2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都新阪急ホテル「白楽天」でランチを愉しみました | トップページ | 「早春の草花展」2014 part 3 »

2014年3月16日 (日)

滋賀県日野ひなまつり紀行 各家の雛飾り

 前回の続きです。今回は雛飾りをされていた人とお話が出来て印象的だった二か所の展示場の雛飾りと竹田人形です。

031

「嫁いできて云十年経ちますが、この催しが有って初めて木の箱から取りたしました。
後ろの屏風はお正月やお祝いの時には飾っていましたが・・」


033

「これは江戸時代に作られたもので、顔立ちが細面なのが特長でしょうか」


013

こちらは明治時代ですが、障子戸に映えてとても綺麗です。


041

竹田人形です。↑の雛飾りとは違うお宅でお雛さまと一緒に展示されていましたが、「今回の催しで久しぶりに日の目を見た」との事でした。

042

          竹田人形(明治期)
江戸時代後期から明治時代にかけて、上方で独特の見栄を切ったような誇張されたポーズと表情、
格狭間(こうざま=刳り抜き)のある黒塗台が特徴のこの人形は「竹田人形」と呼ばれています
 その呼称は、大阪で竹田近江掾が人形芝居の槍を上げたのが始まりと言われています。(説明文抜粋)

他にも数軒の会場を回り色々な雛飾りなどを拝見し目の保養をさせて戴きました。
 次回で最後になりますが”日野ひなまつり”の行われていた”日野”の町の様子をご紹介します。

« 京都新阪急ホテル「白楽天」でランチを愉しみました | トップページ | 「早春の草花展」2014 part 3 »

京都府外」カテゴリの記事

伝統行事」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
 お話を聞きながらご覧になられたお雛さま
時代を経て大切に守ってこられたのですね
”日野ひなまつり”が有って初めて木の箱から出されて
日の目を見たのでしょうか?
きっとお雛さまたちも喜んでいるでしょう
仕舞っておくのは勿体ないような立派なひな飾りですね
段飾りも素晴らしいとは思いますが
個人的にはこのようなお姿が好きです
江戸時代のお雛さまのお二人の姿に
女雛の慎ましさと男雛に凛々しさが感じられますね

 説明を拝見しながら竹田人形を見ると
より解りました
誇張されたポーズと表情に親しみが感じられます

次回の近江商人の町・日野とはどのような町なのでしょうか
愉しみに拝見します

古都人さん
 おはようございます
素晴らしいですね
最初のひな飾りは一軒のご家庭にこのような立派な
こちらの家宝とも言うべきですね
確かにお顔は細面ですね
上品な佇まいが素晴らしいです
障子をバックのお雛さまは特に綺麗に見えます
写真を撮られている古都人さんのお顔が目に浮かぶようです
 そして竹田人形
初めて見ましたが見栄を切る
本当ですね
動作が何とも愉快で下のお二人の様子は
ドラマの1シーンを見ているようです
会話が聞こえてくるようなそんな気がしました

次回の日野の町の様子も愉しみに拝見します

↓の「白楽天」のランチ美味しそうですね
ご馳走ですね
素晴らしい日々を送っておられる古都人さんにあやかりたいです


古都人さん
おはようございます。
立派なお雛様たちですねぇ~
歴史があるっていうのは素晴らしいものですね。
嫁いで来られて重みを感じられたのでしょうね。
お顔にそれぞれの時代の特徴がありますね。
お話を聞かれて良かったですねぇ~
竹田人形って知らなかったです~
ご紹介いただいて嬉しいですわぁ。
日野の街なみ楽しみです~
白楽天のご馳走、素晴らしいですね。
こういうのを食べてみたいです。
私も古都人さんのようにあちこち行きたい~
あやかりたいです~♪
連れて行って~♪
いつも優しい言葉をありがとうございます♪

