2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« シャードボックス作品&クラフト作品展「工芸盆栽」 | トップページ | 新緑を訪ねて 岡崎~南禅寺へ »

2014年5月 6日 (火)

新緑を訪ねて 無鄰菴へ

 4月30日は久しぶりに瑞々しい新緑を訪ねて南禅寺近くの「無鄰菴」へ行きました。
雪景色は(こちら) 建物については(こちら)をご覧ください。

028a

お庭に一歩足を踏み入れて、先ず目に入るのは、この景色です。
ほぼお庭の全景です。紅葉の名所のこのお庭は、やはり新緑も素敵です。
今年は是非紅葉の無鄰菴を訪ねたいと思っています。
 遠くに見える山並みは、東山の山々です。

026a

お庭の中を流れる水は、ここで1つになります。

011a

お庭の中の小道を奥に進みます。

013a

一際若葉が目立った大きな木がありました。
奥の下に見える土塀は、南側に長く延びる塀の一部です。

017a

苔も新緑でした。赤い実が、良い対比を見せていました。

014a

振り返って母屋の方を見ています。縁側では女性が2人、語り合っている姿がありました。 何とも長閑な光景です。
       この後、岡崎から南禅寺に向かいます。

« シャードボックス作品&クラフト作品展「工芸盆栽」 | トップページ | 新緑を訪ねて 岡崎~南禅寺へ »

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

 お早うございます
無鄰菴の新緑は素晴らしいですね
苔の緑と小川のせせらぎ
更には東山を借景にして
何とも贅沢な庭園です
京都の街中の庭園で建物が見えないのは数少なくなりましたが
こちらが如何に広いか解ります
京都には多くの観光名所が有りますが
嘘のような静けさが漂っていますね
緑の中で赤い実の何と可愛い事
母屋の「縁側に腰掛けて」のお二人
時間が止まったような光景
本当に長閑なひと時ですね

紅葉の様子を思い浮かべていますが
きっと見事な光景を見せてくれるのでしょうね

古都人さん
 おはようございます
無鄰菴の庭園には爽やかで涼しい風が吹き抜けているようですね
広々とした風景は人の心も優しくしてくれるようです
南禅寺界隈の庭園は恵まれていますね
豊富な水に満たされて東山の背景にも恵まれて
新緑と苔の瑞々しい緑に深呼吸したくなります

瑞々しい苔の中の赤い実
可愛いですね

大勢の方が来られる行楽地の喧騒が嘘のようなこちらも
観光シーズンまっただ中の京都なのですね
縁側で語り合っておられる二人の女性
自分の姿を重ねて嬉しくなりました(笑い)

古都人さん
おはようございます
確かに瑞々しいの言葉がピッタリの新緑ですね
いきなり最初の風景に魅入っています
この広々とした贅沢な庭園を散策される方達は何と幸せなな事でしょう
時間が止まったような爽やかな風を感じて唯ボンヤリ眺めていたい
そんなお庭ですね

お庭を流れる水に新緑の緑が写りこんでとても綺麗です
こんなに瑞々しい苔は初めて見ました
古都人さんが赤い小さな実に引きつけられた気持ちがよく解ります
最後の縁側に腰掛けて語られているお二人
誰にも邪魔されずに二人のだけの世界を愉しんでおられる
観光地南禅寺とは思えない長閑な風景ですね
 

植村さんへ
お早うございます
そうですね 市中にこんなところがあるなんて驚きです
流石明治の元勲が造ったお庭です 勿論庭師・小川治平衛の
力量の大きさがありますが・・・
造られた森ですがそんな感じがしません
是非一度ご覧くださいませ
新緑が美しいと言うことは紅葉も素晴らしいです

taekoさんへ
お早うございます
そうですね 多分ここもそうだと思いますが
東山の麓に造られた庭園には琵琶湖疏水の水が取り入れられて
います 疏水はそんなところにも貢献していると思うと感動します
東山の麓近くでは無く少し離れたこの場所でも結構深山幽谷の感じの
お庭が造られたのは山県有朋の資力もあったものと想像します
最近少し見学者が増えて来た様に感じます
と言ってもまだまだ少ないですが・・・
余り大きくは増えて欲しくないと勝手なことを思ったりします
taekoさんも同様なことをされているのですね
至福のひと時?ではないでしょうか

