2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・天神さん夏越祓 | トップページ | 京都・鷹ケ峰界隈を歩く しょうざん・ランチ »

2014年6月29日 (日)

京都・鷹ケ峰界隈を歩く しょうざん・庭園

 久しぶりに鷹峯界隈を散策しました。鷹峯は狭い地域ですが、見どころが多く有ります。
その一つ、広いエリアを持つ「しょうざん」の日本庭園です。
 
3万5千坪の庭園(北庭)は、鷹ケ峰三山を借景にし、多くの北山台杉と紀州石が配置されていて、さらに8つの館が点在しています。

 庭園の入口で、入園料を支払って、中へ入ります。

052a

園内に入って先ず目に入った景色です。奇妙に曲がった北山台杉の数々。
石も見え始めました。

054a

静かな雰囲気の園内を、散策しています。

058a

「玉庵」(ぎょくあん)と言う名のお茶室です。大徳寺10代管長さんの命名だそうで、昭和39年ここに移築されたそうです。

057a

ここには、多くの紀州石が固まって配置されていました。

061a

鷹ケ峰三山も、間近に見られます。

063a

「酒樽茶室」です。西陣の豪商の山荘にあったものを、昭和37年にここに移築されました。実際に酒樽として使われていたものだそうです。園内には、もう1つ同じ様な茶室があります。

068a

園内には池もあって、周りには花菖蒲が植えられていました。
 奥に僅かに見える建物は、「峰玉亭」(ほうぎょくてい)と言う名の「しょうざんの迎賓館」です。昭和37年から約3年間を費やして完成させたそうです。

024

花菖蒲は夏日の連続で疲れていましたが、睡蓮は可憐な姿を見せていました。

「しょうざん」について
 現在は「しょうざんリゾート京都」と名付けられ、一大リゾート施設になっています。
 会員制のリゾートホテルも建設中でした。今年秋にはオープンの予定とか。

 創設者は、故・松山政雄と言い、戦後いち早くウールお召を開発し注目を集めた方だそうです。昭和26年より、この地に広く着物への理解を深めて貰おうと「花と緑の観光工場」として造られたました。
 「芸術を愛する心は、美しい環境から生まれる」と言うのが、松山政雄氏の人間哲学とのことです。

 

 

« 京都・天神さん夏越祓 | トップページ | 京都・鷹ケ峰界隈を歩く しょうざん・ランチ »

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
鷹峯は市バスで行けるのですが何故か行ったことが有りません
「しょうざん」の言葉は広告などでも知っていましたが
お写真と説明を拝見していて
まず3万5千坪の広さにカルチャーショックを受けています
北山台杉と紀州石の配置の美しさ
贅沢なお庭ですね
こちらに8つの館が点在しているのですか?
奇妙に曲がった北山台杉はこのように形作られたのでしょうか
違和感が無いのが不思議です
静かな庭園を、緑の木々に池、西陣の豪商の山荘にあった酒樽茶室など
更には、山を眺めがらゆっくり散策は何よりの贅沢ですね
空気も綺麗でしょう
心身共に癒される空間を感じます

創設者がウールお召を開発されたのですね
若い頃和裁を習っていましたが一重のウールは縫いやすくて嬉しいでした。
 これから鷹峯のどちらを回られたのか?愉しみに拝見します

天神さんの縁日にお参りして
茅の輪は八の字を書くように三度くぐりましたが暑いでしたね
私は10時頃お参りしましたが確かに人出は例年に比べて少ないようでした。

 お早うございます
いきなり懐かしい風景に出合いました。
そうでした
奇妙に曲がった北山台杉と石も珍しくカルチャーショックを受けたものです。

しょうざんの日本庭園はもう随分に前になりますが、花菖蒲が咲いていた季節に行きました。
唯、睡蓮は印象に残っていません。
緑の葉っぱと苔も好いですね
こんなに静けさが漂っていたのですね
 散策していてお茶室の多さが印象に残りましたが、酒蔵茶室には驚きました
暫く佇んで見つめていたのを懐かしいく思いだしています。
鷹峯三山の言葉は初めて知りましたが
広々とした庭園をゆっくり散策したことが懐かしいです
 着物が好きな亡母はウールの着物を普段着に愛用していました。
機会を見つけて再度足を運びたいです

