2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 2014石川さゆりコンサートと琵琶湖 | トップページ | 6月10日の南禅寺塔頭「天授庵」 可憐な睡蓮の花 »

2014年6月21日 (土)

色鉛筆絵画 やわらかく

イタリア人講師が開く「色鉛筆絵画教室の絵画展」が、京都市国際交流会館で開かれました。
 会館で3年間教室を開いてこられましたが、ご家族の都合で教室を休止することになり、成果を披露する展示を企画、生徒8人が出展されました。

039

こちらのロビーは気軽に立ち入ってお喋りしたり休憩したり又、お庭を眺めながらお茶を戴けるセルフサービスの喫茶コーナーも有ります。
 何より嬉しいのは色々な国の方の話し声が聞こえることです。
意味は解らなくても、異国を旅しているような不思議な気持ちになることがあります。

006

       「ノルマン人のお城(シチリア・イタリア)」

010

           「コロッセウム」

013

    「サン・キリコ教会(トスカーナ・イタリア)」

同じモチーフで数名の方が描かれていましたが
全く違うように感じられるのも有り、「絵は描かれた人そのもの」が解るように思いました。

008

  質感を上手く表現されていて感心しました。

025

    下鴨神社ですがデッサンの上手さに感心です。

027

やはり京都ですね。舞妓さんのお顔も現代的です。

028

            「階段と鉢植え」
日本ではないのでしょうが、憧れます。


作品は約50点展示されていましたが、会場の光が映りこんだり、自分の影が写ったり、少しでも避けようとすると真っ直ぐに撮ることが出来無くて
描かれた方達に申し訳ない気持ちでいっぱいです。













« 2014石川さゆりコンサートと琵琶湖 | トップページ | 6月10日の南禅寺塔頭「天授庵」 可憐な睡蓮の花 »

作品」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

コメント

 お早うございます
京都市国際交流会館の前を通るたびに
一度中へ入らせて戴きたいと思うのですが何となく躊躇しています
「国際交流」の文字にかも知れませんね
時々催しを新聞で拝見しているのですが・・・・
広々とした明るいロビーにも座ってみたいです
お庭を眺めながらお茶も好いですね
>意味は解らなくても、異国を旅しているような不思議な気持ちになることがあります<
そうなのでしょうね
一度勇気を出して?中に入らせて戴きます
 そして色鉛筆画どれも優しくて素敵です
描かれている人たちのお人柄が解るようです
スクロールしながら何度も拝見しました
このような絵が描けたら嬉しいでしょうね

↓の石川さゆりさんのコンサートも拝見しました
テレビでしか見たことは有りませんが
歌の上手さは定評が有りますが
大人の色香をお持ちの方ですね
 

古都人さん
おはようございます
石川さゆりさんのフアンです
コンサートへ行かれて好かったですね
京都会館が工事中で京都での公演が無くて寂しく思っていています
羨ましく拝見しました

 京都市国際交流会館は以前に古都人さんがご紹介されていたのに刺激?を受けて
二階のレストランでランチを戴きました
明るくて見晴らしがよく素敵なレストランですね
 私も色鉛筆画を4年間程ならったことが有りますが
色鉛筆でこつこつ塗り重ねて行って
絵に深みと厚み、光と影が上手く表現された時は本当に嬉しいです
皆さんの集大成とも言える作品流石に素晴らしいですね
色鉛筆の特徴を生かされていて感心し
又、描いてみたいと思いながら拝見しました
ご紹介ありがとうございます

古都人さん
 お早うございます
色鉛筆画は水彩絵と違って
仕上るまでに時間が掛かりますね
私も一度習ったことが有りますが
コツコツ丁寧に色塗りを重ねて
色の濃淡や明暗を描いて行ったのを覚えています
 皆さんの作品はどれも写実的で綺麗ですね
丁寧に描かれたのが解ります
舞妓さんの絵は大作ですね
時間をかけて描かれたのでしょうね
布地の質感が出ていますね
 灯りが映り込んでいるのは仕方ないですよ
私も同じ経験をしたことが何度も有ります

↓の石川さゆりさんは今一番輝いている方ですね
「エロ美しい」と言われていて若い人たちの間でも人気がお有とか
琵琶湖の湖岸沿いを散策しながら・・も素敵です
好い時間を過ごされましたね

古都人さん おはようございます。

京都国際交流会館「色鉛筆絵画教室の絵画展」
色鉛筆でも素敵」な絵画になりますね。

イタリアローマでコロッセオは見たことがあります。
夕方で中に入れずに残念なことでした、思い出しました(笑)
丸みもよく出ていてきっと午前中の絵でしょね。夕方は陰が有って
写真でもよく分かります。
私は、絵画の見かた変わっているんですよ。友達にも言われます。

