2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都御所の一般公開 2014 (その1) | トップページ | 清流亭の紅枝垂れ桜 »

2014年4月18日 (金)

京都御所の一般公開 2014 (その2)

前回の続きです。 京都御所内を、指定の順路に従って歩いています。
 「紫宸殿」から「清涼殿」に来ました。平安時代には天皇が日常の御生活の場として使用されていた御殿です。

020a

今回ここに立って見て、初めて気が付いたのですが、御殿の前の空地の広さです。手前側にもう少し空地が広がっています。
何故こんなに広い空地が必要なのかな?と思いました。左手は「紫宸殿」の裏側になります。あるいはその為かも知れませんね。
横幅の広い「紫宸殿」に合わせた結果かも?

 次の「小御所」では、初めて公開された「大宋屏風(たいそうのびょうぶ )」が拝見出来ました。

026a


平安時代から、宮中の重要な行事に良く使用された調度品です。
打毬杖を肩にした唐人の歩行6人と馬上6人が描かれています。
普段は、「清涼殿」の夜御殿に置かれているそうです。

023a

その使用場面の絵です。「五箇条御誓文」 懐かしい言葉です。
他に年中行事の「四方拝」でも使用されていたそうです。

032a

「御常御殿」での人形展示は、2つありました。こちらは、「関白」が天皇に拝謁している場面ですが、天皇の姿はありません。

036a

その隣には、天皇が女御と盃酌(はいしゃく)を執り行っている場面です。
盃酌とは、盃を酌み交わすことです。庶民の様に、まあ一杯どうぞと言うわけにはいかないのですね。

046a

「御学問所」の縁側には、こんな「杉戸絵」が展示されていました。
「清涼殿」北側から、「小御所」へと向かう廊下(御拝道廊下)にある杉戸絵だそうです。
本多米麓描く「鶴」です。御所内には鶴を描いた障壁画が大変多く、8種121面もあるようで、鶴が合計 234羽も描かれているとか。
左隣には、「寿老人」の絵も展示されていました。

以上で、建物の拝見は終わりです。
御所を退出して、御苑の桜の様子を見て回りました。
一般公開の出口の「清所門」の近くにある「車返桜」が、丁度見頃でした。

054a

「車返桜」の名前には由来があって、後水尾天皇が外出されようとした時に、
この桜をご覧になり、乗っておられた牛車(多分?)を引き返されて、改めてこの桜をご覧になったと言う言い伝えによるものです。

055a

近くに寄って見ました。極薄いピンクの八重のようですが全部で3本ありますが、恐らく何代目かでしょうね。

今年の京都御所の春の一般公開は、4月9日から13日まででした。

« 京都御所の一般公開 2014 (その1) | トップページ | 清流亭の紅枝垂れ桜 »

京都御所・京都御苑」カテゴリの記事

伝統行事」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
 流石は古都人さんのブログですね
2回分のお写真を拝見して説明を拝読しましたがよく解り
まるて京都御所を見学しているようなそんな気がしました
毎年公開の目玉(見どころ)が有りますが大したものですね
京都御所は魅力的でまるで歴史と文化の宝庫ですね
私も一度で良いですから建礼門から紫宸殿を拝見したいです
>天皇陛下の他は限られた人がこの門を通ることが出来る<
そしてその機会は今後は無いかも知れませんね
勿体ない事をしました
古都人さんはこの機会に拝見されて好かったですね
そして私は多くの事を学ばせて戴きました
ありがとうございます

古都人さん
 おはようございます
やっぱり京都御所の一般公開に行かれたのですね
公開の最後の日でしたか、烏丸今出川の交差点は多くの人で混雑していました
そう言えば建礼門から中を拝見したことは有りませんでした
17年ぶりの開放だったのですね
天皇陛下も通られれた建礼門の開放
今回の公開はそれだけでも一見の価値は有りましたね
 古都人さんの何時もながらの丁寧な説明と写真で
今年の見どころを拝見していますが流石に京都御所です
やはり展示された全ては格式が高く気品も有りますね
特に今回初めて公開された唐人の絵が描かれている「大宋屏風」は
色彩も素晴らしく魅入ってしまいました
天皇が女御と盃酌を執り行っている場面
古都人さんのメッセージに頷きながら少し笑いながら・・・
御所内には鶴を描いた障壁画が8種121面も有るとは
そして234羽も描かれているとは鶴は目出度く神聖な鳥なのでしょうか
↑のももえさんも仰っていますが京都御所は文化と歴史の宝庫そのものですね
感動しました。
 車返桜は八重の立派な木ですね