↓の天神さんの大祓
昨年お参りしましたが大茅の輪は無残な姿になっていて
小さい茅の輪を皆さんと一緒にくぐりました
24日と25日の様子興味深く拝見しました

古都人さん
 お早うございます
鷹峯は5年前くらいに行きました
花菖蒲が乱れ咲いてた?ように思います
雨が降ってきたのですがそれも花菖蒲や庭園をしっとり潤して傘を差しながらゆっくり散策しました。
名前は知りませんでしたが北山台杉も色々な石にも感動したものです
それでも3万5千坪も有るとは思いませんでした
お茶室も外から拝見しましたが
特にユニークな「酒樽茶室」には驚きました
 会員制のリゾートホテルも建設中とか
この静かな庭園の風情も壊されなければ好いですが
広いからきっと大丈夫でしょうね
創設者がいち早くウールお召しを開発された方だったのですか
「芸術を愛する心は美しい環境から生まれる」の言葉には
重みが感じられますね

 ↓の天神さんの大祓拝見しました
私も大茅の輪の茅を抜き取る方の気持ちが理解できませんでした。
修学旅行生もその姿を見ていましたが彼らは何と思ったのかとも

古都人さん
おはようございます。
いやぁ~懐かしいです
この近くには娘の友達の家がありますの。
以前にPTAで食事会と散策に行きました。
今の時期、こんなに美しいのですねぇ
スクロールしながら何度も拝見しています
リゾートホテルも建設中なんですか
人気になるでしょうね
ウールお召を考案された方が作られた贅沢な
空間ですねぇ。
いたる所に思いが入ってていいですねぇ。
古都人さん、天神さんへ行かれたのですね。
この日は娘も行きましたの、私はお留守番していました。
大祓のこと説明から良くわかりました
いつもお越し下さってありがとうございます。

おはようございます。
朝から鷹ヶ峰三山の写真を見ながら
京都に行きたくてうずうずしています。
良い形の山です。
大好きな形です。
数年前に初めて見たとき
立ち去り難くずっと眺めていました。
京都のお山が好きになったきっかけです。

「しょうざん」は知りませんでした。
この時期の苔と緑の色は
こころがシーンと落ち着きます。
今度是非行ってみますね。

鷹峯あたりは
あまり観光客が押し寄せるイメージはないのですが
どんどん開発が進んでいるんですね。

古都人 おはようございます。

今日は緑の風景のご紹介で目が覚めました。
これこそ日本の緑の美しさです。北山台杉と苔の美しさ」は、
スイスの緑の美しさと違い、日本の緑は作られた重みというか造形の
美しさを感じます。

「しょうざん」の日本庭園3万5000坪ですか、広い庭園に紀州石と
北山台杉が配置されています。一度拝見してみたいと思います。

     メモメモしておき京都に行きましたら是非行きたい場所を
     ご紹介をありがとうございました。

古都人さん   こんにちわ

私にしたら知らないところなんです。
でもこの季節のお庭の緑はなんとも言えませんね。

面白い形の北山杉ですね^
お茶室でゆっくりお茶したいですね~

たるの形の建物も楽しいですね。

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね ここしょうざんは異次元の世界(と言いますとやや大袈裟ですが)
と言う印象を持ちました
これだけの世界を造り上げる精神力と財力には驚き入りました
今もなお発展を続けているのです
まさにリゾートの世界ですね
そうですか 天神さんの茅の輪くぐりに行かれたのですね
蒸し暑いですものね

植村さんへ
こんにちわ
そうですか 一度お出掛けになっているのですね
不思議な世界ですね
これだけの庭園を造り上げるのに如何程の資力や人力が
掛かったものか想像が付きませんね
遡ってご覧戴きまして有難うございます
そうですね 何時も思っております

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですか 一度ご覧になっているのですね
良くここで食事会は耳にしますね
送迎バスも良く見掛けます
本当に凄い世界です
相当な投資をされて出来上がったことでしょうね
遡ってのコメント有難うございます
そうでしたか お留守番でしたか
こちらこそ何時も有難うございます

まさみさんへ
こんにちわ
鷹ケ峰にはお越しになっているのですね
特別な行事などが無ければ静かなところですね
いえいえ発展はしていませんよ
発展しているのは「しょうざん」の中だけです
一度ご覧になると良いとは思いますが・・・
一見の価値はあると思いますね

sasayuriさんへ
こんにちわ
そうですね ちょっと変わった特徴ある日本庭園ですね
見応えはあります
あまりこんな形の庭園は見たことがありませんね
一度是非ご覧になってくださいませ

hirugaoさんへ
こんにちわ
そうですね 北山杉の1種類で台杉と言っています
はじめからこんな形に育てられています
こんな形の杉の古木が沢山並んでいるのです
一見の価値はあるお庭だと思います
杉と石と苔の競演でしょうか

古都人さん、こんばんは。
京都は本当に色々と散策する場所があり又難しい名前が私には多いです。
さすがに、緑も綺麗で関東の私はすぐ国道で、救急やパトカー火事のサイレンも
多々多くうるさいので静かな場所で空気のいいところに憧れますね!!

