2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 12月初めの京都府立植物園 | トップページ | 京都府庁 旧本館 観芸祭-1 »

2013年12月16日 (月)

大阪府下富田林市で「みかん狩り」を楽しむ

  或る会での1日バス旅で、「みかん狩り」を楽しみました。
 子供の頃に「みかん狩り」をしたかどうか、記憶がありませんが、物心付いてからは初めての「みかん狩り」でした。

 金剛山の麓、富田林市にあるみかん園でした。園と言っても、かなり急な斜面に、みかん園(と言うより山でした)はありました。

008a

お土産付きでしたが、このような大きさのみかんを3Kg(23個も)戴きました。
甘くて、みかん本来の味がして、大変に美味しかったです。

011a

みかんって、このように鈴なりに実が生るとは、初めて知りました。
その場で、食べ放題でしたが、そんなに食べられるものではないですね。
私は、お昼も近いことで、と言いつつも3個も食べました。
自分で実をもぎ取り、皮はその場に捨てながら、食べていました。
4個も5個も食べたと言う人もいましたが・・・。

012a

低い山の傾斜を登りながら、美味しそうな実を探すのです。

013a

みかん山の一部の景色です。みかん園の持ち主の方は、今年は出来は余り良くないとか言っておられましたが、それでもこのように沢山生っていました。
豊作の年ならば、どんな状態に生るのか、想像出来ません。

017a

バスの駐車場から、みかん山のほぼ全体を見たところです。
やはり南面の斜面に、みかん園は造られていました。

019a

「みかん狩り」を堪能した後は、近くの「かんぽの宿・嶽山」で昼食、希望者は入浴し、千早赤阪村に入って、大楠公ゆかりの地を巡りました。
そして、右の山・金剛山(1125m)と左に少し見えている山・葛城山(960m)の間の「水越峠」を越えて、奈良県に入り市内を回って帰路に着きました。

« 12月初めの京都府立植物園 | トップページ | 京都府庁 旧本館 観芸祭-1 »

京都府外」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
美味しそうな蜜柑に目がクギ付けです
私も子供の頃に戴いた蜜柑などの果物は甘さの中にも
酸味が有りました

木からもぎ取って皮をむいて食べた皮は下に捨てる
好いですね~
口いっぱいに果汁が広がったのでしょうね
羨ましいの極みです
蜜柑狩りは勿論ですが蜜柑山も初めて見ました
感動ですね
辺り一面に蜜柑の香が漂っているように思います

金剛山と葛城山は憧れの山です
眺めているだけで嬉しくなります
素晴らしい青空
晴天に恵まれて素敵なみかん狩りを楽しまれましたね

古都人さん
 おはようございます
美味しそうなおみかん
本来のみかんを思いだしています
確かに今のみかんは子供の頃に戴いたのとは違う気がしますね
他の果物も同じですが

私の夢は木からもぎ取って皮をむいて・・ですが
中々その機会に恵まれず
古都人さんを羨ましく拝見しています
実は勿論ですが葉っぱも艶々元気そうで
みかん山は初めて見ましたが山一面がみかん
全部一度に実が付いたら・・
想像しただけでも壮観?な眺めてしょうね

おみやげに23個も
お裾分けは戴けないのでしょうか(笑い)
青空の元愉しい一日を過ごされましたね

古都人さん  おはようございます

寒くなりましたね~
そこに雪の記事ですみません(笑)

hirugaoもこのちかくのミカン狩りしたことがあるんですよ。
大阪の妹の家族と一緒でした。

最後の写真を見て懐かしくなりました。

ミカンの木はかいておられるように凄い勾配に植えられていて
ミカンを落とすと拾えない・・・
体力のいることでした。

今年も黄色い実が綺麗ですね。
でも楽しい経験良かったですね。

taekoさんへ
こんばんわ
そうですね まさにみかんの実を目にして
自分の手でもぎ取ってその場で皮を剥いて
皮はその場で捨ててひたすらパクパクと
食べました 羨ましいでしょう
もぎ取ると言っても簡単にはとれません
枝とへたとはくっ付いていて皮の部分から
とれてしまうのです
それにしても大きくて美味しかったです
済みませんね お土産は1枚目の写真で
ご勘弁くださいませ

hirugaoさんへ
こんばんわ
hirugaoさんもみかん狩りのご体験がおありなんですね
それも私が行った近くとは・・・
みかん山の傾斜は結構急ですね
一緒に行った人がみかん山から1個落とされたら
あっと言う間に下まで転がり落ちて仕舞いました
楽しいひと時を過ごせました 良い体験でした
その場では3~5個位しか食べられませんね
hirugaoさんはその時には幾つ位食べられたのでしょうね

