2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 「早春の草花展」2014 part 3 | トップページ | 奈良散歩 ならまちー3 格子の家 »

2014年3月18日 (火)

滋賀県日野町のひなまつり紀行 町中散策

 雛飾りを拝見した後は、昭和の始めにタイムスリップしたような日野の町を散策しました。
 滋賀県日野町のメインストリートの東の端には、「日野祭」で有名な「馬見岡綿向神社」があります。
「日野祭」は、こちらをご覧ください。

002a

田舎の神社(失礼!)にしては、立派な神社です。それもその筈で、かつてのこの地の領主・蒲生家や日野商人達の寄進や保護があったからの様です。
鳥居も金属製です。

006

これは明治から大正期頃のものですが、江戸時代後期のものなど数点が飾られていました。

006a 

神社の参道に面して、立派なお屋敷がありました。
「旧山中正吉邸」です。
資料館として、日を限定して公開されている様です。

007a

間口は↑の様に、狭いのですが、奥行きの何と広いこと。
これが1軒の家とは思えません。立派な建物が幾つも並んでいます。
やはり「日野商人」の1人なんでしょうね。

017a

日野の名物「桟敷窓」です。年に一度の「日野祭」を、家に居ながら見物するために設けられた見物窓です。
奥に飾られた雛人形が見えます。
この通りは、一名「桟敷街道」とも言われ、通りに面してあちこちに見られました。

052a

特設会場の一つになっている「日野まちかど感応館」です。
観光協会の事務所でもあり、日野の商品の一つ「薬」を製造・販売していました。

048a

こちらでも、新・旧のお雛様や創作人形などが飾られています。

047a

館内には、日野商人が扱った商品の一つ・日野漆器の「日野椀」が展示されていました。

053a

↑の店の左手に連なる邸宅です。こちらもかなり大きなお屋敷の様です。

 
日野の町中約1.5Kmにわたって展開されている「ひなまつり紀行」、
何百と言うお雛様を見て回りましたが、かつての日野の町の繁栄ぶりを伺い知ることが出来た一日でした。

« 「早春の草花展」2014 part 3 | トップページ | 奈良散歩 ならまちー3 格子の家 »

京都府外」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
日野祭り拝見しました
立派な曳山も何基も有り素晴らしいお祭りですね
地域の皆さんの熱気が伝わってくるようです
街を上げてのお祭りに感動しました
年々寂れるお祭りですがここ日野は違いますね

あのお祭りとこの静かな風景に違和感が有ります
日野の二つの顔でしょうか
古都人さんも言われていますが
正しく昭和の時代にタイムスリップしたような懐かしさが有りますね
歴史を重ねてきた日野商人の豊かさを感じる町並み
そして一般家庭でしょうか
桟敷窓のお宅
この風情に心の豊かさを感じます
時がゆつくり流れているような町並
昔が今に残されている間に訪ねてみたいです

 

古都人さん
 おはようございます
日野祭りしっかり拝見しました
失礼ですが田舎?とは思えない立派な曳山が数基
町内挙げての一年に一度の行事でしょうか?
感度しました
 
 そして日野の町並みに感動しています
私が思っていた以上に立派なお屋敷が有って静かな佇まいですね
確かに昭和の時代にタイムスリップしたようです
 日野の名物と言われる桟敷窓に目が引きつけられます
本来はこの窓から日野祭りをご覧になられたのですね
何とも奥ゆかしい風習ですね
そして今は桟敷窓の外からひな飾りを拝見する
歩きながらお雛さまをゆっくり眺める
何とも長閑な風景ですね
日野まちかど感応館の建物も見てみたいです

ご紹介の日野、是非出来れば日野ひなまつりの時に
欲張って日野祭にも出掛けたいです。
古都人さんのお蔭で行きたい所が増えて嬉しい悲鳴です。


古都人さん
おはようございます。
日野のお雛様に立派なお屋敷素晴らしいですね。
間口が狭くて奥にはこれだけの屋敷が
あるなんて豪商ですね。
お祭りを見る場があるなんて素晴らしい~
桟敷席~おお贅沢~
お椀もいいですね、こういうのでいただきたいなぁ。
古都人さん素敵な日野の町を見せて
貰えて良かったですわぁ~
来年にはぜひ訪れたいです。
いつもありがとうございます。

 お早うございます
今回の"日野ひなまつり紀行"の素晴らしさは
今日ご紹介の町中の様子に納得出来ました
今も昭和が息づいているような町並
日野祭も拝見しましたが日野の人達の祭りに対する意気込み
伝統を守りながら愉しんでおられる様子に感動しました
都会では段々寂れている祭りですが日野には歴然と生き続けているのですね
それは雛飾りを大切にされているのにも共通するものを感じました

想像していた以上の町並み
特に桟敷街道とも言われる桟敷窓
平和で心の豊かさを感じました
私も桟敷窓の中のひな飾りを見ながら
この町をゆつくり歩いてみたいと思いました
機会が有れば日野祭も拝見したいです

