2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 滋賀県日野町のひなまつり紀行 町中散策 | トップページ | 世界遺産「二条城」の梅も漸く見ごろを迎えました »

2014年3月19日 (水)

奈良散歩 ならまちー3 格子の家

 「ならまち」の南部にあった「奈良市ならまち格子の家」です。
「ならまち」の伝統的な町家を再現したもので、無料公開されています。

041a

「上街道」と言う道に面して建っています。西向きの正面の様子です。

見学者の出入り口は、自転車が置かれている場所ですが、この家の玄関は真ん中の通行止めの竹が置かれているところです。
「格子」が始まったのは、明らかでは無い様ですが、室町時代末期には、その様子が描かれているそうです。「格子」は、生活の知恵の中から生まれたものだと言われています。

044a

玄関を入って直ぐの「みせの間」です。
格子と言うのは、外からは中は見え難く、中からは外は良く見えます。
音や風は良く通します。

046a

「中の間」です。正面に見えるのは「箱階段」です。物入れになっています。
空間をムダなく使う先人の知恵ですね。

048a

「中の間」を通して「奥の間」を見ています。
「奥の間」のその先には、「中庭」があります。さらに、その先には「離れ」があり、所謂「うなぎの寝床」と言われる細長い建物となっています。

049a

「奥の間」の位置から、表側を見た細長い「通り庭」の様子です。
「通り庭」の吹き抜きには、「明り取り」があって、明るい感じがしました。
ここにも何故か「お松明」が置かれていました。

 ここの敷地面積は、 320.58平方m  建築面積は、 188.64平方m

     総床面積は、 257.40平方m  構 造は、 木造・2階建て

 です。 裏には、蔵もあります。

« 滋賀県日野町のひなまつり紀行 町中散策 | トップページ | 世界遺産「二条城」の梅も漸く見ごろを迎えました »

京都府外」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/55186342

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良散歩 ならまちー3 格子の家:

« 滋賀県日野町のひなまつり紀行 町中散策 | トップページ | 世界遺産「二条城」の梅も漸く見ごろを迎えました »