おはようございます
京都御所の一般公開、今回は見どころが多かったのですね
その1とその2を拝見して多くの事を学ばせて戴きました
他府県に住んでいる知人は一度拝見したいと思っていても
中々タイミングが合わなくて残念だと言っていました

記事と写真を拝見して知人の言葉がよく解りました。
私にとっての一番はやはり建礼門の開放です
いつも門の外から眺めて中の様子を想像していましたが
門を通して紫宸殿が見えるのですね
公開されている今年の見どころを拝見して
流石に天皇のお住まいだった京都御所
今も歴史が息づいている、そんな気がしました

もし都が東京に移らなかったら一般公開はされなかったでしょう
こうして当時のままの姿が見られませんし
文化に触れる事も出来なかった
京都御苑も同じですね
そう思うと京都には永遠に貴重な建物や文化そして歴史が残るのですね
感慨深いです
取材ありがとうございます


ニュースなどで御所の一般公開のことを見ながら
結局今年も行けなかったな・・・
そんな思いです。

そうだ京都へ行こう!というのがなかなかです。
屏風は日本のいいものですね。
そんなことを思いながら八重の桜の優しい様子を
見せていただきました。

今日は約束があったのに雨になってしまいました。

古都人さん今日は
京都御所の一般公開、懐かしいです
此処に来た時は家があまりにも近く子供もつれて
あわただしい拝観でした・・
古都人さんの様に詳しい歴史も解らないまま人の波に流されて
見て回り・・少し残念です
古御所の大宋屏風は重要な時のみ使用、立派なものなのでしょうね
人形展示の関白の天皇様、拝謁・・後姿でも緊張が
伝わって来ます。衣装も立派で歴史を感じます
その下の女性の間は衣装も華やかでお部屋間心持
華やかな作りですね・・こうして歴史を振り返り見て回ると
御所の重要性も改めて感じます
つたない見方で済みません・・しかしあの頃より確り
勉強させて頂きました・・有難うございました

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね 御所の一般公開は春と秋の年2回もありますので
何か特別な展示等がなければ行かないつもりなのですが
(京都に住む人間の贅沢さですね)今回は建礼門の開放が
一番見たかったことでした 門をくぐつての行き来は出来ませんが
門を通しての眺めは感慨深いものがありました
それと人形を使っての展示 そして何か初めての公開品などが
私の楽しみです 京都に住んでいて良かったことの有難さを
しみじみと感じるひと時でした

植村さんへ
こんにちわ
そうですね もし都が東京に移らずに京都にそのまま
居続けていたら・・・ 全く想像しませんでした
どんなに京都は変化したことでしょう
多分戦災に遭っていたでしょうね
京都は江戸時代から何度か大火に遭っていますから
町も火事に強い形にはなっていたでしょうが爆撃には
勝てませんものね
そう思えば東京に都が移ったことにより今の京都があるわけですから
不思議な感じがします

hirugaoさんへ
こんなちわ
そうでしょうね 御所の一般公開に合わせて動くのは
地元京都に住む者にとっても重い腰を上げないと
行けませんね
私は春と秋の年2回 見所が幾つかあれば行く様にしています
地下鉄やバスを使えば簡単に行けますので見所次第です
なんて贅沢なことを言っていて申し訳ないと思っています
そうですね 「見返桜」は天皇さんも思わず立ち止まらせた
桜ですが多分当時のものではないと思います
何代目かと思います

咲子さんへ
こんにちわ
そうですね 御所の一般公開も春と秋の年2回もありますから
観光バスなどで大勢来ておられますが何しろ広大な場所ですから
多少時間帯にもよりますがゆっくりと拝観できますよ
私はもう何回も拝観していますが何時も空いています
そして展示等についての説明が以前より丁寧に判り易くなっています
いえいえご謙遜には及びませんよ
丁寧なコメント有難うございます

