祭.花傘巡行へ
友達を誘って行きましたが
凄い混雑と真夏の暑さに耐えきれず撃沈
八坂神社へ戻らず巡行が市役所を通り過ぎて
京都を後にしました。

でも、コースが変わったり
山鉾巡行が重なったりして
岐阜から来て慌てるばかりでした・
古都人さんのブログ拝見して
一ヶ月前の事を思い出しました。

isaziさんへ
お早うございます
お久し振りです 有難うございます
そうですね もう1カ月も前のことになるのですね
時間の経つのが早いです
少しでも京都の情報がお役に立つ様でしたら嬉しいです
そうですね あの日も暑かったです
私は後祭の巡行を見て 直ぐに花笠の方に行きましたが
既に寺町まで来ていました
従って巡行は撮れていないのです
貴方様の記事・写真集?拝見しましたが凄いですね
感服致しました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/56890810

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭2014・花傘巡行:

« 京都府立植物園「観覧温室」のお花達 | トップページ | 久し振りに大阪へ お上りさん気分で 造幣局見学 »