2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都は東寺の初弘法にお参りしました | トップページ | 京都・梅小路蒸気機関車館へ (2) 車庫内にて »

2014年1月23日 (木)

京都・梅小路蒸気機関車館へ(1) SLの頭出し

 久し振りに、梅小路蒸気機関車館へ行きました。
 お目当ては、「SLの頭出し」を見ることです。そして、動くSLも見られます。

069a

機関車館の玄関は、この「旧二条駅舎」(京都市有形文化財)です。
この建物は、現存するものでは日本最古の和風木造駅舎だそうです。
明治37年(1904)に建てられたもので、平成8年(1996)まで使われていました。
そして、平成9年(1997)に、ここに移築され、資料展示館として使われています。

001a

「扇形車庫」から、13車両がその先頭部を外に出して展示されていました。
いわゆる「頭出し」です。車庫の前の施設は、「転車台」です。
なお、この車庫は平成16年(2004)に重文に指定されました。
JR西日本の施設としては、初めてだそうです。

005a

「頭出し」の左端に、近寄って見ましょう。
手前の機関車は「C11形64号機」です。「富士」のヘッドマークが付けられています。
1932~1947年の間に、381両製造された、小型のタンク機関車で、主にローカル線を走っていたそうです。

009a

左の「つばめ」のマークは、「C62形1号機」です。超大型の旅客用機関車です。
1948~1949年の間に49両製造されました。
特急や急行列車を牽引していました。
右の「はと」のマークは、「C55形1号機」です。
1935~1937年の間62両が製造された中型の旅客用機関車です。

020a

「平和」のマークの「1070形・1080号機」です。
1901年にイギリスで製造された旅客用テンダー機関車の6270形をね1926年に浜松工場で1070形タンク機関車に改造したものだそうです。
その後、鉄道省から民間企業に払下げられ、鉱山で働いていた後、2009年に、ここに譲渡されたと言う歴史ある機関車です。

019a

お召列車を牽引していた「C58形1号機」です。
1938~1947年の間に、427両が製造されました。
中型の客・貨兼用の機関車で、ローカル線の主役として活躍していました。
この機関車の走行距離は、206万Kmだそうです。

024a

「かもめ」のマークを付ける「B20形10号機」です。
1946~1946年にかけて15両が製造された構内入換用の小型機関車です。

023a

「頭出し」には無かったのですが、車庫内にあった「D51形200号機」です。
あの有名な「デゴイチ」です。
1936~1945年の間に1,115両も造られた大型の貨物用機関車です。
機関車としての完成度も高く、日本を代表する機関車だと言われています。
この機関車の走行距離は 255万Kmだそうです。

この後は、「扇形車庫」内での様子を、見て回りました。

 

 

« 京都は東寺の初弘法にお参りしました | トップページ | 京都・梅小路蒸気機関車館へ (2) 車庫内にて »

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
お早うございます
私も大好きなSL
我家のベランダからぽーっとSLの汽笛が聞こえることが有ります
見えないのですが何となく音の聞こえる方を見ています
SLは多分子供達よりも大人の方が嬉しいかも知れませんね
懐かしさと愛しさが感じられますね
見れば見る程立派な機関車で
つばめは特に懐かしいです
遠足の時に乗った記憶が有ります
やはり私もD51に惹かれます
転車台が動くのはもう見られない?のが
少し寂しい気がします
確か随分前だと思いますが動く様子が見られましたね

↓の初弘法、初天神は何度か行っていますが
弘法さんは初めてで興味深く拝見しました

古都人さん
お早うございます
SL大好きな私はドキドキします
懐かしいです
旧二条駅舎も覚えています
どのお写真も綺麗ですね
SLは子供の頃がらの憧れでした
線路に耳を付けて近づいてくる音を聴いたものです
1つ1つの写真と説明を拝見しながら納得したり、感動したりですが
やはりD51が一番好きです
野次馬根性かも知れませんが・・・
其々の機関車に其々の歴史が有るのも興味深いです
かもめは可愛い機関車ですね
最近の古都人さんは晴天に恵まれておられますね
お蔭で素晴らしいお写真を嬉しく拝見しました
取材お疲れ様でした

