2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 新春の社寺巡り 北野天満宮 「天満書」の奉納 | トップページ | ホテルグランヴィア京都 新春飾り »

2014年1月 7日 (火)

新春の社寺巡り 「神泉苑」

 1月2日は、北野天神さんにお参りし、新年の書き初め「天満書」の奉納を見た後は神泉苑にお参りしました。

038

 
        
     

放生池に架かる赤い橋は、思いを念じながら渡ると願いが叶うといわれています。

Img_7647a

こちらは、神社なのか、お寺なのか?「善女龍王社」とあります。
天長元年(824)空海が勧請して祈雨の修法を行った「善女龍王」を祀ってあります。


029


その手前右にあるのが、この小さなお社です。
全国唯一の「歳徳神」(としとくじん)で、その年の恵方(今年は東北東)に、前年の大晦日深夜に、方向転換を秘かにされるとのことです。


032

そして「神泉苑」と謂われるのは、この池・法成就池を含む禁苑の地であったことです。

Img_7649a

「神泉苑」が、東寺真言宗のお寺の訳は、このお堂によります。
ここに安置されているのは、ご本尊の「聖観世音菩薩」です。

 平安京造営の際して、ここは禁苑とされました。
中国の禁苑にならって造られたそうです。
桓武天皇以後、歴代の天皇が行幸遊宴されました。
そして祇園祭の発祥の地でもあります。

« 新春の社寺巡り 北野天満宮 「天満書」の奉納 | トップページ | ホテルグランヴィア京都 新春飾り »

地域 歴史」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
お早うございます
天神さんの記事にここ神泉苑に行かれるとのことで
愉しみにしていました。
一番興味が有るのは全国でこちらだけの歳徳神の方向転換です
深夜にされることに拘りを感じます
放生池と真っ赤な橋、絵になりますね
唯、神泉苑は地理的に少し不便でお参りの方の姿が少ないのが残念です
お堂の中に「聖観世音菩薩」が安置されているのですね
こちらは神社と思っていましたが
お寺でもあるのですね
そして祇園祭の発祥の地
京都の神社仏閣にはそれぞれに多くの歴史を重ねて
今に至っているのですね
感慨深いものが有ります

古都人さん
お早うございます
寒いですね~

神泉苑には久しくお参りしていませんが
放生池の赤い橋は特に若い方達の姿が
微笑ましいですね
思いを念じながら・・・を期待しては私も何度か往復しました(笑い)
前日の大晦日深夜にその年の恵方に方向転換
の歳徳神はすっかり有名になりましたね
今年は東北東なのですね
祇園祭の発祥の地だった
神泉苑の意味も学ばせて戴いています
京都に住んでいても知らない事が多い私です
今年も古都人さんのブログで多くの事が学べることが
何より有り難く嬉しく思います

古都人さん
おはようございます。
まぁ~素晴らしい~
雅ですよね、こちらは私長年住んでいながら
入ったことがありませんの。
祇園祭の発祥の地だったのですねぇ~
歴史があるって素晴らしいですねぇ~
古都人さん見事な写真ですわぁ。
放生池と真っ赤な橋いいなぁ~
こういうのは見ていて思いがどんどんと
彼方まで飛んでいきそうですわ。
古人になったような気持ちです。
ここで船にのり何を考えていたのでしょう~
いつもありがとうございます♪

taekoさんへ
 こんにちわ
そうですね
この放生池に架かる赤い橋は特に若い方に人気が有るようです
taekoさんも思いを念じながら渡られた一人だったのですね
歳徳神はすっかり有名になり
お参りした時も真剣にお参りされてい方の姿が有りました
拙いブログですが少しでも喜んで戴けたら嬉しいです

ムームーさんへ
 こんにちわ
そうですね
神泉苑は確かに風情の有る佇まいです
こちらは歴史の深い神社ですが意外と地元の方の姿は少なく
知る人ぞ知るの神社と言えます
放生池と池に架かる赤い橋は他には無い雅な世界です
古の方達は風流を大切にされていたのかも知れませんね
写真のことありがとうございます

こんばんは
こちらに何の予備知識なく偶然訪れたときの感動は
今でも大切な思い出です。
不思議な美しさに泣きそうになりました。
こうやって写真で拝見すると
またお参りしたくなります。
大晦日深夜に方向を転ずるとは
他に類をみない神様ですね。
今年の恵方は東北東なんですね。
磁石を見ながら確認しているところです。

神奈川は朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。
京都もさぞ冷えている事でしょうね。

こんばんは (◎´∀`)ノ
神泉苑、不思議な雰囲気がするところですね。
放生池の赤い橋、ゆっくりと渡ってみたいです。
善女龍王・・・どんな神様でしょう?
龍王と聞くと勇ましいイメージですが、その前に善女とつきますから、イメージしにくいです・・・(^_^;;
歳徳神、以前にも紹介されたことありましたよね?
拝見して思い出しました。
そして龍頭の船、ちょっぴり『中国的』な雰囲気を併せ持つ神苑ですね。

雅美さんへ
お早うございます
そうですか 突然にここへお参りされたのですね
その時の感動 判りますよ
私も何度かそんな感動を体験しています
予期せぬ光景ですね
そうなんです 歳徳神さま 多分残っているのは
ここだけかと思いますね
以前は大晦日の深夜にその秘儀をされていた様ですが
今はその話が広く知られ見物者もあるらしいです
そうですね 京都もここ数日は零度前後ですね
今朝は暖かいですよ

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね ここ神泉苑は平安京遷都に始まる
古い歴史の場所です
当時は禁苑でした 天皇の遊猟の場所だった様です
それが二条城建設時に大幅に縮小されました
そうですね 歳徳神さまのことはご紹介していると思います
不思議な秘儀ですね
ここはお寺であり神社でもあるところです
そうですね 善女龍王も不思議な神様?ですね
弘法大師がここで雨乞いの祈りをされています
そんな関係が龍王と結び付くのかと思います
昔は神仏混合でしたから今の私達には理解し難い
時がありますね

古都人さん  まだおはようございますです

本当に最近は寒くて朝が起きられなくなりました。
でも起きないと息子やマリオが待っています。

名前は聞いてはいますが小さくてもいい神社ですね。
赤い橋を渡る時に思いを念じながら渡るのですね。
昨日まではいいお天気でしたが今日は朝から雨でした。

ゆっくりチクチクしようと思っています。

hirugaoさんへ
 お早うございます
朝起きるのがつらくなりましたね
そうですね
ここは二条城の造営と共に縮小されましたが
歴都と由緒の有る神社です
特に「歳徳神」は有名で、その年の恵方(今年は東北東)に、
前年の大晦日深夜に、方向転換を秘かにされるとのことで
これは全国唯一とのことです

古都人さん こんにちは
神泉苑は長い歴史有る神社ですね。
放生池に架かる赤い橋、
私も願いを念じながら渡ってみたいです。
歳徳神、その年の恵方へ向かって方向転換
善女龍王の事
中国の禁苑にならって造られた事など凄く興味深く、
御参りしてみたとの思いが募ります。
神泉苑の事も知らない京都で、興味深く学ばさせて戴きました。

お返事コメントは私も失礼させて頂きます。
くれぐれもお気遣いございませんように。

すみれさん
 ありがとうございます
コメントの返事は失礼させて戴きます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/54469402

この記事へのトラックバック一覧です: 新春の社寺巡り 「神泉苑」:

« 新春の社寺巡り 北野天満宮 「天満書」の奉納 | トップページ | ホテルグランヴィア京都 新春飾り »