2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・鷹ケ峰界隈を歩く お寺2か所 | トップページ | 版画家 吉原英里さんの作品を拝見しました »

2014年7月 5日 (土)

京都・鷹ケ峰界隈を歩く 松野醤油など

昨日の続きです。 「鷹ケ峰界隈」の散策も、終わりに近付いて来ました。

035a

ここは「T字路」になっているところで、鷹ケ峰街道の突き当りの場所です。
 左手の横断歩道の手前は緩やかな坂道になっていて、この道こそが「鷹ケ峰街道」です。右に行くと「光悦寺」があり、左に行くと「源光庵」や「常照寺」があります。

右手を進んで、直ぐにあるのが、このお寺です。

031a

外見からはお寺の感じがしませんが、「根本道場・遣迎院」とあります。
なまこ壁の長屋門が印象的でした。

 この一帯には、北山杉の加工場らしき跡が、何軒か見られました。
北山杉が育てられている山も近いので、かつてはそんな産業も盛んだったのでしょう。

030a

そんな中の1軒です。北山杉の本場・中川辺りで見られる建物と良く似ています。

 「鷹ケ峰街道」を南へ、坂道をゆっくりと下りました。

044a

その途中で、何時も気になっているお店?が左側にあります。
中にはよう入らずに、何時も外だけ眺めています。
ぶら下がっているのは、絹糸の束の様なんですが、良くは判りません。

 暫く進むと、右側に「松野醤油店」があります。
 最近、とみに名を売っておられます。
 文化2年(1805)の創業で、原料にこだわった手造り醤油のお店です。

047a

「松野醤油」店の正面です。右手の入口から中へ。

051a

お店の中の様子です。醤油を中心に、色んな商品が並んでいます。
私は、大好きな「金山寺味噌」を買い求めました。
今も未だ食べていますが、美味しいですよ。

049a

蔵の中にも、気安く入れて戴きました。そして、丁寧にご説明もありました。
蔵の中には、菌が一杯いるそうです。お醤油の大変良い香りがしていました。
仕込の樽は100年間は使っているとか。昨年の12月の仕込の日付が多かったです。約2年間かけて熟成させ、まろやかでコクがある醤油が出来上がるそうです。

 「鷹ケ峰」界隈の散策を、しっかりと堪能して、その帰りに植物園のあじさい園へ寄りました。

« 京都・鷹ケ峰界隈を歩く お寺2か所 | トップページ | 版画家 吉原英里さんの作品を拝見しました »

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 お早うございます
古都人さんのご紹介の鷹ケ峯界隈、新しい発見も有りその魅力に改めて感動しました
私も2回訪れているのですが・・・
 T字路は印象深いです
信号の前に建つ旧家に感動したものです
 過日訪れた中川に似た家に北山杉の今を見る気がしました。
古都人さんが気になられたお店は私もとても気になりました
一度中から多分男性だったと思いますが出て来られました
買う気もなかったので慌てて立ち去りましたが
 松野醤油店の金山寺味噌が美味しいとか
温かいご飯の上に載せて食べたらさぞかし美味しいでしょうね
次回行く機会が有れば是非買い求めます

↓の源光庵も懐かしいですが
吉野太夫ゆかりの常照寺の赤門と見せて戴いたビデオは今も覚えています
そして刺激?されて翌年の4月は島原の大夫道中を見学しました。

古都人さん
おはようございます
落ち着いた家並み静かな街並みですね
古い家が気になります
やはり北山杉と関係が有るのですね
以前古都人さんのブログで中川の様子を拝見しました
その時に感じた侘しさを感じています
 人影も無くお店も少ないのでしょうか
古都人さんが気になっていると言うお店?
何とも不思議な佇まいです
お商売が成り立っているのか余計な事を考えてしまいました

こちらが有名な松野醤油店なのですね
先日近くの方からこちらのお醤油の300ccの詰め合わせを戴きました
2年間も熟成させたとは美味しいのは当たり前ですね
 
↓の二つのお寺も拝見しましたが
島原の町並みが好きな私はやはり吉野太夫に憧れます
行く機会を見つけて是非常照寺にもお参りして、ありし日の吉野太夫を忍べたら嬉しいです。
 鷹ケ峯界隈、私もしっかり(笑い)堪能させて戴きました
ご紹介ありがとうございました

 お早うございます
鷹ケ峯界隈はこのような落ち着いた風情の有る町並みだったのですね
時間が無くて源光案前から市バスに乗ってしまいました
歩けばよかったと後悔しています
唯、なまこ壁の長屋門は覚えています
付近の様子とは違和感が有りました。
北山杉の本場中川に似たお宅も覚えていまい
住宅が洋式になって北山杉の需要が減ってきた
そんな思いを抱いて歩きました
次に訪れる時はこの道もゆっくり歩きたいです