古都人さん
おはようございます。
まぁ~この時期の無鄰菴は美しいですね。
桜や紅葉の時しか訪れていませんの。
青々した緑がまばゆいですね、東山が
向こうに見えて素敵ですね。
贅沢な空間が人々に癒しと安らぎを
与えてくれますね。
古都人さんが色々な所に出向かれて
こうして見せて下さるので嬉しいです。
いつも温かい言葉をいただいて
ありがとうございます。
腰の痛みも薄らいできました、ほっとしています。
無理をしないように動きますね。

ムームーさんへ
お早うございます
そうですね
無鄰菴は四季の美しさが有りますが
今回初めて新緑の真っただ中に訪ねて感動しました
東山を借景にはとても贅沢な事ですね
ここに来られた人たちの多くは安らぎを得られている事でしょう
ありがとうございます
足が元気な間に出掛けたいと思っていますが最近は衰えを感じています
こちらこそいつもご覧戴いてありがとうございます
どうかご無理をされませんように

古都人さん、おはようございます♪
雪の無鄰菴も素晴らしかったですが、
新緑の美しさはまた格別ですね。
私もお写真のお二人のように、
縁側でのんびりと美しい景色を楽しみながら
誰かさんとおしゃべりしたいものだと思いました。

お庭の中のお川や小道は東山の山々と
一つになって、ここが庭園であることを忘れそうです。
さすが小川治平衛の作庭ですね。

いつもいながらにして美しい京都を
堪能させて頂いています。
古都人さんのお陰で少しものしりになった
ようで嬉しいです。

hiroさんへ
お早うございます
そうですね
ここ無鄰菴は四季の美しさが愉しめますが特に雪景色は感動しました
縁側でのんびりとお喋りは憧れますね
何時もセカセカ暮らしている私は特にそう思います
 そうですね
確かに小川治平衛作庭の庭は背景と水の流れを巧みに取り入れて素晴らしいです
拙い記事ですが少しでもお役に立てれば嬉しいです
何時も優しくご覧戴いてのコメントありがとうございます

古都人 こんにちは、

こんな素敵な新緑がきれいで美しい庭を眺めていれば、心も落ち着いて癒やされます。
美しい景観を撮そうと一生懸命な古都人さんの人柄が思い浮かびます。

私も近くに陣屋があるので、出かけて行って縁側から庭と池を、ひっそりと眺めてみたいです。
京都の重みのある風景には、お呼びませんが山々の風景は美しいです。

古都人さん

目に沁み込んで来るように美しい緑ですね~。
梅の花から桜、そしてハナモモとお花で忙しくしていた目に
優しい新緑ですね。

いつもきちっと写真を撮っておられるのを感心して拝見しています

hirugaoのいい加減さも又ありかと・・・
弁解しております。

sasayuriさんへ
こんにちわ
そうですね
無鄰菴は小川治兵衛作庭の庭で紅葉の隠れ名所と言えますが
四季其々の美しさが有ります
冬も素敵でしたが今年は紅葉を心ゆくまで見たいと思っています
写真は結果オーライです
sasayuriさんのお近くの陣屋からご覧になる庭と池
もし写真を撮られたら是非ご紹介して下さい

こんにちは
12月に訪れたときは
名残の紅葉と東山の借景の美しさに陶然としました。
新緑はまた美しく、言葉になりません。
そのに立ったら時の経つのを忘れ、また陶然とすることでしょう。
来年が楽しみです。
ここは大勢お観光客が押し寄せることもなく
水の音が耳をくすぐります。
願わくばこのまま静かな風情を保って欲しいです。
観光客の分際で勝手なことを言ってますが(笑)