 お早うございます
こちらのひな飾りも上品で好いですね
屏風も四季の風景でしょうか素晴らしいです
昔は先祖代々のおひな飾りや五月人形が
有ったのですね
江戸時代のお雛さま楚々とした女雛と凛とした
男雛
お召し物に上質ですね
歴史の重さを見る気がします
障子の前に飾られたひな飾りも好いですね
最近は障子戸も少なくなりましたが
私にはとても懐かしく新鮮に思えます
 竹田人形は初めて見ましたが
何と愉しい動作と表情に思わず笑ってしまいました
こうして地域を上げての雛祭は今まで眠っていた?
人形たちも晴れの舞台に登場でょうか

日野の町はどのような町かとても興味が有ります。

↓の「白楽天」の美味しそうなお料理羨ましく拝見しました

古都人さん   おはようございます

日差しがとても暖かそうな今朝です。
さすが歴史を感じる衣装ですしお顔もしっとりした感じですね。

障子の前のお雛様が何ともすっきりと美しいですね。
日野の街並みの写真楽しみにしています。

多分青春切符で友人とその近くに行く予定にしています。
この週の暖かい日を選んで出かけてきますね。

古都人さん、こんにちは~♪
一般の家のお雛様も歴史が感じられ、素晴らしいですね。
その家の方とお話をしながら見ると、より深く理解でき
印象も強くなりますね。何代にもわたり大切に保存されて
きたお雛様。やっと日の目を見て喜んでいるでしょうね。
確かに江戸時代と明治時代ではお顔立ちが違いますね。
でもどちらもお上品でとても素敵です。
竹田人形は初めて拝見しましたが、何とも力強く勇壮ですね。
特に下のお写真はお芝居のひとこまを見ているようでした。
次回の日野の街並みの写真も楽しみにしています。


taekoさんへ
 こんにちわ
そうですね
今回拝見出来たひな飾りはどれも正しく
其々の家の家宝と言える立派な物でした
竹田人形は私も初めてでしたが
確かに会話が聞こえてくるようで愉しく拝見しました
 「白楽天」のランチは本当に美味しくて
もう一度・・・の想いを抑えています

ムームーさんへ
 こんにちわ
そうですね
歴史が有る素晴らしさをどのひな飾りからも感じました
お顔に時代の特徴があるのも初めて知りました
私も竹田人形は初めて見ましたが何とも愉快ですね
 「白楽天」の料理は本当に美味しくて
ランチには勿体ないくらいでした
普段は慎ましく暮らしているのですよ
こちらこそ何時も優しいコメントありがとうございます

植村さんへ
 こんにちわ
そうですね
今回飾られていたひな飾りはどこのお宅の
素晴らしいでした
時代の重みを感じるものばかりで感動しました
皆さんが身に着けておられる着物なども
上質の絹だと思います
障子戸は見なくなり新鮮に見えました
竹田人形はやはり初めてご覧になられたのです
そうですね
愉しい動作と表情に思わず笑ってしまいました

「白楽天」のお料理は本当に美味しいでした

hirugaoさんへ
 こんにちわ
今日はとても暖かくて私も今まで出かけていました
唯、金曜日以降は寒の戻りとか
本格的な春は中々のようです
そうですね
どのひな飾りも歴史を感じるものばかりで感動の連続でした
最近目にしなくなった障子が新鮮に懐かしく映りました

暖かい日を選んでお出かけくださいね
滋賀県は京都より寒いでした
何よりも風か冷たく感じられました

hiroさんへ
 こんにちわ
そうですね
今回飾られていたひな飾りはどこのお宅のも歴史が感じられ
お話させて戴いた方も慎ましくも誇りにされているようでした
今回の日野ひなまつりで日の目を見たお雛さま達ですが
きっと喜んでおられると思います
仕舞っておくのは勿体ないですね
 時代を経て内裏雛の顔立ちは変わってきました
人間にも通じる所が有りますね
 竹田人形は力強く勇壮さが姿形に出ていて感心しました
確かに下のお二人はお芝居の一コマと言えますね

今回も素晴らしいお人形ですね( ̄▽ ̄)

