2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都府立植物園 ”さ つ き 展” | トップページ | 爽やかで可憐な桔梗の花 »

2014年7月15日 (火)

久し振りに大阪へ お上りさん気分で 千日前界隈

 
 久し振り(10年近くなる?)に、大阪へ行って来ました。目玉は「あべの・ハルカス」です。近くに住みながらも、中々行けない(と言うよりも行かない)ものですね。1日バス旅でした。

 昼食の関係で、先ず「千日前」から「道頓堀」に行きました。↓は「道頓堀」界隈です。広告のど派手さに驚きました(京都市内は広告制限がありますので、このような広告は京都人にとっては唯々驚きです)。

021a

この時間帯(午前10時半頃)では、人出も未だ少なかったですが、11時過ぎには急に人が増えて来ました。西から東方向を見ています。
賑やかな(と言うよりもど派手な)看板が溢れています。

035a

元あった場所から、少し東の「中座くいだおれビル」に移動していました。動いてはいませんでした。かつては「道頓堀」のヒーローでしたが・・・。

025a

ヒーローと言えば、この姿もその1つです。「戎橋」の上から見ています。
時に姿が変わる時もありますね。例えば「阪神タイガース」のユニホーム姿に。

029a

その「戎橋」の上にいます。橋の形がすっかり変わっていたのには驚きました。
ここは女の子が”なんぱ”されるところで有名だとか。
橋の下を流れるのは「道頓堀川」です。そして、阪神タイガースが勝ったとかでこの橋の上から川に飛び込む若い男達のことなども有名だとか。

お昼まで、未だ時間があるので、「法善寺横丁」にも。

008a

広い通りからちょっと入ると、そこはもう「法善寺横丁」でした。
去年でしたか?大きな火事があつて、この一帯が焼けたのでした。
多分右側の、未だ工事中のところがその様です。

この横丁の奥に、有名なものが2つあります。

009a

その1つが、「水掛不動」さんです。お顔が良く見えない位に苔がいっぱい。

016a

そして、もう1つが、この「夫婦善哉」です。
1人前は、2つのお椀に、お餅が1つずつ入っています。
織田作之助の小説や、その映画などに登場しています。
NHKの連続ドラマ(尾野真千子主演)でも。
私は未だ食べたことは無いのですが・・・。

 漸く、お昼の時間になりましたので、道頓堀に戻り、「がんこ道頓堀店」でお昼を戴きました。特別にどうと言うものでもありませんでした。印象に残ったのは、炊き込みご飯位です。これが一番美味しかったです。

 午後は、「大阪造幣局本局」の見学と「ハルカス300」に上ります。





« 京都府立植物園 ”さ つ き 展” | トップページ | 爽やかで可憐な桔梗の花 »

京都府外」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 お早うございます
最後に大阪へ行ったのは?
先ほどから考えていますが
神戸や三宮が好きで良く行った私にとって大阪は通過点でした
この原色のド派手な看板と騒音が好きになれません
でもグリコの看板は変わっているでしょうが懐かしいです
 「法善寺横丁」は2度行きました
そして水掛け不動尊に柄杓で水を掛けました
その時は願いが叶うと本気で思っていましたが
それくらい昔の若かりし日の事です(笑い)
当時から苔が付いていたと思いますが
こんなに覆われてはいなかったですね
夫婦善哉は蝶々・雄二のコンビが有名でしたね
 

古都人さん
おはようございます
大阪は若い頃には会社の帰りや休日にでかけましたが
もう15年位訪れた事は無くお上りさん気分で拝見しました
 変わったと言えばやはり原色の広告でしょうか?
当時はここまで派手では無かったように思いますが
若い時の印象ですからそれも受け入れていたのでしょうね
今は苦手です
友人は大阪から帰ってきたらホッとすると言っていますが多分私も同じでしょう
グリコの看板は懐かしいです
暖色系の色だったようにも思いますが
阪神タイガースが勝ってトラキチが飛び込む川はここだったのですね
 やはり法善寺横丁と水掛不動尊は懐かしいですね
何度か行きました。
夫婦善哉は記憶ないです
やっぱり15年以上も経つと大阪も変っていますね
この続きも愉しみに拝見します
↓のさつき拝見しました
流石に展示されるだけの事は有ってどのさつきも上品で愛らしいです
姿も綺麗です
皆さん丹精込めてお育てなのでしょうね

