2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都創生推進フォーラム シンポジウムに芸舞妓さん | トップページ | 琵琶湖最大の島・沖島へ その1 島に渡る »

2013年10月 7日 (月)

京都北野天満宮 瑞饋祭・后宴祭を拝見しました

 5日に行われた北野天神さんの瑞饋祭・后宴祭(ごえんさい)・八乙女「田舞」奉納を始めて拝見しました。
 この行事は、氏子さんのお嬢さん8人が「田舞」と呼ばれる舞を奉納するもので、瑞饋祭の最後を飾る后宴祭の中心をなすものです。


001

午後3時30分過ぎ、社務所で準備した八乙女さんが三光門を通り、拝殿前に向かいます。
最初に八乙女さん達は拝殿にあがり、神事を経た後、拝殿内で鈴を持って「田舞」を舞います。


009

拝殿での舞を終わり静かに降りてこられました。
幼稚園児らしい幼い姿も有ります。

013

草履を履くのを手を添えて見守っているお姉さんの微笑ましい姿も見られました。

016

下で待っておられたお母さんに手を繋がれて初めての笑顔です。

021

整列して神主さんにご挨拶です。

023

拝殿前で「田舞」奉納が始まりました。
鈴の代わりに、最初は榊と幣と思しきものを持って舞います。
皆さん緊張されているのがよく解ります。
紺の着物の女性はお師匠さんです。


027

4人ずつ2列の舞です。

034

お母さんたちも心配そうに見守っておられます。

035

幼い子供も間違わないで舞っています。

037_2


039_2

動きも活発です。踊っている幼い子供にカメラを向けてる人が多いです。

047

田舞の奉納が終わり神主さんに丁寧にご挨拶です。
一番小さな子供は隣のお姉さんの姿をチラッと見ていますね。

瑞饋祭の瑞饋神輿、神幸祭(その1)(その2)や還幸祭の巡行は、これまでにも何回か見てきたのですが、
后宴祭・八乙女「田舞」奉納は初めてだったので、とても楽しく拝見しました。

« 京都創生推進フォーラム シンポジウムに芸舞妓さん | トップページ | 琵琶湖最大の島・沖島へ その1 島に渡る »

伝統行事」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
大勢の方がご覧になっていますが
古都人さんは好い場所で撮っておられますね

八乙女さん達可愛いですね
瑞饋祭の神幸祭や還幸祭はチラッとでも見たことは有りますが
后宴祭は初めて拝見しました
と言うより知りませんでした
可愛い子供たちが真剣に舞っている様子にウルウルします
動きのある舞に多くの動作よく覚えられています
お師匠さんのご努力が解ります
丁寧な挨拶も好いですね
チラッと横の方の動作を見ている小さな子供の姿
不安も有るのでしょうね
母親の気持ちで少しドキドキしながらも愉しく拝見しました

リンクして頂いた瑞饋神輿と神幸祭の様子も興味深く愉しく拝見しました

古都人さん
 おはようございます
好いですね~
可愛いですね~
私も瑞饋祭・后宴祭は初めて拝見しましたが
こんなに幼い子供が舞を奉納されるのですね
お稽古は数重ねられたと思いますが緊張され事でしよう
私もお母さん(厚かましいかな?)子供たちのおばあさんの気持ちになつて
拝見しました
舞を覚える八乙女さんの苦労
お師匠さんやお母さんのご苦労が伺えますね
舞っておられる姿にも愛しさと感動です
最後の丁寧なご挨拶
左から三人目の一番小さな子供の目線堪りませんね

今年は瑞饋祭は一度も見られなかったのですが
可愛い八乙女さんの「田舞」を拝見出来て嬉しいです
来年は是非見たいです

瑞饋神輿と神幸祭の様子も拝見しました

古都人さん
   おはようございます

なんとまあ可愛らしいことでしょう。

これらの踊りの奉納があることすら知らず
それにしても年齢も様々で小さなお子さんに
カメラが行くのはわかるような気がします。

衣装髪飾りも可愛くすっかり笑顔で
見させていただきました。

古都人さん
おはようございます。
まぁ~こういうのは知らなかったですわぁ。
可愛い姿ですね、この衣装は素晴らしいですね。
子供が来ても何か色っぽいというか
素敵で見とれています、髪の毛もいい感じですね。
舞う姿にも感動しますね。
舞の奉納ってやっぱりいいですね。
素晴らしいものを見せて頂けて嬉しいです。
いつもありがとうございます~♪

taekoさんへ
 お早うございます
そうですね
大勢の中で写真を撮るのには相応しい場所だったようです
八乙女さんの可愛い姿に見惚れていて
写真を撮るのを忘れていた・・・ことも度々有りました
私もこの瑞饋祭・后宴祭は全く知らず今回初めて見ました
お師匠さんやお母さんが子供たちを見守っておられる姿にも感動しました

