2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 再び「あじき路地」 ”まりきこ”さんへ | トップページ | 岐阜と三重への旅-1 なばなの里(その1)しだれ梅 »

2014年3月24日 (月)

植物園の梅も見ごろに

 世界遺産「二条城」の梅林から、ここ「京都府立植物園」の梅林に、遣って来ました。
 植物園内には、梅林は2か所ありますが、以下にご紹介するのは、「北山門」を入って直ぐにある梅林の方です。

022a

紅と白の梅がありますが、やや紅の方が優勢かと思います。

028a 

ほぼ満開の白梅です。白も頑張っていました。

010 

紅梅と白梅のコントラストが鮮やかです。
紅梅にも色の濃淡が有りますね。

025

咲きかけの梅とまん丸い蕾ですが可愛いですね。

039a

皆さんと一緒にカメラを向けながら優しい梅の香りに酔いしれたひと時でした。

« 再び「あじき路地」 ”まりきこ”さんへ | トップページ | 岐阜と三重への旅-1 なばなの里(その1)しだれ梅 »

京都府立植物園」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
植物園の梅林も綺麗ですね
一枚目の写真で既にクギ付けです。
最後の緑を上手く取り入れて写された写真も素晴らしい
桜の花は何時も見ていますが
梅がこんなに豪華だったとは正直驚いています
白梅は目立ち難いですが紅梅と寄り添うとお互いを引き立てて見えます
どのお写真もアングル素晴らしいです
アップで撮られた一輪の花とまん丸蕾がとても愛しく見えます
 日曜日は京都御苑へ行ってきました
梅は殆ど満開でとても綺麗でした
古都人さんの情報のお蔭です
ありがとうございます


古都人さん
おはようございます
好いですね~
植物園の北山門近くの梅がこんなに綺麗だったとは
吃驚しています
広々とした梅林は空気の綺麗さも感じられてより綺麗に思えます
近くのベンチに腰かけて
散策しながら梅の花を愛でる
こちらは静かで贅沢な時間が流れている
そんな気がしました
 どの写真も素晴らしいですが
個人的には最初と三枚目そして最後の木の姿
草むら?地面が写っているのが好きです
これも植物園ならこその風景に思われます
アップの可憐な梅の花と蕾は古都人さんならこその風情ですね
癒されます


 

 お早うございます
このような言い方は失礼かも知れませんが
お写真お上手ですね
どれも植物園の北山門から入った梅林の雰囲気をとてもよく
捉えられていて感心しながら拝見しました
私も植物園は好きでよく出掛けますが
写真も撮りますがこのようには撮れません
やはり↑のお二人も仰っているように
地面や緑も入れて風景として写されているからでしょうか・
学ばせて戴きました
どの写真も絵になる風景です
絵心がお有の方ならきっと描かれてるでしょうね
最後の散策しておられる人の姿にも長閑さを感じます
古都人さんも仰っていますが梅の香は優しいですね


taekoさんへ
 お早うございます
そうですね
植物園の紅梅も白梅も特に今年は綺麗だと思いました
写真の事ありがとうございます
今回も花を撮る 樹を撮る難しさを思いました
 昨日京都御苑へ行かれたのですね
私は土曜日に行きましたが曇がちで残念でした
昨日は晴天で好かったですね
少しはお役にたったようで好かったです

植村さんへ
 お早うございます
ありがとうございます
写真は特に花や樹を撮るのは難しいですね
私は絵心が皆無で
敢て言うなら自分の好みを優先しているように思います
そうですね
梅の香は優しいですね
目で感じて身体で感じるのが梅の花でしょうか

古都人さん今日は
お返事遅くなって済みません・・・
植物園の紅梅美しいですね・・私もそこにご一緒させて頂きたい思いです
始めの梅は少し変わって見えますが・・花弁の先の方がピンクなんでしょうか・・
美しい花姿に見えます・・そして珍しいですね
下の白梅は最高に美しい・・やっぱり賓が有りますね・・もう満開ですね
そして紅白の梅は姿も華やかで心がワクワクします
それと周りの緑も入って安らぎも感じ、さすが京都植物園、広くて
美しい梅林ですね・・
私も楽しく梅林を散策させて頂きました・・有難うございました・・

古都人さん
おはようございます。
植物園北門あたりの梅林は綺麗で素敵ですね。
今年は見れなかったですけれど
こうして見事な梅のお花を見せていただけて
良かったですわぁ~
紅梅と白梅の見事な競演にほっこりします。
立派な梅の樹の逞しさに優しいお花に癒されます。
いつもお越しくださってお心づかいいただいてありがとうございます~

