2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 春を告げる花達 京都府立植物園 | トップページ | 「早春の草花展」2014 part 2 »

2014年3月12日 (水)

滋賀県日野ひなまつり紀行 近江日野商人館-1

 昨年は五個荘の商家に伝わる雛巡り を拝見しましたが、今回は同じく近江商人の一派・日野商人を生んだ、滋賀県蒲生郡日野町で開催されていた「日野ひなまつり紀行」の1つの会場「近江日野商人館」(日野町歴史民俗資料館)を訪ねました。
 ここは、江戸中期以降、近江日野商人として商業活動を続けてきた山中兵右衛門家(現在は静岡県を拠点)が寄贈した家屋敷を活用した資料館です。

043a

「近江日野商人館」の玄関です。
内部には、日野商人やこの建物の主・山中家などに関する資料が、所狭しとばかりに展示されていました。
今も尚、調査が続いているとのことでした。

019a

簡素ながらも、流石にお庭も広いです。

024a

ここでも沢山の雛人形に出合うことが出来ましたが、
広い奥座敷には、この様にずらりとお雛様が並んでいました。
 時代を経た古いお雛様が多かったですが、町の各家から持ち込まれたものだそうです。

028a

正面に飾られていたお雛様です。文政3年(1820)作との表示がありました。

054

玄関の一部に飾られていたミニチュアの雛飾りです。
小さくてもその姿は普通の大きさのものとは少しも変わらず立派です。

次回はずらりと並んだお雛様から、幾つかご紹介しましょう。

« 春を告げる花達 京都府立植物園 | トップページ | 「早春の草花展」2014 part 2 »

京都府外」カテゴリの記事

伝統行事」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
滋賀県では近江八幡と五個荘(昨年ご紹介して頂きましたね)
そして日野ひなまつりの三カ所が有ると聞いていますが私は何処へも行っていません
何となく寒そうで・・・
今日からご紹介して頂ける日野ひなまつりとても楽しみです
近江商人は質素で無駄が無いと聞いていますが
江戸中期以降から商業活動を続けてきた
山中兵右衛門の建物やお庭にもそれが感じられます
そして
広い奥座敷に飾られたひな人形の数
何体位有るのか想像も出来ませんが
地元の方々が代々受け継いで守ってこられたひな人形なのですね
正面に飾られた雛飾りの素晴らしさに感動しながら
これからのご紹介愉しみに拝見させて戴きます


古都人さん
 おはようございます
古都人さんのフットワークの軽さのお陰で
居ながらにして京都以外の歴史の有る町並みや
建物を拝見していますが、ご紹介の日野へも
交通の便が悪いとの事で訪れた事は有りませんでした
ワクワクしながら拝見しています
近江商人は京都でも商いを始め今も残っていると聞いていますが
生活は質素だったのですね
建物は華美では無くどっしりしてお庭も簡素なのが特徴でしょうか?
そんな広いお座敷に飾られたひな人形
何と多くのひな人形にびっくりしています
昔からのお雛さまの数々をご覧になられた古都人さん
羨ましいです
正面に飾られた文久3年のお雛さまを見ても皆さんが大切に
されてきたのが解りますね
次回はどのようなひな人形が拝見出来るのが愉しみです

リンクして頂いた五個荘の素晴らしいお雛さまも拝見しました

 お早うございます
古都人さんのブログを紹介してくれた知人が
凄くフットワークが軽いと言っていましたが本当にそうですね

山中兵右衛門は江戸時代の中期から商業活動続けてこられたとの事で
多分豪商の一人だと思いますが
質実剛健?近江商人の建物ですね
展示されている品々も興味が有ります

そしてその建物内で数々のお雛さまの展示素晴らしいです
地域の方々から寄せられたお雛さまは各家庭の家宝でしょうね
正面に飾られていた古い時代の内裏雛
上品で凛とした佇まいは流石ですね
ずらりと並んだ中からどのようなお雛さまをご紹介して頂けるのか
とても楽しみです

五個荘の商家に伝わる雛巡り
数々の素晴らしいお雛さま、建物と共に拝見しました


古都人さん
おはようございます。
日野の雛さんは行ったことがありませんの。
五個荘は数年前に行きました。
こちらのお家も素敵ですね、お庭もいいですわぁ。
お雛様がたくさん一堂に並んでる
姿も豪華で立派ですね。
各家からも出されるのですねぇ
時代それぞれの特徴がありますね。
大好きなお雛様を見せていただきました。
次回も楽しみに拝見します。
いつもありがとうございます~♪

古都人さん、おはようございます♪
近江日野商人館、お庭も素敵ですね。
近江商人と言えば、我が国の経済界に与えた影響も大きく、
その流れをくむ企業も多いですね。
お友達のご主人は高島屋に勤めていましたが、
何度かその精神を学ぶために近江まで出かけたと聞きました。