皆さんそれぞれ個性豊かに色鉛筆の絵として素晴らしいです。
舞子さん、京都ですね。お顔はしっかり顔ですね。
私も見てみたいなと思ってしまいました。

お話は変わりますがメール届いていませんか。

古都人さん
おはようございます。
色々な所へとお出かけになられる古都人さんの
素晴らしい観察眼にいつもながら感心しています。
絵画は見る人によっていかようにも
変わりますから、不思議ですし、嬉しいことですね。
舞妓さんを描かれる様子を思い描きながら
見せて貰っています。
素晴らしい作品ばかりですわぁ~
いつも素晴らしいものを見せて貰えて
嬉しいです。
コンサートに琵琶湖ホールに行きます。
古都人さんも歩かれたのねって
思いながら散策してきますね。

こんにちは
柔らかい質感に独特の魅力を感じます。
景色を身近に感じるのも色鉛筆ならではなのでしょう。
そして
うまく写真に撮れなくて申し訳ないという
古都人さんの作者に対する敬意に心を動かされます。
大切な気持ちです。
そういうことを最近深く考えることが多いです。
的外れのコメントですいません。

古都人さん  こんにちわ~

なにやらよく一緒の記事になりクスクス笑っています。
何か似てるところがあるのでしょうね・・・・

色鉛筆画はやはり水彩より時間がかかりますので
大変ですよね。
はがき大などで書いたこともありますが。

石川さゆりさんのコンサートにいかれたようですが
会場もいいところですね。

植村さんへ
 こんにちわ
そうですね
私も自分には無関係の場所だと思っていました
やはり「国際交流」の言葉に躊躇しますね
一度是非覗いて下さい
何もしなくてもロビーで座っているだけでも
ゆっくりしますよ
そうですね
色鉛筆画はどの絵も優しくて写真を撮っていても仄々した気分でした
遡ってご覧戴いてありがとうございます
石川さゆりさんの歌は聴き応えが有りました

taekoさんへ
 こんにちわ
そうですか
石川さゆりさんのフアンだったのですね
京都会館は来年でしたか?再開されると好いですね
 
京都市国際交流会館の二階では何度かランチをしていますが
明るくて見晴らしが好いですね
いつもゆったりした雰囲気の中で食事が楽しめます
色鉛筆画は習われていたのですね
>色鉛筆でこつこつと塗り重ねて行く<
そうなのでしょうね
是非描いて下さいね

sasayuriさんへ
 こんにちわ
そうですね
色鉛筆画は素敵でした
コロッセオは実際にご覧になられたのですね
そうですか
この絵は午前中に描かれたのですか?
ありがとうございます
私には解りませんでした

メールは今の時点で届いていません

ムームーさんへ
 こんにちわ
観察眼?
絵描さんのムームーさんの言葉は本当に嬉しいです
そうですね
絵は描かれる人によっても
見る人によっても変わりますね
それも絵の不思議さでもあり愉しいことでも有りますね
ムームーさんのコメントを読まれたら
作品を描かれた方達はお喜びになると思います
 遡ってご覧戴いてありがとうございます
琵琶湖ホールはムームーさんがよくお出かけの所ですね
そしてびわ湖湖畔も
私もムームーさんの事を思いだしていました

まさみさんへ
 こんにちわ
少しも的外れなコメントとは思いません
そうですね
私も色鉛筆の魅力は何と言っても柔らかい質感だと思います

額に入った絵や写真はどうしても光が入り込んだり自分の姿が写り込んだりしますね
それを外そうと思うと角度が変わって本来の絵の素晴らしさが損なわれます
描かれた方の思いと的外れになることも恐れます
それでなくても実際の絵の方が何倍も感動するものですのに
今回も講師の方が受付に居られて
その事をお断りして撮らせて戴きました

hirugaoさんへ
 こんにちわ
私もお伺いして又や(笑い)と思いました
何か似ているのでしょうね

そうですね
色鉛筆画は時間がかかると思います
hirugaoさんの絵は是非拝見したいです
 遡ってご覧戴いてありがとうございます
琵琶湖ホールは初めてでしたが
元々オペラを上演する目的で造られたホールらしいですね

