2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都学生祭典2013 ー(1) | トップページ | 創作中華 一之船入 で優雅なランチを戴きました »

2013年10月16日 (水)

京都学生祭典2013ー(2)

 前回の続きです。
今回の「学生祭典」は、学生目線で京都の魅力を発信する「京都博覧会」など7企画が用意されていました。
 又、開催日を含む4日間、京都の文化施設へ学生の皆さんを無料招待しています。

066

平安神宮の鳥居の前です。
ここでも立ち位置が悪くて横からの撮影になりました。

083

↓の 6枚の踊りにはストーリーが有ります。

089

思い思いの姿で愉しそうです

091

黒い衣装を身に着けた3人がやって来ました。

092

表情の対比が面白いですね

094

黄色い衣装を身に着けた人も脱ぎ始めました。

095

そして遂に黒い衣装も脱ぎ純白の清々しい姿に変身です。

097

そして、ラストです。
皆さんの愉しそうな躍動感の有るダンスに会場からは拍手が沸いています。

先ほどのステージに子供たちの姿を見つけて、市役所前に戻りました。


104

私が撮ったダンスはこれが最後です。
 (実は昼ごはんを食べる機会を失って・・・・)
小さな子供とお姉さんが仲良く踊っています。


103

陽射しが強い中で元気に愉しそうに踊っている子供達
踊ることが好きで好きで・・・が表情に出ていますね
将来はプリマドンナになるかも知れません


 学生祭典を運営し実行している学生は、この祭典以外にも「年間交流部」を新設し、地域の人たちと夜間パトロールや清掃活動行っています。
又、「繋ぐ~KYOTOHOKU~」では東日本大震災に対して京都の学生が出来る事を考え、被災地で「京炎 そでふれ!」を披露するなど住民と交流しています。
又、「学生の町・京都」でもあり、留学生との交流にも力を入れています。









« 京都学生祭典2013 ー(1) | トップページ | 創作中華 一之船入 で優雅なランチを戴きました »

伝統行事」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます。
若さが弾ける姿って見ていてもいいものですね。
元気が貰えてこちらまで笑顔になれますね。
子供たちも可愛いわぁ~
皆さんの工夫を凝らした衣装もいいですね。
素敵なイベント見せて下さってありがとうございます。
雨風がひどいですね、早く通過して欲しいですわ。
いつもありがとうございます。

古都人さん
 おはようございます
何と素晴らしい!
青空に浮かぶ秋の白い雲、平安神宮の鳥居
そして元気にダンスしている若者
皆さんカメラを構えておられますね
今回は横からの撮影が好かったと思いますよ

確かに踊にストーリーが有りますね
タイミングを逃さないで見事なシャッターチャンス
表情の変化も愉しいです
私は白い衣装に惹かれますが・・・
本当ですね
子供たちはダンスが好きで好きで・・・
将来が楽しみです

 京都からも多くの方が東日本大震災に有形無形で関わっていますが
学生さんたちの行動は力強いですね

古都人さん
 おはようございます
やっぱり平安神宮はシンボル?の赤い鳥居が良いですね
良い場所を見つけられましたね
写真を撮る時背景は大切だと思いますが中々そうはいきません
そして好い天気に恵まれて何よりでしたね
背景を上手く生かしておられますね
皆さんの生き生きした姿、若さは好いですね

6枚の写真タイミングよく撮られましたね
衣装の変化と姿と顔の表情で
言葉は無くても充分愉しいです
最後に白い衣装・・・演出が上手ですね
創作ダンスの醍醐味でしょうか?

子供たちの表情も上手く捉えて写されましたね
身体にも心にも嬉しい!が溢れていて

開催日を含む4日間は京都の文化施設は学生さんは無料
行政の応援も力強いですね

台風の影響が少ないことを願っています

古都人さん
おはようございます

若い人の躍動感あふれる写真も素敵ですが
小さなお子さんのは見ていて嬉しくなります。

最近こういう踊り?が多くなり日本の人達の
表現力が変わってきたように思います。

よく雨が降りました。
今朝は少し肌寒さを感じます。

ムームーさんへ
 お早うございます
お忙しいのに訪問コメントありがとうございます
 そうですね
若さが弾ける姿を見ているのはこちらまで元気を貰えて愉しくなります
子供たも可愛いですね
この祭典の特徴は工夫された衣装の素晴らしさにも有ります

