2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 奇才 松河 哲男の「おもろ展」 | トップページ | 「京都府立植物園」観覧温室の見事なポインセチア »

2013年12月22日 (日)

京都府庁 旧本館 観芸祭-2

  京都府庁 旧本館 観芸祭-1では、重要文化財の旧本館を紹介しました。
当日は府庁の中や界隈では様々な行事や展示が行われていました。
その中から切手の収集を趣味にされている20人の方の、およそ2000枚が展示された「切手作品展」が催されていました。
そこに展示されたいた切手の中から、極一部をご紹介します。


079

作品はこのように展示されていたのですが、ビニールでカバーされ光って上手くとれなかっのが残念です。

063


069


068


064


071_2


061_2


073


082

 雑然と置かれた切手の中にも、切手収集家から見れば”お宝”がたくさんあることでしょう。

 切手の事はよく解らず説明は出来ませんが、切手には様々な種類が有ること、そして切手収集家の方たちは、本当に切手が好きなのですね。

« 奇才 松河 哲男の「おもろ展」 | トップページ | 「京都府立植物園」観覧温室の見事なポインセチア »

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
切手の蒐集は流行ったことが有りましたね
兄が開封済みの封筒の切手を丁寧に剥がしていたのを思いだしています

それにしても20人で2000枚とは驚きです
カバーされていて光って撮れないとの事ですがはっきり解りますよ
私の殆ど知らないものですが
一寸法師やかぐや姫、昔はなしはドラマの様で
お武家さん達の切手
色彩も綺麗ですね
日本 ふみの日の記念切手
可愛い男の子と女の子のは見たことが有ります

多分我が家にも有ったと思います
珍しい切手の数々愉しく拝見しました

古都人さん
 おはようございます
沢山の切手ですね
殆どが記念切手なのですね
切手の蒐集懐かしいです
一時期郵便局で記念切手が売り出されると
朝早くから長蛇の列が出来たのでしたね
私も封筒を濡らして破らない様に剥がしてガラスに貼り付けた事を思いだしました
今では遠い日の思い出ですが

それにしてもこのような素晴らしい切手の展示
使用済みも有りますが色彩は綺麗ですね
外国の蝶々の切手は色彩が見事ですね
個人的には日本の切手が好きです
特に一寸法師やかぐや姫など昔話は
こどもの頃を懐かしく思いだします
仏像の切手も有ったのですね
我家にもふみの日の切手シリーズは有りました
使ったのか子供が持っているのか聞いてみましょう
雑然の置かれた切手たち
お宝がいっぱいですね(笑い)
切手のご紹介ありがとうございます
懐かしく楽しく拝見しました


古都人さん   おはようございます

私たちは切手収集の時代でした。
少しだけですが家にもあります。

最近は手紙があまりないので切手には縁が無くなりましたね。
唯切手を使ったあの絵手紙教室で使うので皆にお願してあります。

仏像の切手もありますね~
今日はこれから有馬あたりまで行ってきます。
裏六甲の山々にうっすらと雪が降ったようです。

古都人さん
おはようございます。
いつもありがとうございます。
切手色々とありますねぇ~
素晴らしいものばかりです。
父がたくさんの切手を収集していました。
姉娘がその管理をしています。
見たことがない切手がたくさんありますね。
昔話や歴史上の人物などいいですね。
蝶も素晴らしい~
この小さな世界に描かれてる模様は
魅力がありますわぁ~
いいものを見せていただいて嬉しいですわ。

taekoさんへ
 こんにちわ
そうですね
随分前になると思いますが新し記念切手が
売り出されると早朝から郵便局の前に長蛇の列でした
懐かしいです
私もふみの日の切手シリーズは有りましたが
今は・・・?です
切手収集家の方にとっては
全ての切手がお宝なのでしょう

hirugaoさんへ
 こんにちわ
hirugaoさんも切手収集の時代だったのですね
手紙を書かなくなり切手も縁が無くなりましたが
hirugaoさんはお手紙教室で使っておられましたね
京都も比叡山も愛宕山も頂上は雪化粧です

ムームーさんへ
 こんにちわ
こちらこそいつもありがとうございます
そうですか
お父さまが切手を集めて居られたのですね
そしてその後も姉娘さんが
そうですね
昔話や歴史上の人物なと見ているだけでも愉しいです
この小さな切手に描かれている世界は魅力的ですね 

こんばんは (◎´∀`)ノ
私も子供のころから80年代初頭まで切手を集めていましたから、何となく分かる気がします。
この中では『昔話シリーズ』の切手しか持っていないと思います。
郵政民営化されてからは、切手の種類も豊富になったようです。
全国発売のシリーズものの記念切手だけでなく、その地方だけのものもありますし、収集家にとっては堪らないのかもしれませんね。
それにしても消印の押し方、切手の図案が隠れてしまうような押しかたはやめてほしいですね。
私もしばしばブログで切手を紹介していましたが、最近ストップしています。
日本の切手の他に海外の切手も紹介せねば・・・。

慕辺未行さんへ
お早うございます
切手を集めておられた慕辺未行さんにとっては
多少は興味を持たれるのかなと思っていました
特に興味を抱かれた切手はありましたでしょうか
全くの門外漢の私には不明なことばかりでした
そうですね 図柄が見難い程のスタンプは
是非考えて欲しいですね 同感です
そんな押し方のものが多くありましたね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/54018619

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府庁 旧本館 観芸祭-2:

« 奇才 松河 哲男の「おもろ展」 | トップページ | 「京都府立植物園」観覧温室の見事なポインセチア »