↓の「吉野の赤門」に惹かれてお参りした常照寺
吉野太夫の人生に触れる思いがしました
短命でしたが灰屋紹益とのロマンスも有り女性として幸せな生涯を終えられたのですね
「吉野窓」は見落としていましたが、説明を拝読して心に留めておかねばならないと思います。
島原の大夫道中は未だ見たことが有りませんが是非見学したいと思っています

古都人さん
おはようございます。
鷹ケ峯界隈は素晴らしいですね、狭い道を車や
バスが行きかいますが、昔ながらの
風情がありますね。
こちらのお醤油店で一度買いました。
やっぱり風味が違ったと思います。
あれから、もう何年も行きませんが、京都って
いたるところに素敵な街並みと歴史がありますね。
久しぶりに懐かしいところを見せていただきました。
いつもお越し下さってありがとうございます。

古都人さん こんにちは、

鷹ヶ峰街道、昔からの面影がある町並みですね。
付近の建物もいつまでも当時のままです。
その中のお店、何屋さんでしょうね。興味がありますが
用事がないと入れませんよね。

松野醤油、知人が以前くれたことがあります。
ここの醤油美味しいよと言ってお豆腐にかけて食べました。

ふだんは地元の醤油です。
200年以上も続く老舗の醤油さんですね。金山寺味噌もここの
醤油が使われていれば美味しいです。私も暖かいご飯の上にのせて
いただくのが大好きです。ちりめん山椒もです。醤油は日本の味です。

海外旅行には必ず携帯用を持っていくととても良いです。
日本食が食べたくなったら醤油をかければ元気になれます。

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね この日は少し小雨模様もあってか
人の姿は極めて少なかったです
そのせいか物静かな雰囲気でした
車の通行は結構ありましたね
北の方に抜ける道に多くの車は走って行きました
そうですか 松野醤油を戴かれたのですね
結構贈り物として最適だろうと思って拝見していました
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね 2つのお寺ともに拝観の価値はあると思います
特に常照寺の「吉野太夫」のDVDは判り易く良かったと思いました

植村さんへ
こんにちわ
そうですね この界隈はゆっくりと散策するのに良いところかと思いますね
お寺が中心ですが余り時間を気にせずに歩くと新しい発見もあるかも
知れませんね
遡ってご覧戴き有難うございます
美人薄命の典型的な「吉野太夫」さんですね
短かった人生を充実して生きられたことでしょう

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 静かな町並みですが
車の通行は結構多い様に思いました
市バスも循環経路で通っていますね
そうですか やはり松野さんのお醤油買い求められて
おられるのですね 美味しいですものね
金山寺味噌も美味しかったですよ
こちらこそ何時も有難うございます

sasayuriさんへ
こんにちわ
そうですね この界隈は余り活気があるとは言えませんが
物静かな佇まいを感じさせる町並みです
お寺が多いせいもあるかと思いますが
歩く人も少なくてゆっくりと散策出来ます
唯 少し車の通行が気にはなりました
そうですか 松野醤油もご賞味済みなんですね
金山寺味噌も美味しかったですよ
そうですね 海外旅行にお醤油を持参されることは
耳にしたことがあります 日本の味の代表格の1つですものね
同感出来ます

古都人さん
  こんにちわ~

しっとりしたいいところですね。
魅力の有る街並みは歩いてみたいです。
そんな場所に有るのですね。
ブロ友さんが紹介していたのがこの「松野醤油やさん 」
でしたが。
お醤油が美味しいことはその素材を引き立ててより美味しくなるのですものね。

本当に100年という周期なんですね。

hirugaoさんへ
こんにちわ
そうですね 物静かな落ち着いた町ですね
ただ車の通行がやや多いかなとは思いました
北に抜ける府道?が通っていますので
また一方通行ですが市バスも2系統走っています
そうですね 最近ですがとみに「松野醤油」さんの名が
高まっています
やはり味とかコクなどが愛されているのでしょう
私が買った金山寺味噌も美味しかったです
伝統的に引き継がれて来た技の凄さでしょうか

