2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都北野天神さんの梅の花は咲き始めました | トップページ | 京都の伝統工芸展を見る その3 »

2014年2月16日 (日)

お伊勢さんに初詣 三参拝 興玉神社&おはらい町

 前回の続きです。

  「内宮」に参拝の前に昼食後、「門前町・おはらい町
」や「おかげ横丁」を散策しました。

014a

内宮の門前町「おはらい町」の入口です。賑わっていました。
宇治橋は、手前右の方になります。
 右手の「赤福」の看板の後ろ「岩戸屋」さんで、お昼を戴きました。
伊勢名物の「伊勢うどん」と「手こねすし」でしたが美味しかったです。
以前に一度食べた「伊勢うどん」とは違って、太いうどんで汁は色が濃く量は少なく味は甘辛いです。

039a

「おはらい町」に並ぶ建物は、皆「妻入り」になっています。
神宮の社殿が、「平入り」になっているので、恐れ多いと言うことで、この様になっているとか。

046a

そんな中での、或る1軒のお店(食べ物屋)ですが、苦心の「妻入り」形と言えそうです。上にお義理の「切妻」が付けられています。

050a

伊勢名物「赤福」餅のお店です。行列も出来ていました。
かつての問題も、今や忘れられているのでしょう。
勿論、私もお土産に買って帰りました。美味しいですよね。

054a

この一帯が、「おかげ横丁」です。奥の人だかりは、丁度3つの大太鼓の演奏を遣っていまてその見物人達です。

 約800m程の「おはらい町」を、ゆっくりと往復して、散策しました。
 「岩戸屋」さんに戻って、お土産のこれも伊勢名物の「生姜糖」を買いました。
 昔は、修学旅行のお土産の定番でしたね。

 そして、最後の参拝地・二見ケ浦に向かいました。

 先ず、「二見興玉神社」(ふたみ・おきたま・じんじゃ)に参拝しました。

069a

ご祭神は、「猿田彦大神」で、天孫降臨の際に道案内をされたと言う神様です。

066a

その御使いが「蛙」だそうです。「帰る」や「返る」に通じるとのことで、安全に帰る・貸したものが返るとのお願いをするそうです。

「二見ケ浦」と言えば、勿論これですね。

062a

そうです。「夫婦岩」です。この日は、冷たい風が強く吹いていました。
遠くは、伊勢湾を隔てて、知多半島辺りでしょうか。

 無事に「三参拝」を済ませ、一路帰途に着きました。お天気も良く、良いバス旅でした。実は前日は、冷たい雨降りでした。



« 京都北野天神さんの梅の花は咲き始めました | トップページ | 京都の伝統工芸展を見る その3 »

京都府外」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
おはらい町やおかげ横丁の賑やかなこと
小学生ですから記憶も定かで有りませんが
少なくともこのような賑わいは無かったと思います
そんな中で覚えている事は赤福餅と生姜板でしょうか?
そして当時憧れていた二見が浦でしょか
建物にも覚えが有りませんが
歴史を思わせる落ち着いた佇まいの建物に今なら感動します
御祭神の猿田彦大神
天孫降臨の際に道案内をされたと言う神様
流石に伊勢神宮ですね
その御使いが蛙とはこれは愉しい
古都人さんはここにお参りされたお蔭?で
安全に帰られたのでしょうか(笑い)
 二見ゲ浦は何度かしめ縄が付け替えられていると思いますが
流石に立派ですね
前日は冷たい雨降りとの事ですが信じられない快晴で好かったですね

↓の天神さんの梅の花可愛いですね
背景もアングルも流石古都人さんです

古都人さん
 お早うございます
外宮も内宮もあまりよく覚えていませんでした
恥かしいですがおはらい町やおがけ横町は覚えていました
立ち並ぶ立派な建物の屋根は妻入りと言うのですね
そう言えば古都人さんのブログで以前に学ばせて戴きました
 私もおうどんを戴きましたが
太い麺でおつゆは少し辛かく薄味の好きな私には・・・・
赤福は大好きでこちらで並んで戴きました
生姜糖は懐かしいですね
小学校の修学旅行で皆と一緒に買いました
勿論家族や隣近所へのお土産です

