2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 2013年 ありがとうございました | トップページ | 京都の伝統工芸展を見る その1 »

2014年1月 1日 (水)

2014 明けましておめでとうございます

 平成26年(2014年) 明けましておめでとうございます。
昨年中は、「京 歩き」をご覧戴きまことに有難うございました。
 今年も、相変わりませず、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 今年も、新年恒例の「大絵馬」などから、スタートさせて戴きます。

006a

先ず始めは、「北野天満宮」から。何時ものように、「楼門」に掲げられています。
この「楼門」には、大絵馬ともう一つ話題があるのです。

 それは、大絵馬の上に掲げられている「扁額」です。
「文道大祖 風月本主」 (ぶんどうたいそ ふうげつほんしゅ)と書かれています。
学問や詩歌に秀でた菅原道真を称賛して、平安中期の学者・大江匡衡が名付けたとされています。
この扁額は、1921年に日本画家・富田渓仙ら39人の有志が奉納したもので、昨年12月に初めて修理されました。

002a

↑の大絵馬を大きくしてみました。
今年は、「甲午」(きのえうま)ですが、これは120Kgもあるそうです。


0261_2

 境内の「絵馬所」には、このような絵も掲げられています。
「宮司謹書」とあります。お上手ですね。

001a

次は、洛西の「松尾大社」の大絵馬で、「拝殿」に置かれています。
 郷土玩具風の馬の背中には、御幣と米俵が乗せられています。
そして、何時もの通り、酒の神様らしく、杯と小さな亀(ここの御使い)も添えられています。

058a

こちらも毎年お馴染みの「護王神社」の大絵馬です。天に向かって駈け上がろうととする勢いある馬の姿に、元気を戴きます。

 そして、最後は「上賀茂神社」です。

039a

本物の馬です。ご神馬の「神山」号です。

 また、中門には正月飾りの「宝船」が、吊り下げられています。

033a

毎年吊るされてそうですが、私は初めて見ました。
この下をくぐると、1年を健康に過ごせるとか。節分まで吊るされてそうです。

 今年も、どうか良い年であって欲しいものです。

 

 

 

« 2013年 ありがとうございました | トップページ | 京都の伝統工芸展を見る その1 »

神社」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
明けましておめでとうございます
古都人さんのご紹介の大絵馬で新たな年を迎える事が出来ました
健康で迎えられた新年に感謝しながら拝見しています
 
天神さんの大絵馬は年末に見ましたが
写真を拝見して改めて立派さに感動しています
絵馬所に掲げられている絵はやはり年末に見ましたが
ここに掲げられたのは初めてですね
 松尾大社の可愛い大絵馬は一度是非拝見したいと思いつつ
今年は・・・どうでしょう?
見れば見る程可愛い絵馬ですね
護王神社もお参りしていませんね
上賀茂神社のお馬さんは何時も人気者ですが今年は特にもてはやされるのでしょう
正月飾りの宝船、節分までにはお参りして下をくぐりたいものです。
 

 
 

古都人さん
 明けましておめでとうございます
今年の新年は古都人さんのブログからスタートです
拙いコメントですがお喋り出来る事に
これも健康であるからこそと感謝しています

ご紹介の天神さんの120kgも有る大絵馬は素晴らしく、
そして扁額の事も全く知らずに学ばせさて戴きました
境内の絵馬所に掲げられている絵は
今年は是非大絵馬と共に是非拝見したいです

松尾大社の大絵馬は何時も可愛くて盃と亀愉しい絵馬ですね

護王神社の大絵馬は元気を戴きますが今年が勢いの有る年で有って欲しいです

上賀茂神社のお馬さんは今年は”もてる”でしょうね
そしてくぐると1年が健康に過ごせるとの「宝船」
是非この下を潜りたいものです

古都人さん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
まぁ~新春らしく美しい絵馬素晴らしいです~
この間、護王神社の絵馬はちろって見ただけですから、こうして
見せていただくと嬉しいです。
やはり気持ちがよろしいですね
日本の伝統、風習が続いてるって
嬉しいです。
上賀茂神社の白馬さん素晴らしい~
正月飾りの宝船素敵~
是非お参りしてくぐりたいです
今年もこうしておめでたい絵馬と飾りを
見せていただいて嬉しいです