古都人さん  こんばんは
鷹ケ峰界隈は、お写真に人影が無いせいか
古を重ねながら静かに時が流れているような気がします。
広いT字路ですね。
「根本道場・遣迎院」のなまこ壁は美しいです。
北山杉の加工が栄えていた頃の工場跡
そして今も当時を窺える建物は、長く残して欲しいものです。
気に成るお店の絹糸の束は、
その糸で加工、織っておられるのかもと
勝手な想像をしています。
100年使用の仕込み樽、佇まいなどを拝見して
松野醤油店の長い歴史を思い描いています。
お写真にお醤油の香りも届いてくるようです。
「金山寺味噌」美味しそうですね。
温かいご飯や焼いた餅と一緒に頂いてみたいです。
お醤油も買い求めてみたいです。

源光庵、石畳の庭園は美しいですね。
円形と角形の窓から望む庭園の違いを
感じてみたいものです。
常照寺は凄く興味深く、訪れてみたいです。
吉野太夫の事は詳しくは知りませんでした。38歳で亡くなられたとは・・・
お茶室「吉野窓」の教え、学びました。
素晴らしいご紹介ありがとうございました。

古都人さん、こんばんは~♪
「鷹ケ峰界隈」、落ち着いた風情のある町並ですね。
こんな町並みを一人静かに歩いたら心が癒されそうです。
「根本道場・遣迎院」は説明がなければ、
お寺という感じがしませんでした。
古い家は何処かで見たような懐かしい感じがします。
「松野醤油」さん、良いですね~
こちらではスーパーで売られている、大手メーカーさんの
お醤油しか買えませんが、「松野醤油」さんのような
お店が近くにあったらぜひ買ってみたいです。
蔵の中の樽を拝見しただけでも、
熟成された旨みのあるお醤油が想像できます。
京都はどこも素敵で、魅力ある町ですね。
古都人さんのブログを拝見していると、京都の知識が
深まり、嬉しいです。

こんばんは happy01
鷹ヶ峰界隈を拝見し、私が知っている京都がほんのわずかに過ぎないと感じました。
地名さえも知らず、まだまだこのようなところがたくさんあるのでしょうね。
京都の奥の深さを感じます。
4枚目の写真のお店、今もこのような雰囲気のお店があると、懐かしく思います。
子供のころ、このような店構えの駄菓子屋があったような・・・(^_^)!
お醤油屋さんも、老舗の匂いが伝わってきます。
売られているお醤油も、かなり高価なものでしょうね。

↓記事ももちろん拝見しています。
吉野太夫の名は知っています。でも、知っているだけです。
伊勢にある戦国時代村の芝居小屋で花魁道中の芝居を見たことがあります。
その時の花魁が吉野太夫でした。
京都に所縁のある方だったのですね。
また一つ勉強になりました。

すみれさんへ
お早うございます
何時ものことながら丁寧なコメント有難うございます
そうですね この界隈が賑わうのは4月の島原太夫が
吉野太夫のお墓参り道中の時と光悦寺の紅葉の時位かなと
思います
それ以外の日々は至って物静かな町並みですね
唯車の往来が意外に多いのには驚きました
北に抜ける道が通っているためかと思います
金山寺味噌を焼いたお餅に載せて食べること初めて知りました
一度試して見たいと思います きっと美味しいことでしょうね
遡ってご覧戴き有難うございます
何故かこの界隈にお寺が多いです 鷹ケ峰街道の突き当り故かなと
思ったりしています ご紹介した他に未だ数か寺あります

hiroさんへ
お早うございます
そうですね この一帯は有名な観光地でもないのですが
知る人ぞ知ると言った感じの地域ですね
特に有名なのは「光悦寺」位でしょうね
紅葉時には人出も多い様です(私は未だその時期は知らないのです)
そうですね 「松野醤油」店さんはお土産として買う方も多い様です
以前そんな光景を見たことがありました
そうですね 京都はやはり永く都であったことが歴史の重層性を
色んなところに現われているのかと思っています

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね この界隈は「光悦寺」辺りが知られている位で
有名な観光地ではありませんね
昔から「鷹ケ峰街道」が通っていましたので往来は多かった
ことでしょう 特に光悦がこの一帯に芸術村を開いた時などは
賑やかだつたのでしょうね
今もそれが引き継がれていれば今とは違った町の雰囲気を
持った場所だったかも知れませんね
4枚目の写真のお店は私にとっては謎のお店です
何故か中に入り難いものを感じていて何時も外から眺めるだけです
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね 「吉野太夫」は花魁の代表的存在でしょうね
色んな場面で登場している様です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/56593404

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・鷹ケ峰界隈を歩く 松野醤油など:

« 京都・鷹ケ峰界隈を歩く お寺2か所 | トップページ | 版画家 吉原英里さんの作品を拝見しました »