2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 6月10日の南禅寺塔頭「天授庵」 可憐な睡蓮の花 | トップページ | 「四季 彩の丘」夏咲き誇る ”ガウラ” »

2014年6月23日 (月)

京都・梅小路公園に市電ひろばが出来ました

 京都の梅小路公園に、新しく「市電ひろば」が、3月8日にオープンしました。
明治時代に、日本で最初の市電が走った歴史がある京都で、この様な歴史的資源が活用されるなんて、流石京都市だと感心しています。
 早速、どんなものか見に行って来ました。

 先ずは、懐かしい「チンチン電車」から。

002a

「市電ひろば」の西から東までの短い距離を走っています。
我が国最初の路面電車です。その後も、京都駅前から北野天満宮の近くまで、「堀川線」として走っていました。

008a

西から東に向かう、チンチン電車です。
動力源は、リチウムイオン電池(GSユアサ製)だそうです。
西のエリアには、大型の滑り台などの遊び場が造られています。

016a

東でお客さんを降ろし、新しくお客さんを乗せて、西に向かいます。
運転手と車掌さんが、ちゃんと乗っています。1人1回片道150円です。

停車場についたら、車掌さんがポールの向きをちゃんと変えておられました。
電気を受ける架線もないのですが・・・。

015a

東側には、「市電ひろば」が造られています。その説明板です。
懐かしい市電の風景です。最後の市電が走る日には、わざわざ見に行きましたが鈴なりの乗客でした。

018a

多分その時に見たのは、このタイプの市電だったと思います。

016a_2

4台の市電が、ここに置かれていました。合計 8台の市電が、あちらこちらに置かれています。
  手前右の市電では、「市電ショップ」が、左手奥の市電では、「市電カフェ」が営業中でした。

020a

「市電ショップ」の内部の様子です。

019a

「市電カフェ」の内部です。
  どちらの車内も、上手くコンパクトに造られていました。
しかし、大勢のお客さんが来たら、さぞ混乱することでしょう。

懐かしい市電の姿に、しばらくは見入っていました。
そして、市電を利用していた若き日の事を思い出していました。
10数年間は、お世話になったと思います。



« 6月10日の南禅寺塔頭「天授庵」 可憐な睡蓮の花 | トップページ | 「四季 彩の丘」夏咲き誇る ”ガウラ” »

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 お早うございます
懐かしいですね
市電は我家が豊かでなかった時代の象徴のように思えます
片道13円往復25円の電車賃を親に貰うのに気遣ったものです
 市電ひろばに立って当時を懐かしく思っておられる古都人さんの傍に居るような錯覚を覚えています
今となれば古き良き時代に京都の町をゆつくり走っていた路面電車の市電
不便でも物質的には恵まれなくても
安心して暮らせたあの時代に戻りたいです
ご紹介ありがとうございます
是非市電ひろばに行ってきます
合計8台も有る市電想像しただけでもドキドキします
 
天授庵は紅葉の時に訪れました
多くの観光客が来られていましたが
新緑の天授庵のあの時が嘘のような静けさに心惹かれます

 お早うございます
懐かしいです
市電は学生の頃から勤めてからも暫く利用していました
確か往復25円だったと思います
齢がばれますね(笑い)
京都の町の中をゆっくり走る市電
当時の風景は今も目に浮かびます
若き日の自分の姿も
 京都市は歴史的景観や資源を大切に守り積極的に残されていますが
市電は特に嬉しいです
 電気を受ける架線も無いのにポールの向きを変える
凄いですね
展示に意気込みのようなものを感じました
>最後の市電が走る日には、わざわざ見に行きましたが鈴なりの乗客でした。<
私もそうでした。
 古都人さん懐かしい懐かしい市電のご紹介ありがとうございます
是非梅小路公園の市電ひろばに行ってきます

