2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« みちのくを旅して 東北・山形・鶴岡市 その2 | トップページ | みちのくを旅して 東北・山形・鶴岡市 その3 »

2014年6月 3日 (火)

5月28日の京都府立植物園(その1 バラ園)

 今年最高の暑さと予報されていた5月28日、何時ものように開園の9時を待って北山門から入りました。
 園内の花達もこの暑さにウンザリしていることでしょう。
出来るだけ早朝のバラの花を撮りたいと思って、最初にバラ園に向かいます。

016

マクロで撮りたかったのですが、今回は風景として撮りました。

013

京都府立植物園には250種、2000株のバラが有ります。

001

一番乗りかと思っていましたが、正門(南門)から入った方の姿が有ります。

006

手前のピンクのバラが写真を撮っている私を見ています。

011

オレンジ色に近いバラの花と

019

赤いバラの花です。

014

ピンク色の優しい風情のバラの花も満開でした。

 如何でしょうか
バラ園の広さと花の多さ。出来たら綺麗さも解って戴けたら嬉しいです。
勿論!園の方やボランティアの方達のご苦労も。






  

« みちのくを旅して 東北・山形・鶴岡市 その2 | トップページ | みちのくを旅して 東北・山形・鶴岡市 その3 »

京都府立植物園」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

 お早うございます
ご紹介のバラ園
流石に京都府立植物園ですね
こんなに広くてバラの花数・種類が多かったのかと改めて感動しました
どの写真も流石古都人さんです
様々な場所(風景)を捉えて見事に写されていますね
綺麗さも充分解りましたし
園の方やボランティアの方達のご苦労にも感謝しながら拝見しました

↓のご紹介されている建物はどれも素晴らしく感動しながら拝見しました
鶴岡市の魅力・文化に触れた思いがしました
古都人さんが特にじつくりご覧になられた藤沢周平記念館
私も訪れる機会が有りましたら是非
ゆっくり拝見したいものです
洋風の建物もカルチャーショックを受けましたが
山村豪雪地帯の多層民家は何故か懐かしさを覚えました
藤沢周平の作品のドラマ化されたものの多さにも改めて驚いています
多くの賞を受賞された事にも

古都人さん
おはようございます
京都府立植物園のバラ園はこんなに広くてバラの花が多いのですね
いつも何気なく散策しながら眺めていますが
古都人さんも仰ってますがお世話されている方達のご苦労を思います
特に今年は猛暑続き花も可哀そうですが
園の方達も大変でしょうね
それでもこのように身近に綺麗なバラの花を見る事が出来る私たちは幸せですね
どのお写真も場所が解る私はやっぱり京都人です
アングルも素晴らしくやはり古都人さんですね

 ↓の記事も拝見しました
古都人さんが如何に藤沢周平をお好きか
言葉の隅々に感じられてとてもよく解りました
重文の建物や、酒井氏庭園も素晴らしく鶴岡市のごく一部でしょうが
「歴史と文化の都市」の印象を受けました。

 

古都人さん
お早うございます
 古都人さんお気に入り(笑い)の植物園
流石にバラ園を見事に捉えて撮られましたね
風景として撮られたと言われるお写真
アングルの上手さに感心しながら
頷きながら綺麗なバラの花を拝見しました
250種、2000株とは思いませんでしたが
流石に日本で3本の指に入る京都府立植物園
素晴らしいですね
↓の鶴岡市内の主な場所を拝見しました
思っていたとおりと言いたいのですが
思っていた以上に文化の街で有る事に驚きました
重文指定の洋風建築にカルチャーショックを受けています
同じく重文の旧渋谷家住宅は特に惹かれました
豪雪地帯ならこその多層民家なのですね

古都人さん
おはようございます。
いつも温かい言葉をいただいてありがとう
ございます。
植物園のバラ園を思い出しながら見せて
貰っています、美しい~
1年を通じていつの季節も楽しませてくれますね。
↓の記事は素晴らしいところへ行かれたのですね。
知らない場所なので興味深く
見せていただきました。

植村さんへ
 お早うございます
そうですね
改めて京都府立植物園のバラ園の広さ、バラの花の多さ・綺麗さに感動しました
 遡ってご覧戴いてありがとうございます
そうですね
鶴岡市の魅力と文化は素晴らしいです
是非機会が有れば記念館をお訪ねください
藤沢周平の偉大さが改めてわかります

taekoさんへ
 お早うございます
そうですね
これだけ広くて花数も種類も多いバラ園
今年は特に猛暑続きで皆さんのご苦労されている様子に頭が下がる思いでした
 遡ってご覧戴きましてありがとうございます
そうです
私は藤沢周平の大フアンなのです
それと同じくらい鶴岡市の魅力にはまってしまいました

ムームーさんへ
 お早うございます
そうですね
植物園は一年を通して季節が楽しめますね
遡ってご覧戴いてありがとうございます

心身共にお疲れの事とを思います
お忙しいのにコメントまで戴いて申し訳ありません
どうかお気遣いなくご無理をなさらない様にお願い舞します

古都人さん、こんにちは~♪
京都府立植物園のバラ、手入れが行き届いて
とても綺麗に咲いていますね。
マクロで撮ると花の美しさは伝わりますが、
1輪咲いているのか、沢山咲いているのか
全体の様子がわからないので、風景として撮るのも
良いですね。色々な場所から写されていますが、
どの写真もアングルが素晴らしく、
さすが古都人さんだと思いました。
それにしても250種、2000株とは・・・
京都府立植物園の規模の大きさが窺い知れます。

