2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 新緑を訪ねて 瑠璃光院へ | トップページ | 大田神社のカキツバタが見頃でした »

2014年5月10日 (土)

京都府立植物園 高山植物室

 京都府立植物園の観覧温室に高山植物室が設置され、「世界の高山植物」と「日本の高山植物」のコーナーが有ります。
室内は一年中一定の気温が保たれています。

高山植物は花が小さくて上手く撮れず、多くの花の中から極一部を紹介します。


049

  青いケシ(ブルーポピー)原産地 ヒマラヤ  ブータンの国花

「標高3000m~5000mの高山に生育し、草丈は10~12㎝の花を咲かせる。花色は変化に富み、淡紫色から濃青色まである。
「ヒマラヤの青いケシ」とは、Mベトニキフォリアの事を示すが、この種はヒマラヤに自生しないことから、本種のほうがその名に相応しいとする研究者もいる。」


052  

名前は不明ですが日本のツツジに似ていますね。


066

同じく名前は不明ですが優しい花色です。


068
   
      リンドウの花に似ています。

次は日本の高山植物です。


074

名前はわからなかったのですが、可憐な花姿です。
ブログ友の「花やすらぎ」のすみれさんが”イチリンソウ”では?
と教えて下さいました。
  

077

こちらも名前は不明でしたが、「hiroの花便り」のhiroさんと「移ろいろの日々」のsasayuriさんが教えて下さいました。
優しい花色と柔らかそうな葉っぱが印象的でした。

京都府立植物園には色々な種類の植物を丹精込めて育て、改良されていますが、何時も頭の下がる思いで有り難く見せて戴いています。

« 新緑を訪ねて 瑠璃光院へ | トップページ | 大田神社のカキツバタが見頃でした »

京都府立植物園」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

古都人さん 
 おはようございます
↓の瑠璃光院は紅葉の時に外から眺めたことが有りますが新緑も素晴らしいですね
外からでも充分見応えが有ります

ヒマラヤの青いケシの花が植物園で育てて居られたとは吃驚です
地面は土では無くて砂利が敷き詰められているのですね
1年中一定の気温が保たれているとか
こうして愛でる事が出来るのも植物園の方達の苦労の賜物ですね

それにしても綺麗なブルーの花色、立ち姿も美しいです
高山植物は見たことは有りませんでしたが
いいえ、見ているかも知れませんが覚えていません
3枚目のピンクに近い花色も花姿も可憐ですね
4枚目のリンドウに似た花の濃いブルーも綺麗です
短い茎に咲いていますがこれも高山植物の特徴の一つでしょうか
 日本の高山植物
白色と薄紫の花 
優しい花色と可憐な花姿に心和みます
是非観覧温室の高山植物を拝見してきます。
ヒマラヤの青いケシは未だ咲いていたら好いのですが・・・・

 お早うございます
この花がヒマラヤの青いケシだったのですね
一度見たいと思っていましたが
京都府立植物園の観覧温室に有ったのですね
綺麗なブルーの花弁は4枚ですね
念願の青いケシ見られて嬉しいです
 二枚目の花はツツジに似ていますが地面を這うように咲いているのでしょうか
4枚目の花は確かにリンドウの花に似ていますね
これも茎が短いですね
 日本の高山植物の2種類の花
どちらも古都人さんのお好みでしょうか
優しい花色と可愛い花姿に癒されました

↓の瑠璃光院の新緑うっとり眺めました
紅葉の美しさも想像できますね
山門の落ち着いた佇まいにも感動しました

古都人さん
 お早うございます
私も前からヒマラヤの青いケシは見たい見たいと思っていました
植物園で育てて居られたのですね
流石は古都人さん
情報収集とフットワークの軽さに感心しています
綺麗なブルーの優しい花ですね
風情に惹かれます

色々な高山植物の花をご紹介して頂きましたが
お写真綺麗に撮られれていますよ
コデジで小さな花を撮るのは難しいです
りんどうに似た花の花色も綺麗ですし
日本の高山植物の2種類の可憐な姿は何とも言えない風情が有りますね
最後の「柔らかそうな葉っぱ」は同感です
触れることが出来ないのが残念ですが・・・

↓の瑠璃光院の門前のしっとりした佇まいと言い優しい新緑と言い素晴らしいですね
紅葉の頃も素敵でしょうね

taekoさんへ
 こんにちわ
何時もの事ですが丁寧にご覧戴いてありがとうございます
瑠璃光院もご覧戴いてありがとうございます
紅葉の頃にお出かけだったのですね
 
そうですね
ヒマラヤの青いケシが植物園で育てられていたとは私も驚きましたが
職員の方に感謝です
高山植物は背が低いのが特徴だと思います
日本の高山植物は可憐な花が多かったように思いました
ヒマラヤの青いケシが未だ咲いていたらよいのですが・・・