↓の天授庵の新緑と池の可憐な睡蓮の花
何時みても天授庵のお庭はしっとりした佇まいですね
「私は貝になりたい」は懐かしいです

古都人さん
おはようございます
私は京都生まれ京都育ちですから勿論市電は懐かしいです
「中学生の3年の時に初めて一人でドキドキしがら乗った」は
今の若い方には信じられないでしょうが・・・
「電車賃を持ったか」と母に聞かれた事を何故か覚えています
懐かしいです
今の時代は移り変わりが激しいですが
当時は世の中はゆっくり進んでいました
まるで市電が走る姿のように
先ほどがらお写真を眺めながら郷愁に浸っています
私も古都人さんが最後の市電が走る日にご覧になったと言われているタイプだったと思います
色はこんなに綺麗では無かったですが
 市電ショップに市電カフェ
カフェでコーヒーを戴きながら思い出に浸るのもこの時代を知っている私たちの特権?でしょうか

↓の天授庵のお庭も拝見しました
紅葉の頃は勿論素晴らしいでしたが今の季節もしっとりした様子が好いですね
可愛い睡蓮に癒されました

古都人さん
おはようございます

懐かしいですね~
私のほうは愛知県の豊橋というところに
ありましたので時々乗っていました。
今でもあるのかな~

そうちゃんが喜びそうな公園です。
近くなら是非連れて行って私も愉しみたいです。

昨日は思った割によく雨が降りました。
このくらい降らないと農家の人も
困るのではないでしょうか。

古都人さん、おはようございます♪
チンチン電車、懐かしいですね。
我が国最初の路面電車なのですか。
電車のデザインもレトロな中にも洗練されていて
とても素敵ですね。一度乗ってみたいです。
最後の市電は古都人さんもよく乗られたでしょうね。
温もりが感じられる電車で、これもまた素敵ですね。
最近、と言っても10年以上前になりますが、
市電は広島と愛媛に旅行したとき乗ったのが最後になります。
都内にも最後の都電・荒川線が走っているので、
乗りたいと思っているのですが、なかなか実現できません。

清々しい天授庵の緑と睡蓮に癒されました。
朝早く行かれたのでしょう?
素敵なお写真をありがとうございました。

↓の水連、とても清楚ですね
私は昨日水連と蓮を見に行きました
蓮の写真しかとりませんでしたが水蓮も撮れば良かったと思いながら拝見しました

植村さんへ
お早うございます
そうですね 市電は京都市民にとつては大変懐かしいものですね
それぞれに思い出がありますね
私も勤めの中で良く乗っていました
しかし今の若い方にとってはかつての遺物としか映っていないことでしょう
子供達はどう見ているのでしょうね
案外興味を持っているのかも知れませんね
遡ってのコメント有難うございます
そうですね お庭の雰囲気に合った睡蓮の花々でした
静かに咲く睡蓮の花 心安ぐ思いでした

taekoさんへ
お早うございます
そうですね 市電の思い出 人それぞれに懐かしい思い出が
おありのことと思います
がしかし今の若い方達は動く市電は見ていないでしょうね
こんなところでしか・・・
市電が交通の邪魔だと言われた時から状況が変わって来ましたから
復活の話も時々出ていますね
今の嵐電が良い参考になるのではないかと思っています
遡ってのコメント有難うございます
そうですね 今の時期の睡蓮の花もこのお庭にはぴったりの感じです
静かな佇まいをより盛り上げている様に思いました

hirugaoさんへ
お早うございます
そうですね 豊橋にもこの様な路面電車が走っていましたね
私も一度見たことがあります
子供さん達には案外喜ばれる様に思いますね
子供は動くものが好きですからね
そうですか こちらは期待する程の雨ではなかったです

hiroさんへ
お早うございます
そうですね ここの市電は多分昔のまま(電源は付けられていますが)の
姿で走っているのだろうと思いますが・・・
そうですね 日本で一番最初に走った電車ですね
そうですね 広島(一部京都の市電も走っていると聞きます)や愛媛
東京の都電の一部など 現役の市電が走っていますね
京都では嵐電と言う私鉄の電車が今も元気です
遡ってのコメント有難うございます
そうですね ここのお庭の雰囲気にぴったりの睡蓮の花でした
見ていて気持ちが落ち着きました