↓の記事も拝見しました。
「鶴ケ城址」内の建物、今の鉄筋コンクリート造り
と違い、瀟洒で美しいですね。
「藤沢周平」のこともよくわかりました。
いつも素晴らしい御紹介、ありがとうございます。

hiroさんへ
 こんにちわ
そうですね
京都府立植物園の花は季節感を大切にして自然体で育てて居られます
風景として撮ったのは連日の夏日が続いて
何時ものようなバラの綺麗さを撮るのが難しいと思ったのです
出来るだけ綺麗にと思っていますが結果オーライてす
京都府立植物園は日本で3本の指に入る植物園です
 遡ってご覧戴いてありがとうございます
そうですね
鶴ヶ城址の重文の建物は流石にどれも瀟洒で美しい物でした
こちらこそ何時も丁寧にご覧戴いてありがとうございます

古都人さん こんにちは、

さすが京都府立植物園のことありますね。沢山のバラの花で美しいです。
岩倉に長女一家が住んでいた頃、よく植物園に行き、北門前の東洋亭で
食事をしました。丸ごとのトマト焼きが美味しく懐かしい場所です。

これだけのバラのお世話も大変でしょうね。知識と経験もなければのことでしょう。
一つの花を撮すでなく、全体のバラの花の色で、纏めてありそれが写真からも伝わってきて壮観です。

sasayuriさんへ
 こんにちわ
そうですね
京都府立植物園は日本でも3本の指に入る植物園です。
又、観覧温室は植物の種類も数も日本一との事です
 植物園では四季折々のお花を愛でる事が出来ますが
その中でもバラの花は春と秋の二回楽しめます
 私も北山門前のキャピタル東洋亭て時々ランチしますが
お値段も手ごろですね
 そうですね
バラの花を育てて居られる方やお世話をされている方のご苦労は大変だと思います
特に猛暑が続いた5月は
 ありがとうございます
1つの花も充分魅力的ですが
バラ園を知ってもらいたくて初めて風景としてご紹介しました

古都人さん   こんにちは
京都府立植物園のバラ園、素晴らしいですね~
管理されている方のご苦労が窺えます。
風景としてご紹介が素敵に活きていて、
250種2000株のバラとは想像以上でしたが
お写真を拝見しながら納得し、
バラ園の広さも再認識しています。
そしてバラの香り満たされた
バラ園の散策気分も風景写真で愉しんでいます。
早朝の生き生きしたバラを愉しみたい想いは
お花大好きな方は皆同じなのでしょうね。
ピンクの可愛いバラに見詰められて
撮影の古都人さんを思い浮かべ思わずニッコリです。

みちのくへの旅、旅先は古都人さんの知性を感じ
そして無学な私は旅心と共に学んでいます。
藤沢修平作品、ご紹介作品全部では有りませんが観ました。
鶴岡市内も見所一杯ですね。
擬洋風建築、興味深いです。

すみれさんへ
 こんばんわ
そうですね
京都府立植物園のバラ園の広さ花の数、種類の多さは素晴らしいです
何度か訪れましたが次から次へ違った花に出会えて感動しました
猛暑の続いた日は色々な植物に影響を与えて可哀そうでした
出来れば少しでも新鮮な花を撮りたいと思ったのですが、皆さん同じ思いのようでした
 遡ってご覧戴いてありがとうございます
昨年の旅で新鮮味は無いのですが
大好きな藤沢周平の故郷を訪ねたく思い立って訪ねた旅でした
すみれさんも藤沢周平の作品を読んでおられたのですね
フアンとしてはとても嬉しいです
そうですね
彼の故郷・鶴岡市は魅力いっぱいの街でした

こんばんは (◎´∀`)ノ
この季節、花と言えばやはり一番は”バラ”ですね。
香りはもちろん色や姿・形・・・、本当に『女王』の風格ですよね。
最近はいろんな色のバラが咲いていますが、やっぱり『真っ赤なバラ』がいいですね。
♪バラが咲いた バラが咲いた 真っ赤なバラが~♪
と、かつては歌にも歌われましたし・・・。
初夏のバラは”一番花”が咲き終えた後”二番花”が咲くそうですから、まだまだ楽しめるでしょう!
そしてバラ以外にも、もうそろそろアジサイの季節。
更にハスの花も咲き始めるでしょうか・・・?
古都人様の植物園通い、まだまだ続きそうですネ (^_^)ニコッ!

↓ 記事も拝見しています。
鶴岡市内の建物、ノスタルジックですね。
東海地方には奇しくも『明治村』『大正村(恵那市明智町)』『昭和村』がありますが、それらの施設や街にあっても不思議ではないほど!
*『大正村』は施設ではなく、恵那市の旧:明智町が”大正時代の雰囲気を残す街”として、その様に呼んでいます。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 今の時期はバラ一色ですね
流石 京都府立植物園さんでしょう
こんなに沢山のバラのオンパレード ここならではの光景です
バラの育成は 植物園の基本作業と言えるでしょうね
そうですか 赤いバラがお好きですか
真紅のバラはすきっとしていて気持ちが良いですね

遡ってのご覧 有難うございます
そうですね 「明治村」はかなり前に一度行ったことがあります
その後新しい展示などが増えていることでしょう
また行って見たい気持ちになりました
「大正村」 「昭和村」は初めて知りました 興味あります
ご教示有難うございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/56336523

この記事へのトラックバック一覧です: 5月28日の京都府立植物園(その1 バラ園):

« みちのくを旅して 東北・山形・鶴岡市 その2 | トップページ | みちのくを旅して 東北・山形・鶴岡市 その3 »