古都人さん、こんにちは~♪
「京都府立植物園」の梅も素晴らしいですね。
梅林は2か所あるそうですが、「北山門」を入って直ぐにある
梅林だけでも、この規模ですから、両方を合わせたら
どれだけ広いのでしょう。
紅白の梅、どちらも満開で見事ですが、紅白植えられて
いるからこそ、お互いを引き立て合って素晴らしいのでしょうね。
スクロールしながら何度も見せていただいていますが、
どのお写真も素晴らしく、流石古都人さんだと思いました。
優しい梅の香りが漂ってくるようで、幸せな気分で
拝見させていただきました。

咲子さんへ
 こんにちわ
まずコメントの返事や訪問は
お互いに気楽にしましょう
決してご無理はされないで下さいね

そうですね
植物園は自然体で育てて居られますが
毎年綺麗な紅白の梅の花を見ることが出来ます
結構古木が多いのですが齢を重ねて
花色も花姿もすこしずつ変わってきたように思います
咲子さんのように喜んで戴いて
梅の花も喜んでいる事でしょう

ムームーさんへ
 こんにちわ
そうですか?
ムームーさんはお忙しくて中々植物園へ行く時間は有りませんね
少しでもお役にたてたのなら嬉しいです

そうですね
逞しい樹と可憐な花姿に癒されますね
こちらこそお忙しいのにお出で頂いて
ありがとうございます

hiroさんへ
 こんにちわ
そうですね
京都府立植物園は広くて公害も無く
恵まれた場所に有ります
二つの梅林が有りますが樹の種類が違います
大まかに分けると枝垂れ梅の多く植えられている梅林も有ります

そうですね
上手い具合に紅白の梅が見ごろの頃に
出掛けることが出来ました
花の綺麗な時を選ぶのは難しいですね
天候も有ります
優しい目でご覧戴いてありがとうございます

古都人さん

今日は朝が早かったので今帰りました。
まあ何と素晴らしい梅の花でしょう。

紅梅と白梅の重なりあったのもいいものですね~
そしてマクロの写真もバッチリですね。

今日は暖かで火なる春めいたお洋服でしたが
大丈夫でした。
春が来ましたね~♡

hirugaoさんへ
 こんばんわ
京都も晴天で4月の陽気とか
hirugaoさんもお出かけだったのですね
お疲れのところをありがとうございます

そうですね
紅梅と白梅の重なり合った梅は
お互いにその美しさを引き立てているように思いました
桜も今月末には咲くとか
梅と桃と桜が一緒に見られるかも知れませんね
  

こんばんは
なんて色鮮やかな梅林なんでしょう。
春の暖かさを感じます。
一度は見たい府立植物園の梅林です。

先日冷たい雨の中
大覚寺の梅林を廻ってきましたが
大覚寺の景色にはぴったりで
ひと気のないのを幸いに
いつまでも眺めていました。

空気は冷え冷えとしていましたが、
その分お山は一層美しかったです。

前回の記事にあるあじき路地も訪ねましたが
ひっそりとしていて
場所を間違えたのかもしれません。
迷うのもまた楽しいのですが・・・・・
古都人さんの情報のお陰で
たくさんの京都の顔にめぐり合うことができています。

こんばんは (◎´∀`)ノ
今年も観梅に行くことができず、そろそろ桜の季節になってきました。
それでもそんな感じがしないのは、古都人様のブログをはじめ、皆様のブログで楽しませていただいてるからでしょう。
二条城に続いて、お馴染みの京都府立植物園。
こちらもさすがの美しさですね。
梅の良さは、やはり紅梅・白梅があるところでしょうか!
おっしゃる通り、コントラストが素晴らしいです。
こちら今日は最高気温20℃でした。
桜のつぼみも一気に膨らみそうです。

雅美さんへ
お早うございます お疲れ様でした
そうですか 大覚寺の梅林へ行かれたのですか
流石 京都通の雅美さんですね
実は私は 桜の時は行ったことがあるのですが
梅林は行ったことがないのです
そうでしょうね 静かだつたでしょうね
大沢池の近くですよね
あじき路地にも行かれたのですね
判り難い場所でしょう もし間違われたとしても
判ります 何の表示はありませんものね
雰囲気だけですからね
路地を迷いつつ歩くのも楽しみの1つですね

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 今が梅の花が真っ盛りですね
と言っても桜の様な派手さはありませんが・・・
静かにひっそりと嫋やかに咲いています
そうですね 昨日は京都も20度になりました
暑かったです(急に気温が上がるとそんな気持ちでした)
桜の花の蕾もかなり膨らみ始めていました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/55429109

この記事へのトラックバック一覧です: 植物園の梅も見ごろに:

« 再び「あじき路地」 ”まりきこ”さんへ | トップページ | 岐阜と三重への旅-1 なばなの里(その1)しだれ梅 »