2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 福島県会津地方を旅しました (9) 会津若松市内ー2 | トップページ | 12月初めの京都府立植物園 »

2013年12月13日 (金)

福島県会津地方を旅しました (10) 「 あいづまちなかプロジェクト」

 「会津若松市内・七日町通り」の一角で催されていた、「あいづまちなかアートプロジェクト」を、ご紹介します。
 漆の芸術祭2013 Calm Stream~まるで川のながれのような、様々な芸術分野の表現者たちが”Calm(静ひつな)”をテーマに「乾漆」を使った彫刻や絵画、ファッションなどで蔵を全く違った空間に演出されています。

018

今回のプロジェクトの協力者 東京造形大学の学生さんの案内で蔵に入ります。

029

こちらは芳賀家と言う、以前何かの商売をされていて、ここは倉庫だったそうです


024

            壁一面のアートです

019

         漆塗りが施されています。

0211

         会津桐 ぽっくん 俳句
小さな文字で俳句が書かれているのですが、小さくて読めません。


026

 起き上がりこぼしの小さなだるまさんのようですが、男の子・女の子其々に異なった笑顔が可愛いです

027

このサンダルのようなものも漆塗りです。


今回のプロジェクトを立ち上げた「calm project」からのメッセージです。     
 「蔵が建ち並ぶノスタルジックな七日町通りは、過去に藩政時代や明治時に繁栄を極めました。
当時の面影を感じ、多くの人達が交わり合いながら会津若松市から新たな流れが生まれる事を望ます」

 会津地方の旅も今回で終わりますが、長い間お付き合いいただいてありがとうございます。
何時の日かもう一度訪ねてみたい場所の一つになりました。

« 福島県会津地方を旅しました (9) 会津若松市内ー2 | トップページ | 12月初めの京都府立植物園 »

作品」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
「あいづまちなかアートプロジェクト」は、芸術に詳しく無い者でも無条件に愉しめますね
「乾漆」は初めてですが
蔵を使った空間や壁面に演出されている作品はどれも素晴らしいです
以前は何かの商売をされていた倉庫を芸術で飾る
当時のお店の方には想像も出来ないことだったでしょう
繁栄と戦いに敗れ藩の没収と言う時代を経て今に至る会津地方
確かに歴史の重みを感じながらも新たな流れを作って欲しいですね
会津を思う時、必ず大河ドラマ「八重の桜」をダブらせてしまいます
 古都人さんらしい丁寧なブログ毎回楽しく学びながら拝見していました
改めてありがとうございます。
私も機会が有れば訪ねてみたい場所です

古都人さん
 おはようございます
蔵をそのまま使ったアートは意表を突くものがありますね。
空間と壁を使って作られた方達の感性に驚いたり感心したりです
どの作品も可愛くて仄々優しいですね
漆塗が施された二体の人形とサンダル
そして会津桐のぽっくんと
起き上がりこぼしのだるまさん
全く違った作品のようですが
この対比?も面白いですね
芸術家の感性は凡人の私には理解の外かも知れませんが
プロジェクトを立ち上げられた方のメッセージは
解るような気がします
不幸な歴史を持つ会津若松
歴史を大切にしながら新たに歩んで欲しいです

会津地方の旅 色々な場所を歴史を紹介して頂き
時には大河ドラマ八重の桜を思いだしながら愉しく拝見しました
丁寧な説明は写真と共に臨場感が有りました
私も出来れば訪れたいと思っていますが・・・・

古都人さん
おはようございます。
会津への旅、素晴らしいところを巡られましたね。
今回は蔵を使っての芸術作品を見るって
素敵な趣向ですわぁ、作品を作る方たちも
いい発想が出来たでしょうね。
街をあげての育成や発表の場を
持たせてくれることは大切ですね。
歴史ある会津の素晴らしさでしょうね。
おかげ様で知らないことを
見せていただけました。
私もぜひ訪れてみたい所になりました♪
古都人さんいつもありがとうございます。

蔵をそのまま使ってのアートは若者の自由な感覚で
楽しいものでしたね。
いろんな笑顔の小さな起き上がりこぼしのような
お人形いいですね~

このツアーはまた後を引きそうですね。
沢山の写真と思い出がいっぱい残りましたね。

観光化されたとはいえ多くのものが残されて行くのには
この方法が一番なのでしょうね。

一度は行ってみたいところです。
今度は寒い時には九州可沖縄はどうでしょうか?
自分が行きたくなっているのです(笑)

taekoさんへ
 こんにちわ
こちらこそ会津地方の記事毎回ご覧戴いて
ありがとうございます
そうですね
会津にも多くの訪ねたい所が有りましたが
2泊3日の旅は思うように回れませんでした
雨に降られた事も有りますが
何処を訪れてもやはり大河ドラマ「八重の桜」を思い浮かべました
機会が有れば是非お訪ねになったら良いと思います
特に「八重の桜」をご覧になっているtaekoさんは
感動される場所が多いと思います

ムームーさんへ
 こんにちわ
会津地方の旅毎回ご覧戴いてありがとうございます
ダラダラ続けてしまいました
もっとご紹介したい所も有ったのですが
そうですね
蔵を使っての作品展は意外性も有り感動しました
街をあげての・・・は嬉しいですね
ムームーさんはお忙しいですが機会が有れば是非お訪ねください
画家さんのムームーさんなら又違った会津地方を愉しまれると思います

hirugaoさんへ
 こんにちわ
そうですね
蔵を使って微笑ましい作品は旅の疲れをとってくれる気がしました
これはツアーでは無くて親友3人の2泊3日の珍道中でした
ツアーなら効率よく回れたと思いますが
唯、個人旅行は3人の好みを取り入れたられたのが好かったと思います
 hirugaoさん是非お勧めします
会津地方の歴史に触れるだけでも値打が有ります
そうですね
寒い時は暖かい所で温泉にゆったり好いですね

こんばんは (◎´∀`)ノ
蔵の扉は、さすがに重厚ですね。
そして中はずいぶん広いのでしょう。
しかし蔵のイメージとは全く異なる芸術の紹介、これも現代風なのかもしれませんね。
漆塗りの女性の人形の表情が、かなりリアルに描かれていることに驚きました。
本物の人間が立っているようにも見えます。
起き上がりこぼしに小さな穴がいくつも・・・!
何か意味があるのかな?
漆塗りのハイヒール、これをもし履いたとしたら・・・折れるかな?なんて無粋なことを考えてしまいました (^_^;;アセッ!

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね どんな商売をされていたのか
判りませんが蔵の立派さからかなり手広く
商売をされていたことが窺い知れます
そこでこの様な漆塗の作品展のミスマッチが
何故か安堵感見たいなものを感じました
作品の斬新さによるものでしょうか
私は漆塗のハイヒールに 古代の遺跡からの
出土品の復元品の煌びやかさを想っていました
この度の会津地方の旅の記事 長らくお付き合いを
戴きまして有難うございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/53813522

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県会津地方を旅しました (10) 「 あいづまちなかプロジェクト」:

« 福島県会津地方を旅しました (9) 会津若松市内ー2 | トップページ | 12月初めの京都府立植物園 »