植村さんへ
 こんにちわ
何時でも丁寧にご覧戴いてありがとうございます
そうですね
ヒマラヤの青いケシは皆さん憧れますね
植物園の観覧温室に咲いていました
私も偶然だったのですが感動しました
花は優しい花色と姿に惹かれます
 瑠璃光院もご覧戴いてありがとうございます
そうですね
新緑は勿論ですが、山門の落ち付いた風情が特に目を惹きました

古都人さん、こんばんは~☆
京都府立植物園へお出掛けして、綺麗な 高山植物が勿論新緑も今都は素敵ですけど
ヒマラヤの青いケシは、ブルーポピーとも言うのですねbud
下向いて咲いている、淡いピンク色は可憐で優しい花姿ですねconfident
その他の、植物も綺麗ですね。

私は、まだ更新していませんが古都人さんにメール送りましたloveletter
フェイスブックも遣ってるので、懐かしい幼い頃からのアルバムや一日限定で掲載してましたhappy02

ももえさんへ
 こんばんわ
コメントの返事ですが
何時もお言葉に甘えていますね
今日は纏めて?書かせて戴きます
いつも丁寧にご覧戴いてありがとうございます
そうですね
私もヒマラヤの青いケシは以前から見たいと思っていましたので
感動しました
私は小さな花の写真は特に苦手です
どうしても手振れします
日本の高山植物は可憐な花姿が多いでした

瑠璃光院もご覧戴いてありがとうございます
そうですね
門前のしっとりした佇まいと新緑は心に染入る気がしました

mikkoさんへ
 こんばんわ
そうですね
新緑は勿論今が一番綺麗な時ですが
今回は植物園のヒマラヤの青いケシに魅了されました
高山植物はどの花も可憐で写真を撮って和みました

こんばんは
青いケシとは珍しいです。
不思議なブルーです。

花々のみずみずしく柔らかな色は
この時期ならではのものですね。
たまに府立植物園に行くと
大きな木が嬉しくて、キョロキョロと上ばかり見てしまいます。
足元に目を向け落ち着いて眺めると
いろいろな宝物が見えてくるんですね。


今日は美術館で
琳派の燕子花図と藤図の屏風絵を見てきました。
どの時代に生きた人でも
自然の美に心奪われてきたことに、改めて感動します。

古都人さん  こんばんは
京都府立植物園で高山植物も見る事が出来るのですね。
高山植物はどのお花も素敵で大好きです。
こちらにも六甲高山植物園が有り、
何度か出かけた事があります。
青いケシは素晴らしいお花ですね。
花色に魅せられて魅入ってしまいます。
ツツジに似た花の花色が素敵です。
高山に咲く花色だから神秘的なのかしらと・・・
白いお花は「サンリンソウ」ではないでしょうか?
間違っていたら申し訳ございません。
最後のお花もグリーンの葉に素敵な色合いで
とっても美しいです。

古都人さん
お花の名前の訂正です。
1茎に一輪のお花ですね。「イチリンソウ」かもです。
違っていたらゴメンナサイ。

まさみさんへ
 こんばんわ
私もヒマラヤの青いケシは初めて見ましたが
世界の高山植物園のコーナーで魅入ってしまいました
ひと際輝いているように見えました
新緑は一番映える時ですが花も優しい色になりますね
まさみさんは大木がお好きだと伺っていますが
足元にも色々な種類の可憐な花がひっそり咲いています

 私もよく美術館巡りをしますがまさみさんと同じことを感じる事が有ります

すみれさんへ
 こんばんわ
重ねてのコメントありがとうございます
却ってご迷惑をおかけして申し訳なく思っています
京都府立植物園の高山植物は昨年の夏に出来たと思います

六甲高山植物園は遠い昔に行ったことを思いだしています
色々な植物の間を歩いた記憶が有ります
多くの珍しい花を育てて居られるすみれさんの
「青いケシの花色に魅せられて・・・」は嬉しいです。
そうですね
やはり高山に咲く花は地上に咲く花とは違った風情が有りますね
私が名前を間違ったのは1茎に一輪の花です
「イチリンソウ」ですか
ありがとうございます
記事に書かせて戴きます

こんばんは (◎´∀`)ノ
”ヒマラヤの青いケシ”ご覧になられたのですね。
この花はヒマラヤ山中でも『幻の花』と言われる存在で、なかなか見ることは難しいそうです。
私はかつて大阪で開催された花博で見たことがありますが、国内でも栽培しているところがあります。
実は4年前、長野県大鹿村へこの青いケシの花を見に行きました。
ブログにも紹介しましたので、よろしければご覧ください。

http://dsching.cocolog-nifty.com/bohemien/2010/06/post-e1ea.html
『幻の花を見に行った!南アルプス・大鹿村』

