2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都府立植物園 高山植物室 | トップページ | 新緑を訪ねて 天龍寺へ  »

2014年5月11日 (日)

大田神社のカキツバタが見頃でした

 上賀茂神社の境外摂社の「大田神社」のカキツバタ(国指定の天然記念物)が、丁度見頃を迎えていました(撮影5月9日)。
 朱の鳥居近くの「大田の沢」は、約2千平方メートルもあり、そこに野生のカキツバタが約2万5千本も群生しています。
平安時代から初夏の風物詩として京都市民に親しまれて来ました。

029a

朱色の鳥居が、新緑と良いコントラストを見せていました。
「大田の沢」は、この手前にあります。

Img_3425a

先ず社殿に参拝して、
志納金300円を納めて、中に入ります。

002a

沢の真ん中にある島(左奥)を挟んで、左右に広がっています。
こちらはその右側の方の全景です。

012a

その一部に近付いて見ました。

003a_2

さらに、1つの花に近寄って見ました。
気品に満ちた紫色の花色と優雅な花姿に魅せられます。

014a_2

↑とは少し違った花姿です。
こうして見比べると同じ花でもその違いが判って愉しいですね。

昨日の地元新聞夕刊に報じられたためか、大勢の見物の人が来られていました。
 又、カキツバタは愛知県の県花だそうで、花言葉は「幸運」「雄弁」など。
語源は昔、花の汁で布を染めたので「書き付け花」となり、
だんだん「かきつばた」に変化していったとも言われています。

« 京都府立植物園 高山植物室 | トップページ | 新緑を訪ねて 天龍寺へ  »

散歩 花」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/56126052

この記事へのトラックバック一覧です: 大田神社のカキツバタが見頃でした:

« 京都府立植物園 高山植物室 | トップページ | 新緑を訪ねて 天龍寺へ  »