2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 「早春の草花展」2014 part1 | トップページ | 京都御苑の梅の花か咲き始めました »

2014年3月 9日 (日)

奈良散歩 奈良公園を歩くー1

 「ならまち」を離れ、「奈良公園」を歩きました。「奈良公園」と言っても物凄く広く、奈良の名所は殆どがここに含まれて仕舞います。

 「ならまち」から北の方向に歩くと、「猿沢池」の横を通って、先ず目に入るのは「興福寺」です。なお、「猿沢池」では水を抜いて池ざらえが行われていました。
外来種の亀が増え過ぎて、在来種の亀が駆逐されているとか。それを防ぐための作業だと、先日テレビのニュースで報じていました。

005a

すっかり水が少なくなった「猿沢池」です。

062a

「興福寺」の五重塔です。私は久し振りに見る塔でした。
思い出すのは、幸田露伴のことや、明治初年の廃仏棄捨令により叩き売りされそうになったことなどです。

 奈良県庁の屋上が一般に開放されていると知って奈良県庁に向かいました。

002a

屋上から眺めた景色の一つです。
右手には「若草山」が、左手には「東大寺・大仏殿」が見えます。
手前一帯は、奈良公園の一部です。

平成20年7月にリニューアルされた時に、屋上の一般開放が始まり、年間約10万人の人が訪れるそうです。
6階が屋上になっています。さらにその上に展望台もあります。

ついでに、5階の食堂も、一般人OKとのことでしたので、お昼を戴きました。
メニューは豊富でしたが、お蕎麦を戴きました。

009

明るいロビーで受け付けの優しい女性にお断りして撮らせて戴きました。


奈良県産吉野檜を使った作品は↑の反対方向に展示されていました。

003

真ん中の作品に添えられていた説明です

        「HINOKI LANP(火の木)」
       自然で やさしく やわらかく あたたかい灯です
          松の椰子をモチーフにしています
          素材:吉野檜

右端の作品に添えられていた説明です
       「森 の 精」
      森には精霊がるのでは?と思う
      植物たちがすくすく育つように
      見えないところでチカラを与えてくれている
      そんなイメージを表現しています
         素材:吉野檜
         吉野手すき和紙

暖かい灯りが県庁に来られた方達を優しく迎えてくれるようです。

« 「早春の草花展」2014 part1 | トップページ | 京都御苑の梅の花か咲き始めました »

京都府外」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/55202844

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良散歩 奈良公園を歩くー1:

« 「早春の草花展」2014 part1 | トップページ | 京都御苑の梅の花か咲き始めました »