 お早うございます
大阪市内に娘が嫁いでいますが
里帰りすると「京都はええなあ。ホッとする」と言っています。
私も一年に1度位は大阪市内に行きますが街中は避けています
京都で生活している者にとっては落ち着きませんね
京都は広告や建物そして騒音の規制が有ります。
これは観光客だけでは無くて市民にも有り難いですね
 ご紹介の「法善寺横丁」は以前に何度か行きましたが独特の雰囲気が好いですね
そうでしたね
大火事が有りました
騒然となってる様子をテレビで見ましたが早く復興したらよいですね
水掛不動尊は法善寺横丁のシンボルでしょうか
多くの方が熱心にお参りされている姿は好いものです
勿論私もその中の一人ですが
夫婦善哉は一度戴きましたが甘いなあの印象を受けました

↓のさつき展拝見しました
私も数鉢ですが育てていますが皆さん見事にお育てですね
どの花も愛らしく癒されますね
確かにブルーのシートは残念ですが


古都人さん
 おはようございます
大阪は神戸からは近いのになぜか行けないでいます。

今こちらからでもアベノハルカスへ行くツアーがあるのですが・・・
あまり行けていません。
お昼は何だったのでしょうか?

今日は三宮まで出かけますので駆け足のコメントですみません。

古都人さん おはようございます。

私も大阪の街中は青春時代に一度ですが
行ったことがあります。今だ2度目がありません。

あれから随分変わりましたでしょうね。グリコも人形も
当時あったのかも覚えていないような有様です。
橋の上を沢山の人で溢れていたことは覚えています。
大阪城に行き、大きくて立派なお城だった記憶があります。

4年前には海遊館とユニバーサルに行きましたが大阪の
街中には行けず、いつの日か行ってみたいです。
友達がハルカス300に行きたいと言っていたから涼しくなってから
行きたいと思っています。次回のご紹介が楽しみです。

古都人さん
おはようございます。
近くにあるのにいけない大阪の街中です。
道頓堀は若いころは庭のように出かけていました。
あの懐かしい広告、若いころはあの賑わいが
良かったですが、2年ほど前にあべのに行ったきりです。
賑やかすぎてついていけないです。
久しぶりに見せていただいて若いころを思い出しました。
あのあたりで食べたおでん美味しかったです。
ツアーで行かれたのですかぁ、連れて行って貰うのが
いいですね、乗り換えて行くのはもう無理ですの。
お食事はなにでしょう~
楽しみにしています。
いつもありがとうございます♪

古都人さん、こんにちは。
あれから、バックアップ全部必要なのはしてメーカーに、ある程度の事をお願いして
メーカーに今Windows7は入院中ですpc
サブのWindowsXPで、ブログ人ログイン出来たので,写真が余りないですが更新し
てあります。

大阪に行かれたんですね、私は結婚前に,母と三人で大阪緑と花の博覧会に行き楽しかった事を思い出しました、その時は.よ~~く歩きましたし母は
お土産買うのが嬉しくてはしゃいでましたね。
大阪の町は行きませんでしたけど、次の日大阪城公園や大阪城にも行けて
良かったです(◎´∀`)ノ 大阪の町は、京都の町と違うのは、大阪は道頓掘橋から
阪神タイガースが優勝すると.若い人達が馬鹿みたいに飛び込んだりして
騒がしい町又人達も、大阪弁の独特の早口で.どうも大阪弁の
おばちゃん,おじさん子供も、乱暴な感じで好きではないですね゚.+:。(・ω・)b゚.+:。
大阪は、大きな看板もあちこちにあり派手な町人も派手でと思います。
関東に住む私は、TV番組のバラエティーを見ても,関西の大阪出身のお笑いの
人を見てると.早口で漫才でも、自分たちだけ解っていて何を言ってるか解らない
ところも多々あるのに.よく今の若い人は、笑えるなと思いますね、蔵さんは今度のドラマでは、大阪弁を使いますけど.蔵さんが、同じ関西でも京都出身で良かったです...
京都弁のがまだ柔らかいし、解りやすいです(*^ω^*)