瑞饋神輿と神幸祭の様子もご覧戴いてありがとうございます

hirugaoさんへ
 お早うございます
そうですね
皆さん可愛いですね
京都に住んでいる私も瑞饋祭・后宴祭は
知らずにいましたそんなものですね
衣装や髪飾りも可愛くて素晴らしいでした

笑顔でご覧戴けたら嬉しいです

ムームーさんへ
 お早うございます
そうですね
私もこの田舞の奉納は全く知らずにいました
今回偶然拝見したのですが、
余りの初々しさ可愛さに感動しました
やはり女の子の衣装は華やかさの中にも髪の毛にも不思議な色気も感じます
舞う姿は可憐で一生懸命な姿も好いですね

こちらこそありがとうございます

古都人さん、こんにちは~♪
八乙女さん、可愛いですね。
北海道の孫娘にも体験させてあげたいですが、
神社は七五三の時ぐらいしか行かないようですし、
神社自体も少ないようです。
色々な行事を通して、歴史に触れることが
できる京都のお子さん、羨ましいです。
「田舞」も上手に踊られましたね。
大勢の方がご覧になっていますが、外国人も
何名かいらっしゃるようですね。
優雅な舞をご覧になり、日本の良さをたくさん
発見して帰られたのではないでしょうか。

hiroさんへ
 こんにちわ
八乙女さんは可愛いですね
そうですね
北海道にお住いのお孫さんも体験されたら喜ばれることでしょう
北海道には神社が少ないのですか?
京都の子供達は色々な行事が有るから幸せですね
参加する行事も多いです
外国人も興味深くごらんになっていました
日本の伝統や文化を発見して
日本の良さも知って欲しいです
そして再び、日本を訪れて欲しいです

こんばんは
恥ずかしい事にごえんさいを含むお祭りの字が読めません・・・・・・
これを機会に読めるようにしたいと思います。

小さな花のような子どもたちの舞に見とれています。
随分一生懸命練習したことでしょうね。
この子たちにとっては
一生忘れない素晴らしい1日になったのでしょう。
管公の笑顔が目に浮かぶようです。

雅美さんへ
 こんばんわ
そうですね
お祭りの読み方は独特のものですね
それぞれに意味も有るのですが・・・
 瑞饋祭(ずいきまつり)
 神幸祭(しんこうさい)
 還幸祭(かんこうさい)

子供達の舞は拝殿で行われた神事と共に一生懸命に練習したと思います
終わってから一番小さな子供のお母さんは少し涙ぐんでおられました
この日まできっと母娘で頑張ってこられたのでしょう
子供たちにとっては一生の思い出になったと思います

こんばんは (◎´∀`)ノ
瑞饋祭も后宴祭も全く初めて聞く祭礼です。
北野天満宮だけで行われる神事でしょうか?
八乙女さんたち、一番大きい子でお幾つぐらいなのでしょう?
きっとその子は何年も経験されているのでしょうね。
もう”八乙女”を卒業かもしれないですね。
かたや一番小さな八乙女さん。
今年初めてなのかな?でも、お姉さん”八乙女”さんと一緒に上手に踊っておられます。
なんとも微笑ましくて可愛いですね (゚▽゚*)
彼女は来年も再来年もここでこのように舞うのでしょうね。
彼女たちにとっての『晴れの舞台』、でも見守る親御さんにとっては大変な光栄でありながらも「ハラハラドキドキ」していたでしょうね。
また一つ、京都らしい素敵な行事のご紹介、ありがとうございました。

慕辺未行さんへ
 お早うございます
そうですね
瑞饋祭は京都の天神さんだけで行われている珍しい神事です
最近の子供は背が高いですが
表情は幼いですから小学生の低学年
一番上の子供で4年生くらいでしょうか?
毎年経験されているのでしょう
小さい子供2人は今年初めてだと思いますが
子供は覚えるのが早いですね
今までもこうして引き継がれて来て
又、次の時代へと繋いでゆくのでしょうね
子供たちの真剣な姿は見ている方にも感動を与えてくれます
そうですね
見守っておられる親御さんのドキドキと喜びは計り知れないと思います
こちらこそご覧戴いてありがとうございます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/53501245

この記事へのトラックバック一覧です: 京都北野天満宮 瑞饋祭・后宴祭を拝見しました:

« 京都創生推進フォーラム シンポジウムに芸舞妓さん | トップページ | 琵琶湖最大の島・沖島へ その1 島に渡る »