2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 清流亭の紅枝垂れ桜 | トップページ | 桜の下 花の舞 »

2014年4月20日 (日)

京都西陣「雨宝院」の遅咲きの桜、御衣黄桜など

 前回は椿の花をご紹介ましたが、今日は御衣黄桜などです。
雨宝院は狭い境内に多くの古木の桜が咲き、空を覆っているように思います。
桜が影を作り写真は暗くなりました。
狭い境内には桜に負けないくらい大勢のカメラマンの姿です。
中に入りきれない人が門の外で待っています。
タクシーもお客さんを連れてきて、何故か自慢しています。


077

木々の間から辛うじて陽がさしこんでいます。


078

「観音桜」観音堂の前に咲いています。

080

「歓喜桜」歓喜天を祀った本堂に近い場所に咲いている桜で、御室桜と同じ桜との事です。

この日は風が強くてピンボケのパレードになりました。

111

「松月桜」このお寺で一番最後に咲いて透明感のあるとても美しい桜です。

034

すっかり有名になった御衣黄桜です。
こちらへは数回お訪ねしてやっと撮れた会心?の写真です。


006

御衣黄桜は大島桜系の桜で、4月下旬頃に緑色の花を咲かせますが
今年は早いようでした。
 花が開い たときは緑色ですが、次第に緑色は薄れて黄緑色から黄色になり、やがて中心部が 筋状に赤くなります。花弁数15枚。
花の色が高貴な貴族の衣裳のイメージがあり、”御衣黄”の名前が付いたと言われています。

« 清流亭の紅枝垂れ桜 | トップページ | 桜の下 花の舞 »

京都・西陣」カテゴリの記事

亰の寺」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

古都人さん おはようございます。

雨宝院の御衣黄桜お待ちしていました。ただ今午前12時25分です。
なぜか日曜日で、私もブログ入れていたら、こんな時間になってしまいました。

御衣黄桜なかなか人気者ですね。それにカメラマンがいっぱいでは、写真を撮つすのも
大変でしたね。何回も行かれたんですか、主人は、塀の外の方が明るい日差しがあるから
綺麗に撮れるのではと言っていました。でも遠くてカメラが近かずけ出来ないのでマクロ撮影は
無理だったと言っていました。

美智子皇后妃殿下が、繭で生地を用意されていたことを、何かで知りましたが淡い黄緑色で
美しい生地でしたことを思い出しました。

古都人さん
おはようございます、早すぎますでしょう。
夕べ早くから寝すぎました。
美しい桜ですねぇ~
優しくて可憐でたおやかで綺麗ですね。
大勢の人が見に来られるのがわかりますね。
御衣黄桜~
高貴な衣装にも見えるお花、幾重にも花びらが
まさに衣装のようですね。
見せていただけて良かったですわぁ。
いつもありがとうございます♪

古都人さん
おはようございます
少しもピンボケでは無いですよ
どの桜も優しく撮られていて花を通して
古都人さんのお人柄が感じられます
桜の花には平和を感じます
やはり日本の日本人の花ですね
松月桜は八重なのですね
透明感の有る桜が本当に綺麗です
 御衣黄桜は平野神社で見たことが有りますが
花は高い場所に咲いていて見上げていますが花姿と花色に感動しています
花弁数は15枚も有るのですね
そう言えば花びらが重なっていますね
名前の由来もよく解りました
ご紹介ありがとうございます

古都人さん
 おはようございます
雨宝院はやはり素晴らしいですね
椿もとても綺麗でしたが
数々の優しい桜の花をうっとり拝見しています
松月桜の愛らしい姿
特に御衣黄桜はネットでも見ましたが流石は古都人さんです
このように花色も花姿も綺麗に撮られていますね
咲き進に従って花色が変わる御衣黄桜の特徴も名前の由来もよく解りました
何度か足を運ばれて撮られた桜達
感謝しながら拝見しました

 お早うございます
御衣黄桜のご紹介愉しみにしていました
若草色の綺麗な桜なのですね
花芯の優しい紅色と言うのでしょうか
一目で好きになりました
一度見たい見たいと願っていましたが念願が叶いました
御衣黄桜の名前の由来も素晴らしいです
古都・京都に相応しいですね
 そして八重の松月桜の可愛い事
古都人さんは花の特徴を見事に捉えて写されていますね
いつも感心しながら拝見しています