古都人さん、取材お疲れ様でした
そしてありがとうございました

古都人さん
 こんにちわ~

今地図を見てきました。
思っていたよりJRとは離れているのですね。

街並みの美しさは残しておいてほしいものですね。
日野の名物桟敷窓が何とも素敵です。

行ってみたいところがいっぱいですが
身体は一つなので・・・
この春はどこに行こうかな~♪

taekoさんへ
 こんにちわ
日野祭をご覧戴いてありがとうございます
そうですね
地域を挙げての一年に一回のお祭りです
町並みは私も感動しました
桟敷窓も風流ですね
今でもこうして活用されている事にも感動します
そうですね
人影も少なく静かな佇まいの町並みでした
機会が有れば是非お出かけください

ムームーさんへ
 こんにちわ
そうですね
立派なひな飾りに歴史を感じさせる家並み
桟敷窓はアイデアですが風流ですね
素晴らしい日野の町並みご覧戴いてありがとうございます
そうですね
滋賀県は時々お出かけのムームーさん
是非こちらも訪ねて下さいね

植村さんへ
 こんにちわ
そうですね
日野ひなまつりはここの町並みで行われていました
歴史の有るお雛さまが多く飾られていたのが納得できますね
都会では寂れてきたお祭りもここでは
地域を挙げての大切な行事ですね
お祭りと言いひな飾りと言い
この町が伝統を大切に守っておられるのがよく解りました
そうですね
機会が有れば是非ご自分の目でご覧ください
こちらこそ丁寧にご覧戴いてありがとうございます

hirugaoさんへ
 こんにちわ
そうですね
一度日野のホームページをご覧ください
こちらへは近江八幡からのバスと
近江鉄道を利用してバスに乗り換えるの二つの行き方が有ります
私は近江鉄道を利用しましたが
近江八幡からの方が便利だったかも知れません
 そうですね
日野の町並みは何時までも残しておいて欲しいと思いました
桟敷窓は風情が有りますね

古都人さん   こんにちは
日野の町並み、昭和が今に感じられるのは
町並みに当時の日野商人の繁栄の
大きさが窺え、今に残しているからでしょうね。
旧山中正吉邸の奥に連なる建物の凄い事、
当時の繁栄、財が神社やお屋敷を・・・
そして伝統と歴史を引き継いでの
立派な日野祭りは地域の皆さんの誇りと
熱い心意気を感じます。
桟敷窓、祭りを見学するために
設けられた見物窓、祭りに対する地域の方の
熱い姿勢と愉しみを感じます。
桟敷窓の奥に見える雛飾りも、
風情が有り素敵ですね~
今日も、心豊かに素敵な町を知り愉しませて頂きました。

古都人さん、こんばんは~♪
歴史を感じさせる街並み、どこか懐かしさ
が感じられ、素敵ですね~♪
奥行きのある板塀の家々は派手さが無く、
日野商人の質実剛健ぶりが窺い知れますね。
「桟敷窓」のある造りも素敵ですね。
お部屋の中から「日野祭」を見学できるのですね。
滋賀県では坂本(バスの車窓のみの見学)、
長浜、彦根、近江八幡、等の古い街並みを見たことが
ありますが、どこも静かでレトロな感じが素敵でした。
滋賀県は石山寺方面にはまだ行っていないので
いつか行けたら良いな~と思っています。
素敵な御紹介、ありがとうございました。

すみれさんへ 
 こんばんわ
日野祭もご覧戴いてありがとうございます
そうですね
多分昔は豪商と言われたお宅の建物も質実剛健
内部は解りませんが外観は「質素を旨とする」そのものです
一般的には段々廃れていく祭りですが
日野祭は地域の方達全員が伝統を守ってゆきたいの熱意によって
長く続けられているのですね
ひな飾りもそうですが桟敷窓も町並みにも
皆さんが日野の町を大切にしておられる心が感じられて
感動しました
出来ればこの町並をいつまでも残してほしいです

hiroさんへ
 こんばんわ
そうですね
日野の町並みはどこを歩いていても
ふと立ち止まる温かさと懐かしさが有ります
日野商人は特に質実剛健だと聞きました
桟敷窓から通りを練り歩くお祭を見るは贅沢で優雅です

滋賀県は今も多くの古い町並みが残っています
バスの車窓からでも充分愉しめますね
機会が有れば是非お出かけください
個人的には湖南に古を感じます
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

こんばんは (◎´∀`)ノ
日野にもこのような古い町並みが残っているのですね。
昔ながらの日本家屋、桟敷窓というのは初めて見ました。
祭りを見るためのものだそうですが、簾を下ろせば暑い夏も風通し良く過ごせそうですね。
日野へは、鎌掛渓やブルーメの丘を訪れたことはありますが、
このような街並みがあることは知らなかったです。
機会あれば、のんびり歩いてみたいです。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 近江商人の中の日野商人の町ですから
何となく落ち着いた雰囲気を感じる町でした
特に古い町並みが残る区域ではなお一層その感がしました
(近江日野商人館がある区域です)
そうですね 機会がありましたら「日野祭」に合わせて行かれる
ことをお勧めします
町並みと郷土色一杯のお祭とが一度に味わえますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/55380409

この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀県日野町のひなまつり紀行 町中散策:

« 「早春の草花展」2014 part 3 | トップページ | 奈良散歩 ならまちー3 格子の家 »