2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・岩倉具視旧宅を訪ねました | トップページ | 2013 京都の紅葉 嵐山天龍寺 »

2013年11月14日 (木)

格子越しの光 石畳に

 町家内部に一斉に明かりをともすイベント「都ライト」が上七軒と大黒町一帯で催され、上七軒と雨の日は西陣織の大黒町で癒しのひと時を戴きました。
 この催しは大学生でつくる実行委員の主催で、町家の魅力を発信しようと毎年開いておられます。


013

まずは雨に濡れて風情が増した、西陣織に関係した工房の有る職人さんの町、大国町です。

024

そして上七軒ですが、こちらは花街、土曜日はお茶屋さんも商売繁盛の日です。
通りも明るくて、残念ながら大黒町のようの風情はあまり感じられませんでした。

021

  このお店はがま口専門店ですが、何時もは6時で店を閉められますが、
二階で芸妓衣装の展示も有り、この日は9時頃まで開けておられた様です。


013_2

芸妓さん達の衣装は禁撮影ですから、お断りして店内を撮りました。

018

店内の至る所にがま口です。
こちらで製造のオリジナル商品です。
若い女性がプレゼント用の包装を頼んでおられました。


010

家具全てにがま口が入っていますが、風格の感じられるどっしりした年代ものです。

004


007


006

どれも女性、特に若い方に喜ばれそうなものばかりでしたが、結構売れていました。
決して安価では無いですが、皆さん、お金持ちですね。

 





 

 

« 京都・岩倉具視旧宅を訪ねました | トップページ | 2013 京都の紅葉 嵐山天龍寺 »

京都・花街」カテゴリの記事

京都・西陣」カテゴリの記事

伝統行事」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
「都ライト」の事は知っていましたが
夜は苦手で行ったことは有りません。
こんなに素晴らしいイベント?でしかも大学生の主催だったとは
古都人さんは9日と10日の両日お出かけ
そして二カ所の全く違った風情を愉しまれたのですね
行動力には脱帽ですが、お蔭で期間限定のイベントを拝見することが出来ました
決して華やかでは無い夜の京都西陣・大黒町
雨に濡れた風情のある通り、素晴らしいの言葉しか出てこないです

 がまぐち専門店も若い人たちに好ろばれるような数々の商品が
老舗を思わせる風格のある家具に並べられて
如何にも京都、花街を感じます
舞妓さんたちも嬉しそうに手に取ってご覧になっている様子が目に浮かびますね
このイベントは毎年行われているですね
来年は是非と思いながら拝見させて戴きました

古都人さん
 おはようございます
何と素晴らしい
雨の日のしっとりした大黒町
家の中から漏れる灯りが優しく石畳みを照らして
雨ならこその風情ですね
見惚れています
人の姿も見当たりませんが静かな町並みですね

そして、花街上七軒の夜
確かに土曜日の夜はお茶屋さんや芸妓さんも大忙し。
通りは暗くできませんね
格子戸から漏れる灯りに改めて優しさとしっとりした魅力を感じてます
 がま口専門店の前は通りますが
何となく中には入り難くて入ったことは有りませんでした
本当ですね
数えきれないくらいの商品に吃驚しています
流石は製造販売のお店ですね
お店の外観も内部も風情が有りますね

古都人さん
おはようございます。
しっとりとした町家でのこういう素晴らしい
イベント素敵ですねぇ~
昼間と違って独特の美しさがありますね。
こういうガマグチを娘がいくつも
作っていました、古布を使ってていいですね。
お店のは高くて手が出ません。
格子戸から見える灯りにうっとりです。
古都人さんが行かれるところは
色々でとっても興味があります
いつもありがとうございます~♪

古都人さんおはようございます~♪
京都ならではの風情があるイベントですね。。
町家の魅力は色々ありますが、
その一つが格子戸ですね。
格子戸からもれる灯りは優しく、心癒されます。
最初の一枚は雨にぬれた石畳に灯りがほのかに
写り込み、とても素敵なお写真だと思いました。
沢山のがま口、懐かしいです。
今は若い子に人気があるのですね。
形も色々ですね。
使い道も小銭入れだけではないのでしょうね。

最近は歳のせいか、夜の外出はますます億劫に
なっています。古都人さんの行動力に脱帽するとともに
このような素敵なイベントを御紹介して下さった
ことに感謝です。ありがとうございました。

わあ~
とても素敵な写真ですね!

「都ライト」なんて素敵なネーミングですね。

京都らしさは他では見られない灯りですよね。

行きたいな~♪

京都しばらく行っていません。
手ずくリの物は何でもいいお値段ですよね。
でも見たら楽しそうですね。

古都人さん、こんにちは~(◎´∀`)ノ
京都のイベントが多いと聞いていましたけど、大学生の主催のイベントとは
(都ライト)で西陣織と大黒町での雨に濡れた光りとライトで風情の素晴らしさsign01
それに花町のお茶屋さんもあり、がま口専門店は長くお店を開けていて
店内を撮らせていただいたのですねcamera
古都人さんは、9日10日と両方お出掛けになり行動力には感心します。
芸妓さん達の衣裳やがま口や小物入れまた.女性が持つ包袋も色とりどりですねheart02
布でできてるバックもその下の写真のがま口は、私の母が昔から持っていますmoneybag
私も旅行に帰って着た時お土産で買って来てくれましたよ(v^ー゜)ヤッタネ!!
一番下のがま口は、若い女性でも私も白い柄の後ろの花柄がお気に入りで~す☆
素敵な日本の京都の風情の写真その他色々と拝見して癒されました。

余談です.また蔵さんが好きになりました~heart04

taekoさんへ
 こんにちわ
そうですね
今回は幸いにも雨に恵まれ?ました
雨がここの風情をより高めてくれました
がま口専門のお店は何となく入り難い気がしますが
奥さまは気さくな方です
天神さんにお詣りされた時にでも一度お邪魔されたら如何でしょうか?