北野天満宮の新緑がまた素晴らしいです。
神奈川の方との会話、私も全く同じ気持ちです。

hirugaoさんへ
こんにちわ
そうですね
今年は梅から桃の花そして桜とピンク系の花を愛でていた目には新緑は優しく眩しいです
いいえ、いいえ
hirugaoさんのお写真を拝見していて
いつも学ばせて戴いています
ダイナミックで繊細で

まさみさんへ
こんにちわ
そうでしたね
まさみさんは紅葉の終わりの頃に来られていたのですね

こちらは四季の美しさがありますが
私は雪の無鄰菴が一番綺麗だと思言っていました
今回初めて新緑の時に出かけて余りの美しさに感動しました
そうですね
最近は地元の方の姿を見る様になりましたが
皆さん静かにこの雰囲気を楽しまれているようです
私も今の風情を保ってほしいと願っていますが経営的にはどうでしょうね
 天神さんの新緑もご覧戴いてありがとうございます
やはり他府県の方に認めて戴くのが一番嬉しいです

古都人さん  こんにちは
「無鄰菴」、初めのお写真に雪景色のお写真を
重ねあわせて見ています。
季節によって映し出す庭園の素晴らしさ
その魅力は四季それぞれに違い
魅せられるのでしょうね。
植物から届くもの、お花と新緑とでは
違うものが有ります。
心安らぎ癒されるのは、私の場合は緑の木々が大きいです。
東山の山々を借景にして広々とした
素晴らしい庭園ですね。
土塀?再度見直しました。冬の土塀は
もっと目敏く見えるのでしょうね。
苔の緑は魅かれるものが有ります。
赤い実との対比が、より素敵に緑を映し出しているようです。
訪れる事で、山県有朋の人となり、歴史に携わった
場所としても学べそうです。
紅葉の頃も素晴らしいでしょうね。ご紹介楽しみにしています。

何時も応援ありがとうございます。お返事コメントのお気遣い不要にお願います。

すみれさんへ
 こんばんわ
コメントの返事ですが
このように丁寧に優しくご覧戴いて恐縮しています
すみれさんのコメントで拙い記事に深みと趣が増しました
お言葉に甘えてお返事は失礼しますが
一言だけ、紅葉の時に出かけて、この風景が、この印象がどのように変わるのか
愉しみに写真に収めて来ます
その時はご覧戴けたら嬉しいです

こんばんは (◎´∀`)ノ
昨日の記事と合わせて拝見しました。
さすが!古都人様。「紅葉の名所=新緑の名所」と以前おっしゃっていましたが、
本当に素晴らしいほど鮮やかな緑ですね。
目に鮮やかなだけでなく、身も心もリフレッシュさせてくれそうな雰囲気です。
これらの新緑から発せられる”気”を体中に摂り入れられて、古都人様もより一層元気に若返られたのではないでしょうか?!
以前アップされていました雪景色の「無鄰菴」、しっかりと覚えています。
四季を通して『絵』になる景色、それこそが京都の奥深さなのでしょうね。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね ここを初めて訪れた時はそれ程深い感動を覚えなかったのが
四季度々訪れる様になってからこのお庭の素晴らしさに魅せられています
四季それぞれに趣が大きく変わります
これからもここ「無鄰菴」に拘って行きたいと思っております
天神さんの新緑もご覧戴いてありがとうございます
ここ数日は新緑を求めて歩きましたが気分がリフレッシュできたと思いますが残念ながら体力の低下も実感しています

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/56030988

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑を訪ねて 無鄰菴へ:

« シャードボックス作品&クラフト作品展「工芸盆栽」 | トップページ | 新緑を訪ねて 岡崎~南禅寺へ »