あけましておめでとうございます

古都人さんのブログで京都の新春を
感じさせていただきました。
今年もまたいろんな場所のいろんな季節を
拝見したいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

taekoさんへ
こんにちわ
明けましておめでとうございます
今年もどうぞ宜しくお願い致します
そうですね 今年も大絵馬で幕開きとさせて
戴きました 毎年大絵馬には助けられています
各社それぞれに特長ある干支の主役が描かれて
いて私も楽しみにしているのです
意外と本物の馬を見るのは難しいことが判りました
動物園と思いましたがロバでした

ムームーさんへ
こんにちわ
明けましておめでとうございます
今年もどうぞ宜しくお願い致します
そうですね 今年も大絵馬で干支のお馬さんに
助けて戴きました
郷土玩具調あり元気な天馬ありとそれぞれに
素敵な大絵馬ばかりでした
上賀茂神社のご神馬は諸行事に活躍している
様ですよ 白馬は神々しくて良いですね

hirugaoさんへ
こんにちわ
明けましておめでとうございます
今年もどうぞ宜しくお願い致します
今年も京都の色々なところをご紹介しつつ
京都を飛び出して違った場所にも目を向けて
行きたいと思っております

こんばんは (◎´∀`)ノ
新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

午年のはじまりの絵馬、どれも勇ましいですね。
絵馬の中から飛び出して来て、駆けて行きそうな勢いの馬も!
私もそれにあやかりたいものです。
本物の白馬、上賀茂神社の『ご神馬』でしょうか?
優しい顔をしていますね。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そして新年明けましておめでとうございます
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます
今年も恒例の各神社の大絵馬に助けて戴きました
今年はどんな年になるのでしょうね
午の年は飛躍の年とか言っていますが・・・
そうなんです 上賀茂神社の白馬は
ご神馬です 神事にも参加している様です
「神山」号と言いますが「神山」は近くにある
神様が降臨されたとされるお山です

新年明けましておめでとうございます。
静かなお正月をお迎えの事と思います。
おめでたい写真、とても嬉しいです。
今年もたくさんワクワクさせてください。
どうぞよそしくお願いいたします。

せかせかと作った伊達巻が大失敗!
「落ち着いて行動する、確認を怠らない」
を今年の私の課題としました(笑)

雅美さんへ
こんにちわ
そして新年明けましておめでとうございます
今年もどうぞ宜しくお願い致します
今年も最近の例にならって干支の大絵馬に
助けて戴きました
午・馬は良い題材になりますね
本物の馬にも登場戴きました
そうですか 今年の課題が決まったのですね
一年の計は元旦にありと申します
大変良いことではありませんか
私は「加齢」を念頭において行きたいと思っております

こんばんは。
 新年あけましておめでとうございます。

 いろいろな、素敵な馬を見せていただき、何か良いことが起こりそうな気がしました。

 本年もよろしくお願いいたします。 

Sallyさんへ
お早うございます
そして新年明けましておめでとうございます

ご覧戴きかつコメントを戴きまして有難うございます
毎年恒例となりました大絵馬を上げさせています
今年もどうぞ宜しくお願い致します

明けましておめでとうございます

今年も相変わりませず宜しくお願い致します
さっそく北野天満宮さん・・京都に居た時は新年によく
お参りに行きました・・懐かしい
でもこんなに大きな大絵馬が有るとは気付きませんでした
古都人さんに教えて頂きました・・感謝で・・す
そして松尾さんお酒の神様らしく華やかで、いいですね・・・
また上賀茂神社は美しく賓のある生きたお馬さん
中門には・・宝船のお飾りもも立派で・・す
私も此方の各御神社に心ばかりの
お参りをさせて頂きました・・
有難うございました

咲子さんへ
 明けましておめでとうございます
今年もどうぞ宜しくお願いします
そうですね
京都に住んで居られた咲子さんは
天神さんには何度もお参りされた懐かしい場所の一つですね
大絵馬は当時は無かったかも知れませんね
このような大きな絵馬が飾られるようになったのは
多分近年になってからだと思います
 松尾大社は例年盃が描かれていて華やかです
上賀茂神社の宝船は今回初めて拝見しましたが立派で感動しました
生きた馬が有るのは多分上賀茂神社だけですね
 拙いブログですが懐かしく思って戴いてこちらこそありがとうございます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/54324512

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 明けましておめでとうございます:

« 2013年 ありがとうございました | トップページ | 京都の伝統工芸展を見る その1 »