↓の久しぶりの初弘法
相変わらず賑わっていますね
懐かしく愉しく拝見しました

古都人さん
おはようございます。
わぁ~素敵ですねぇ~
こういう車両は趣がありますね、新幹線も
いいけれど、旅へはこういうのでゆっくりと
行きたいですね。
姉娘が電車が大好きなんですよ、今は時間が
なくて行けませんがこのお写真を
見せますわ、きっといいなぁ~って感激です。
弘法さんは大賑わいですね、やっぱりこの景色を
見ないと落ち着きませんね。
色々と見せて頂けて嬉しいなぁ~♪
いつもありがとうございます~

古都人さん    こんにちわ~

こういうのがあったのですね。
近かったらそうちゃん連れていけますのにね。
子供って好きですよね。
「頭出し」という言葉が楽しいですね。

そうでした・・・PCのほうよくなったようでよかったです。

初弘法さんの賑わいは大変なものですね。

taekoさんへ
 こんにちわ
そうですか
taekoさんもSLは好きなのですね
懐かしく思って戴いて嬉しいです
そうですね
 子供の頃は皆同じような経験をしていますね
お蔭さまで最近の歩きは晴天に恵まれています
初弘法もご覧戴いてありがとうございます
京都の大切な行事ですね

ムームーさんへ 
 こんにちわ
そうですね
新幹線は時間のロスも無く合理的ですが
このようなSLに乗って時間を気にせずの旅は今では贅沢な事ですね
娘さんに喜んで戴いたら嬉しいです
 初弘法の記事もご覧戴いてありがとうございます
そうですね
この大賑わいが無いと寂しいですね
こちらこそありがとうございます

hirugaoさんへ
 こんにちわ
そうです
「頭出し」は何方が命名されたのか正しくそのとおりですね
そうちゃんがご覧になられたらきっと喜ばれると思いますが
残念がら遠すぎますね
 初弘法もご覧戴いてありがとうございます
賑わいは凄いでしょう
これも京都の一つの顔です
 PCは有線で使っていますか
パソコンの置き場所に不便さも有りますが使えない事を考えると有り難いです

真っ黒で厳つく無骨なSL。
そこが魅力ですね。
路面に合わせて燃料調整、制御、機関士ならではの
技術に誇りがあった事でしょうね。

弘法さん、はぐれてはとこれ幸いに手をつないで
二条駅も懐かしいです。
田舎育ちの私には大きな駅は疲れます。
この位が丁度いい。

maetetuさんへ
お早うございます
そうですね 何とも言えない魅力一杯の怪獣ですね SLは・・・
私も大好きです
代々受け継がれた来た技術ですね
今の電車(新幹線も含め)の運転とは全く次元の違うことでしょうね
遡ってご覧戴き有難うございます
弘法さん 何か良い思い出がある様ですね
そうですね 今の京都駅と比べて見てmaetetuさんの感覚判ります
もっと小さな田舎の駅(もう数も少なくなっていることでしょうが)は
郷愁を感じますね

古都人さん今日は
梅小路蒸気機関車館久し振りに見せて頂き
旧二条駅も再度見れて懐かしいです
学生の頃ここからよく出掛けました・・今の駅より好きですo(*^▽^*)o
車両の頭出し旅をよくされた方は懐かしいでしょうね・・思いで一杯
私は旅の経験が少なく解りませんが・・この姿を見ても
沢山の魅力が詰まっているのでしょう(*^-^)
今の日本は、まず早くて安全なことが第一の様ですね・・
又空の旅もそれの一つです
それに比べてヨーロッパーは汽車の旅、楽しそうですョ

日本もまたゆったりと車窓の風景を楽しめる
旅が出来る日が来るかも・・そんな時はこの様な汽車が
走って欲しいですねヽ(´▽`)/

咲子さんへ
 こんにちわ
そうですね
私も旧二条駅は好きな駅でした
咲子さんも学生さんの頃この駅を利用されたのですね
 車両の頭出しは新年の限定された時に行われますが
やはり中・老年の方達が懐かしく見ておられました
 そうですね
今の日本は速さを優先していて
車窓からの風景を眺めながらの風情は無くなりました
速さを競うのではなくてゆったりの旅を愉しむ日が来てほしいものです
そんな心のゆとりも欲しいですね