綺麗ですね
青空と真っ青な海に浮かぶ「二見ケ浦」
遠くの景色も見えて
本当に好い天気に恵まれて素晴らしいバス旅でしたね

↓の天神さんの可憐な梅の花
余りの可愛さにため息をつながら拝見しました

古都人さん
おはようございます。
賑わっていますねぇ~
大勢の人が行きかい活気がありますわぁ。
赤福大好きです、そういえばニュースが
ありましたね、でもあの味は忘れないですね。
生姜糖も子供たちが修学旅行で買って
きていました、しばらく食べていません
横丁の佇まいもいいですねぇ、いい雰囲気です
二見ケ浦~夫婦岩も懐かしい~
青い色の海に青い空、とっても
綺麗に写されていますねぇ~♪
行きたいです
いつも素敵なご紹介ありがとう
ございます
そして優しく心遣いいっぱいの
言葉に感激しています

taekoさんへ
こんばんわ
そうですね お伊勢参りのお土産の定番はこの2つでしょうね
私は生姜板の方が強く印象に残っています
今も売っていましたが小さなコーナーでした
小さくした形で黒糖などの今の時代に合ったものに変わっていました
ご遷宮の翌年と言うことで引き続いて参拝者は多かったです
ちょっとしたブーム的な現象になつているのかなと感じました
遡ってまでご覧戴きまして有難うございます
天神さんの梅は未だちらほら咲きですね

ムームーさんへ
こんばんわ
そうですね この2つはお土産に大抵の方が買っておられる
ことでしょう
今では生姜板の人気がやや下がり気味の様に感じました
余りにも甘過ぎますものね
今の時代に合った形に変わっていますね
勿論昔からのものも売ってはいましたが小さなコーナーで
少しだけと言った形でした
そうですも 赤福餅は問題がありましたね
しかし今では全くそんなことは忘れられている様に思いました
時が経てばそうなるのですね
そうですね 夫婦岩も思い出に残る景色の1つですね
こちらこそ何時も有難うございます

こんばんは
なんて充実したツアーなんでしょう!
楽しく疲れたことでしょうね。

観光客で大混雑ですね!
お伊勢さんのお陰で
どの店も繁盛していますね。
ありがたい事です。
赤福は、神奈川ではめったに見かけません。
たまに食べると、やっぱり美味しいです。

こんばんは (◎´∀`)ノ
お伊勢参りに欠かせないのが、おはらい町とおかげ横丁をぶらぶらすることですよね。
それも楽しみの一つで伊勢神宮へ初詣に行っていたようなものです。
赤福は私は今一つ苦手ですが、母はいつもお土産に買っていました。
おかげ横丁の中で伊勢うどんやコロッケを食べたり、いろんなお店を覗いてみるのも楽しかったです。
二見が浦へも行ったことがあります。
外宮、内宮、そして二見興玉神社と、由緒ある神社を参拝され、古都人様にとって今年はより一層素晴らしい年になるでしょうね。

古都人さん  こんばんは
お伊勢参りの楽しみに、おはらい町やおかげ横丁は
私には大きな魅力と成ります。
凄く賑わっていますね。楽しそうです。
赤福大好きです。美味しいですね。
おはらい町の「妻入り」の建物、神宮の社殿と関連があるとは・・・
建物の事も良く見極めなく、ただ散策してしまいそうです。
夫婦岩のお写真、素敵にお撮りに成りましたね。
陽ざしと海の色に季節を感じます。
学んでのお伊勢参りは興味深く、「赤福」
「伊勢うどん」「手こねすし」も頂きたいで~す。

お返事コメントのお気遣い、絶対不要に願います。
いつもお気遣いありがとうございます。

雅美さんへ
お早うございます
そうですね 3つの参拝場所への移動はバスですから
そんなに疲れませんが京都からの往復はずっと狭い
バスの車内ですから こちらはしんどいでしたね
しかし約1時間強間隔でトイレ休憩がありますから
その時には体を動かして疲れを少しでも残らない様
気を配ったりしていました
そうですね 去年のご遷宮の影響が続いている様でした
やはりお伊勢さんは人気があるのですね
京都駅でも赤福は売られていますよ

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですか 甘いのは苦手なんですか
私は赤福は大好きですよ
私は甘辛両党なんです
そうですね おはらい町もおかげ横丁も色んなものが
売られていますね 食べ歩きも良いですね
若い人達は遣っていました
どうでしょうね 三参拝もして少しはご利益あるでしょうか
思い出しました 内宮と外宮はお願いではなくお蔭のお礼を
するのだと聞きました ご利益を願っても聞いて貰えないとか

すみれさんへ
お早うございます
かえってご迷惑をおかけしましたね
お心遣い有難うございます
お言葉に甘えさせて戴きます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/54920721

この記事へのトラックバック一覧です: お伊勢さんに初詣 三参拝 興玉神社&おはらい町:

« 京都北野天神さんの梅の花は咲き始めました | トップページ | 京都の伝統工芸展を見る その3 »