あおぞら39さんへ
お早うございます
遡ってのコメント有難うございます
そうですか もう蓮の花が咲いていましたか
そうですね 睡蓮の花も良かったのでは・・・

古都人さん
おはようございます。
懐かしいです~
こういうのに乗って学校へ通っていました。
堀川にも走っていましたね、懐かしい電車が
こちらに並んでるのですねぇ。
子供たちには乗りたいって思える電車でしょうね。
便利にはなりましたが、情緒に欠けることも
ありますね。
夢を見せてくれる電車たち、大人には昔を
偲ぶものですね。
グッズが売られているのもいいですね。
いつも目新しいものをご紹介くださって
ありがとうございます。
そして、いつも訪ねて下さって嬉しいです~♪

こんばんは
古都人さんは実際に路面電車を使っていたのですね。
京都に路面電車が走っていた頃を見てみたかったです。
さぞ京都の街に馴染んでいたことでしょう。

鎌倉の江ノ電も路面を走る部分がありますが
路面電車のスピードは
人の生活にはちょうどいいような気がします。
嵐電に乗っていても同じようなことを感じます。
渋滞がないのもいいですよね。

今日は珍しく体調を崩し
家でぼんやししていました。
夕方になって元気になったので安心しています。
古都人さんもお身体に気をつけてくださいね。

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 京都に住んでいる方でそれなりの年齢の方は
大抵乗っておられますね
通学に通勤にそして買い物に
当時は便利でしたね まさに市民の足でした
そうですね このチンチン電車は北野線でしたね
京都駅前から北野天神まででしたね
情緒がありました
こちらこそ何時も有難うございます

まさみさんへ
こんにちわ
そうですよ 私は通勤に乗っていました
当時としては欠かせない足でした バスは未だそれ程
多くなかったですから
そうですね 今の市内ではやはり嵐電ですね
信号でも電車優先で設定されている様です
どうされたのですか 働き過ぎ?ではないでしょうか
偶にには休養も必要ですね
どうぞお大事になさってくださいませ

古都人さん  こんばんは
梅小路公園の「市電ひろば」のご紹介
明治時代に日本最初の市電が走った京都と
お聞きして、全く知らなかっただけに
え!そうだったの?と思いながら、
でも古い歴史ある京都だからと納得しています。
ひろば内を走行しているのですね。
楽しそう!乗ってみたいです。
チンチン電車、デザインも素敵で、このまま
街中を走っても絵に成り、皆さんに愛されそうですね。
走る様子を思い浮かべています。
乗車された方は懐かしく思い出も一杯のようですね。
大人も子供も楽しめる市電ひろばですね。

天授庵、紅葉の頃の印象が強く残り
新緑の天授庵は、凄く新鮮に感じます。
四季の移ろいが魅せる素晴らしさでしょうね。
池面に映えるお写真が素晴らしいです。
じっと覗き込んで魅入りそうです。
睡蓮の可憐さに安らぎ、天授庵で見る睡蓮だからの
神秘的な美を感じます。

すみれさんへ
 こんばんわ
そうなのです
明治時代に日本で初めての市電が走ったのは京都でした。
その市電が当時のままの姿で梅小路公園の広場を走っている姿には郷愁を感じました。
大人は懐かしく子供は愉しく乗っている姿は平和の象徴のように思えました。

遡ってご覧戴きありがとうございます
そうですね
天授庵は紅葉が余りにも美しく多くの観光客が来られていましたが
静けさの中での新緑はしっとりとひと際美しく目に映りました
雪の天授庵も身の引き締まるような静寂が有ります。
 写真の事ありがとうございます
池に映り込む木々や空は又違った魅力がありますね
睡蓮の花数は少ないでしたが可憐な姿に魅入ってしまいました。

