2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都の桜の名所を一気に(4)平安神宮 | トップページ | 冷泉家の桜と京都御苑に咲いていた白木蓮 »

2014年4月10日 (木)

京都府立植物園 満開の源平枝垂れ桃

 以前に二条城に咲いていた「源平枝垂れ梅」をご覧戴きましたが、今回は京都府立植物園に咲いていた「源平枝垂れ桃」をご覧ください。

067

京都御苑の桃の木は背も高く古木でしたが、こちらの桃の木は細くて背も低いです。
「源平枝垂れ桃」以外に赤色、ピンクそして白色が咲いていましたが、
今回は「源平枝垂れ桃」をご覧ください。


054

白地に淡いピンクが色を添えています。花芯は若草色です。


053

こちらはピンクです。花芯の色も異なっています。


066

こちらは純白です。


064

様々な色模様の花びらです。


065

はっきり二色に分れています。
花芯の色も違います。
 この桃の花が1本の木に咲くとは考えにくいですが、植物園の説明板には
唯、「源平枝垂れ桃」とだけ書かれていました。

[追記] 植物園とは関係ないのですが、先日の「円山公園・大枝垂れ桜」について、その後調べたことを、ご紹介させて戴きます。
桜の種類は、「一重白彼岸枝垂れ桜」と言うそうです。私は「紅枝垂れ桜」だと思っていましたが、違うようです。
 1947年(昭和22年)に、220年経っていた初代が倒れてしまったため、初代の種子を育てて、この2代目が出来たそうです。
この2代目も、半世紀以上経つことになります。この木を守るために根周りに大量の炭が埋められているそうです。普通桜の木の寿命は、50~80年位と聞きました。これからこの2代目が何時まで持ち応えられるのか。
関係者の並々ならぬ努力が必要となります。自分の寿命との競争になりそうです。と言うのは、おこがましいことですね。
何時までも暖かい気持ちで、見守って行きたいと思います。

« 京都の桜の名所を一気に(4)平安神宮 | トップページ | 冷泉家の桜と京都御苑に咲いていた白木蓮 »

京都府立植物園」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
こんなに細いくてしなやかな木に
こんなに優しくて可憐な桃の花が咲くのですね
感激です
実は植物園に桃の木が有る事は知っていましたが
花の咲く頃は?
桜に魅せられて見過ごしていたのすね
先日ご紹介の源平枝垂れ梅も感動しましたが
ご紹介の源平枝垂れ桃は特に素晴らしいです
この花模様は何なのでしょう
不思議な世界?てすね
植物園は自然のままを大切に育てて居られると
聞いていますが
自然・・・とは思えません
京都御苑の桃の花は可憐で魅力が有りましたが
こちらの桃の花は趣も有りますね
スクロールしながら拝見していますが
どの花も素敵で魅入ってしまいました

追記の円山公園の大枝枝垂れ桜のこと拝読しました
関係者のご努力に感謝しながら私も暖かい気持ちで見守って行きたいと
思います。


古都人さん
 おはようございます
何と可愛い思わず頬ずりしたくなるような源平枝垂れ桃
本当ですね
一本の木に色々な花色・花模様不思議ですがロマンですね
京都府立植物園には色々な植物
珍しいお花も見られますが
これは珍しいです
京都御苑に咲いていた桃の花とは又違った風情が有りますね
桃の花と言われなかったら解りませんね
今朝も新鮮な情報ありがとうございます

追記も古都人さんのお人柄を感じながら拝見しました
私たちは咲いて当たり前と思っていますが
時には陰で支えておられるご苦労にも目を向けなければなりませんね

平安神宮の桜も拝見しました
時代を経て今も立派に咲きつづける桜の花に
近衛邸跡の糸桜や京都御苑の枝垂れ桜もそうでしたが
敬意を表したいです

 お早うございます
古都人さんの所へお邪魔させて戴くようになってから
どれくらい経つのか忘れてしまいましたが
驚いたり感動したり喜んだりしていますが
今朝の源平枝垂れ桃にもカルチャーショックを受けました
不思議ですね
こんなに様々な花色花模様の桃の花は初めて見ました
どの花も可憐ですね
幼稚園の時は桃組でその影響もあったのかふっくらの桃の花が大好きでした
当時は経分ピンクだけだったと思いますが
植物園には時々行ってるのですが桃の花は気づきませんでした
今、植物園で戴いた園内の地図を見ていますが桜苑の近くなのですね
是非この優しくて可憐な源平枝垂れ桃を愛でてきます
情報ありがとうございます

追記の円山公園の大紅枝垂れ桜のこと良く解りました
これからこの桜を見る気持ちが今までとは違ってくると思います。
他の有名な桜も同じことかも知れませんね

↓の平安神宮の桜も拝見しました
流石は歴史と由緒の有りますね
古木の華麗な桜は貫録が感じられました

古都人さん   おはようございます

源平しだれ桃、桃の花にしてはやさしい感じですね。
赤白に咲きわけたり花芯が変わっていたりで
それを美しく撮っておられますね。

いろんな方の努力がこうしたお花を
咲かせているのですね。

暖かくなり少し出歩くのが楽になりました。

古都人さん、おはようございます♪
源平枝垂れ桃、とても素敵ですね。
御近所にも咲いているお宅があり、毎日のように
見ているのですが、花芯の色の違いまでは
気がつきませんでした。
流石、古都人さん、観察眼が鋭いです。
昨春、その家の御主人から挿し木をいただきましたが、
一年たってもほとんど成長せず、我が家でお花を見られるのは
それこそ自分の寿命との競争になりそうだと思いました。
追記の円山公園の大枝枝垂れ桜も拝読しましたが、
詳しい説明で良くわかりました。
桜は春になれば咲くものと思っていましたが、
関係者の並々ならぬ努力があったのですね。
頭の下がる思いがしました。

taekoさんへ
 こんにちわ
私も比較的よく植物園へは行きますが源平枝垂れ桃は初めてでした
そうですね
京都御苑に咲いていた桃の花とは違った風情に驚きました
追記もご覧戴いてありがとうございます
どうしても今咲いている花の姿に注目して
陰で支えておられる人たちの事を忘れがちです
平安神宮の桜もご覧戴いたのですね
確かに歴史を経て今も見事に咲いている桜にも感動しました