でも、大阪に生まれ育っている人達は、この大阪を愛しいい町だと堂々と色々といい所もあるので.いいんだと思いますよ、人それぞれ好きな町があるというのと同じで.大阪でも「水掛不動」なんていいなと思いましたのと、「夫婦善哉」のお店もいいですよね。

*いよいよ、主演ではないですが新番組蔵さん出演しますね\(^o^)/

taekoさんへ
こんにちわ お暑うございます
そうですね 私も含めて大阪は昔を懐かしむ土地でしょうか
隣の府県ですが何故か疎遠勝ちになりますね
兎に角看板のど派手さには驚きの連続でした
この界隈での象徴的なところばかりをご紹介しました
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね さつきと言う植物も愛好家にとっては
腕の見せ所でしょうね
日々丹精込めてのお手入れ お好きならではのことでしょうね

植村さんへ
こんにちわ お暑うございます
そうですか 京都生まれ・京都育ちの娘さんも
やっぱりそう仰っていますか
何故か落ち着きませんね
大阪の方には申し訳ないのですが・・・
そうですね 法善寺横丁の右側は未だ工事中と言った感じでした
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね やはり愛好家の方々が丹精込めて育てられただけあって
どれも見事でした 

hirugaoさんへ
こんにちわ お暑うございます
そうですか 神戸の方もそうなんですか
何故なんでしょうかね
そうですね あべのハルカスのツアーの広告を
良く見掛けますね
先日入場者数の一区切りの発表がありましたね
確か100万人だつたと記憶していますが・・・
時間帯にもよるのかも知れませんが予想していたより
静かでしたよ
当初のピークが過ぎたこともあるのでしょう
お昼は道頓堀の「がんこ」店での幕の内弁当見たいなものでした

sasayuriさんへ
こんにちわ お暑うございます
そうですね 大阪の街中歩きよりも大阪城や海遊館そしてUSJなど
有名なところに行くのが多いのかも知れません
千日前や道頓堀界隈を歩くなんてまさにお上りさんのすることでした
そうですね あべのハルカス300は予想していたより静かで
ゆっくりと楽しむことが出来ました
どうぞ涼しくなったら一度お出掛けくださいませ

ムームーさんへ
こんにちわ お暑うございます
そうですか 大阪は若き日の思い出の場所ですね
そして今はやや距離を感じる場所ですね
同感ですね
おでんの味の思い出 大阪のおでんは美味しいのですね
京都とはまた違った味なんでしょうね
そうですね ツアーは楽で良いですね 時間さえ守っておれば・・・
お昼は取り立てて言う程のものでは無かったですが
道頓堀の「がんこ」店での幕の内弁当風のものでした
炊き込みご飯が美味しかったです

mikkoさんへ
こんにちわ お暑うございます
そうですか 関東の方が耳にされる大阪弁は
やはり馴染み難いですか
早口で撒くしたてる喋り方 そうなんですね
そんなことを聞いたこともあります
お笑い出身と言えばやはり関西人が目立ちましね
そうですね その点 京都弁は丸いですね
ゆったりしていますね
土地柄とはそう言うものなんでしょうか

久し振りに賑やかそうな風景をみました。
夜は一段と賑やかに。
高槻から京都に通勤した時代もありました。
そのせいか仕事以外で大阪方面へ
出掛けたのも数回程度。
戎橋とは縁なし。勇気もなし。