古都人さん、こんにちは~♪
京都市国際交流会館は自由に入ることが出来るのですね。
私も近くだったら毎日でも出かけて、
異国の方のお話を聞きたいと思います。

色鉛筆絵画、自分では子供のころの塗り絵しか
経験ありませんが、とても素敵ですね。
こんなに素敵な色が出せるとは思っても見ませんでした。
塗り絵はパリでも流行っているそうですね。
つい先日テレビで見ました。
私も塗り絵帳を買って塗ってみたくなりました。
展覧会の作品はどれも素敵ですが、個人的には
土瓶の絵が一番好きです。
石川さゆりのコンサート、私も昔JAさんの御招待で
行ったことがあります。歌もお話も素敵でした。


hiroさんへ
 こんにちわ
そうですね
京都市国際交流会館のロビーに座っているだけで外国を旅している気分の時が有ります
近くの方は避暑を兼ねてこちらへ来られる方も有ると聞いています
 色鉛筆画は塗り重ねで単色では表せない色が出るそうです
私も子供の頃はチューリップの塗り絵をしました
パリでも流行っているのですか?
私も土瓶の絵に一番親しみを持ちました

遡ってご覧戴いてありがとうございます
そうですか
hiroさんもコンサートへ行かれた事がお有なのですね
歌は勿論ですが話術も巧みですね

古都人さん、こんばんは☆
イタリア人講師絵画展それも色鉛筆絵画展が、京都市国際交流会館で開かれ
今までの、色鉛筆で描かれたのを披露されまた、国際交流会館のロビーが広く
座って休んだりセルスサービスの喫茶でお茶も飲めるのは嬉しいですね。

また、ロビーに座り外を眺めてるだけで外国へ行った気になれ
そうな感じですね( ^ω^ )古都人さんは、色々な場所に行き感心します。
披露されている、色鉛筆だけでノルマンジンのお城や,コロッセウムはテレビで出ますが.上手に描かれていてこのように絵が丁寧に描け色も上手く
使い感心するばかりです。
日本のは、4番目の作品かしら?土瓶と葉も上品に今にも動くのという感じで
そして、下鴨神社の、デッサンは素晴らしいですね!!
屋根といい神社の色も赤い橋が水池に映りまた、その映っている感じが水の
流れが解りこんな綺麗に描ける人を尊敬してしまいます。
舞妓さん、京都ですね 舞妓さんの口紅が綺麗顔は現代的ですよね。
この舞妓さんは何年ものベテランさんですねconfident

>蔵さんのゲスト出演観ましたタけどお茶目で今芸能人では20代の女性にモテる人
のひとりですね^^ノ 随分若い頃の「美女と野獣」昼間 関テレで放送ですね。
チョイ役ですけど放送してます.私は関東なので映りません(残念)

>ももえさん、伝えていただいて有難う御座いました(◎´∀`)ノ

こんばんは happy01
色鉛筆で描かれたとは思えないほどの作品ばかり (゚m゚*)!
陰影の描写がどれも素晴らしいですね。
舞妓さんのお着物が本当に丁寧に描かれ、感心しながら見ていました。
私にこのような『絵心』があれば、もう少し違う旅ができたかもしれないと思います。
でもなぜか、丹頂鶴の絵だけは割と得意にしていました (^_^;;ヘヘッ!

↓記事ももちろん拝見しています。
石川さゆりさん、息の長い歌手ですね。
私はやはり『津軽海峡冬景色』の歌を思い出します。
♪上野発の夜行列車降りた時から、青森駅は雪の中・・・♪
若いころ、北海道へは上野からの夜行列車に乗っていきましたから!
冬も何度か旅していますし、連絡船に乗って函館へと向かったものでした。

mikkoさんへ
お早うございます
そうですね 色鉛筆による絵画も中々のものだと
感心して拝見していました
丹念に描き切るところにこの技法の真髄があるのでしょうね
この絵画展が国際交流会館で催されたことも意義がある様にも思いました
丁寧なコメントを有難うございました

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 丹念に根気良く描き切ったどの作品も
素敵でした
とても色鉛筆による絵画とは思えませんでした
油絵などとは違ったやわらかさが良いですね
絵画の世界の広さを改めて認識しました
遡ってご覧戴きまして有難うございます
そうでしょうね 旅好きの慕辺未行さんのことですから
冬の北海道への旅も思い出深いことでしょう
青函連絡船も懐かしい思い出ですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/56414121

この記事へのトラックバック一覧です: 色鉛筆絵画 やわらかく:

« 2014石川さゆりコンサートと琵琶湖 | トップページ | 6月10日の南禅寺塔頭「天授庵」 可憐な睡蓮の花 »