今日は、お知らせがありお邪魔しました。
昨日TouTube,を見ていて突然画面が消え音声だけになりその音声も消え真っ暗になり
電源をずっと押していても点滅して消えてしまい一度一晩バッテリーを外し
朝また取り付け電源押しても同じ状態で昔からPCに詳しく困ると電話して聞くので聞き”電源周りかマザーボードが原因”と言うのでメーカーが東芝なので電話してやはり
電源とマザーボードと言われ明日修理に出すので暫くブログ更新できません┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
外付けバックアップはそのつどでない時も半分はバックアップしてありますが
データー無くならなければと今は、サブのXPで皆さんにお知らせしています。

蔵さんのNHK後編放送します.新番組「ゼロの真実~監察医・松本真央」刑事役で
7/17テレ朝毎週木曜9時スタートです。

mikkoさんへ
こんばんわ
大変な時にブログをご覧戴きコメントまでありがとうございます
そうですね
京都には多くの観光地が有りますが
静かに散策する所も数多くあります
空気は綺麗で自然に恵まれています
 私はメカに弱く何かが起これば
パニックに陥りますが
mikkoさんは冷静に対応されるのですね
素晴らしいです
 明後日映画を見に行きます
テレビも見ていますしこれからも見ます
今日はお知らせありがとうございました
又、直ったらご連絡下さい。

こんばんは happy01
ナ・何ですか?この奇妙な形の木は?
北山台杉というのですか?北山杉なら聞いたことありますが・・・。
奇妙に曲がっているかと思いきや、途中から杉の木らしく真っ直ぐに伸びているのですね。
鮮やかな新緑と苔の緑、風情ある茶室・・・心が落ち着く光景ですね。

↓記事ももちろん拝見しています。
立派な茅の輪ですね。
私はまだ一度も茅の輪くぐりをしたことがありません。
年齢的にもそろそろしておいたほうが良さそうなのですが・・・。
茅の輪の茅を持って帰られる方々は、どんな理由で持ち帰るのでしょうね。
文章を読んで私も不思議に思いました。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうなんです これも北山杉の1種類なのですよ
台杉と言います 杉の台に育った北山杉です
普通は山の斜面に真っ直ぐ伸びた杉を思いますが
こんなのもあるのです
ここには樹齢500年と言う台杉もあります
500年も経つとこんなに綺麗な姿ではありませんが
概ね台杉の形は残っています
この一帯には北山杉(真っ直ぐな方)が多く見られます
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね 抜き取って持って帰る方はその茅で小さな
輪を作り玄関など吊るされるのです 厄除けのためと聞いています
ご利益の程はどうなんでしょうね
そうですね 茅の輪くぐりは京都を中心とした伝統行事で
近畿地方でも遣っている神社はある様ですがそんなに広くは
分布していない様に思います
茅の輪くぐりの連続を体験されるには京都にお越し戴くのが
一番かと思います 機会がありましたら是非お越しを

古都人さん、こんばんは~♪
「しょうざん」の日本庭園、素晴らしいですね。
どなたも見かけませんが、この素晴らしい庭園を
古都人さんが独り占めでしょうか。
贅沢ですねぇ~・・・

ユニークな北山台杉に見とれています。
普通、杉はまっすぐ一本に伸びていますが、
かなり下の方から枝分かれしていますね。
元々このような形なのか、
まっすぐな杉を仕立てたのか、興味津津です。
紀州石も美しく配置されていますね。
2棟のお茶室も趣があって素敵ですね。
素敵なお写真を拝見しているだけで癒されました。

しょうざん・ランチ、美味しそうですね。
お店の雰囲気も盛り付けもとても素敵。
プラス500円のスイーツセットも盛りだくさんで
惹きつけられました。
古都人さんはいつも素敵なお店でお食事されますね。

hiroさんへ
 こんばんわ
しょうざんの日本庭園は周りの環境にも恵まれて静かな所です。
花菖蒲の見頃の時は観光バスが入るくらいですか
私が訪れた時は賑わいが一段落したからだったようです
こちらの庭園で迷子になられた方も居られるくらい広いです
そうですね
北山杉は真っ直ぐに伸びていますがこの台杉も北山杉の一種類で元々このような形をしています

 しょうざんランチもご覧戴いてありがとうございます
そうですね
お店の雰囲気もスタッフの応対も
勿論お料理も充分満足の行くものでした
いいえ、何時もはファーストフードレストランやお惣菜屋が多いのですよ
ネットで調べたのですが、鷹峯にはレストランはこちらだけしかないのです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/56554410

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・鷹ケ峰界隈を歩く しょうざん・庭園:

« 京都・天神さん夏越祓 | トップページ | 京都・鷹ケ峰界隈を歩く しょうざん・ランチ »