植村さんへ
 こんにちわ
そうですね
何時でしたか?拙いブログに毎回丁寧なコメント嬉しく拝見しています
植村さんも源平枝垂れ桃は初めてなのですね
桜に圧倒されて見逃していたと思います
追記もご覧戴いてありがとうございます
そうですね
他にも円山公園の桜と同じような古木が
沢山有りますが同じことが言えるので死ね
平安神宮の桜は確かに貫録が感じられました

hirugaoさんへ
 こんにちわ
そうですね
源平枝垂れ桃は優しくて可愛い花ですね
写真のことありがとうございます
写真はいつもhirugaoさんに学ばせてい戴いてます
どんな花も咲かせるのには多くの方達の影の努力が有るのですね

hiroさんへ
 こんにちわ
hiroさんは源平枝垂れ桃をご存じだったのですね
しかも挿し木もされたとか
お宅で源平枝垂れ桃がご覧になられのは
ご自分の寿命との競争・・・?
お花を育てられるのは上手でしかも愛情が有ります
きっと競争はhiroさんに軍配があがると思います

追記の円山公園の大紅枝垂れ桜についても
ご覧戴いてありがとうございます
そうですね
私も時が来れば花は咲くものと思っていましたが
時には関係されている方達のご苦労に感謝しなければいけませんね

古都人さん こんにちは、

京都府立植物園に源平枝垂れ桃、白地に淡いピンク色ですか
他にも沢山の桃の花が咲いていて、桃源桃で美しい風景ですね。

京都御苑で、桃の木園の桃の花見てきました。
皆と一緒で綺麗だねと、言いながら一枚も写真を撮らずブログ失格です。
古都人さんの桃の花を、見て気がつきました。
明日主人は、仲間と一緒に京都に出かけます。どんな京都たよりが聞けるか
楽しみです。

sasayuriさんへ
 こんにちわ
そうですね
京都府立植物園の桃の花は木も細くて本数も少なく
道を挟んで桜苑の豪華な桜にどうしても見劣りがしますが
花色も優しくて可愛い桃の花は癒されます
折角行かれたのに写真を撮らないは勿体ないでしたね

金・土・日の京都は天気もまずまずです
ご主人は何処へ行かれるのか私も愉しみです

こんばんは (◎´∀`)ノ
梅の花だけでなく、桃の花にもこのように咲く種類があるとは?!
驚きました。
しかも紅白だけでなく、一つの花にどちらの色もあるなんて?!
まるで以前の我が家のおしろい花じゃないですか (^_^)!
白に優しいピンク・・・これぞ『桃色』ですね。
それにしても1本の木にいろんな色模様の桃の花、不思議ですね。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 不思議な桃の花ですね
人の手が入っているのでしょか
それとも自然発生的になったものでしょうか
多分植物園ですから前者かなと私は思って
いますが花びらまで紅白になるなんて
本当に不思議です

古都人さん   こんばんは
植物園に咲く桃の花
源平枝垂れ桃、何と素敵に可愛く
優しく咲いているのでしょうね。
細い枝を伸ばして枝垂れ咲く桃の花
低木で愛でる事が出来るのも嬉しいような気がします。
1本の木にいろんな花色が咲くとは・・・
神秘的で不思議な思いで見ています。
白と淡いピンクに花芯が若草色、もう凄く可愛いです。
寄り添ってのいろんな花色、2色の花
何度見ても何故? でも可愛いから楽しみましょう!
お花の観察が素晴らしいです。
お花の持つ魅力を引き出してのお写真は
皆さんが魅せられるお写真となるのでしょうね。
源平咲き分けの事も知らず、学びました。

円山公園の大枝垂れ桜の追記に
古都人さんのブログに対する姿勢を感じます。
大枝垂れ桜の歴史?をお聞きし、
私の気に成っていた事、知りたかった事を学びました。
桜に携わっておられる関係者の方に
感謝の気持ちも増し、いつまでも美しく咲き
続けて欲しいです。

すみれさんへ
 こんばんわ
丁寧にご覧戴いてありがとうございます
源平枝垂れ桃は不思議な花ですが
見れば見る程魅力的ですね
何故か?と調べようかとも思いましたが
知らない方がロマンが有って好いですね
写真を撮っていてその可愛さに魅了されました
ここは桜苑の近くで多くの方は華麗な枝垂れ桜に
見惚れて居られて桃の花にカメラを向ける人は少なく思いました
多分、「桃の花が咲いている」くらいだったのでしょう

円山公園の大紅枝垂れ桜の事は
何となく頭から離れずにいたのです
その時に調べれば好かったのに後悔先に立たずでしたが
調べて好かったと思いました
そうですね
どんな花もそうでしょうが関係されている方達の陰の
ご苦労が有るのですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/55696157

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府立植物園 満開の源平枝垂れ桃:

« 京都の桜の名所を一気に(4)平安神宮 | トップページ | 冷泉家の桜と京都御苑に咲いていた白木蓮 »