古都人さん  こんばんは
みかん狩りは遠い昔、中学生の頃に
友達とサイクリングで出かけた思い出が有ります。
みかんより、遠い道のりで疲れ果てた思い出です。
大きくて美味しそうなみかんが鈴なりですね。
自分でもぎ取ってのみかんは、
特別美味しいのではと思います。
食べ放題だとつい欲張って頂いてしまいそうです。
みかんの香りも一杯だったでしょうね。
斜面に広がるみかん山は感動で、
そして食べ放題にワクワクは食いしん坊だからでしょうね。

12月初めの植物園、素敵に季節の移ろいを
映し出しておられると魅入っています。
早朝の植物園を独り占めですね。
黄色い落ち葉の絨毯と木々の彩が素晴らしいです。
紅葉の絨毯は12月の風情が有ります。
影をつくっている木々のお写真は古都人さんの技、素晴らしさですね。
時季を素晴らしく表現されているようです。
黄色いツワブキ、ピンクの山茶花、蘇鉄の菰などなど・・・
私は春と秋だけの植物園でしたが、
植物園の楽しみを教えて戴いたようです。

すみれさんへ
 こんばんわ
すみれさんの遠い日の思い出
颯爽と自転車に乗っておられるすみれさんを思い浮かべながら拝読しました
そうですね
自分でもぎ取って・・・は初めての経験だったことも有りますが
特別に美味しく思いました
みかんの香が辺り一面に漂っていました
 植物園の記事もご覧戴いてのコメントありがとうございます
植物園は四季にそれぞれの表情が有ります
今は落ち葉と木々の彩が見られる最後の季節かも知れません
木の影にも初冬を感じました
是非京都に来られた時は冬の植物園もお訪ねください
人影も少なく静かな植物園を楽しむことが出来ます

こんばんは (◎´∀`)ノ
みかん狩り、楽しそうですね。
その場でもぎたてのミカン、瑞々しくて美味しかったことでしょう。
富田林と言いますと、大阪でも南のほう、和歌山に近いからでしょうか?
ミカンの産地なのですね。
若いころ、サイクリングで三重県の多度山へ行ったとき、
山の中腹にあるミカン園を見ていたら、ミカン園の方に「兄ちゃん、自転車で登ったんか?」と声かけられ、
いくつかミカンをいただいたことを思い出しました。
みかん狩りの後、まだ旅は続くのですね。
後篇、楽しみにしています。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 金剛山の南西面の麓辺りに
この富田林市はありますが和歌山県とは
少し離れていますね
やはりみかん山は南向きが良いのでしょうね
地図を見ますと多度山も南面がありますね
食べ放題と言ってもそんなに沢山食べられるものでは
ありませんね しかし楽しかったですよ
この記事の続きはございません
大楠公ゆかりの地巡りは実は以前に「赤阪の棚田」の時に
ご紹介しましたので・・・

おはようございます。
神奈川にも海辺などにミカン山があって
橙色のミカンがたわわに生っているのを見かけます。
こうやってアップで見ると
ミカンは幸せの色ですね。
思わず笑顔になります。
千早赤坂村ですね。
古都人さんの記事を読んでから
会津とともに今行きたい場所になりました。

雅美さんへ
お早うございます
そうでしょうね 神奈川の山の斜面などはミカン作りに
適した条件でしょうね
ミカン色は幸わせ色 成程そうですね 暖か味が一杯ですね
暖か味で思い出しましたが昔 お風呂にミカンを浮かべて
お風呂から上がってから食べたことがありました
火鉢に入れてから食べたこともありました
暖かいミカンの味も良いですね
お忙しい雅美さんの心を迷わせて済みませんね
ゆっくりと行けるようになったらどうぞお出掛けくださいませ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/54195131

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府下富田林市で「みかん狩り」を楽しむ:

« 12月初めの京都府立植物園 | トップページ | 京都府庁 旧本館 観芸祭-1 »