古都人さん   こんばんは
各家のお雛様、想像以上の素晴らしさです。
きっと良家のお嬢様が嫁がれての
お雛様なのかしらと思ったりしました。
江戸時代、明治時代のお雛様、歴史を感じますね。
大切に保存されて、こうしてお会い
できる事が素晴らしいです。
上品なお顔立ちとお召し物、年代の古いお雛様に
歴史を重ねて見るからか、より心惹かれます。
屏風も素晴らしいです。
竹田人形の事は初めて知りました。
動作と表情は興味深く、人形に動きを感じ
愉しく拝見させて頂きました。

お返事コメントは、お気遣いございませんように

あおぞら39さんへ
 こんばんわ
そうですね
他にも沢山のひな飾りを拝見しましたが
どれも素晴らしくて感動しました

すみれさんへ
 こんばんわ
お言葉に甘えて少しだけコメントさせて戴きます
 そうですね
私も実際に拝見して想像以上のものでした
今回ご紹介出来ていませんが他にも歴史の感じられる雛飾りが沢山有り
仰るように嫁がれる娘さんが持参された物も有るでしょうね
親から子供へ孫へと代々受け繋いで大切に保存されているのでしょう
日野ひなまつりが行われて
どちらのお宅のひな飾りも久しぶりに日の目を見たようでした
 そうですね
竹田人形は私も初めて見ましたが
動作と表情に暫し魅入ってしまいました

こんばんは (◎´∀`)ノ
とても歴史を感じるひな人形ですね。
きっと代々受け継がれてきたのでしょう。
大切に伝え続ける気持から、これまで箱から出さずにいたのかもしれないですね。
ひな人形も素晴らしいですが、後ろの屏風もまた素晴らしいものですね。
右のほうは『お花見』の様子でしょうか?
旧暦ですと、ひな祭りのころに桜が咲いていたでしょうから、
ひな祭りを楽しみながら、桜を愛でていたのでしょうね。
明治時代のお雛様、ずっと今風に近くなってますね。
そして竹田人形・・・初めて知りました。
勇ましい人形ですね。
身のこなしも素晴らしく、『静』のお雛様に対して『動』のお人形ですね。
端午の節句に、武者人形とともに飾るのも良さそうですね。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 日野の町の家々の豊かさや伝統の継承などが
この様な見事な雛人形などが存在しているのでしょうね
そうですね 竹田人形はユニークな人形ですね
私も初めて拝見しました
動きがあって見ていても楽しいものでした
人間の動きの一瞬を人形で表現するのは
それなりの技が無ければ出来ないことでしょうね
右側の屏風は確かに「花見」の様子ですね
「桃の節句」と「桜の花見」とは旧暦でも少し違うのかと
私は思いますが・・・

古都人さん今日は
日野ひなまつり紀行のお雛様それぞれ立派ですね
こんな素晴らしいお雛様を個人の方がお持ちだとは、お家の歴史も
立派なものが有る様に思われます
江戸時代のお雛様は表情も上品でお衣装にも歴史を感じます
又明治時代のお雛様にもシャキッと構えた表情と衣装にも華やかさが有り
時代の違いでしょうか・・
皆様に見て頂いてお雛様も嬉しかったでしょうね
そして武田人形も素敵ですね・・此方も衣装が綺麗に保存されていて
お人形も美しく決めたポーズは歌舞伎の様ですね
最近の美しいお雛様は色々見ましたが、こんなに歴史を感じる
お雛様は初めてで楽しく見せて頂きました
有難うございました

咲子さんへ
 こんにちわ
そうですね
今回は数多くのひな飾りを拝見しましたが
どのお雛さまも歴史の感じられる
素晴らしい物ばかりで
感動の連続でした
お雛さまも多くの方にご覧戴いて喜んで
おられると思います
竹田人形も初めてでしたが
その姿、表情に思わず見入ってしまいました
少しでも喜んで戴いて嬉しいです
こちらこそありがとうございます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/55301747

この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀県日野ひなまつり紀行 各家の雛飾り:

« 京都新阪急ホテル「白楽天」でランチを愉しみました | トップページ | 「早春の草花展」2014 part 3 »