ムームーさんへ
 こんにちわ
そうですね
京都は色々なイベントが有りますが
やはり町家でのイベントが一番嬉しいです
格子からもれる灯りは町家ならこそ
京都ならこそでしょうね
娘さんは古布でがま口を作られているのですね
古布は上品な風情が有りますね
こちらこそありがとうございます

hiroさんへ
 こんにちわ
そうですね
町家の魅力は沢山ありますが
その中でも最近は少なくなった格子戸でしょうね
格子戸からもれる灯りは見ている者の心を
優しくしてくれます
最初の大黒町の写真は私も気にいってます
雨で人の少なかったのも幸いでした

がま口は以前は実用的な財布でしたが
今はお洒落な小物入れに使われているのも多いです
 私も最近、夜の外出は滅多にしなくなりました
今回は学生さんの主催とのことで
枯れ木も山の賑わいで行ったのですが感動しました
こちらこそ優しくご覧戴いてありがとうございます

hirugaoさんへ
 こんにちわ
そうですね
「都ライト」のネーミングは主催している学生さんが
付けたのですがピッタリですね
多分町家の格子からもれる灯りは京都独特の風情かも知れませんね
是非お出で下さい
手作りの小物はお高いですね
hirugaoさんは器用ですから作られますね

mikkoさんへ
 こんにちわ
そうですね
最近の京都のイベントは大学生の主催が多いのですよ
今回は幸いにも大黒町で雨に濡れた石畳が見られて幸運でした
上七軒は京都の5花街の一つで
お茶屋さんや置屋さんが軒を連ねています
そんな中でがま口専門店は歴史のあるお店です。
店内に入った途端に綺麗ながま口の数々に圧倒されました
今の若い方のがま口の使い方は実用よりお洒落の小物としてですね
拙いブログですが優しいコメントありがとうございます

古都人さん   こんばんは
「都ライト」 大学生が作る
町屋の魅力発信が興味深いですね。
大学生だからの素敵な構想も有るのでしょうね。
多くのイベントにも、若い方の頑張りが有るのでしょうね。
大国町、格子戸から漏れる優しい灯りと
雨に濡れた石畳が風情を増して、とっても素敵です。
夜間の撮影は難しいのではと思いますが、
素敵にお撮りに成ったお写真に魅せられています。
何時もと違う自分で、素敵な散策楽しんでみたいものです。
上七軒、花街の格子戸を通しての灯りと提灯も
京都で触れ合う和みの灯りでしょうね。
がま口専門店の佇まいが良いですね。暖簾も素敵です。
沢山のがま口、凄く綺麗で欲しいものが沢山だと
思いますが、高価だと無理ですね。
気軽に立ち寄れたら嬉しいです。

すみれさんへ
 こんばんわ
そうですね
最近のイベントや町興しの殆どは大学生の主催で頼もしいです
夜の外出は歳なのか滅多にしないのですが
大学生への応援のつもりで出かけました
そして思わぬ光景に出会えて幸運でした
やはり雨にぬれた石畳に風情を感じて撮りましたが
そのように言って頂いて嬉しいです
上七軒はどちらか言うと夜の町です
お茶屋さんや置屋さんの協力を得るのは難しく
大黒町のような風情は有りませんでしたが
京都らしい花街らしい風情は感じられました
がま口屋さんの中に入って驚きました
これだけ沢山のがま口を買われる方が有るのかと思いましたが
次から次へと買い求められていました
殆どが贈り物のようでしたが
若い方は気楽に立ち寄っておられましたが・・・

こんばんは
京都は学生主催のイベントが多いように思えます。
そこに京都の底の厚さを感じます。
「都ライト」すてきですね。
一人旅だと食事以外の夜間の外出が少なくなりますので
写真で拝見できるのは嬉しいです。

がま口ではありませんが
同じようなペンケースを持っています。
見るたびに京都を思い出します。
口の広く開く工夫がされており
使い勝手が良いです。

雅美さんへ
お早うございます
そうですね 京都は大学の町と言われていますが
その学生さん達が最近とみに色んなところで頑張って
いますね
彼等・彼女等を見ていて気持ちが良いですね
積極的に社会参加をしています
特に私大の皆さんが目立ちます
そうですね 旅先での夜の外出は滅多にしませんね
億劫ですね 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/53891075

この記事へのトラックバック一覧です: 格子越しの光 石畳に:

« 京都・岩倉具視旧宅を訪ねました | トップページ | 2013 京都の紅葉 嵐山天龍寺 »