古都人さん、こんばんは~♪
大阪は新幹線で通過したことはあるのですが、
まだ一度も訪ねたことがないのですよ。
とはいうものの、「道頓堀」界隈はよくテレビで
見ますので、どこも馴染みがあります。

「法善寺横丁」は子供のころ藤島桓夫の
「月の法善寺横丁」をよく歌っていたので、耳から馴染んでいます。
「水掛不動」さんのお写真を拝見した時は、
これがこいさんが立派なお板場はんになりいやと言って
お願いした御不動さんかと、しみじみ見入ってしまいました。
苔には多くの方の思いが込められているのでしょうね。

「夫婦善哉」といえばNHKの連続ドラマより、
南都 雄二とミヤコ蝶々のトーク番組を思い出します。
離婚はされたそうですが、良いコンビでしたね。

「大阪造幣局本局」と「ハルカス300」は
まだ一度も見たことがありません。楽しみにしています。

こんばんは happy01
京都から大阪、近いようで用事がなければなかなか足が向かないものかもしれないですね。
私も名古屋市内の栄や金山などの中心街へ足が向くことは全くありません。
プライベートでも仕事でも、大阪へはずいぶん訪れていません。
若いころは仕事で何度も訪れたものです。
しかし所詮仕事、観光はできず、プライベートでも友達と会うことが多く、中心街へは一度も行ったことがありませんでした。
道頓堀やグリコの看板、実際に訪れていなくても、TVやブログで何度か目にした光景です。
法善寺横丁や夫婦善哉は古い歌にありましたよね。
水掛不動さん、あんなに苔が?!元のお姿が・・・分からない!

↓記事ももちろん拝見しています。
さつきって、こんなにたくさんの色や種類があるのですね。
”好月”には、目を見張らされました。
他のさつきにはない縁取りの模様、何色と表現して良いのやら・・・?
他のさつきももちろんどれも素晴らしいです。
1本の木に白とピンクなど2色の花、形もきれいに整えられていますね。
樹の姿も見事で、皆さん丹精込めて育て作られたのだろうと思います。
素敵なものを拝見させていただきました。

maetetuさんへ
お早うございます
お久し振りです
そうですか 大阪とのご縁はあんまり無かった様ですね
私も夜の大阪は全く知りません
戎橋の「勇気もなし」は 傑作です

hiroさんへ
お早うございます
そうですか hiroさんも大阪とはご縁が無い様ですね
通過地点ですか
しかし映像等ではご承知なのですね
この辺りはは大阪紹介では良く出てくるところですし
そう歌にも登場していますからね
ガイドさんが車中で歌ってくれました
「ふたりの大阪」と一緒にね
そうでしたね 夫婦善哉 私も良く見ていました
登場したご夫婦の小さなドラマが魅力でした

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですか お仕事では良く大阪には行っておられるのですね
お仕事では観光は出来ませんものね
私も現役時代は全く同じですがその後は殆どご無沙汰です
そんなものですね
何時も遡ってご覧戴き有難うございます
さつきは愛好家が多くおられるのでしょうね
それだけ育て方の難しさと楽しみがあるのでしょうね
どれも見事な出来栄えでした

こんばんは
おお!大阪ですね!
京都の次に好きなんですよ。
道行く人が派手で、話す声が大きく
何もかもが楽しいです。
脱日常感を味わうにはもってこいです。

水かけ不動さんにたくさんの人がお参りしているのも驚きでした。

ひとりでふらりと行くところではないので
随分ご無沙汰です。

まさみさんへ
こんばんわ
そうですか 京都に次いで大阪がお好きとか
脱日常感を味わうのには・・・
判る気がします
異邦人的な感じですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/56678243

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りに大阪へ お上りさん気分で 千日前界隈:

« 京都府立植物園 ”さ つ き 展” | トップページ | 爽やかで可憐な桔梗の花 »