友人も雨宝院の決して広くない境内は「真っ暗(笑い)や」と苦笑していましたが・・・

古都人さん
  こんにちわ~

八重桜が此方でも咲いています。
道端に咲いているもので多分 観山?
(この字だったかな)
あまり好きな色ではないのですが・・・

はい、この御衣黄大好きです。
めったに見られませんもの。
最後はこんなに赤い線が入るのですね。
高貴なお方のお着物の色の洋なんですね~~

sasayuriさんへ
 お早うございます
遅くまで起きておられるのですね
そうですね
御衣黄桜はかっては九州や四国からも見に来られていました
今はあちらこちらで見かけますがやはりネームバリューは強いようですね
確かに外からの方が撮りやすかったと思いますが
花の様子が判り難くて中に入ってマクロで撮りました

ムームーさんへ
 お早うございます
早寝早起きされたのてすね
余り長時間は眠れないようになりました
 そうですね
桜は特に終わりかけの桜は綺麗ですね
幾重にも花びらが重なっている御衣黄桜は確かに衣装のようにも見えますね
こちらこそ丁寧にご覧戴いてありがとうございます

taekoさんへ
 お早うございます
そうですね
雨宝院の桜はどれも優しくて綺麗です
私も松月桜に魅了されました
ありがとうございます
雨宝院の御衣黄桜は撮り難いでした
何枚も撮って選んだ2枚です
花色が変わるのは興味が有りますね
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

植村さんへ
 お早うございます
そうですか
愉しみにして頂いていたのですね
写真の整理に手間取ってご紹介がすっかり遅くなりました
そうですね
確かに御衣黄桜は名前の由来も花色も古都京都に相応しいと思います
私も松月桜は大好きな桜です
花姿が何とも可憐ですね

hirugaoさんへ
 お早うございます
御衣黄桜はお好きな桜だったのですね
滅多に見られませんか
京都では平野神社にも咲いています
唯、この桜の特徴でしょうか
背が高くて花の様子が判り難いのが特徴?ですが
幸運にも今回は割り方はっきり撮れました

古都人さん、こんにちは~♪
雨宝院には沢山の桜も咲いているのですね。
観音桜は初めて拝見しますが、とても可愛いですね。
2枚目のお写真、大好きです。
歓喜桜も松月桜も初めてですが、こんなに素敵な
桜を拝見できて、今日はとても幸せです。
こちらが御衣黄桜ですか・・・
薄い緑と白、そして紅い線が入り混じりとても綺麗ですね。
花の色が高貴な貴族の衣裳のイメージがあると
伺っただけで、神々しく感じられます。
いつも素敵な御紹介、ありがとうございます。

hiroさんへ
 こんにちわ
そうなのですよ
雨宝院には狭い境内に古木の松の木と桜の花が咲き乱れています
全て西陣のボランティアの方が手入れされています
何時も季節感のある綺麗な花を咲かせておられます
写真は撮っていませんが黄色と白色の山吹の花も咲いていました
足元にはクリスマスローズなども
拙い写真をご覧戴いて幸せと言って頂いて恐縮しながら喜んでいます
 御衣黄桜ですが、先日hiroさんが「御衣黄桜のような桜を・・」と仰っていましたが・・・・
そうですね
確かに由来を知ると神々しく見えるから不思議ですね
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

こんにちは
やっとPCが使えるようになりました。
買い替えのあとのデータ移行がうまくいかず
ストレスに苛まれる日々でした。

久しぶりに訪問させていただいたら
もう季節は移ろっていました!
雨宝院は花盛りなんですね。
ツツジもきれいでしょうね。
良いですね~

26日から京都に行くことができそうですので、
お参りしたいです。
ホテルが高くても心が弾みます。

まさみさんへ
 こんばんわ
お久しぶりですね
PCデーターの移行はご自分でされるとは流石ですね
そうでしょうね
私はストレスを恐れて業者に依頼しています
そうですね
季節は春から初夏に向かっていますね
26日から京都にお出でになるのですね
ツツジも山吹も綺麗です
新緑にも好い季節ですね
京都を愉しんで戴ければ嬉しいです


こんばんは (◎´∀`)ノ
御衣黄桜、やはり綺麗です。
ウコン桜に比べ、より濃い緑色ですね。
そして中心部の赤、本当に綺麗です。

>高貴な貴族の衣裳のイメージ

この花姿そのものが高貴なイメージです。
写真でしか拝見したことがないこの御衣黄桜。
ぜひ一度、この目で直に見てみたいです。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 御衣黄桜は何処でも咲いていると言う桜ではないので
貴重な桜と言えますね ここ雨宝院はタクシーの方がお客さんを
案内するなどで段々見物者が増えて来ました
珍しい桜なのでお客さんも喜ぶのでしょう
狭い境内が大混雑する時もあります
初めて見る人は大抵驚かれます
不思議な桜と言えますね ウコンの桜も良く似ていますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/55735377

この記事へのトラックバック一覧です: 京都西陣「雨宝院」の遅咲きの桜、御衣黄桜など:

« 清流亭の紅枝垂れ桜 | トップページ | 桜の下 花の舞 »