一堂に並んでいるお雛様は歴史があり、素敵ですね。
正面に飾られていたお雛様は文政3年の作ですか・・・
今のお雛様のお顔と大分異なりますが、その当時を代表する
美人さんだったのでしょうね。
ミニチュアの雛飾りも可愛いですね。
今年はお雛様を一度も見ていません。
古都人さんのブログで拝見で来て嬉しいです。
次回も拝見出来るそうですが、楽しみにしています。


ムームーさんもお雛様でこちらに来ました
いつかアップしてくれるの待っていました
私も1度行ってみたいのですがなかなかいけません
近江八幡は好きなので4回ほど行きました

古都人さん  
今回は此方に行かれたのですね。

最近の寒さで出歩くのがおっくうになっていました。
町並みも素晴らしいですが古いお雛様が又
お顔がいいですね。

青春切符でそちらには行ったことがあるのですがこの日野の
お雛さんは初めてです。

そろそろ動きだしてもいいみたいですね~

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね このお屋敷も近江商人の哲学によって
建てられたもので豪邸と言う感じはしませんでした
それなりの格式を持った邸宅ですね
商売はかなり手広く遣っておられたようです
奥座敷に並んでいる雛人形は全てこの家のものではなく
各家から提供されたもののようですが正面の大きな
お雛様はこの家に伝えられているもののようです

植村さんへ
こんにちわ
そうですね 近江商人の町 3か所を回りましたが
それぞれに建物の建て方などにも違いがある様に感じました
ここ日野商人の邸宅は華美にならず質素に堅実に暮らして
おられた様に邸宅の内部などからも感じました
しかしそれなりの格式は持っておられた様に思います
それは多くの雛人形が置かれていた奥座敷の印象からも
感じました
また日野商人に関する展示もその多さに驚きました
五個荘町の方もご覧戴きまして有難うございます

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですか 五個荘の方には行かれているのですね
こちら日野は少し違った感じを受けました
町の雰囲気も違う様に思いました
3か所の近江商人発祥の町ですが日野町は豪華さはなく
質素に堅実に暮らされていた様に思いました
しかしこれだけの雛人形が伝えられていると言うことは
優雅さは受け継いで来られていることを感じました
こちらこそ何時も有難うございます

hiroさんへ
こんにちわ
そうですね 関西の財界にあっては近江商人の
商売哲学はきっと多くのことを学ぶ点があるのだろうと
思います
そして近江商人たちは広く全国に商売の手を広げていた様です
ここ日野の場合は「日野椀」と言う漆器が強力な商品の1つだったと聞きました
また広く社会にも貢献した様です 瀬田の唐橋の再建や
逢坂山峠越えの車石の設置などもしたとのことです
そんな背景の中での雛人形の継承も続けられていたことでしょう
お雛様の顔立ちも時代によって随分違いがあることも今回
学ばせて戴きました

あおぞら39さんへ
こんにちわ
お久しぶりです
ムームーさんと同じ近江商人の雛飾りでしたね
そうですね 3か所の近江商人ゆかりの町で
近江八幡が最も交通の便が良いですが
あとの2か所はやや不便ですね
町の雰囲気もかなり違いますね

hirugaoさんへ
こんにちわ
そうですね 3月とは思えない寒さが続いていますね
今日はやっとほっと出来るようですが・・・
明日はまた雨とか 雨も春に近付く一歩でしょうか
そろそろ動き始められても良いのではないでょうか
但し花粉には要注意ですね
花粉の方は大丈夫でしょうか

こんばんは (◎´∀`)ノ
すごくたくさんのお雛様たちですね。
見られる方々にとっては、まさに『圧巻!』であり、『優雅!』でもあったでしょう。
さすが、近江商人の館です。
お雛様は各地でこのような雛飾りを飾る催しが行われ、季節の風物詩になっている感じがします。

余談ですが5月ごろ、この近くにあります正法寺の藤の花、鎌掛渓のシャクナゲがとてもキレイです。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうなんです 余りの多さに見た瞬間驚きの声が出ました
かなり広いこの邸宅の奥座敷一杯に並べられた雛人形は
各家からの提供もある様でしたがこんなにも沢山あったとは
この町の豊かさを感じました
鎌掛渓のシャクナゲは見たことはないのですが
近江鉄道・日野駅前にポスターが貼ってあったのを見ました
正法寺の藤の花も町の案内パンフレットに掲載されていました
ご紹介有難うございました 一度見てみたいと思います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/55276638

この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀県日野ひなまつり紀行 近江日野商人館-1:

« 春を告げる花達 京都府立植物園 | トップページ | 「早春の草花展」2014 part 2 »