古都人さん、こんにちは~♪
鉄道はあまり詳しくないのですが、私が高校生の頃、
東京青梅市に鉄道公園が出来た時、お友達に誘われ
SLを見に行ったことを思い出しました。
しかしこちらの梅小路蒸気機関車館のようにたくさんの
車両は展示されていませんでした。
「SLの頭出し」から「動くSL」までSL好きにはたまりませんね。
「旧二条駅舎」は当時の日本の木造建築の粋を集めた
ものなのでしょうね。とても立派です。
「扇形車庫」も初めて拝見しました。
「転車台」は方向を替えるためのものなのですね。
車庫内の機関車もよく手入れがされていて、今でも走れそうな
感じがしますね。ボイラーに石炭を投入して動かすわけなので
昔の鉄道員は大変な重労働をしていたわけですね。
私が乗った最後のSLは高校生の時で、臨海学校で千葉に
行った時でした。窓を開けていたら顔がすすだらけに
なったことが思いだされます。

hiroさんへ
 こんにちわ
SLは高校時代に既にご覧になっていたのですね
梅小路蒸気機関車館が保有している車両の多さは
おそらく日本でも数本の指に数えられるでしょう
そうですね
SLの頭出しから動くSLは子供達より大人の人に喜ばれ懐かしがられるでしょう
旧二条駅者はとても立派でここを撮りに来るカメラマンの足が途切れなかったと聞いています
転車台は仰るように車両の方向を変えるものです
そうですね
昔の鉄道員は顔を真っ黒にして石炭を燃やしていたのですね
窓を開けたら煤で・・・は
多くの方が経験されていますね

こんばんは (◎´∀`)ノ
昨夜はPCがフリーズしてしまい、なかなか復旧せず「もうダメか?!」と思いましたが、何とか復旧しました。
で、1日遅れの訪問です。
ワァーッ!懐かしい梅小路機関車館だ!
もう30年以上訪れていないかなぁ!
高校生のころは何度もここへ来たものでした。
そのころと同じSLが今もこうして展示されているのが、嬉しいですね。
しかも日々手入れされているのか、まだ動くものもあるのですね。
そして今回は何と!ヘッドマーク付き!w(^o^)w
SL全盛時をご存じの方々やマニアにとっては堪らないでしょう。
私もこうして拝見して「スゴイ!」って思いましたヨ!
けどやはり、目の前で見てみたいものです。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 理由も判らずPCが動かなくなると
パニックになりますものね
PCの微妙さを痛感します
どんなコメントが戴けるのかと思っていました
流石かつての鉄ちゃんのコメントでした
有難うございました
来年にはここに大規模な鉄道博物館が出来るのですよ
もう工事が始まっていました
動態保存は良いですね 次回にはその様子もご紹介
します

こんばんは
SLは見たことも乗ったこともありませんが
京都駅で初めてSLの汽笛を聞いたとき
なんとも言えない懐かしさを覚えました。
どちらかというと電車より線路が好きなのですが
こうやってアップで見ると
興味が湧きあがってきます。
京都に行くとつい東や北へと進みたくなるのですが
こういった場所をゆっくり探索するのも面白そうです。

雅美さんへ
お早うございます
そうですか SLとはそんな関係なのですね
お若い証拠ですね 
京都駅で聞かれた汽笛はきっと梅小路蒸気機関車館からの
ものだと思います
あの汽笛には何とも言えない情感を感じますね
哀愁 懐古 悲鳴 などです
今度は是非ここをお訪ねくださいませ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/54600681

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・梅小路蒸気機関車館へ(1) SLの頭出し:

« 京都は東寺の初弘法にお参りしました | トップページ | 京都・梅小路蒸気機関車館へ (2) 車庫内にて »