そしてその他の高山植物、どれも可憐ですね。
私もかつては山歩きを趣味としていましたが、このような花とはなかなか出合えませんでした。

↓記事ももちろん拝見しています。
まぶしいほど鮮やかな新緑のモミジ、これが紅くなった姿を想像していました。
秋の紅葉シーズンの楽しみができましたね。

古都人さん、こんばんは~♪
京都府立植物園で高山植物が見られるなんて素敵ですね。
「ヒマラヤの青いケシ」は10年近く前、
越後湯沢高原・アルプの里で見たことがあります。
今だったらデジカメで何枚も写真に収めてきたと思いますが、
当時は日帰りのバスツアーはカメラも持たずに
出かけていました。あいにくの小雨日和でしたが
初めて対面した時の感動は今も忘れられません。
日本のツツジに似た花も素敵な色ですね。
高山植物なので地面をはうように咲いているのでしょうか。
3枚目のピンクの花、4枚目のリンドウに似た花も素敵ですね。
日本の高山植物の白い花は清々しく可憐ですね
見ているだけでこころが和みます。
最後のお写真の花はシラネアオイではないでしょうか。
長野の栂池自然園で見たことがあります。
デジカメの電池切れで写してくることができませんでした。

古都人さん こんばんは、

ブログに手違いがあって、今連絡待ちです。
しばらく更新が出来ないかもしれません。

ヒマラヤン青いケシの花、本当に青くて綺麗ですよね。私も5年前に長野県大鹿村の
中村農園に見に行きました。青い空と青いケシの花の共演でした。
頑在は、5000本とかあるそうです。沢山の花が咲いていて感動をしました。
すぐ近くに大池高原があり、そこには、クりンソウの花が咲きみだれていました。

京都で青いケシの花に会えるなんて、植物園の人達が研究されてみえる結果ですね。
種を播いて芽が出て花が咲くのは、次の年とか聞きました。
最後の花はシラネアオイと思います。白根山で咲く高山植物の花です。

慕辺未行さんへ
お早うございます
早速拝見させて戴きました 南アルプス 大鹿村の記事
この様に高山植物を平地の露地での栽培が出来るのですね
植物には疎い私ですが滅多に見られない植物がこんなにも多く
咲いているのを見ると感動します
ご紹介有難うございました
遡っての記事もご覧戴き有難うございます
そうですね こんな新緑のモミジが紅葉した有様は
流石「瑠璃光院」と思います
秋には是非訪れたいと思っております

hiroさんへ
お早うございます
そうですね 流石京都府立植物園さんです
こんなコーナーが造れるなんて感謝感謝です
そうですか カメラは重宝ですが持たずとは残念でしたね
しかししかし記憶の中でしっかりと留まっておられる様ですから
貴重な記憶として良いのではないでしょうか
目に焼き付いておられるのですね
花の名前に疎い私です しっかりと名前の表示がして欲しいなあと
ぼやきながら撮っていました
そうですね カメラの電池切れ 焦りますよね
私も度々経験しておりますよ
花の名前教えて戴いてありがとうございます
記事に書かせて戴きました

sasayuriさんへ
お早うございます
そうですか 何かトラブル発生ですか
パソコンのトラブルは私も時々経験しています
早く解決すると良いですね
そうですか 青いケシの花が沢山咲いているのをご覧になったのですね
感動ものですね
そうですね 流石 京都府立植物園さんです
素敵な技術を持っておられるのだろうと思います
花の名前を教えて戴いてありがとうございます
早速記事に書かせて戴きました

古都人さん
おはようございます。
美しいですねぇ~
色々な種類があって楽しめますね。
太田神社のかきつばた綺麗に咲きましたね。
以前は毎年見に行きました。
こうして見せていただくと素晴らしさに感動します。
周りに家が立ち並んでいるのに
ここだけは変わらず華麗な姿、神秘的ですね。
いつも素敵な言葉をかけてくださって
感謝しています、ありがとうございます。

ムームーさんへ
お早うございます
お忙しいのにご覧戴いてコメントまでありがとうございます
どうかご無理をなさらない様にして下さいね
そうですね
大田神社のかきつばたは神秘的な花色で
長い歴史の重みも感じます
こちらの付近も新しい家が建ち並びましたが、
かきつばたの咲く時期以外はいつも静かな佇まいですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/56014478

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府立植物園 高山植物室:

« 新緑を訪ねて 瑠璃光院へ | トップページ | 大田神社のカキツバタが見頃でした »