古都人さん、こんばんは~♪
京都御所の一般公開(その1)から拝見しました。
京都御所は毎年春と秋に一般公開されていることは
知っているのですが、なかなか出かけられません。
古都人さんのおかげで家に居ながら「建礼門」や
数々の素晴らしい展示品やを拝見することが出来ました。
どれも格式と気品が感じられますが、「大宋屏風」は
特に心ひかれるものがあり、「杉戸絵」には懐かしさを感じます。
人形展示はより具体的に当時の様子が
わかって良いですね。女性のお衣装はとても美しく
直に見てみたい気がしました。
いつも素敵な御紹介ありがとうございます。

こんばんは (◎´∀`)ノ
京都御所の一般公開、今年もお出かけされたのですね。
いつもは皇室の方々しか通ることができない建礼門、
そこをくぐられた時の気持ちはいかがでしたでしょうか?
そして中の様子。
平安絵巻=皇室絵巻のような印象です。
歴史的背景から見ても、当然のことかもしれないですね。
車返桜、きれいで可愛いですね。
引き返してまでもう一度見たくなる気持ち、納得!です。
私はウコン桜を見ると、そんな思いに駆られます。
『左近の桜』はもうほとんど咲いていなかったのですね。
『右近の橘』はどんな状態だったでしょうか?

hiroさんへ
お早うございます
遡ってまでご覧戴きまして有難うございます
そうですね 御所の一般公開は京都に住むものにとっては
容易に行ける有難い催しです
市内のほぼ真ん中にありますので交通の便も宜しいです
私は毎回その年の見どころを知って(地元新聞が報じてくれますから)
拝観するかどうか決めております なんて贅沢なことを言って申し訳ないのですが
今回は「建礼門」の開放が第一の目玉でした
どうぞ拙い記事ですが代用して戴ければ嬉しいです

慕辺未行さんへ
お早うございます
遡ってご覧戴きありがとうございます
「建礼門」は門戸の開放だけでくぐることは出来ません
門の前から見るのと御所の中から外を眺めるしか出来ないのですよ
くぐれるのは天皇さんなどごく限られた方だけです
なにしろ17年ぶりとのことで興味津々で拝観しました
そうですね 御所は歴史の蓄積みたいなところですから
平安時代から江戸時代まで幾多の歴史を刻んで来た場所ですからね
「右近の橘」は葉っぱが青々と茂るのみで勿論未だ実は見えませんでした

古都人さん   こんばんは
京都御所の一般公開、御所正門「建礼門」開放で
見える御所は歴史の重み威厳を特に
お感じに成ったのではと思います。
17年ぶりの開放に、お出かけ出来たのは素敵ですね。
素晴らしいブログで、丁寧なご説明と
お写真は的確で承明門、紫宸殿を思い描き
ご一緒に見学させて頂いている様です。
今年の見所は、皆さんの注目となるのでしょうね。
2基の衝立「馬形障子」と「大宋屏風」や「杉戸絵」などは
歴史を感じ、格式と気品の調度品に魅入りそうです。
「大宋屏風」の使用場面と照らし合わせての
見学は思い描けて興味深いです。
天皇が女御と盃酌の様子、お愉しみ(寛ぎ)に成れたのだろうか?
宮中の様子を拝見させて頂きました。
車返桜、名前の由来と共に見ると特別品よく
可愛く優雅に咲いている気がします。

文章拙く、的外れなコメントですみません。

すみれさんへ
お早うございます
いえいえ決してそんなことはございませんよ
コメントし難い記事かと思いますが丁寧にご覧戴き
有難うございます
そうですね 今回の一番の見どころは私にとっては
やはり「建礼門」の開放でした 17年ぶりとか言われて
いましたが私は初めてでした
外からも そして中からも じっくりと見させて戴きました
感慨深いものがありました
そしてその次の見どころは初めて公開される逸品の数々です
京都に住む幸せを感じつつの御所の拝観でした

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/55743849

この記事へのトラックバック一覧です: 京都御所の一般公開 2014 (その2):

« 京都御所の一般公開 2014 (その1) | トップページ | 清流亭の紅枝垂れ桜 »