こんばんは happy01
京都にまた一つ、名所ができましたね。
しかも、梅小路蒸気機関車館のすぐそばですよね?
鉄道ファンでなくてもとても懐かしく、郷愁を誘うのではないでしょうか?
古都人様はきっと数えきれないほど市電をご利用されたのでしょうね。
明治時代の市電はともかく、懐かしい友達に久しぶりにあった気分だったのでは?と思います。

私が子供のころ、名古屋にも市電が走っていましたが、そのころすでに晩年で、
私は乗る機会がなくすべて廃止されました。
市電は、長崎を旅した際に、長崎市内を何度も市電に乗って移動した思い出があるぐらいです。
日本初のあの”チンチン電車”は、犬山市にある『明治村』で乗ったことがあります。
車掌さんも明治時代の出で立ちで乗務していました。

↓記事も拝見しています。
天授庵、新緑が鮮やかですね。
青々とした庭園の苔、池に浮かぶ睡蓮の葉の緑も、どれも目に眩しいです。
そして睡蓮の花!清楚で美しいです!
花の中に釈迦様や観音様が立っておられるような、そんな雰囲気さえ感じられます。
きれいな鯉が泳いでいますねぇ。
見た目が美しい鯉ですが、餌を与えた時の獰猛さにはびっくりさせられたことがあります。

慕辺未行さんへ
お早うございます
二つの記事を丁寧にご覧戴きありがとうございます
戴きましたコメント嬉しく拝読しました
そうですね このチンチン電車は今もあちこちで見られますね
新しいところではNHKの朝ドラでも東京市内(当時は)の銀座の
風景に登場していますね
平安神宮の神苑にも置かれています
市内のあるビル内にも置かれています
まさに懐かしさの象徴的存在になつています
明治村でも今も動いているのでしょうね
もうご存知かと思いますが梅小路の機関車館の傍に
大・鉄道博物館が出来ますね 大阪を閉鎖して京都に
移して拡充する様です 数年後には完成することでしょう
遡ってご覧戴きまして有難うございます
そうですね お寺の雰囲気にあった睡蓮の花々でした
蓮の花とは違った清らかさを感じます

古都人さん今日は
そろそろ暑く成って来ましたね・・夏近し・・辛いな・・です
京都のチンチン電車懐かしいです・・私がよく見掛けたのは
堀川線のです、あの時は何となくでしたが・・今思うと
もっと乗っておけば良かった・・と残念です
しかし上から五枚目の写真の電車は会社通いに毎日
雨の日も風の日も・・・懐かしいです
そして下の三室戸寺の紫陽花美しいですね・・色取り取りのお花
見ている内に階段が見えて来てアッ此処来た事ある・・・と思いだしました
あの時も雨の日、雨に濡れた紫陽花が本当に美しく
感動した事を重ねて思い出しています
今回は凄く懐かしい思い出一杯の写真とお話し
有難うございます・・胸が一杯に生りました

咲子さん
 こんにちわ
雨が少なく暑い日が多くなりました
苦手な季節です。

京都にお住まいだった咲子さんにとっては市電は懐かしいでしょうね
今は京都から離れて暮らして居られるから特に懐かしい事と思います。
 この記事を書きながらタイミング良くご覧戴けたら好いのにと思っていました。。
堀川線の市電を利用されていたのですね
そうですね
「もっと乗っておいたら好かった」は共通の思いでしょう。
展示されていた市電が「毎日、雨の日も風の日も乗っていた・・・」との事
当時を懐かしく語られている様子は共通の思いです
 遡ってご覧戴いてありがとうございます
三室戸寺にも雨の紫陽花を見に行かれたのですね
私も咲子さんにこのように喜んで戴いて本当に嬉しいです
こちらこそありがとうございます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/55576109

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・梅小路公園に市電ひろばが出来ました:

« 6月10日の南禅寺塔頭「天授庵」 可憐な睡蓮の花 | トップページ | 「四季 彩の丘」夏咲き誇る ”ガウラ” »