台風ですが京都市内では風も雨も強く無く場所によって違うのですね
被害が少ない事を祈る気持ちです

taekoさんへ
 お早うございます
そうですね
平安神宮の鳥居は特に青空に映えて綺麗でした
横からしか撮れなかったのですがそう言って頂いて嬉しいです
ストーリーがはっきり解るダンスは初めて見ましたが
皆さんの拍手は私が見た範囲では一番多かったように思いました
 学生さんの行動は純粋な気持ちでの行動は頼もしい限りです

hirugaoさんへ
 お早うございます
そうですね
若い人の躍動感あふれる姿も可愛い子供達の姿も
純粋な心が感じられて清々しい気持ちでした

芸舞妓さん達に見られる京舞と
モダンな創作ダンスの2種類が愉しめるのも
京都の文化では無いでしょうか

古都人さん、こんにちは~
京都と言えばやはり、平安神宮の大きいシンボル赤というより朱色の鳥居ですね。
学生祭典、色々な衣裳を着て踊りから女性の最初着ている黄色い衣裳が
元気も貰え.明るく若さですね~scissors
私の若い頃を、思い出しながら観てましたヽ(´▽`)/
私もスポーツが好きで.学生の時は陸上部でリレーもやりましたけど走り幅飛び
ハイジャンプで他の学校まで選手で行ったのは思い出ですrun
天気に恵まれ陽射しの強い時でも、子供達も可愛く元気に踊ってますねcoldsweats01
京都は、色々なお祭り.イベントも多いようですね。

佐々木さんの母校が「洛南高等学校」で弘法大使様の月命日の21日は色々なお店や
人が多く賑わうそうですねsign01
楽しい踊り又衣裳を次から次と観られ.黒い衣裳でカッコよくだったり
最後は、みんな純白の白い衣裳で清楚で素適な衣裳で

子供たちは.色々な色のスカートでポンポンを振りながら可愛いです(o^-^o)
私も、リンク貼らさせて頂きましたnote

mikkoさんへ
 こんばんわ
そうですね
京都と言えば平安神宮の朱色の鳥居ですね
前を流れている疎水に鳥居の映る姿も素敵です
mikkoさんも若い頃は運動の万能選手だったのですね
 天気に恵まれて好かったのですが
陽射しが強すぎで踊っている人たちが気の毒に思いました
皆さん元気に嬉しそうに踊っておられる姿に元気を貰いました
衣装も工夫されていますが
全て自分たちで考えて決めておられるのですよ
 京都はお祭りやイベントが特に10月は多いですね
弘法大師様の縁日「弘法さん」と呼んでいますが
広い東寺の境内には多くの露店が並び観光客や市民で一日中賑わいます
一度行きましたが何も買えず・・でした。

リンクありがとうございます。
mikkoさんのブログは音楽や画像も愉しく癒されますね

こんばんは (◎´∀`)ノ
名古屋にも『日本ど真ん中祭り(通称:ど祭り)』というものがあり、全国からダンスチームがエントリーし、このようなパフォーマンスを繰り広げます。
が、私はまだ一度も見に行ったことはありません。
このようなものは、やはり一度見てみないと、その素晴らしさが分からないのかもしれないですね。
間近でご覧になられた古都人様、それぞれのグループのダンス・パフォーマンスにすっかり魅了されている様子、伝わってきます。
6枚の写真のダンス、ストーリーまだはうまくイメージできませんが、最後の白の衣装が『天の羽衣』か『アメノウヅメノミコト』を連想しました。
子供たちも元気いっぱい、楽しそうに踊っていますね。
いやはや京都の街、”熱い”ですネェ!

この6枚載せてくださっているチーム、あでおとあでーじょの代表です☆彡
こうやって直接お話ししたことのない方が、報告をあげてくださっているの、嬉しいですね♪
メンバーが見つけだしましたw

あでおとあでーじょでたまに活動していますので、もしまた見かけましたら、ぜひお声掛けくださいね。
ありがとうございます!

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 全くその通りだと思います
写真では一瞬の動きしか捉えられていませんからね
そこに写真の真髄があるのですが・・・
まさに百聞は一見に如かずの典型ですね
躍動感溢れる学生さん達の踊りには
また子供達の踊りにも感動の連続でした

えりかさんへ
お早うございます
びっくりです そうですか そして嬉しいです
こんなの初めてです 良くお訪ねくださいました
あでおとあでーじょ どんな意味ですか
楽しく拝見させて戴きました
こちらこそ有難うございます
また機会がありましたら是非拝見させて
戴きます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/53588720

この記事へのトラックバック一覧です: 京都学生祭典2013ー(2):

« 京都学生祭典2013 ー(1) | トップページ | 創作中華 一之船入 で優雅なランチを戴きました »