2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 初冬の南禅寺境内 | トップページ | 京都府庁 旧本館 観芸祭-2 »

2013年12月20日 (金)

奇才 松河 哲男の「おもろ展」

 gallery百門庵で開催中の 奇才 松河 哲男の「おもろ展」を拝見しました。
こちらのギャラリーにお邪魔したのは3回めですが
毎回、異なった作品が展示されていて、驚いたり感心したりしていますが、
今回も多いに愉しませて戴きました。


045_2

多才な方で↑のような歌舞伎役者の顔も何枚か描かれていました。

042

ガンダムからこころあたたまるキャラクターまで、ボーダーレスの面白ワールドです。

001

これは木や竹で作られていますが、ジュースなどの清涼飲料水の出来る行程です。
地震が発生してこの行程が無残な状態になるものも作られていました。


0031

何か作業しているようですが、一人として同じ姿は無くそれぞれが異なった仕事をしてます。

009

                人 形  歌 舞 伎

0131

真ん中の煙管を加えた男性は「日本一講釈の多い男」のたすき掛けです。

0161

           
               オヤジの晩餐

「妻と娘に出て行かれ、ひとり夕食をするサラリーマンのおやじ。
うだつはあがらないが、心はいつもキャシャーン。」
 これは松河 哲男さんの事では有りません。
写真を拝見しましたが若くてハンサムな方でした。


032

          ザ ゼ ン ソ ウ
他にも優しい雰囲気の草花が数点描かれていました。


041

松河 哲男さんの略歴です
1959年 大阪生まれ
二科展のデザイン部奨励賞
ヤングジャンプ「金の熊賞」審査員奨励賞
アートパフォーマンス大賞
ギャラリーピクチャー大賞
関西二科展特賞
二科展デザイン部イラスト賞など数々を受賞されています。
大 阪のデパートにお客様サービスグループスペシャリストとして勤務です

gallery 百門庵
 東山区新門前町通大和大路東入ル西之町 202
 TEL 075-531-5778 携帯電話 090-6738-3334
 

« 初冬の南禅寺境内 | トップページ | 京都府庁 旧本館 観芸祭-2 »

京町家・お店」カテゴリの記事

作品」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
世の中にはこんなに多才な方が居られるのですね
松河 哲男さんは流石に多くの賞を受賞されていますが
サラリーマンなのですね
古都人さんも仰っていますが確かにボーダレスの面白ワールドです
剽軽な顔には思わず笑ってしまいました
添えられたメッセージも愉しくて
作業をしている人たちの姿も愉快です
この作品展は何度見ても見飽きる事は無いですね
素晴らしい作品のご紹介ありがとうございます

古都人さん
 おはようございます
何んと愉しい展覧会
古都人さんの人脈の広い事
そしてフットワークの軽さに驚いています
「京 歩き」こそボーダーレスの愉しさです

松河 哲男さんは多才ですね
様々なジャンルの作品を作られて
しかもどれも素晴らしいです
つくづく世の中には天才と呼ばれる方が居られるを実感しています
木や竹で作られた行程と人間の姿
作業をしている人たち
本当ですね見事です
剽軽な顔に思わず吹き出してしまいました
メッセージも愉快で
と思うとザゼンソウのような淡い優しい絵

どのような方かお会いしてみたいです
素晴らしい作品展のご紹介ありがとうございます
是非展示会を拝見したいです

古都人さん
おはようございます。
昨日はパソコンがうまく行かずに途中で
諦めました、今朝はサクサクと動いています。
素晴らしい作品展ですね。
お一人でこれだけの違ったものを
創り描かれるって才能豊かですねぇ。
見られてても飽きなかったでしょうね。
人形の動きも素敵ですね。
様々な賞も貰われていますね。
また新たな方のご紹介嬉しいですわぁ。
いつもありがとうございます~♪

おはようございます。
ひとりPCの前で笑っています。
「歌舞伎人形」すごく良いですね
欲しいです!
作るほうもさぞ楽しいことでしょう。
「おやじの晩餐」おやじの表情に自分が重なるような(笑)
気の抜けた片足スリッパがたまりません。
リズム感に満ちた作品ばかりで
肩の力が少し抜けました。
神奈川あたりで展覧してくださる日を待ちます。
ガンダムも好きなんです。

taekoさんへ
 お早うございます
京 歩きはボーダレスの楽しさですが
ありがとうございます
唯、自分が見て愉しいもの綺麗なものを紹介しているだけです
 そうですね
松河 哲男さんの才能は際限がない様に思いました
画廊のオーナーさんと古いお付き合いだそうです
少しでも多くの方にご覧戴きたいと
松河 哲男さんを知って欲しいとの思いで
ブログに掲載することは喜んで戴いています
是非展示会へお出で下さい
沢山の魅力的な作品が展示されていました

ムームーさんへ
 お早うございます
パソコンのトラブルは嫌ですね
私も時々あります
復旧して好かったですね
 そうですね
これだけのジャンルの異なった作品
それもお一人の作品は初めてでした
繰り返し何度も拝見しましたが飽きる事は全く有りませんでした
こちらこそいつもありがとうございます

雅美さんへ
 お早うございます
そうですね
私も会場で思わず笑ってしまいました
どの作品も作家さんは愉しくつられたとの事です
おやじの表情に雅美さんが重なりましたか(笑い)
あえて書かなかったのですが
片方のスリッパには大笑いしました
大阪の方ですから
神奈川近辺では無理かも知れませんね

古都人さん   おはようございます

今朝は寒かったです~

何と楽しい作品でしょう。
そしてこの写真を撮りながらの古都人さんを
思いながら私も十分楽しませていただきました。

いろんな作品の中に遊び心があっていいですね。
絵もそうですが写真もきっちり撮るだけでないのを
思っていますがなかなかです・・・

古都人さんがいろんな方面に関心があるのが素敵です。

hirugaoさんへ
 こんにちわ
今朝は冷え込みましたね
そうですね
この展覧会は見ていてクスッと笑ったりの連続でした
色々なジャンルの作品ですが共通しているのはユーモアが有ることでしょうか
作家さんのお人柄が感じられますね
写真の撮り方は難しいです
私は絵を描くとして撮っているような気がします
hirugaoさんの写真は何時でも参考にさせて戴いています

古都人さん  こんばんは
凄く素敵な展覧会ですね。
心仄々、思わずクスクスと愉しませて戴きました。
松河 哲男さん、沢山の受賞も頷ける作品の数々は
お人柄とすぐれた才能を感じます。
初めの歌舞伎役者の顔は立体的な絵なのでしょうか?
3枚目の作品は木や竹で作られているからか
作品に安らぎと温もりと動きも感じられ、
ジュースが出来る行程を目で追ってしまいそうです。
人形歌舞伎の表情、動作の素晴らしい事!
「日本一講釈の多い男」如何にもそうですね。
オヤジの晩餐の剽軽な顔と動作と添えられたメッセージに
私も笑ってしまいました。何度見ても笑ってしまいそうです。
ザゼンソウ、同じ方の作品なのですね。
心安らぎ、お部屋に飾って置きたい作品です。
素晴らしい作品の数々を拝見して、
私も松河 哲男さんにお会いして作品製作の
お気持ちを伺ってみたいです。

こんばんは (◎´∀`)ノ
これはまたユニークで手の込んだ、アイデア満載の作品ばかり!
「ヘェーッ!」と驚いたり、「ププッ!」と笑ってしまいそうな作品ですね。
歌舞伎などの人形の表情もまたいいですね。
どれもみな生き生きとして、表情豊かです。
『オヤジの晩餐』、思わず我が身に置き換えてしまいました(笑)!
何となく親近感・・・( ^ω^ )
絵も描かれるのですね。
うーん・・・たしかに『奇才』です。

すみれさんへ
お早うございます
そうですね 作品の幅の広さに驚きました
そして結構ユーモアがあって作家さんの機智にも
驚かされました 食い入る様に見ていました
画廊主さん(作家さんとは友人の関係)の
説明によりますと「歌舞伎役者絵」はベニヤ板を
組合せて作られているそうで見た目少し立体的に
見えました
どの作品もその前に立つとにんまりとするか
思わず笑ってしまうものばかりでした
そしてどれも根気が要るものでもありました
何しろ細かい作業ばかりだったと思います

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうでしょう 驚きの連続でした
作家さんの作品の幅の広さと手の込んだ根気が要る
作品ばかりで感心の連続でした
まさに奇才ですね
世の中には色んな才能を持った人がいるものだと
改めて驚きました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/54312047

この記事へのトラックバック一覧です: 奇才 松河 哲男の「おもろ展」:

« 初冬の南禅寺境内 | トップページ | 京都府庁 旧本館 観芸祭-2 »